Loading...

20000円以上 49999円以下ワインの商品一覧

検索条件(297) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・ド・ミルリー 2006 | 3本セット

      • 23,100

      • 税抜21,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[日本在庫ストア]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      シャトー・ド・ミルリー
      生産地

      ・ルグラン(日本倉庫)からお届けいたしますので、ご注文後、約2営業日後の発送となります。 ───────────────────────────── サンテミリオンのプラトーに位置するシャトー・ド・ミルリーは、シャトー・フィジャックのオーナー、マノンクール家が所有する僅か0.8ヘクタールの秘宝と言えるシャトーです。 第二次世界大戦の捕虜から帰還したティエリ・マノンクールが未来への希望を願って1942年にこのシャトーを取得。今日に至るまでシャトー・フィジャックのチームが栽培と醸造を手掛けてきましたが、販売用ではなくマノンクール家の自家消費用として造られてきました。 長年マノンクール家と親しい関係にあったルグランは、この小さな秘宝の歴史とワインを世界に伝えるアンバサダーに選ばれ、その希少なワインを割り当てて頂きました。 ───────────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください

    • Product Images
    • シャトー・カロン・セギュール [2003] 750ml / Chateau Calon-Segur

      • 23,100

      • 税抜21,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2003
      生産者
      シャトー・カロン・セギュール
      生産地

      サンテステフ特級格付3級 ハートラベルが目を引き、ギフトワインとして世界的に人気のカロンセギュール。 昔、このカロン・セギュールと当時から有名だったラフィットとラトゥールを所有していた セギュール伯爵が、「やはりラフィットかラトゥールがお好きですか?」との問いに、 『われラフィットとラトゥールを所有せり。されどわが心(=ハート)はカロンにあり』 と答えたエピソードが伝わっており、それにちなんでエチケットにはハートがモチーフとなっています。 しかし特級格付の3級だけあって、土壌のポテンシャルは高く、生産者の献身的な尽力もあって、 近年向上著しく、流石は特級格付と唸らせる高レベルです。 ロバート・パーカー氏:93点

    • Product Images
    • アンリ・マニャン ジュヴレ・シャンベルタン 1er キャトル・カラクテール [2018]750ml

      • 23,672

      • 税抜21,520

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      アンリ・マニャン
      生産地

      「ワイン法とか市場性とかに関係なく、ただ純粋に、今の僕にできる最高品質のワインを造ること」を目的として生まれた特別限定作品です。 所有する4つのプルミエ・クリュ(レ・シャンポー、レ・カズティエ、エストゥールネル・サン・ジャック、ラヴォー・サン・ジャック)の収穫時に、選果台のベルトコンベアーの速度をぎりぎりまで遅くした上で「完璧な房」のみを選びきり、除梗せずにこの作品専用の小型ステンレスタンクに入れます。3週間かけてアルコール発酵を行った後、職人技による微細な調整が可能な風船式プレス機で「これ以上は無理というほどゆっくりと」プレスします。 24時間のデブルバージュで不純物を沈殿させた後、上澄みのワインを樽にゆっくりと注ぎます。樽は一樽のみで、名門カヴァン社のこの道何十年の職人が、フォンテーヌブローの森から厳選した最上の木を4年間天日干しにした(普通は1.5~2年間)、年産50樽限定の最高級品「アフロディット」の新樽を使用。とはいえ樽香をつけることが目的ではないので、「EP」(extra profonde、最も深い焼き方)を採用しています。マロラクティック発酵を経た後11ヵ月間、一度も澱引きをせずにシュール・リーで熟成させ、無清澄、ノンフィルターでビン詰め。 長期熟成に耐えるよう、54mmの最長級コルクを使用(普通は42~49mm)。それに蝋(ロウ)封をして完成させたものです。 「シャンポーは柔らかさ、カズティエとエストゥールネルは力強さ、ラヴォーは香りと繊細さ、とよく言われますが、これらすべての個性が調和して複雑味を増し、他に類を見ない完成度に仕上がっていると思います」(シャルル・マニャン)。 VINOUS:(91-93) ポイント Drinking Widow: 2021- 2036 Review Date: Jan 2020 As the name suggests, the 2018 Gevrey-Chambertin 4 Carac’terrres 1er Cru is a bunch selection from the four Premier Crus, made with 100% whole bunches in a single barrel. The whole-bunch character comes through quite strongly on the nose, where attractive peppermint scents gradually evolve with aeration. The palate is medium-bodied with supple tannins and a fine bead of acidity. Quite sensual thanks to its velvety tannins, leading into a long finish. This is very seductive. -- Neal Martin

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定4セット> シャトー・グロリア 2020 3本セット

      • 23,760

      • 税抜21,600

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Château Gloria
      生産地

      ・期間限定受注:2021年12月24日~2022年3月31日 ・お届け予定:2023年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定4セットのみ】のご案内です。 配送について *ボルドー・プリムールワインは、ご注文いただいた約2年後に日本に入荷しますので、その後お届けいたします。 *シャトーのリリース時期の違いにより、入荷のタイミングは異なります。 複数のシャトーをご注文いただき、入荷のタイミングが異なる場合は、全て揃ったタイミングでお届けいたします。 *ワインのお支払いにつきましてはご注文時にクレジットカード払いにてお願いいたします。 *配送料はワインをご購入時に頂戴いたします。 *お届け先は日本国内に限ります。 *ヤマト運輸で配送ができないエリアにはお届けができませんので、ご了承ください。 通常3本で25,080円のところ、23,760円と大変お得なセットにしました。【限定4セットのみ】のご案内です。 【シャトー・グロリア 2020】 シャトー・グロリアの創設者はアンリ・マルタンで、その成り立ちは非常にユニークです。50haのブドウ畑は1855年格付けのグラン・クリュ・クラッセの畑の区画のみを何年もかけて買い増しした結果、出来上がった畑なのです。 このようなテロワール、入念な栽培と醸造。世界中でその品質が認められている理由がここにあります。 「グロリア」=栄光という名前の通り、華やかな分かりやすい味わいです。 ※当該商品はボルドープリムール2020年商品となります。お届けは2023年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • クロ・ヴージョ グラン・クリュ [2017] 750ml / Clos Vougeot Grand Cru

      • 23,760

      • 税抜21,600

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      Domaine Berthaut-Gerbet
      生産地

      ドゥニ・ベルトーは、18世紀末に創業したフィサンを代表するドメーヌのひとつ。2013年ヴィンテージから、7代目となる娘のアメリーに世代交代した。アメリーは、父親がドゥニ・ベルトー、母親がヴォーヌ・ロマネのフランソワ・ジェルベの当主、マリーアンドレ・ジェルベという幸運な血筋の持ち主。両親共に醸造家であるアメリーは、歴史ある父親のドメーヌと共に、母方からもヴォーヌ・ロマネの畑を継承し、計13ヘクタールの畑を所有する。(※2015年ヴィンテージからフランソワ・ジェルベのドメーヌも引き継ぐ) 「よいワインはよい畑から」という信条で、年間を通してブドウ栽培に多大な労力を割いている。環境を尊重し、除草剤を使用しない持続可能で自然な農法を実践。丁寧に選果されたブドウは、ポンプを使わず重力でやさしくコンクリート発酵槽に移され、発酵前低温浸漬。発酵後は15~20カ月間樫樽で熟成する。従来の方法に固執せず新しい設備への投資も積極的に行っている。 2013年がアメリーによる醸造の初ヴィンテージ。淡い色調ながら、果実味の柔らかな旨みを感じられるシルキーな味わい。今後の活躍が非常に楽しみなドメーヌ。

    • Product Images
    • ピュリニー モンラッシェ プルミエ・クリュ・レ・ルフェール [2018] 750ml / Puligny Montrachet 1er Cru Les Referts

      • 24,200

      • 税抜22,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      エティエンヌ・ソゼ
      生産地

      ドメーヌ・ルフレーヴと双璧をなすピュリニー・モンラッシェの造り手 Etienne SAUZET(エティエンヌ・ソゼ) 1903年に生まれたエティエンヌはわずかな畑を親から継承し、1950年頃にはそれを12haまで広げた。 惜しまれながらも1975年に他界。ひとり娘はヴォルネイのボワイヨ家に嫁いだため、孫娘のジャニーヌが 夫のジェラール・ブードとドメーヌを継ぐことになった。 ところがブドウ畑はエティエンヌの娘、ジャニーヌの母であるマダム・ボワイヨの所有で、1989年に 相続税の問題を解決するためにこれを3人の子供に分け与えることにした。 彼女はドメーヌがバラバラになることを望んではいなかったそうだが、息子のひとり ジャン・マルク・ボワイヨが相続分を自身のドメーヌに組み込んでしまったため エティエンヌ・ソゼの畑は9haまで縮小。 ただでさえ需要に対して供給量が不足しているところにもってきてこの始末。 顧客のことを思えば畑が減ったからといって簡単にアロケーションを3分の2にすることもできない。 そう考えたジェラール・ブードとジャニーヌは、91年から買いブドウにより これまでの生産量を維持する道を選んだ。 しかも、ワインをドメーヌものとネゴスものに分けるのではなく、各クリマ、自前のブドウの不足分を 買いブドウで補い、ワインを造ることにした。 つまりドメーヌの看板を降ろすという潔い道を選んだわけだ。なんて律義な夫婦なのだろう。 ブドウの供給先は、ジェラールが信頼を置く栽培農家ばかり。 同じピュリニー・モンラッシェ村で日々顔を合わせているわけだから、 供給先もジェラールの目を誤魔化しようがない。 このように従来からドメーヌがもつクリマに加え、わずかながら100%買いブドウから造られるワインも ポートフォリオに加わった。それが特級のシュヴァリエ・モンラッシェとモンラッシェ、 1級のアモー・ド・ブラニー、シャン・ガン、ガレンヌだ。 ブドウ栽培は5年前からビオディナミ。収穫したブドウは除梗せずに空気式圧搾機でプレスし、 果汁を24時間冷却。小樽に移してアルコール発酵、続いて熟成。熟成期間はブルゴーニュ・ブランで 10ヶ月、村名で12ヶ月、1級と特級が18ヶ月である。新樽率は村名20%、1級25〜40%、特級45%。 熟成中は試飲を繰り返し、必要に応じてバトナージュを行う。樽熟成後はステンレスタンクに移し、 さらに細かな澱とともに6ヶ月の熟成。清澄とろ過をともに軽くかけて瓶詰めである。 2000年からジェラールの娘であるエミリーが、そして2002年にはエミリーの夫、 ブノワ・リフォーがメゾンに参画。エティエンヌ・ソゼの次世代を担う。 レ・ルフェール はムルソーに近く、他のピュリニー・モンラッシェにはない丸みと濃厚さ 引き締まった味わいを持ち合わせており、綺麗な熟成に定評があります。 ※こちらの商品は松澤屋(輸入代理店)の商品となります。

    • Product Images
    • ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール [2015] 750ml / Puligny-Montrachet 1er Cru Les Referts

      • 24,200

      • 税抜22,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      エティエンヌ・ソゼ
      生産地

      ドメーヌ・ルフレーヴと双璧をなすピュリニー・モンラッシェの造り手 Etienne SAUZET(エティエンヌ・ソゼ) 1903年に生まれたエティエンヌはわずかな畑を親から継承し、1950年頃にはそれを12haまで広げた。 惜しまれながらも1975年に他界。ひとり娘はヴォルネイのボワイヨ家に嫁いだため、孫娘のジャニーヌが 夫のジェラール・ブードとドメーヌを継ぐことになった。 ところがブドウ畑はエティエンヌの娘、ジャニーヌの母であるマダム・ボワイヨの所有で、1989年に 相続税の問題を解決するためにこれを3人の子供に分け与えることにした。 彼女はドメーヌがバラバラになることを望んではいなかったそうだが、息子のひとり ジャン・マルク・ボワイヨが相続分を自身のドメーヌに組み込んでしまったため エティエンヌ・ソゼの畑は9haまで縮小。 ただでさえ需要に対して供給量が不足しているところにもってきてこの始末。 顧客のことを思えば畑が減ったからといって簡単にアロケーションを3分の2にすることもできない。 そう考えたジェラール・ブードとジャニーヌは、91年から買いブドウにより これまでの生産量を維持する道を選んだ。 しかも、ワインをドメーヌものとネゴスものに分けるのではなく、各クリマ、自前のブドウの不足分を 買いブドウで補い、ワインを造ることにした。 つまりドメーヌの看板を降ろすという潔い道を選んだわけだ。なんて律義な夫婦なのだろう。 ブドウの供給先は、ジェラールが信頼を置く栽培農家ばかり。 同じピュリニー・モンラッシェ村で日々顔を合わせているわけだから、 供給先もジェラールの目を誤魔化しようがない。 このように従来からドメーヌがもつクリマに加え、わずかながら100%買いブドウから造られるワインも ポートフォリオに加わった。それが特級のシュヴァリエ・モンラッシェとモンラッシェ、 1級のアモー・ド・ブラニー、シャン・ガン、ガレンヌだ。 ブドウ栽培は5年前からビオディナミ。収穫したブドウは除梗せずに空気式圧搾機でプレスし、 果汁を24時間冷却。小樽に移してアルコール発酵、続いて熟成。熟成期間はブルゴーニュ・ブランで 10ヶ月、村名で12ヶ月、1級と特級が18ヶ月である。新樽率は村名20%、1級25〜40%、特級45%。 熟成中は試飲を繰り返し、必要に応じてバトナージュを行う。樽熟成後はステンレスタンクに移し、 さらに細かな澱とともに6ヶ月の熟成。清澄とろ過をともに軽くかけて瓶詰めである。 2000年からジェラールの娘であるエミリーが、そして2002年にはエミリーの夫、 ブノワ・リフォーがメゾンに参画。エティエンヌ・ソゼの次世代を担う。 レ・ルフェール はムルソーに近く、他のピュリニー・モンラッシェにはない丸みと濃厚さ 引き締まった味わいを持ち合わせており、綺麗な熟成に定評があります。 ※こちらの商品は松澤屋(輸入代理店)の商品となります。