Loading...

Bordeaux, ボルドー, フランスワインの商品一覧

ボルドー

フランス南西部に広がる温暖な気候のボルドーは、フランス最大のワイン産地。高級ワインを生み出すシャトーが多く、世界の冠たる赤ワインの銘醸地である。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを主体とした数種類のブドウ品種をブレンドして造られるが、その比率は各シャトーによって異なるため、それぞれ個性的なワインができる。特にシャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・マルゴーなどの5大シャトーを有するメドック地域が有名である。しっかりとしたフルボディで、いかり肩のボトルに入っているのが特徴。ソーテルヌ地区のシャトー・ディケムも、極甘口の貴腐ワインの最高峰として有名。
検索条件(257) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・ギロー ウィット (1996VT、1998VT、2002VT) 100ml×3本 化粧箱入り

      • 6,578

      • 税抜5,980

      5
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      シャトー・ギロー
      生産地

      1級シャトーで2011年に初の有機認証を獲得した世界の甘口最高峰、ソーテルヌに輝くシャトー・ギロー 専用のギフトボックスにシャトー・ギロー厳選の1996年、1998年、2002年がグラス1杯分に相当する独自のフラスコ瓶(100ml)に入っております。 凝縮したアロマ、官能的でエレガント、そしてフレッシュな味わいをお楽しみくださいませ。 1766年にギロー家が取得して以来品質の向上が始まり、1855年の格付では見事1級に輝きました。その後オーナーの交代は何度かありましたが、ギローが劇的に変わるタイミングとなったのは1983年、グザヴィエ・プランティー氏が支配人に就任した時です。氏の指導の下、大改革が行われた『シャトー・ギロー』は厳しい選果を行い熟した果実のみを収穫することで、めざましい発展を遂げてきました。酸化防止剤(SO2)の使用も最小限に抑え補糖も禁止するなど、自然に近い造りを心がけ最高品質のソーテルヌ・ワインを産しています。 ロバート・パーカー氏も『グザヴィエ・プランティー氏のおかげで、今このシャトーは絶頂期にある』と評価しています。 特徴としては、ソーヴィニヨン・ブランのブレンド比率が高いという点があり、セミヨン65%に対してソーヴィニヨン・ブランは35%を占めています。

    • Product Images
    • クロワ・カノン [2012] 750ml / Croix Canon

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      クロワ・カノン
      生産地

      シャトーのセカンドワインであるクロワ・カノンは、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセに格付けされるシャトー・カノンと同じ精巧で醸造されている。畑とセラーでは、ワインメーカーや作業者は最も丁寧な方法で仕事を進める。チームの基本指針として、区画毎の徹底した管理がなされ、選果は手でより丁寧に行われる。重力を利用した醸造により、葡萄はとても優しく処理される。クロワ・カノンはメルローを主にカベルネ・フランをブレンドして造られている。フレンチオーク樽で18ヶ月熟成させるが、一部新樽を使用することで、アロマのバランスと葡萄のフレッシュさを保つ。複雑なワインで、果実とミネラルの含みを感じ、引き締まってきれいに融和したテクスチャーを持ち、調和した奥行きのあるアロマが広がる。今では、クロワ・カノンはアペラシオンを代表するワインに君臨している。 テロワール サン・テミリオンの台地 気候 温暖な気候 地質 粘土質石灰岩 醸造 手作業による除梗と選果を行い、温度管理されたステンレススティールタンクへ重力により移動させる。2週間の主発酵とマセラシオンを行い、1カ月間マロラクティック発酵を70%をタンクで、30%を樽で行う。 2012ヴィンテージ 熟成 18ヶ月間フレンチオーク樽(25%新樽)で熟成、卵白で滓下げ、清澄を行う 酸度 3.2 PH 3.67 残糖 1.6 Alc 14.20% 葡萄品種 メルロー 85%、カベルネ・ソーヴィニヨン 15% テイスティングノート 表現豊かなノーズは並外れたアロマの力強さを示し、ストロベリー、ラズベリー、スパイスの含みは調和をとりながら重なる。滑らかな風味は魅力的なテクスチャー、きめ細やかなタンニンを持ち、きれいに融和される。 合う料理 赤肉のお料理、パスタ、チョコレート

    • Product Images
    • バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト シャトー・デ・ローレ・バロン [2015]750ml/Baron Edmond de Rothschild

      • 7,502

      • 税抜6,820

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト
      生産地

      サクラアワード2019 シルバー! ワイン・アドヴォケイト 91-93ポイント! ベタンヌ&ドゥソーヴ 15.5/20ポイント! 畑/醸造:石灰岩と粘土 / 新樽で16ヶ月間熟成 年間生産量:20,000本 ブドウ品種:メルロー100% 造り手情報 このエステートで造るワインは、サンテミリオンの典型である。ブレンドは、粘土-石灰岩土壌を最大限に生かす品種であるメルローが顕著に表れる。主力銘柄のシャトー・デ・ローレが生産の主体だが、このエステートの真髄であるメルローのマイクロキュヴェ、レ・ローレ・バロンによって補完されている。手摘みでの収穫、選果、細心の注意を払った発酵は特級に値する。 この希少なワインは、最上のヴィンテージにのみ生産される。主にメルローから造られる素晴らしいサンテミリオンワインの全ての質を反映して、優雅さと個性の繊細な組み合わせを示す。 テイスティングノート 青みがかった反射を伴う深紅色。赤色の果実、樽香によるバニラの香り。丸みがあり滑らかなアタックに、ミッドパレットはコクのある味わい。 合う料理:赤肉、上質な魚や甲殻類 サーヴ温度:18℃

    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン レ・トゥーレ・ド・ロングヴィル [2013]750ml/Chateau Pichon-Longueville Baron

      • 7,700

      • 税抜7,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1884年にそれまでシャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑が、ピション・バロンとピション・ラランドに分断されたのち、ピション・バロンは1933年に所有者が変わりました。以降、畑は最高の位置にありながら、ワインはその真価を十分に発揮できずにいました。その危機を打開したのがフランス最大の保険会社のアクサ・ミレジム、そしてシャトー・ランシュ・バージュのオーナーであるジャン・ミッシェル・カーズ氏の参加(2000年に退社)でした。その後活発な設備投資と畑の改良をした結果、1987年を境にワインの評価は一変、本来の地位を取り戻すこととなりました。68ヘクタールの広大な敷地にはヘクタールあたり9,000本の密度でブドウが植えられ、そのブドウの平均樹齢は35年を超えています。収穫量を抑えた栽培の結果、非常に濃厚で味わい深いワインを造ることに成功しました。畑はカベルネ・ソーヴィニョン種が主で、その比率は70%を超えています。また、25%を占めるメルロー種もその力強い味わいを緩和する意味で重要な役割を果たしており、残りのカベルネ・フラン種はワインに複雑さを与えています。約2週間のマセラシオンと50%を超える新樽比率で1年から1年半熟成された後出荷されます。 レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルは、メドック格付け2級のシャトー・ピションバロンのセカンドワインです。深いルビーの色合い、チェリーやブラックベリーの柔らかいフルーツのアロマが感じられます。スムーズでエレガントなタンニンの口当たりと深く長い余韻が魅力的なワインです。

    • Product Images
    • レ・トゥーレル・ド・ロングヴィル 2014

      • 8,250

      • 税抜7,500

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      Château Pichon-Longueville Baron
      生産地

      【メドック格付け第2級、高級シャトーとして名高いシャトー・ピション・バロンのセカンドワイン】 ピション家は中世まで遡る、ボルドーの歴史の中にも度々名前が現れる名家でした。17世紀、ロングヴィル男爵ジャック・ド・ピションがブドウ園を造りました。18世紀、ワイナリーの評判はラトゥールに比肩するまで高まりました。1850年、畑は二つに分けられ、シャトー・ピション・バロンを受け継いだラウル・ド・ピション・ロングヴィルは、1851年に現在のシャトーを建設しました。1987年にアクサ・ミレジムがシャトーを購入し、当時ランシュ・バージュの当主であったジャン=ミッシェル・カーズの指揮のもと、畑とセラー、シャトーに大幅な改良が行われました。カベルネ・ソーヴィニョン(62%)、メルロー(32%)、カベルネ・フラン(4%)、プティ・ヴェルド(2%)が植えられた73ヘクタールの広大な敷地は細やかに区画に分けられ、それぞれの区画の特性(土壌、樹齢、品種など)に合わせたケアが施されています。 トゥーレルのブレンドの多くは主にサンタンヌの区画に植えられたメルロー種から造られますが、その畑は鉄を含んだ岩盤の上に良質の小石が混ざった土壌で、水はけも良好です。 また、カベルネソーヴィニヨンはその複雑な性格に合うように、 シャトーの境界にある深い砂利質の土壌に植えられています。 収穫は正確な土壌管理に基づいて確実にコントロールされており、 殺虫剤は不使用、除草剤も最小限度に抑えられ土壌の生態系は保たれています。成長時の結実後の葉はベストになるよう注意深く除かれ、収穫時のブドウも最良のもののみ選別され低収量となります。 醸造はテロワールやヴィンテージの状況により区画ごとに行なわれ、発酵を終えるとそのブレンドを選別する為のテイスティングが行なわれます。 深みのあるルビー色。ベリーやレッドカラント、ブラックチェリー、ワイルドストロベリーやマイルドなスパイスの香り。アタックはフレッシュでエレガントで繊細。伸びやかなストラクチャーは、徐々にパワフルさを増していきます。 フィニッシュは調和がとれて、ふくよかでバランスが取れています。魅力と気品に満ちたワイン。 オーク樽で12ヶ月間熟成(30%は新樽を使用) セパージュ: メルロー65%、カベルネ・ソーヴィニョン20%、カベルネ・フラン10%、プチ・ヴェルド5%

    • Product Images
    • シャトー・ラグランジュ [2016] 750ml / Chateau Lagrange

      • 8,800

      • 税抜8,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      シャトー・ラグランジュ
      生産地

      サンジュリアン特級格付3級 過去最高の呼び声の高い2016年ヴィンテージ! 1983年、日本企業「サントリー」がラグランジュを買収し、低迷していたシャトーの品質を見事復活させ、今では確固たる地位を築き上げ、格付にふさわしい風格さえ漂うシャトーです。 品質の向上に伴う価格の上昇は抑えられている優良シャトーとの評価も高く、昨今の価格高騰が激しいボルドーワインと比べてみても、大幅な上昇は抑えられています。 力強さにどこかしなやかさや柔らかさも感じるサンジュリアンのワイン。 ラグランジュ史上 『最高の出来』 と呼び声の高い2016年ヴィンテージは、 ジェームズ・サックリング氏:95-96点 ワインアドヴォケイト誌:95点 デキャンター誌:95点 ワインエンスージアスト誌:93-95点 ワインスペクテーター誌:92-95点 と、軒並み95点前後の素晴らしい出来映えです!! 付記: 信濃屋ネット店テイスティングコメント 外観: 深みのあるルビー。中心部の濃さからも、非常に凝縮感のあるワインであることが窺い知れる。レッグも長め。 香り: 抜栓後時間が経っていたせいか、スワリングしなくとも赤色果実のアロマ、ブルーベリー、カシス、プルーン、樽、ロースト、バニラのようなニュアンスが一斉に立ち昇ってくる。スワリングするとこれらが混然一体となり、一段階上のグレードのワインだと直感した。少なくとも1984年~2015年のラグランジュからは感じたことのないようなニュアンスが2016年にはあるように感じられた。 味わい: 若いワインなので最初に感じられる酸味はまだ強いが、輪郭がくっきりしていて作り手の意図が感じられる気がする。渋味も強めだが、タンニンは肌理細かく、搾汁の丁寧さを物語っている。エキス分も充実していて、ラグランジュで10年来取り組んでいるリスクを背負っての遅摘みの成果がしっかりと出ている凝縮味のあるワインに仕上がっている。心地良いフィニッシュも長く続く。できれば2本買って、1本をすぐ開けて未来の姿を想像しながら時間をかけて楽しみ、もう1本は20年はセラーに入れて忘れておきたい。そうすれば20年後には大きな喜びをもたらしてくれるかも知れない1本となるはず。 2016年からラベルがマイナーチェンジされ、瓶がクラシカルなヘビー瓶に替わったが、これはシャトーからの「長期熟成させて欲しい」とのメッセージと受け取りたい。 有名評論家達は軒並み95点前後の評価としているが、筆者自身が付けるとしたら、ラグランジュとしては過去最高の96-97点を献上したい。 2019年1月14日試飲 2016年のセパージュ: カベルネ・ソーヴィニヨン 70% メルロー 24% プティ・ヴェルド 6%

    • Product Images
    • シャトー・リューセック [2005]750ml

      • 9,878

      • 税抜8,980

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2005
      生産者
      シャトー・リューセック
      生産地

      近年で最も素晴らしい2005年シャトー・リューセック。2017年1月に上方修正され、ワインアドヴォケイト:97ポイントにアップ! ワインスペクテーター誌においても、96ポイント(Highly Recommended)と非常に高く評価されており、1990年2001年に次ぐ最高評価を獲得しました。 リューセックは、蜂蜜をかけたような力強さとほとんどローストされたと言って言っていい芳醇さのあるスタイルで、途方もない息の長さと偉大な明確さを見せる。このワインは、深みのある色調で総じてアルコール度数が高く、秀逸なねっとり感がある。

    • Product Images
    • フランス、NZのソーヴィニヨンブラン飲み比べセット

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ヴィラ・マリア
      生産地

      ■プイィ・フュメ■ 柑橘系の果実と、さすがプイィ・フュメと思わせる絶妙なスモーキーなニュアンス。ミネラルもしっかり感じられ、若々しい酸がワイン全体を引き締めている。最高のサンセール生産者はプイィ・フュメでもその実力を発揮している。 ■シャトー シッフル・メルル ブラン■ 心地良い酸味と果実味が見事にバランスしている。心地良い口当りが印象的な白ワイン。フランスのワイン評価本アンシェットで星付きの評価を得、バリューボルドー100選に選定された実力あるワイン。 ■セラーセレクション ソーヴィニヨン・ブラン■ パッションフルーツ、メロンやエンドウマメの香りをもつ力強いマルボロウのソーヴィニヨン・ブラン。混じりけのない瑞々しさ、グレープフルーツやハーブのニュアンスを感じ、バランスの良い酸味と素晴らしく厚みのある味わい。