Loading...

モンラッシェ/MONTRACHETワインの商品一覧

世界最高峰の白ワインの銘醸地 MONTRACHET

白ワインの産地として頂点に君臨し、『三銃士』の著者アレクサンドル・デュマが「ひざまづき、脱帽して飲むべし」と称賛したモンラッシェ。フランス語で「山(Mont)」+「禿(Rachet)」つまり「禿げ山」を意味し、樹木が育たない土地であったため、こう呼ばれるようになったと伝えられています。この偉大な特級畑モンラッシェを分け合うように擁する二つの村が、ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェです。


ピュリニー・モンラッシェ

ドメーヌ・ルフレーヴなどがこの地に本拠地を置き、グラン・クリュを4区画、プルミエ・クリュを17区画、「世界最高峰の白ワイン」と称賛される産地です。石灰質が多く豊富なミネラルと酸を湛えたワインを生み出す産地として圧倒的な存在感を放っています。人口500人程度の小さな村の西側には「ブラニィの丘」があり、その斜面にブドウ畑が広がっています。

シャサーニュ・モンラッシェ

白のイメージが強いですが、フランス有数の石の産地として有名で、畑の下層には大きな石、その上に広がる粘土質土壌がピノ・ノワールの栽培に最適で、赤ワインも多く生産されています。ミネラル感が豊富で端正な味わいのピュリニー・モンラッシェに対し、柔らかく優しい味わいが魅力です。

この二つの村には、5つの偉大なグラン・クリュが存在します。


どちらがピュリニー側でシャサーニュ側か、完璧に覚えるのは難しく、ソムリエ試験等でも度々出題されますが、5つのグラン・クリュにはどのような違いがあるのでしょうか。


モンラッシェ(ピュリニー・モンラッシェ/シャサーニュ・モンラッシェ)

凝縮された果実味とシャープな酸、豊富なミネラル感、長く続く余韻が完璧なまでに調和。他を圧倒する品格と芳醇さを兼ね備えた白ワインの頂点です。

ピュリニー側の畑はMONTRACHET、シャサーニュ側の畑はLE MONRACHETと定冠詞をつけて呼ぶのが一般的です。

シュヴァリエ・モンラッシェ(ピュリニー・モンラッシェ)

最も斜面上方で、南東向きの急斜面に位置し、非常にミネラリーで繊細なワインが作られ、モンラッシェと並ぶ世界最高峰の白ワインです。

ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ(ピュリニー・モンラッシェ)

やや粘土質が多い土壌で、豊かな果実味がありながらも繊細さの感じられるワインを生み出します。

バタール・モンラッシェ(ピュリニー・モンラッシェ/シャサーニュ・モンラッシェ)

土壌は茶色の石灰岩で、5つのグラン・クリュの中で最も重厚で果実味が感じられる、豊満なスタイルが特徴です。

クリオ・バタール・モンラッシェ(シャサーニュ・モンラッシェ)

わずか1.57haと最も面積が小さく、小石混じりの石灰質土壌から複雑で繊細、エレガントなタイプのワインを生み出します。

検索条件(34) 並べ替え
    • Product Images
    • バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2019] 750ml / Batard-Montrachet Grand Cru

      • 113,800

      • 税抜103,455

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Domaine Jean-Marc Boillot
      生産地

      父親はヴォルネイの大ドメーヌ、母はエティエンヌ・ソゼの一人娘というブルゴーニュ生粋のサラブレッドとして知られるジャン・マルク・ボワイヨ。血筋のみならず、オリヴィエ・ルフレーヴで醸造を行っていた自身の確かな手腕で、齢80を超えてもなお衰えることのない安定して高い品質を誇るワインを生み出し続けています。彼が作る特級バタールは言わずもがな、ブルゴーニュを代表する逸品。この蔵らしい凝縮感のある果実味と、それと上手く歩調を整えた樽の芳醇なアロマ。グラン・クリュ然とした酒質の強さと厚み、それを支える酸とミネラルが見事に調和しています。

    • Product Images
    • ル・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Le Montrachet Grand Cru

      • 107,800

      • 税抜98,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・フルーロ・ラローズ
      生産地

      特級モンラッシェのシャサーニュ・モンラッシェ側、ル・モンラッシェを所有することで知られる名門フルーロ・ラローズ。近年ルネから息子のニコラに引き継がれ、さらに高い評価を得ています。殆どが馴染みのあるレストランやワインショップのみに出荷される為、当然日本でも入手困難となっています。フラッグシップであるル・モンラッシェは、シャサーニュ側の僅かな区画に植わる高樹齢のシャルドネから生み出される極上品。圧倒的な凝縮度とスケール感を備えており、肉厚な果実味と厳格なミネラル感との対比が見事です。じっくりと寝かせて、その真価が花開くのを待ちたい逸品です。

    • Product Images
    • エティエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ 1er シャン・ガン [2020]750ml (白ワイン)

      • 33,000

      • 税抜30,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      エティエンヌ・ソゼ
      生産地

      ピュリニー・モンラッシェ最高峰の造り手「エティエンヌ・ソゼ」 ドメーヌ・ルフレーヴと並び、ピュリニー・モンラッシェでもっとも尊敬を集める造り手がエティエンヌ・ソゼだ。1903年に生まれたエティエンヌはわずかな畑を親から継承し、1950年頃にはそれを12haまで広げた。惜しまれながらも1975年に他界。ひとり娘はヴォルネイのボワイヨ家に嫁いだため、孫娘のジャニーヌが夫のジェラール・ブードとドメーヌを継ぐことになった。ところがブドウ畑はエティエンヌの娘、ジャニーヌの母であるマダム・ボワイヨの所有で、1989年に相続税の問題を解決するためにこれを3人の子供に分け与えることにした。彼女はドメーヌがバラバラになることを望んではいなかったそうだが、息子のひとり、ジャン・マルク・ボワイヨが相続分を自身のドメーヌに組み込んでしまったため、エティエンヌ・ソゼの畑は9haまで縮小。 ただでさえ需要に対して供給量が不足しているところにもってきてこの始末。顧客のことを思えば畑が減ったからといって簡単にアロケーションを3分の2にすることもできない。そう考えたジェラール・ブードとジャニーヌは、91年から買いブドウによりこれまでの生産量を維持する道を選んだ。しかも、ワインをドメーヌものとネゴスものに分けるのではなく、各クリマ、自前のブドウの不足分を買いブドウで補い、ワインを造ることにした。つまりドメーヌの看板を降ろすという潔い道を選んだわけだ。なんて律義な夫婦なのだろう。 2000年からジェラールの娘であるエミリーが、そして2002年にはエミリーの夫、ブノワ・リフォーがメゾンに参画。エティエンヌ・ソゼの次世代を担う。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er シャン・ガン」は、ピュリニー・モンラッシェの中でも標高が高い斜面の上部に位置し、斜面中腹部から下部にかけて広がりムルソーの一級畑シャルム隣接する畑。他の畑に比べ、より冷涼な気候の影響を受けるのが特徴。小石や岩が多い粘土石灰質土壌で育てられるブドウから、フローラルで、火打ち石のようなリッチなミネラル感と豊富な酸を備えたエレガントなワインが造られます。ムルソー村のワインに近いニュアンスを持つふくよかなクリュ。 Etienne SAUZET Puligny Montrachet 1er Cru Champ Gain エティエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ シャン・ガン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口 VINOUS:(92-94) ポイント (92-94)pts Drinking Window 2025 - 2048 From: Dance the Quickstep: Burgundy 2020 (Dec 2021) The 2020 Puligny-Montrachet Champ Gain 1er Cru has a complex bouquet with wild peach, Clementine, smoke and a touch of walnut, gaining intensity with aeration. The palate is well balanced with a fine bead of acidity, taut and fresh, good tension here with a precise finish. I find this captures the elegance of the vintage with real panache. Excellent. - By Neal Martin on October 2021

    • Product Images
    • エティエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ 1er ラ・ガレンヌ [2020]750ml (白ワイン)

      • 30,800

      • 税抜28,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      エティエンヌ・ソゼ
      生産地

      ピュリニー・モンラッシェ最高峰の造り手「エティエンヌ・ソゼ」 ドメーヌ・ルフレーヴと並び、ピュリニー・モンラッシェでもっとも尊敬を集める造り手がエティエンヌ・ソゼだ。1903年に生まれたエティエンヌはわずかな畑を親から継承し、1950年頃にはそれを12haまで広げた。惜しまれながらも1975年に他界。ひとり娘はヴォルネイのボワイヨ家に嫁いだため、孫娘のジャニーヌが夫のジェラール・ブードとドメーヌを継ぐことになった。ところがブドウ畑はエティエンヌの娘、ジャニーヌの母であるマダム・ボワイヨの所有で、1989年に相続税の問題を解決するためにこれを3人の子供に分け与えることにした。彼女はドメーヌがバラバラになることを望んではいなかったそうだが、息子のひとり、ジャン・マルク・ボワイヨが相続分を自身のドメーヌに組み込んでしまったため、エティエンヌ・ソゼの畑は9haまで縮小。 ただでさえ需要に対して供給量が不足しているところにもってきてこの始末。顧客のことを思えば畑が減ったからといって簡単にアロケーションを3分の2にすることもできない。そう考えたジェラール・ブードとジャニーヌは、91年から買いブドウによりこれまでの生産量を維持する道を選んだ。しかも、ワインをドメーヌものとネゴスものに分けるのではなく、各クリマ、自前のブドウの不足分を買いブドウで補い、ワインを造ることにした。つまりドメーヌの看板を降ろすという潔い道を選んだわけだ。なんて律義な夫婦なのだろう。 2000年からジェラールの娘であるエミリーが、そして2002年にはエミリーの夫、ブノワ・リフォーがメゾンに参画。エティエンヌ・ソゼの次世代を担う。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er ラ・ガレンヌ」は、同じく一級畑であるシャン・ガンの上部に位置し、標高325~350mとピュリニー・モンラッシェの最上部の斜面に位置します。表土から深さ約60cmほどまでは粘土が混ざっており、その下は石灰岩土壌で構成。造られるワインは華やかなアロマと上質な酸に、洗練されたミネラルを備えた、調和のとれた味わいに仕上がります。 Etienne SAUZET Puligny Montrachet 1er Cru La Garenne エティエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ ラ・ガレンヌ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口 ワインレポート:93 点 アモー・ド・ブラニーの上の斜面の頂上。標高が高くて表土の薄い0.99haから。リニアで引き締まっている。すがすがしくて、チョーキーな酸、正確で、塩気を帯びた味わい。レモン、ナッツ、白コショウ。エネルギーが透明感に包まれている。 2020の白は暑い夏と干ばつで熟度と酸が凝縮された。リンゴ酸が多くさわやか。むらがある赤より安定している。収量も恵まれた。過去ヴィンテージとの比較をたずねると、「2014のフレッシュ感と2009のアロマのミックスかな」と答えが返ってきた。 ライター山本 昭彦レビュー投稿日2022/06/ 7 VINOUS:(91-93) ポイント (91-93)pts Drinking Window 2025 - 2045 From: Dance the Quickstep: Burgundy 2020 (Dec 2021) The 2020 Puligny-Montrachet La Garenne 1er Cru offers scents of citrus fruit, pressed white flowers and a touch of hazelnut. This opens nicely in the glass. The palate is well balanced with a fine bead of acidity, taut and fresh with a discrete peppery finish that lingers in the mouth. Impressive energy here. Good potential. - By Neal Martin on October 2021

    • Product Images
    • エティエンヌ・ソゼ シャサーニュ・モンラッシェ レ・ザンセニエール・ブラン [2020]750ml (白ワイン)

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Etienne Sauzet
      生産地

      ピュリニー・モンラッシェ最高峰の造り手「エティエンヌ・ソゼ」 ドメーヌ・ルフレーヴと並び、ピュリニー・モンラッシェでもっとも尊敬を集める造り手がエティエンヌ・ソゼだ。1903年に生まれたエティエンヌはわずかな畑を親から継承し、1950年頃にはそれを12haまで広げた。惜しまれながらも1975年に他界。ひとり娘はヴォルネイのボワイヨ家に嫁いだため、孫娘のジャニーヌが夫のジェラール・ブードとドメーヌを継ぐことになった。ところがブドウ畑はエティエンヌの娘、ジャニーヌの母であるマダム・ボワイヨの所有で、1989年に相続税の問題を解決するためにこれを3人の子供に分け与えることにした。彼女はドメーヌがバラバラになることを望んではいなかったそうだが、息子のひとり、ジャン・マルク・ボワイヨが相続分を自身のドメーヌに組み込んでしまったため、エティエンヌ・ソゼの畑は9haまで縮小。 ただでさえ需要に対して供給量が不足しているところにもってきてこの始末。顧客のことを思えば畑が減ったからといって簡単にアロケーションを3分の2にすることもできない。そう考えたジェラール・ブードとジャニーヌは、91年から買いブドウによりこれまでの生産量を維持する道を選んだ。しかも、ワインをドメーヌものとネゴスものに分けるのではなく、各クリマ、自前のブドウの不足分を買いブドウで補い、ワインを造ることにした。つまりドメーヌの看板を降ろすという潔い道を選んだわけだ。なんて律義な夫婦なのだろう。 2000年からジェラールの娘であるエミリーが、そして2002年にはエミリーの夫、ブノワ・リフォーがメゾンに参画。エティエンヌ・ソゼの次世代を担う。 「シャサーニュ・モンラッシェ レ・ザンセニエール ブラン」は、格付けされていない村名畑ながら、特級畑バタール・モンラッシェやビアンヴニュ・バタール・モンラッシェに隣接している優良な畑。その実力は、1級畑に匹敵すると言われています。 Etienne SAUZET Chassagne Montrachet Les Encegnieres Blanc エティエンヌ・ソゼ シャサーニュ・モンラッシェ レ・ザンセニエール ブラン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. CHASSAGNE MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13% 味わい:白ワイン 辛口 VINOUS:(90-92) ポイント (90-92)pts Drinking Window 2023 - 2038 From: Dance the Quickstep: Burgundy 2020 (Dec 2021) The 2020 Chassagne-Montrachet Enseigneres has a brisk, stony bouquet with hints of pressed white flowers and chai tea. The palate is well balanced, the 15% new oak just lending a little weight, very composed and harmonious towards the finish with perfectly judged acidity lending real tension. This comes recommended. - By Neal Martin on October 2021

    • Product Images
    • ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ シャサーニュ・モンラッシェ 1er モルジョ ブラン トレ・ヴィエーユ・ヴィーニュ [2020]750ml (白ワイン)

      • 49,500

      • 税抜45,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ
      生産地

      西洋サンザシ、グレープフルーツ、ピーチ、そしてスモーキーなミネラル香にバニラが香ばしいヴィエーユ・ヴィーニュ。 従兄のクロード・デュガと並び、カルト的な人気を誇るベルナール・デュガ・ピィ。当主のベルナール・デュガはとてもエネルギッシュな人物だ。日に焼けた顔。がっしりとした体格、巨大な手。日々、農作業に勤しむ姿がその風貌からも想像される。近年になってコート・ド・ボーヌにもブドウ畑を広げ、現在、所有畑の総面積は10ha。しかし、その要がジュヴレ・シャンベルタンであることに変わりはない。2003年にすべての畑をビオロジック栽培に転換完了した。 ドメーヌでは改革も進んでおり、2016年ヴィンテージよりラベルも変更。2017年には息子のロイクが13代目当主にとして就任。翌年には早速来日プロモーションを行うなど精力的な活動をしている。またFixin Clos de Fixey というモノポール畑も2018年にリリース。進化を続けるドメーヌに世界中から注目が集まる。 「シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ モルジョ ブラン トレ・ヴィエーユ・ヴィーニュ」は、このクリマらしい力強さ。凝縮感に溢れ、粘り気があり、堅牢なストラクチャー。がっしりとしたミネラルがバックボーンを支えている。西洋サンザシ、グレープフルーツ、ピーチ、そしてスモーキーなミネラル香にバニラが香ばしい。 ■テクニカル情報■ ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100% 農法:ビオロジック BIO認証団体:ユーロリーフ DOMAINE BERNARD DUGAT-PY CHASSAGNE MONTRACHET 1ER CRU MORGEOT BLANC TRES VIEILLES VIGNES ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ モルジョ ブラン トレ・ヴィエーユ・ヴィーニュ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. CHASSAGNE MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口

    • Product Images
    • ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ [2019]750ml (白ワイン)

      • 9,350

      • 税抜8,500

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ドメーヌ・トマ・モレ
      生産地

      シャサーニュ・モンラッシェのお手本のようなワイン。ヴィラージュの区画中でも特に恵まれた葡萄畑より! シャサーニュ・モンラッシェのキュヴェは、ピュリニー・モンラッシェの1級畑に隣接する村の最北端のリュー・ディーの Houilleres や En Journoblot の区画のブドウから造られており、双方の良さを最大限に引き出したモダンでスタイリッシュな新しいシャサーニュのお手本のようなワイン。また、格落ちさせたプルミエ・クリュも使われており、村名の名を借りた一級シャサーニュと言っていいワイン! シャサーニュ独特の厚みと粘性がしっかりとありながら、エレガントでフィネス溢れる造り。上質で品のあるナッティさに、とても熟した白桃、塩漬けハニー、パイナップル、白い花、ハーブなどの要素がいくつもあり、ふくらみがある。余韻も長く、溌剌として爽やかな印象がとても長く続く。 Chassagne Montrachet リュー・ディー 「Houilleres」、 En Journoblot の区画+1級畑の格落ち。 DOMAINE THOMAS MOREY CHASSAGNE MONTRACHET ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. CHASSAGNE MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口 Domaine THOMAS MOREYトマ・モレトマモレ トーマス・モレ トーマスモレ

    • Product Images
    • ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・ボーディーヌ [2020]750ml (白ワイン)

      • 13,750

      • 税抜12,500

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ドメーヌ・トマ・モレ
      生産地

      DRC Montrachet元栽培責任者の手がける新世代トップ・ブルゴーニュ! シャサーニュ村トップのひとつだった父ベルナール・モレから2007年に畑を譲り受け、瞬く間に頭角を現したトマ・モレ。父や、カリフォルニアで最新の醸造を学ぶなど研鑽を積んできました。 その卓越した感性と才能にいち早く着目したのがDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)当主オベール・ド・ヴィレーヌ氏。トマは自らのドメーヌと並行して2007年~2009年迄DRCモンラッシェの栽培責任者を担当し、その類まれなる才能を如何なく発揮しました。自分のドメーヌに集中する為、3年でその職を退きましたが、ここでの経験は何物にも替えがたい素晴らしいものだったと語っています。 彼のワインは恵まれたテロワールの素晴らしさを最大限に活かし、得られる全ての要素を余すところなく表現した見事な造り。確かな知識に裏打ちされた巧みな造りと天性とも言えるその優れた感性との融合から生まれるワインは他の追随を許しません。栽培は以前からビオロジックを実践していましたが、いくつかの畑では既にビディナミへ移行済です。DRCで働いていた時に実践していた全く同じ栽培法を取り入れており、さらなる高みへと登り続けているのです。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・ボーディーヌ」は、0.43ha。このキュヴェもマレシャル・シュヌヴォットと同様に2011年が、トマ・モレとしてはファーストリリースとなるキュヴェ。 土壌は白色粘土で、標高の高さを考えると、表土層は異常に厚く、畑は白ブドウの栽培に適している。フィロキセラ以降、畑は荒廃し、1960年代になって、ようやく植え替えられた。父ベルナールの時代からレ・ボーディーヌを名乗っていて、トマはこの区画に密植にすることで樹にテンションをかけた栽培を試みており、功を奏している。 ザンブラゼに隣接した2区画から生まれる。7樽生産(約2,100本分)された。ここも爪ぐらいの雹が北側の区画に降り、収量が減ってしまったそうだ。蜂蜜、アーモンド、青りんご、塩漬けハーブ、白い花などの品のある豊かな香り。果実の熟度も十分にあり、ふくよかで肉厚。エレガントなミネラル感や酸があり、余韻も長い。 ■テクニカル情報■ 畑面積:2区画 計0.43ha メタヤージュ / 2011年産1st VT DOMAINE THOMAS MOREY CHASSAGNE MONTRACHET 1er LES BAUDINES ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・ボーディーヌ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. CHASSAGNE MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口 シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・ボーダン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ボーディーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 1er ボーディーヌ Domaine THOMAS MOREYトマ・モレトマモレ トーマス・モレ トーマスモレ