Loading...

Baron Edmond de Rothschildワインの商品一覧

検索条件(2) 並べ替え
    • Product Images
    • バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト シャトー・クラーク [2011]750ml/Baron Edmond de Rothschild

      • 5,841

      • 税抜5,310

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト
      生産地

      ファルスタッフ・マガジン 90ポイント! デキャンター誌 16ポイント! シャトー・クラーク・エステートの起源は、ヴェトゥイユ修道院のシトー修道会の修道士が12世紀に最初の葡萄の木を植えた時まで遡る。そしてその後、騎士トビー・クラークがこの土地を購入し、1818年以降彼の名前が永久に残ることになった。その後何度も引き継がれ、最終的に売却され、1973年にバロン・エデモンド・ドゥ・ロートシルトによって購入された。 この時に放置されていた葡萄畑は植え直され、その後、最終的に54ヘクタールのワイン生産地を実現するために1974年から1978年の間に完全に作り変えられた。 今日、葡萄の木は粘土質石灰岩の丘の上に植えられていることで、メルローの葡萄は最大限に個性を表すことができているのである。そしてシャトー・クラークで最初のヴィンテージが1978年に瓶詰めされて以来、ワインの品質は常に向上し続けている。 古い建物は修復され、ワイン醸造の過程で使用する技術と設備は最新のものとなった。栽培とワイン生産方法には特別な注意が払われ、非常に厳しく管理されている。手摘みされた葡萄は丁寧に運ばれ、慎重にセラーで選別され、重力を使い、最高の木の樽に入れられる。ワインはその後新樽に入れられ、そこで14~18ヶ月間熟成される。従って、シャトー・クラークはワインを濃縮し、際立ったものにした土地を真に反映したものである。力強さと芳香の複雑さを結びつけ、熟成の大きなポテンシャルを持っている。1997年以来、バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトは彼の父親の伝統を引き継ぎ、彼自身の一流を求める情熱を彼の活動的な仕事に伝播している。 生産地:リストラック・メドック 葡萄畑:55ヘクタール 土壌:石灰岩と粘土 品種:メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30% 植密度:1へクタールあたり7,000本 (1m x 1.5m) 樹齢:30年 土壌管理:自然に雑草を生えさせる 剪定:グイヨー・ダブル 収穫:手摘み、手作業による葡萄の選別(除硬の前後) メルロー:9月19日~24日 カベルネ・ソーヴィニヨン:9月26日~27日 ワイン醸造:重力を利用して葡萄を大桶へ移動し、樽とステンレス・スティールの大桶で低温マセラシオンと発酵を行う。 各大桶に合わせて、穏やかに抽出し、パンプオーバーとデレスタージュ(液抜き静置法)を行う。2015ヴィンテージ以来、樽に最良のプレスワインを添加している。 熟成:65%新樽、残りは中古樽 熟成期間:16ヶ月 生産量:250,000本 アルコール%: 13.50% テイスティングノート 極めて力強く、複雑なノーズが立ち上り、熟した果実の芳香に、スミレやスパイシーでオーキーな含みがする。豊かな風味に、タイトなタンニンが広がる。フレッシュで、果実味のする長い味わいが続く。 相性の良い料理 グリルしたお肉、フランス産のチーズ 日本食;鉄板焼きお肉 韓国:牛肉のプルコギ 中国:黒コショウの牛肉炒め サーヴする温度:18℃

    • Product Images
    • バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト シャトー・デ・ローレ・バロン [2015]750ml/Baron Edmond de Rothschild

      • 7,502

      • 税抜6,820

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト
      生産地

      サクラアワード2019 シルバー! ワイン・アドヴォケイト 91-93ポイント! ベタンヌ&ドゥソーヴ 15.5/20ポイント! 畑/醸造:石灰岩と粘土 / 新樽で16ヶ月間熟成 年間生産量:20,000本 ブドウ品種:メルロー100% 造り手情報 このエステートで造るワインは、サンテミリオンの典型である。ブレンドは、粘土-石灰岩土壌を最大限に生かす品種であるメルローが顕著に表れる。主力銘柄のシャトー・デ・ローレが生産の主体だが、このエステートの真髄であるメルローのマイクロキュヴェ、レ・ローレ・バロンによって補完されている。手摘みでの収穫、選果、細心の注意を払った発酵は特級に値する。 この希少なワインは、最上のヴィンテージにのみ生産される。主にメルローから造られる素晴らしいサンテミリオンワインの全ての質を反映して、優雅さと個性の繊細な組み合わせを示す。 テイスティングノート 青みがかった反射を伴う深紅色。赤色の果実、樽香によるバニラの香り。丸みがあり滑らかなアタックに、ミッドパレットはコクのある味わい。 合う料理:赤肉、上質な魚や甲殻類 サーヴ温度:18℃