Loading...

プリムール, フランスワインの商品一覧

フランス

世界のワイン産出国の中でも、特に優れたワインを産出する国として、品質の高さ、洗練されたワイン文化、地名度などが高く評価されている。生産量はイタリアと1位を争う大生産国である。3大ワイン銘醸地はボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュだが、その他にもアルザス、ロワール、ローヌ、シャブリ、ボージョレといった多くの有名産地があり、バラエティ豊かな個性と、複雑な味わいに富んでいるところが魅力である。ワイン造りに適した気候や土壌に加え、厳しい法律によってワインの品質、管理が徹底している。世界のワインラヴァーを魅了するフランスワイン、ロマネコンティ、ぺトリュス、モンラッシェといった高級ワインは余りにも有名。
検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・クレール・ミロン 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 51,400

      • 税込56,540

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・クレール・ミロン
      生産地

      ・期間限定受注:2020年9月19日~10月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── イギリス・ロスチャイルド家に起源を持つバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社は、ボルドー格付けに3シャトー、チリにアルマヴィーヴァ、カリフォルニアにはモンダヴィとのオーパス・ワン、世界で最も売れているボルドー・ワインのひとつであるムートン・カデなど、世界規模で事業を展開しています。 その中核はもちろんボルドーの3シャトーで、1853年に初代バロン・ナサ二エルがシャトー・ブラーヌ・ムートンを買収して名を改めた第一級シャトー・ムートン・ロスチャイルド、1933年に買収したムートン・ダルマイヤックを改めたシャトー・ダルマイヤック、そして、1970年に新たに加わった、この「シャトー・クレール・ミロン」です。 ◆ヴィンテージ情報 カヴェルネ・ソーヴィニヨン 72%、メルロ 22%、カヴェルネ・フラン 4%、プティ・ヴェルド 2% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・レ・カルム・オー・ブリオン 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 84,800

      • 税込93,280

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・レ・カルム・オー・ブリオン
      生産地

      ・期間限定受注:2020年9月19日~10月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── レ・カルム・オーブリオンは16世紀起源のシャトー。1584年オーブリオンの所有者ジャン・ド・ポンタックがカルメル修道会に寄進、レ・カルム(神のブドウ園)と名づけられました。2010年フランス有数の富豪パトリス・ピシェが買収後、莫大な資本が投下され、フィリップ・スタルクとリュック・アルセーヌ・アンリのタッグで2015年最新セラーが完成し、パーセルごとに醸造が可能となり正確性が増しました。熟成庫は池の下に設置され環境に配慮しワインが安定して熟成されます。10ヘクタール南向の畑は砂利、粘土、砂とモザイク状、独創性に起因し、優れた歴史とテロワールに近代的な技術と人智が融合し注目を集めています。 僅かな生産量は欧州市場で完売、日本市場にはなかなか出回らない希少なワインです。 ◆ヴィンテージ情報 カヴェルネ・フラン 42%、カヴェルネ・ソーヴィニヨン 31%、メルロ 27% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ラ・クロット 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 49,700

      • 税込54,670

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラ・クロット
      生産地

      ・期間限定受注:2020年9月19日~10月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── ラ・クロットはサンテミリオン最高峰オーゾンヌが所有するシャトー。ヴォーティエ家が2014年に買収、オーゾンヌ上部に4ヘクタールの畑を持ち、オーゾンヌのチームによって栽培から醸造まで綿密に管理されています。 ラ・クロットはヴォーティエ家の隠れたプティ・シャトーとしてコアなワイン愛好家から高い支持を得ています。 ◆ヴィンテージ情報 メルロ 85%、カヴェルネ・ソーヴィニヨン 10%、カヴェルネ・フラン 5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ド・フォンベル 2019 | 6本セット

      • 17,400

      • 税込19,140

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ド・フォンベル
      生産地

      ・期間限定受注:2020年9月19日~10月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・本商品には木箱はありません ────────────────────── フォンベルはサンテミリオン最高峰オーゾンヌが所有するシャトー。1971年からオーゾンヌのヴォーティエ家が管理し、オーゾンヌ下部に16ヘクタールの畑を持ち、オーゾンヌのチームによって栽培から醸造まで綿密に管理されています。 フォンベルはオーゾンヌのスタイルが受け継がれたデイリーワインとしてソムリエから高い支持を得ています。 ◆ヴィンテージ情報 メルロ 85%、カヴェルネ・ソーヴィニヨン 10%、カルメネール 5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】カリュアド・ド・ラフィット 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 143,800

      • 税込158,180

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Lafite Rothschild
      生産地

      ・期間限定受注:~2020年9月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── シャトー・ラフィット・ロスチャイルドなど世界規模で有数のワイナリーを展開するドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド(DBR)は2018年に新たなステージへ突入しました。1974年からこのDBRを率いてきたバロン・エリック・ロスチャイルドとその右腕で一切の実務取り仕切ってきたクリストフ・サランが引退し、バロン・エリックの娘で、ジャーナリストとして活躍してきたサスキア・ド・ロスチャイルドと、コス・デストゥルネルの総支配人やLVMHワイン部門の社長を務めたジャン・ギョーム・プラッツに継承されました。サスキアは当時弱冠30歳、その若い感性をDBRの伝統とエスプリに吹き込み、新たな歴史を刻もうとしています。このラフィットのセカンドワインは1980年代にカルアデス・ド・ラフィットと改名され、1845年に取得したシャトーに隣接する区画群であるカルアデス台地に由来しています。 ルグランは会長を務めるジェラール・シブール・ボウドレイがDBR前社長クリストフ・サランと昵懇の中であったことから、世界でも有数のアロケーションが割り当てられています。新たな物語を綴ろうとしているDBR、そして就任以来2年連続の偉大な年が続き運も味方につけたサスキアのDBRはますます世界のワイン界を牽引する存在です。また、グラン・ヴァンを彷彿とさせるエレガントさを持ちながらも、メルローの比率が高くなったことで、セカンドワインとしての個性を確立しています。 ◆ヴィンテージの特徴 区画をより細分化して管理し、区画ごとに栽培・醸造を最適化することでより精密な味わいとなりました。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ラフルール 2019 | 3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 300,000

      • 税込330,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Lafleur
      生産地

      ・期間限定受注:~9月30日 (7月15日:シャトー2回目の売り出し商品を追加しました。あわせて価格も改定いたしました) ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組) ・3本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── シャトー・ラフルールの2019年がついにリリースです。日本市場ではルグランが唯一の公式パートナーに選ばれました。 ポムロールの地ではペトリュスと双璧をなすと同時に、孤高の存在へとなりつつあるシャトーです。 すべてのワインはラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。また、オーナーであるギノドー家は、ボルドーの伝統的な商習慣ラ・プラスから一斉に世界に販売することから決別し、2019年ヴィンテージからDRCやアルマン・ルソーなどブルゴーニュの生産者のように、各国に信頼できるワイン商を指名するパートナー制度を通してワインを販売することを決定しました。そしてルグランはその栄えあるパートナーに指名され、そして日本市場ではルグランが唯一のパートナーに選ばれました。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ラフルール 2019 | シャトーオリジナル木箱入り

      • 105,000

      • 税込115,500

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラフルール
      生産地

      ・期間限定受注:~9月30日 (7月15日:シャトー2回目の売り出し商品を追加しました。あわせて価格も改定いたしました) ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組) ────────────────────── シャトー・ラフルールの2019年がついにリリースです。日本市場ではルグランが唯一の公式パートナーに選ばれました。 ポムロールの地ではペトリュスと双璧をなすと同時に、孤高の存在へとなりつつあるシャトーです。 すべてのワインはラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。また、オーナーであるギノドー家は、ボルドーの伝統的な商習慣ラ・プラスから一斉に世界に販売することから決別し、2019年ヴィンテージからDRCやアルマン・ルソーなどブルゴーニュの生産者のように、各国に信頼できるワイン商を指名するパートナー制度を通してワインを販売することを決定しました。そしてルグランはその栄えあるパートナーに指名され、そして日本市場ではルグランが唯一のパートナーに選ばれました。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】レ・パンセ 2019 | シャトーオリジナル木箱入り

      • 18,600

      • 税込20,460

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Lafleur
      生産地

      ・期間限定受注:2020年6月17日~9月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組) ────────────────────── ポムロールの地ではペトリュスと双璧をなすと同時に、孤高の存在へとなりつつあるシャトー・ラフルール。日本市場ではルグランが唯一、シャトー・ラフルールの公式パートナーに選ばれました。 本ワインは、1987年に誕生したシャトー・ラフルールのセカンドワインです。 以前はパンセ・ド・ラフルールという名前でしたが、2019年からはセカンドワインではなく、ラフルールの中にあり特にポムロール的な土壌を持つ僅か0.7ヘクタールから生まれる独立したワインとして、レ・パンセと名づけられました。ラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】ヴュー・シャトー・セルタン 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 158,900

      • 税込174,790

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Vieux Chateau Certan
      生産地

      ・期間限定受注:2020年7月6日~2020年9月30日 ・ご好評につき完売しておりましたが、7月22日再入荷しました ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・WA 97-100 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ────────────────────── シャトー・ル・パンを造るティアンポン・ファミリーが造るポムロールで最高品質のシャトーの一つです。 14ヘクタールとポムロールでは大きめの畑ながら欧米での人気が高く、市場に出る前のプリムールでも手に入りにくいワインの一つです。 ◆ヴィンテージの特徴 非常に有望な2019年は、2010年とよく似た味わいです。また、カベルネ・フランを通常の30%ではなく、15%で使用しているため、複雑で味わいがあり、口の中に長く香りが残ります。果実味と酸味が驚くほど保たれた、熟したタンニンのあるワインとなり、素晴らしいバランスです。さらに、メルローの密度が高く、ほのかな優雅さが際立っています。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ラフィット・ロスチャイルド 2019 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 382,100

      • 税込420,310

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Lafite Rothschild
      生産地

      ・期間限定受注:~2020年9月30日 ・ご好評につき完売しておりましたが、9月5日再入荷しました ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・WA 97-99 /JS 99-100 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・入数違いの商品もございます(3本組/6本組:6本組は1本あたり63,690円(税抜)) ────────────────────── 1855年のメドック格付1級、5大シャトーの中でも筆頭に選ばれた、輝かしい歴史を守り続けるシャトー。シャトー・ラフィット・ロスチャイルドなど世界規模で有数のワイナリーを展開するドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド(DBR)は2018年に新たなステージへ突入しました。1974年からこのDBRを率いてきたバロン・エリック・ロスチャイルドとその右腕で一切の実務取り仕切ってきたクリストフ・サランが引退し、バロン・エリックの娘で、ジャーナリストとして活躍してきたサスキア・ド・ロスチャイルドと、コス・デストゥルネルの総支配人やLVMHワイン部門の社長を務めたジャン・ギョーム・プラッツに継承されました。サスキアは当時弱冠30歳、その若い感性をDBRの伝統とエスプリに吹き込み、新たな歴史を刻もうとしています。ルグランは会長を務めるジェラール・シブール・ボウドレイがDBR前社長クリストフ・サランと昵懇の中であったことから、世界でも有数のアロケーションが割り当てられています。新たな物語を綴ろうとしているDBR、そして就任以来2年連続の偉大な年が続き運も味方につけたサスキアのDBRはますます世界のワイン界を牽引する存在です。熟成するに従って花開く、ラフィットならではのエレガントさ、フィネスと力強さが調和したボルドー最高峰の味わい。その名声から今日ではバックヴィンテージのみならず最近のヴィンテージでも入手が難しい銘柄になっています。世界中の愛好家が探し求めるシャトー・ラフィット・ロスチャイルド。偉大なボルドーワインの神髄をお楽しみください。 ◆ヴィンテージの特徴 サスキアにとって2番目となった2019年ヴィンテージは、DBRでも例外なく暑さと水分ストレスとの戦いでした。極度の乾燥と過去30年で最長の日照時間に匹敵した成長期は、葡萄が生理的生育を止めてしまう危険性がありましたが、7月26日に待望の雨が降り、サスキアは「恵みの雨、降りしきる雨の中でついダンスしてしまったわ」と振り返っています。2019年のラフィットはモダン・クラシックと表現されるように、ラフィットの伝統に、サスキアの目指す“ワインから歩み寄ってくれるような”軽やかなタッチが加えられています。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。