Loading...

プリムール, Saint-Julienワインの商品一覧

2019VT ボルドープリムール特別販売

プリムールとは樽熟成途中のワインを購入(先物買い)できる、ボルドー地方特有の販売方法です。

ワインはブドウの収穫から圧搾・発酵を経て、木樽で長期間熟成されたものが瓶詰めされ、

市場に出回るのは収穫から3年後の春~夏頃になることが一般的です。


2019ヴィンテージについて

2019年ヴィンテージは、ボルドー右岸、左岸ともに例外的に素晴らしい年となりそうです。色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年です。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせ、2010年、2015年、2016年に匹敵するヴィンテージと予測されています。


■TERRADA WINE STORAGEにて木箱のまま保管が可能

■お届けは2022年秋頃を予定

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー ラグランジュ

      • 5,000

      • 税込5,500

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラグランジュ
      生産地

      【2019コメント/総評】濃いプラム色、口当たりはなめらかで洗練されていて、ピュアなカシスの果実味の味わい。サンジュリアンらしいエレガントさを感じ、何十年も熟成に耐えられるだろう素晴らしいタンニンがあります。今までで最も長い収穫期間(27日間)で、収量も最も少なかった。【シャトーHISTORY】古く17世紀から「ラ・グランジュ」(自立した小集落の意)の名で、ワイン地図に記されています。当時はボルドー屈指の規模で1855年に3級へ格付。しかし名声は続かず、世界恐慌や続く戦争で経済的な影響を受け低迷。そこへ1983年、日本サントリーの買収により素晴らしい復活を果たします。マルセル・デュカス氏の指揮下で20年に及ぶ大改修。現在はマチュー・ボルド氏と椎名敬一氏が意志を継ぎ、さらなる飛躍が目指されています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー タルボ

      • 5,800

      • 税込6,380

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・タルボ
      生産地

      【2019コメント/総評】パワフルなワインです。 ブラックチェリー、プラム、リコリス、メントール、スパイス、ラベンダー、土の香りは、2019に味わいの明確な印象を与えます。 タンニンは強いですが2019年は十分な果物味でバランスが取れています。【シャトーHISTORY】ガロンヌ川のほとりのなだらかなサンジュリアンの丘の上に位置。元々は百年戦争の英国の英雄ジョン タルボット将軍に由来します。1917年にコルディエ家が取得。品質、知名度の割には価格が安定しており、愛好家には欠かせないボルドー ワインのひとつに挙げられます。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ブラネール デュクリュ

      • 4,900

      • 税込5,390

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ブラネール・デュクリュ
      生産地

      【2019コメント/総評】しっかりとしたダークチェリーやブルーベリーフルーツ、洗練され、かつしっかりとしたタンニン、ミディアムからフルボディで、ほのかなクルミのニュアンスが印象的です。 (JAMES SUCKLING) : 95-96/100【シャトーHISTORY】1680年に礫質土壌の素晴らしいテロワールを気に入ったジャン バティスト ブラネールが最初のオーナーとなった。1988年に現在のオナーであるフランソワ マロトーの父パトリック氏がシャトーを購入。カベルネ ソーヴィニョン主体のワインは純粋さ、果実味、フレッシュさを特徴としています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ベイシュヴェル

      • 8,800

      • 税込9,680

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ベイシュヴェル
      生産地

      【2019コメント/総評】ブラックベリー、スギ、微かにモカが広がってくる素晴らしいブーケを持っています。 味わいはミディアムボディで、しなやかなタンニン、上質で豊かな酸を感じます。余韻に海藻や海水のような味わいが残ります。2018VTを超えるか期待度の高いヴィンテージです。【シャトーHISTORY】ベイシュヴェルは初代エペルノン侯爵の封地でした。フランス海軍提督であった彼の力は偉大で、言い伝えによると、ジロンド河を船行する船は提督への敬意を表すため、帆を下げてシャトーの前を通過したとのことです。帆を下げよという意味の「べス・ヴォワル」が転じてベイシュヴェルと呼ばれるようになりました。シャトーの紋章は、酒神ディオニソス(バッカス)に仕えるワインの番人グリュップスの船首像を配した船がシンボルになっています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • ル プティ リオン デュ マルキ ド ラス カーズ

      • 6,000

      • 税込6,600

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ
      生産地

      【2019コメント/総評】老樹のメルロと若いカベルネ ソーヴィニヨンのブレンド。タンニンの含有量が非常に豊富で、真価を発揮するには長い熟成が必要なほど。ブラックカラント、スパイス、ブラックオリーブ、ブルーベリーが感じられる果実味はこのワインのピュアネスを表現し喜ばしい。2019年の偉大なセカンドワインのひとつに挙げられる。【シャトーHISTORY】シャトーレオヴィル ラスカーズの以前のセカンドラベルであるクロ デュ マルキに変わり、現在はこのプティ リオンが正式なセカンドラベルとなっています。畑はレオヴィル ラス カーズと同じく、ラトゥールの畑に隣接しています。ファーストラベルと比較すべき特徴として、このプティ リオンは若樹のブドウから造られており、年産わずか2000ケースのみのまさに幻のワインです。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ランゴア バルトン

      • 4,900

      • 税込5,390

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ランゴア・バルトン
      生産地

      【2019コメント/総評】アルコール度数13.92%。ピュアな青い果実、ラベンダーやすみれを感じるとても繊細なテクスチャー。ピュアな果実味をしっかりと感じるフルボディ。余韻はとても長く洗練されています。2018年よりも出来が良いのは明確です。【シャトーHISTORY】1821年にアイルランド人のヒュー バルトンが取得。1758年に建立されたシャトーのバランスのよい建築、壮麗なファサードがヒューを魅了したに違いない。第3級格付けに認定されたランゴア バルトンは今なおオーナー家としてこの地を所有。現在は、アントニー バルトンの娘、リリアン バルトン サルトリウスが経営を行い、10代目となる子供のメラニーとダミアンもシャトーの管理とプロモーションに深く関わっている。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー レオヴィル ラス カーズ

      • 24,500

      • 税込26,950

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ
      生産地

      【2019コメント/総評】豪華と洗練の2019年。驚くほどの深さと完璧なバランスを備える。 このラスカーズにおいても若いうちから果実、タンニン、酸味の要素が見事に溶け込んでいることに驚かされる。 非常に多くのヴィンテージにおいて、この銘柄は粗野で荒々しいタンニンが特徴として見られるが2019年は非常に洗練されている。 【シャトーHISTORY】サンジュリアン村に位置し、元々ひとつのシャトーだったものが分割され、ラスカーズ、ポワフェレ、バルトンとなりましたが、ラスカーズはその3つの中でも最も繊細であると言われています。所有する畑はあのシャトー ラトゥールに1本の小川を挟んで隣接し、「サンジュリアンの王」とも言われるほどその品質は高く評価されています。現在メドック格付け2級でありながら、第一級に格上げされるべきと言われるほど、人気の高いシャトーです。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー デュクリュ ボーカイユ

      • 19,500

      • 税込21,450

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・デュクリュ・ボーカイユ
      生産地

      【2019コメント/総評】2019年は全く非の打ちどころのないワインとなった。漆黒の紫の色調。驚異的な密度とボリュームを備える。クレーム ド カシス、チョコレート、甘草、スパイス、メンソール、ラベンダーなどありとあらゆる香味がすべて見事に溶け込んでいる。高貴な美しさと深みに尽きる。【シャトーHISTORY】山吹色のエチケットがトレードマーク。ボーカイユとはフランス語で美しい小石を意味しており、その土地から色とりどりの小石が多く見つかった事からその名がつけられました。現在では少数派のフィネスに重点をおいたワイン造りを行っています。格付けは第2級ですが、5大シャトーに匹敵する実力を持ったシャトーです。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー グリュオー ラローズ

      • 9,500

      • 税込10,450

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・グリュオ・ラローズ
      生産地

      【2019コメント/総評】【シャトーHISTORY】ブドウ畑を興したグリュオ-司祭と、その死後発展に貢献した甥の騎士ラローズがシャトー名の由来です。1997年にボルドーの名門メルロー家が所有者になった後は、テロワールを尊重したビオロジックの手法を採用するようになりました。ラベルに「ワインの王、王のワイン」と記されている通り、最も愛されている第2級格付のひとつです。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー レオヴィル バルトン

      • 8,900

      • 税込9,790

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・レオヴィル・バルトン
      生産地

      【2019コメント/総評】ブラックベリー、タバコ、ミネラルの複雑なアロマを持ち、内向的ですが非常に複雑です。味わいのバランスは絶妙でオレンジピールで包まれた力強い黒い果実、柑橘類の要素がタンニンの強さを相殺しています。 2019年は近年の最高のヴィンテージと同等の完成度です。 【シャトーHISTORY】1826年シャトー ランゴア バルトンを所有していたヒュー バルトンはレオヴィルの広大な敷地から一部を買い取り、シャトー レオヴィル バルトンを創設。現在に至るまでバルトン家の下にあり、第2級シャトーに格付けされている。格付以来、所有者は変わらず最古の家系9代目が担う。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。