Loading...

プリムール, Gravesワインの商品一覧

2020VT ボルドープリムール特別販売

2018年、2019年に続く偉大なヴィンテージとなった2020年、ボルドー愛好家ならば見逃せないヴィンテージとなるのは間違いないでしょう。

一部まだ販売時期が確定していないシャトーもございますが、順次ご案内いたします。

メドック格付けワインはこちら

ボルドー右岸はこちら


2020年のワインをプロがテイスティングしたコメントはこちらから!


【ご注意】

・価格および在庫状況は常に流動的です。予告なく価格が変更される場合もございます。

・お申込み上限に達した場合は予告なく販売を停止することもございます。

・カートに入れた段階では在庫は確保されておりません。先にご購入確定されたお客様を優先としますので売り切れの際はご容赦ください。

・お届けは2年後、2023年夏~秋頃を予定しています。ストアによって入港時期は異なります。

・送料、返品交換、その他諸条件はストアによって異なります。必ずご購入前にストアページをご確認いただきますようお願いいたします。



検索条件(11) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー カルボーニュ 赤

      • 4,620

      • 税抜4,200

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・カルボニュー・ルージュ
      生産地

      Jamessuckling.com93-94 Wine Advocate91-93 このシャトー・は100年戦争の困難な時代に建てられました。19世紀後半のフィロキセラの被害、それに引き続く1929年の大恐慌、2回にわたる世界大戦。度重なる困難に見舞われ、1940年後半にはもはやトップレベルの品質ではありませんでした。現代のカルボニューの歴史は1956年マルク・ペランがこのシャトー・を買った時に始まったと言えます。現在は、このペラン家が3代に渡って所有しています。

    • Product Images
    • シャトー パプ クレマン 赤

      • 12,540

      • 税抜11,400

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・パプ・クレマン
      生産地

      Jamessuckling.com96-9 7Wine Advocate96-98 ベルトラン・ド・ゴはペサックにあるラ・モテのブドウ畑を譲り受け、1305年に法王クレマン五世となりました。その後クレマン五世はアヴィニョンに居を移し、シャトー・の所有は教会に移ります。フランス革命後、教会は所有権をなくし、数々の所有者の手に渡ることになりました。1939年、ポール・モンターニュがこのシャトー・を購入。彼の子孫であるレオ・モンターニュとベルナール・マグレがこの事業を引き継いでいます。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・スミス・オー・ラフィット ブラン 2020 | 3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 58,000

      • 税抜52,728

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・スミス・オー・ラフィット
      生産地

      ・期間限定受注:2021年7月1日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA94-96+, Jeff Leve : 95-96, James Suckling : 95-96 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・2020限定デザインラベル ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── シャトー・スミス・オーラフィットの歴史は古く、14世紀にはボスク家がこの地でぶどう栽培を行っていたと記録されています。1720年、スコットランド人ジョージ・スミス氏が購入しワイン造りを開始。小高い丘を意味するオー・ラフィットと合わせて現在の名称が誕生しました。1842年に当時ボルドー市長でワイン醸造家でもあったデュフル・デュベルジェ氏がこのシャトーを継承。1958年にメドック格付け第2級シャトー・ローザン・セグラも所有していたルイ・エシェノエ社が新たなオーナーとなり、多額の投資を行い改修を進め、地下に2000樽も収納できるセラーは現在でも大切に使用されています。1990年には現当主で小売業で財を成したカティアール夫妻がこのシャトーの美しさに惚れ込んで購入し、シャトーの伝統を現在に引き継いでいます。 一枚畑の約80ヘクタールの敷地は小高い丘の上にあり、ギュンツ期の砂利が優れた排水性と蓄熱性をもたらして、これがこのシャトーを特別なものとしています。またオーナーと技術責任者たちはこのシャトーの両端に住み、1年を通し360度に渡ってこのシャトーに愛情を注いでいます。2019年にはオーガニックへ転換。熟成に使用する樽も自社製にこだわるなど、赤白ともペサック・レオニャンを代表するシャトーです。 ◆ヴィンテージ情報 ソーヴィニョン・ブラン 90%、ソーヴィニョン・グリ 5%、セミヨン 5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】ドメーヌ・ド・シュヴァリエ 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 59,000

      • 税抜53,637

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ドメーヌ・ド・シュヴァリエ
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月11日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA95-97, James Suckling : 96-97 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── グラーヴの都レオニャンに位置するドメーヌ・ド・シュヴァリエは、非常に古い歴史を持つワインです。1983年、フランスのブランデー市場をリードし、ボルドーワインの大手商人であるベルナール家が、ペサック=レオニャン地区のグラン・クリュ・クラッセであったドメーヌ・ド・シュヴァリエを買収しました。それ以来、オリヴィエ・ベルナールと彼のチームによって管理されています。シュヴァリエの歴史に沿って、彼の指揮の下、130年以上にわたって卓越した品質を生み出してきたバランス感覚と完璧さを追求する精神が受け継がれています。 過去30年以上にわたり、多くの投資が途切れることなく行われ、現代的な要件に対応するための準備が行われてきました。例えば、ブドウ畑の拡張、新しいセラーの建設、自然光がその中心に差し込む美しい円形のヴァットルームなどです。今日では、周囲を取り囲む広大な森に守られた秘密の庭園として、グレイブスの魂に入り込みたいと願う訪問者が、高い伝統のおもてなしを楽しむことができる、驚くほど開放的な場所となっています。 ◆ヴィンテージ情報 カベルネ・ソーヴィニョン 65%、メルロ 27%、プティ・ヴェルド 5%、カベルネ・フラン 3%-アルコール度数 13.5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】ドメーヌ・ド・シュヴァリエ・ブラン 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 80,000

      • 税抜72,728

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ドメーヌ・ド・シュヴァリエ
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月11日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA94-96, James Suckling : 96-97 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── グラーヴの都レオニャンに位置する非常に古い歴史を持つシャトーが造る白ワインです。 過去30年以上にわたり、多くの投資が途切れることなく行われ、現代的な要件に対応するための準備が行われてきました。例えば、ブドウ畑の拡張、新しいセラーの建設、自然光がその中心に差し込む美しい円形のヴァットルームなどです。今日では、周囲を取り囲む広大な森に守られた秘密の庭園として、グレイブスの魂に入り込みたいと願う訪問者が、高い伝統のおもてなしを楽しむことができる、驚くほど開放的な場所となっています。 ◆ヴィンテージ情報 ソーヴィニョン 70%、セミヨン 30%-アルコール度数 13.5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • シャトー オー ブリオン 赤

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・オー・ブリオン
      生産地

      Jamessuckling.com99-100 Wine Advocate98-100 五大シャトー・の中で最も“エレガント”で“香り高い”と評されるオー・ブリオン。誕生は1550年、シャトー・の創始者であるジャン・ドゥ・ポンタック氏が結婚する際、妻となるジャンヌ・ド・ベロンが献上した広大な土地の一部を使用し始めたのがきっかけとされています。後に、特定の畑名で売り出された“最初のボルドーワイン”として歴史的にも名を刻み、今なお1級のシャトー・としてワイン愛好家からの尊敬を集めています。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・オー・バイィ 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 111,001

      • 税抜100,910

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・オー・バイィ
      生産地

      ・期間限定受注:2021年10月20日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA96-98+, Jeff Leve : 97-99, Notes Jean Marc Quarin : 97, James Suckling : 95-96 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── シャトーオーバイィの歴史は古く、ピカデリーでワイン商を営んでいたニコラ・ド・ルバルドとフィルマン・ル・バイィの手により17世紀より始められました。転機が訪れたのは1955年、ベルギーのサンダース家が所有してから品質が向上、以降急激に評価を高めています。1998年には銀行家ロバート・G・ウィルマーズ氏が所有者となり、セラーを刷新し更に精度を高めました。現在はカルフォルニア大学のサンタ・クルーズ校でエコロジーを研究してきた息子クリス氏と前オーナー家出身で総支配人のヴェロニク・サンダース女史がシャトーを引き継いでいます。 オーバイィを語るうえで特に重要なのが、テロワールです。周辺で最も高い丘の頂に位置し日当たりも水捌けも良い素晴らしい立地条件に恵まれ、更に全体の15%を樹齢100年の古樹が占めます。フィロキセラの害を逃れ、純粋なフランス産の台木ブドウ栽培において、グイヨ・プサールという古い剪定方を採用し樹液の循環を高めています。収穫は全て手摘みで行われ、タンクはステンレスとコンクリートを使い分け、その後 樽発酵。品種ごとに熟成させてからブレンドを行い再び樽に戻し、新樽率50%にて約16ヶ月の熟成を経て濾過処理を行わず瓶詰めされます。 現オーナーの父ロバート・ウイルマーズは、更なる品質向上の為 2017年にセラーを刷新することを決断、2020年秋に完成しました。ドーム状のセラーの屋上には空中庭園が設けられシャトーと葡萄畑の広がる自然の景観に溶け込んでいます。コンクリート、オーク材、ガラス素材を使用して建造された建物の3分の2は地下にあり熱調整システムで温度管理され、床面積は2000平方メートルに及びます。地上階には50-200ヘクトリットル容量の56基の発酵タンクが配置され、地下には900樽を収容できる貯蔵庫が構えられました。区画別の醸造がより正確になることでさらなる品質の向上を期待させます。 ◆ヴィンテージ情報 2020年ヴィンテージは、春先10日間の雨量は記録的であったもののミルデューからは逃れ、夏場は50日間を超す間の雨量はわずか5ミリ。更に40度を超す熱波に見舞われましたがシャトーオーバイィは地下に蓄積された水分と粘土質の土壌によって畑の緑は保たれました。その結果、2018年のような凝縮感と2019年のようなエレガンス感の両面を兼ね備えバランスの良い仕上がりになっています。 カベルネ・ソーヴィニヨン 52%、メルロ 42%、カベルネ・フラン 3%、プティ・ヴェルド 3% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。