Loading...

ボディミディアムフルワインの商品一覧

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • 【プリムール】レ・パンセ 2019 | シャトーオリジナル木箱入り

      • 18,600

      • 税込20,460

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Lafleur
      生産地

      ・期間限定受注:2020年6月17日~9月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組) ────────────────────── ポムロールの地ではペトリュスと双璧をなすと同時に、孤高の存在へとなりつつあるシャトー・ラフルール。日本市場ではルグランが唯一、シャトー・ラフルールの公式パートナーに選ばれました。 本ワインは、1987年に誕生したシャトー・ラフルールのセカンドワインです。 以前はパンセ・ド・ラフルールという名前でしたが、2019年からはセカンドワインではなく、ラフルールの中にあり特にポムロール的な土壌を持つ僅か0.7ヘクタールから生まれる独立したワインとして、レ・パンセと名づけられました。ラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】ル・パン 2019 | シャトーオリジナル木箱入り

      • 280,100

      • 税込308,110

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2019期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Chateau Le Pin
      生産地

      ・期間限定受注:2020年7月6日~2020年9月30日 ・お届け予定:2022年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ────────────────────── ポムロールを代表するシャトーです。 ル・パンのブドウは、特に厳選された区画から手摘みで収穫された後、様々なサイズの7つの小さなステンレスタンクに送られます。樽の熟成中のすべての醸造されたワインは、並外れたレベルの品質管理をしながら作られています。 エキゾチックな豊かさ、しなやかさ、絹のようなタンニンが特徴のワインです。 ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ◆本年のプリムールについて 通常プリムールは収穫翌年の4月から6月の間に開催されますが、今回ご案内する2019年ヴィンテージはコロナウイスルの影響で6月初旬スタートにずれ込む異例の開催となります。 2019年は既にグレートヴィンテージと評価されていますが、このような世界状況の中で、シャトーは愛好家の皆様に寄り添い、比較的手ごろな価格でリリースされる事が予想されます。 混沌とした時期ではありますが、ルグランでは今回の2019年プリムールは見逃せないヴィンテージと判断し、シャトーとの親密な関係を活用しながら最大限買い付けいたします。 ◆2019年の特徴-総評- 2019年ヴィンテージは色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年となりそうです。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせます。 2019年は2010年、2015年、そして2016年に匹敵するあるいはそれらを凌駕するエキサイティングなヴィンテージと言えるでしょう。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。 ※詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • シャトー ソシアンド マレ

      • 3,300

      • 税込3,630

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ソシアンド・マレ
      生産地

      【2019コメント/総評】ラズベリー、ワイルドストロベリー、バラの花びらの香りが漂う素敵なブーケ、時間の経過とともに下草の香りが感じられます。ミディアムボディで赤い果実、砕いた石、白コショウなどの入り混じった複雑さがありエネルギーに満ちています。 【シャトーHISTORY】かつての所有者ソシアンド家と、1850年頃この土地を購入したマダム・マレが名前の由来。一時は荒廃していましたが、1969年にジャン・ゴートローが購入し劇的に甦らせました。かつてはクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルに格付けされていました。2003年にクリュ・ブルジョワの見直しが行われた際、敢えて申請をしなかったために現在は格付けされていませんが、その高い品質により各方面からの評価が高いシャトーです。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ラトゥール マルティヤック 白

      • 3,400

      • 税込3,740

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラトゥール・マルティヤック
      生産地

      【2019コメント/総評】さわやかな青リンゴとレモンタイムの香り、最初は内向的ですが、徐々に広がりを見せます。 味わいは酸味とのバランスが取れていて、 パイナップルとオレンジピール、微かにトロピカルフルーツを感じます。またフィニッシュにはほのかなイチゴが現れます。【シャトーHISTORY】グラーヴ・ペサックレオニャン。この土地の特徴的な地質で育まれた赤葡萄品種により、このシャトーが造る赤ワインも栄光を遂げています。1936年12月、イングランド王である皇帝の戴冠式を祝うためのワインとしても選ばれました。特徴的なラベルは、1930年代初めに当時流行していたアールデコに感化され、「金と砂の縞」をテーマにデザインし、シャトー・ラトゥール・マルティヤックの象徴にもなりました。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ラトゥール マルティヤック 赤

      • 3,400

      • 税込3,740

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラトゥール・マルティヤック
      生産地

      【2019コメント/総評】古典的なGravesの砂利質土壌から豊かな黒い果実、トリュフ、チョコレート、またスモーキーな香りも感じられます。リッチで口当たりがよく、丸みを帯びた甘いタンニン、そして素晴らしいフィニッシュを持っています。 【シャトーHISTORY】グラーヴ・ペサックレオニャン。この土地の特徴的な地質で育まれた赤葡萄品種により、このシャトーが造る赤ワインも栄光を遂げています。1936年12月、イングランド王である皇帝の戴冠式を祝うためのワインとしても選ばれました。特徴的なラベルは、1930年代初めに当時流行していたアールデコに感化され、「金と砂の縞」をテーマにデザインし、シャトー・ラトゥール・マルティヤックの象徴にもなりました。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ラ トゥール カルネ

      • 3,300

      • 税込3,630

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラ・トゥール・カルネ
      生産地

      【2019コメント/総評】ブラックベリー、エスプレッソ、タバコの葉の複雑なアロマが感じられます。フルボディでフィニッシュはチョコレートで覆われたブラックベリーとカシス。【シャトーHISTORY】起源は12世紀まで遡ることができるメドック地区で最も歴史のあるシャトーの1つ。1855年に4級に格付け。1962年にルイ・リプシッツ氏がシャトーの改築をするまで荒れ果てた状態となっていましたが、彼によってシャトーに相応しい品質に生まれ変わりました。現在はパプ・クレマンも所有するベルナール・マグレ氏がオーナーとなり、品質の向上に努めています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • サルジェ ド グリュオー ラローズ

      • 3,200

      • 税込3,520

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・グリュオ・ラローズ
      生産地

      【2019コメント/総評】【シャトーHISTORY】ブドウ畑を興したグリュオ-司祭と、その死後発展に貢献した甥の騎士ラローズがシャトー名の由来です。1997年にボルドーの名門メルロー家が所有者になった後は、テロワールを尊重したビオロジックの手法を採用するようになりました。主に樹齢の若い樹から収穫し、ファースト ラベルと同じ醸造方法を用いて造られています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • ラ ダーム ド モンローズ

      • 4,400

      • 税込4,840

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・モンローズ
      生産地

      【2019コメント/総評】メルロの出来がとても良く、CHモンローズへのブレンドに多くが使用されました。そのためセカンドには通常よりも高い比率でカベルネ ソーヴィニョンがブレンドされたことにより長期の熟成に耐えうる品質になっています。 エレガントでピュアでバランスの取れた果実味、メドックらしいカベルネが表現されています。【シャトーHISTORY】シャトーモンローズのセカンドワイン。畑は砂利質の美しいなだらかな丘、サン テステフ地区の中央に位置し、その起源は1815年にさかのぼることができます。現オーナーは、ジャン ルイ シャルモリュで、完璧に手入れされたブドウの畝、古い巨大な開放型のオーク発酵槽や新樽、キュヴェリー(ハイテク醸造所)などを清潔でよく管理しています。格付けシャトーのひとつであるシャトーモンローズはこのようにして生み出されています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャペル ド ラブリ

      • 3,600

      • 税込3,960

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・クロワ・ド・ラブリー
      生産地

      【2019コメント/総評】【シャトーHISTORY】90年代、サンテミリオンの地でジャン・リュック・テュニュヴァンの次にガレージワインの取り組みを開始したワイナリー。ワイン造りを率いるのはオーナー夫妻の妻のアクセルさん。ミシェル・ロランのチームの指導を仰ぎながら畑の手入れをし、醸造、熟成まで手掛けます。その女性らしい感性がワインにもたらされています。シャペル・ド・ラブリーの区画は1ha。畑はシャトー・ヴァランドローと隣接しています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • シャトー ランシュ ムーサ

      • 3,800

      • 税込4,180

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ランシュ・ムーサ
      生産地

      【2019コメント/総評】力強く密度が高く、非常に表現力に富んでいます。鉄、煙、ハーブ、タバコのアロマは素朴で野蛮な印象を与えますが、果実のアロマもしっかりありバランスが取れています。このアペラシオンの特徴的なワインのひとつです。2019年は100周年にあたり、赤いラベルで便にも特殊な加工がされた記念ボトルとなります。【シャトーHISTORY】18世紀にランシュ侯爵によって所有されていたこのシャトーは当時現在よりも遙かに大きな規模を誇っていました。その後、ランシュ・ムーサとランシュ・バージュの2つに分割され、シャトーは大部分の畑と共にランシュ・バージュ側に相続されることになります。1969年にシャトー・バタイエを所有するボルドーの名家、カスティージャ家によって取得されてからは、畑の改善やセラーのなどを積極的に実行し、ワインの品質は劇的に向上。今日では、かつての名声を取り戻すことに成功しています。※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年春以降となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。