Loading...

5000円以上 9999円以下ワインの商品一覧

検索条件(155) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー ギロー

      • 6,380

      • 税抜5,800

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・ギロー
      生産地

      Jamessuckling.com94-95 1766年にボルドーのネゴシアンであったピエール・ギローがこの地を購入したことからこのシャトーの歴史は始まります。1855年、ソーテルヌのプルミエ・クリュ1級に格付け。現在では企業家であるロベール・プジョーをはじめ、3人のワイン生産者、グザヴィエ・プランティ、オリヴィエ・ベルナール、ステファン・フォン・ナイペルグが自然に近いワイン造りを行っており、格付けシャトーの中で唯一有機農法の認証を受けています。

    • Product Images
    • リースリング  "シュロスベルグ" グラン・クリュ 2016

      • 6,380

      • 税抜5,800

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ドメーヌ・ポール・ブランク
      生産地

      20世紀初頭にワイン造りをはじめたポール・ブランクは、1927年には早くも今日のグラン・クリュ・シュロスベルグ(当時は実験農場)に注目し、グラン・クリュ認定の努力を続け、75年に晴れてアルザス・グラン・クリュ第一号という名誉を獲得。ドメーヌ・ポール・ブランクは「テロワールの持つ力を最大限に引き出すこと」を家訓として忠実に守りつづけています。フランスの北東部、ドイツとの国境に沿った生産地に位置するアルザス地方で畑総面積は5つのグランクリュを含む36ヘクタール。自然が生み出す栄養分が損なわれないようにと、89年以来、化学肥料、除草剤類は一切使っていません。 黄金色の輝くような黄色。非常に粘性がある。 柑橘系フルーツの皮、桃、アプリコットの強烈なアロマ。 パイナップルを思わせる果実味がはつらつとした酸味により際立っている。フィニッシュは果実味主体で、新鮮で長い。既に非常に調和のとれたワインだが、まだミネラル感が出ていない。 一部樹齢45~50年のブドウを使用し造られている。

    • Product Images
    • ピノ・ノワール エステート サンタ・リタ・ヒルズ [2018] 750ml / Pinot Noir Estate Santa Rita Hills

      • 6,490

      • 税抜5,900

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ザ・ヒルト
      生産地

      オーナーは、あの言わずと知れたカリフォルニアのカルトワインである「ScreamingEagle」のオーナー、 スタン・クロンキーです。NBA のデンバー・ナゲッツ、そしてNFLのセントルイス・ラムズのオーナーで、 サッカー・プレミアリーグのアーセナルの筆頭株主でもあります。 「エステート」と名前の付いたこのワインには、サンタ・リタ・ヒルズの南西の角にある小さな地域の果実と 風味が凝縮されています。クローンや土壌タイプだけでないその他多くの特徴が、ニュアンスや複雑味となって、そのまま表現されています。ワインのブレンドに必要とされる要素が最大限生み出される地域で、その結果、最も完成されたワインが生み出されるのです。 まずはおいしそうな野性の赤系ベリー、インセンス、ブラッドオレンジ、クローブ、緑の胡椒、そして紅茶の 香りで迎えられます。セージやローズマリーなどのドライハーブ、メントール、エルダーベリーの香りもあり ます。そして継ぎ目のないピュアな赤系果実の印象が、ザクロのようなジューシーな味わいと共に口の中に広 がります。きりっとしていて一本筋の通ったアタックと、余韻がありつつもバランスの取れたフィニッシュか らは、冷涼で風がある畑の気候条件を感じられます。このエステート・ピノ・ノワールは、あり得ないほど洗 練されたタンニンの質量をしっかりと感じるストラクチャーに、魅惑的で、石灰質土壌と奥深い複雑さも感じ られます。 93 Points アントニオ・ガローニ Vinous 2018 年エステート・ピノ・ノワールは、赤系果実、スパイス、そして花の香りが爆弾のようにはじけ出る ワインだ。はっきりとした酸が、ワインのフレーバーをさらに鮮やかに形どっている。とても表情豊かな このワインには、好きになるポイントが沢山ある。最高だ。 93 Points ジェブ・ダナック jebdunnuck.com この2018 年エステート・ピノ・ノワールは、非常に鮮やかで、色味ははっきりとした紫がかったルビー色で、ラズベリーやサクランボの香りに、スミレやスパイスのニュアンスがある。ミディアムボディで、絹のような タンニン、そして素晴らしい余韻がある。 熟成:フレンチオーク新樽8%、フレンチオーク旧樽92% で11 ヶ月間の熟成 ALC:13.0%

    • Product Images
    • エステート・シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズ [2017] 750ml / Estate Chardonnay Sta. Rita Hills

      • 6,490

      • 税抜5,900

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ザ・ヒルト
      生産地

      オーナーは、あの言わずと知れたカリフォルニアのカルトワインであるスクリ―ミング・イーグルの オーナーであるスタン・クロンキーです。NBAのデンバー・ナゲッツ、そしてNFLのセントルイス・ラムズの オーナーで、サッカー・プレミアリーグのアーセナルの筆頭株主でもあります。 ザ・ヒルトは英語の “to the hilt”という慣用句に使われる単語で「何かを全うする」、「成し遂げる」、 「完全に」等を意味します。これをモットーに、クオリティの高いワインを造る事には一切の妥協も許さず、 自然が与えるブドウを使い、最高品質のシャルドネとピノ・ノワールを醸造します。 シルクのように滑らかで口当たりがよく、みずみずしくて軽やかでありつつ、高価な白桃のように新鮮。 アプリコット、スイカズラ、そしてかすかにトロピカルフルーツのニュアンスもあり、継ぎ目のない味わいが あります。火打ち石とオーク樽が心地よく香ります。とても新鮮で生き生きとした印象でありながら、 酸と果実味とミネラル感がうっとりするほどに絡み合っています。もし太陽の光をそのまま液体にしたら、 きっとこんな味わいになるのではないでしょうか。 熟成:フレンチオーク樽(新40%、旧53%、ステンレス7%) ALC: 13.4% 91 Points:The Wine Advocate Erin Brooks 93-95 Points:Jeb Dunnuck

    • Product Images
    • シャトー・ギロー ウィット (1996VT、1998VT、2002VT) 100ml×3本 化粧箱入り

      • 6,578

      • 税抜5,980

      5
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      シャトー・ギロー
      生産地

      1級シャトーで2011年に初の有機認証を獲得した世界の甘口最高峰、ソーテルヌに輝くシャトー・ギロー 専用のギフトボックスにシャトー・ギロー厳選の1996年、1998年、2002年がグラス1杯分に相当する独自のフラスコ瓶(100ml)に入っております。 凝縮したアロマ、官能的でエレガント、そしてフレッシュな味わいをお楽しみくださいませ。 1766年にギロー家が取得して以来品質の向上が始まり、1855年の格付では見事1級に輝きました。その後オーナーの交代は何度かありましたが、ギローが劇的に変わるタイミングとなったのは1983年、グザヴィエ・プランティー氏が支配人に就任した時です。氏の指導の下、大改革が行われた『シャトー・ギロー』は厳しい選果を行い熟した果実のみを収穫することで、めざましい発展を遂げてきました。酸化防止剤(SO2)の使用も最小限に抑え補糖も禁止するなど、自然に近い造りを心がけ最高品質のソーテルヌ・ワインを産しています。 ロバート・パーカー氏も『グザヴィエ・プランティー氏のおかげで、今このシャトーは絶頂期にある』と評価しています。 特徴としては、ソーヴィニヨン・ブランのブレンド比率が高いという点があり、セミヨン65%に対してソーヴィニヨン・ブランは35%を占めています。

    • Product Images
    • アルヴィナ・ペルノ サン・ロマン ブラン [2019]750ml

      • 6,600

      • 税抜6,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      アルヴィナ・ペルノ
      生産地

      長期的に同じ価値観を持つ仲間内で果汁を交換。粘土-石灰岩質土壌。1区画のみ。平均年齢45年。新樽比約5%+2~4年使用樽で発酵。11~18ヶ月熟成。 Alvina PERNOT SAINT ROMAIN BLANC 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・ロマン 原産地呼称:AOC. SAINT ROMAIN ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口 ◆2019年ヴィンテージ情報◆ 2019年は春霜の被害の影響で特にBourgogne Cote d'or & Puligny Villageに被害を及ぼしましたが1級と特級は免れました。その為、Bourgogne Cote d'orの生産はありません。夏は高温で、雨も少なかったせいで、実の水分が少なく、結果、収穫量も2018年に比べ30~40%減です。つまり収量減でもブドウの実は糖度が凝縮されており、骨格である酸味をキープするようしっかりと収穫時期を見定めることが出来た生産者にとっては大変優れたヴィンテージとなりました。 アルヴィナ・ペルノはピュリニー・モンラッシェ村にあるドメーヌ ポール・ペルノの当主ポール・ペルノ氏の次男ミシェル・ペルノ氏の娘であり、当主の孫娘です。彼女はブルゴーニュ大学やESC Dijonで学んで自らの名前を冠したワインブランドを立ち上げました。 2018年産が記念すべきファーストヴィンテージとなります。自社畑も所有していますが、ブドウのほとんどはドメーヌ ポール・ペルノからの供給を受けています。栽培は共にポール・ペルノの畑で行うので、彼らとの違いは醸造過程にあります。発酵温度は白は18度、赤は26度で期間は15~20日程度は変わりませんが、熟成中、ポール・ペルノは例年3月に澱引きするのに対し、アルヴィナ・ペルノでは澱引きをしないでシュール・リーのままで熟成させています。 また樽メーカーに関してポール・ペルノがTonnellerie Francoisのフランス中央部のオークでライトローストを指定しているのに対して、アルヴィナ・ペルノではTonnellerie RousseauとTonnellerie Francoisを併用しており、焦がし加減もロング&ライトローストさせ、アリエのトロンセ産とフランス全体からの取り寄せたオークのアッサンブラージュで熟成させています。新樽比はポール・ペルノがACブルゴーニュ等のレジオナルが0%、村名格15%、1級畑が20-25%、グラン・クリュが30-40%に対し、アルヴィナ・ペルノはレジオナル0%、その他の全ても最高でも10%までにしています。これは新樽からの影響は控えめにすることで、できる限りテロワールを素直に表現したい為です。 目指すスタイルとしては爽快感があり、キリっとした酸があり、長熟できるバランスのとれたワインです。Alvina Pernot はドメーヌでもあり、ネゴシアンです。Puligny Montrachet la Rue aux Vachesは自社畑なので、このキュヴェのみラベルにはドメーヌの表記がされています。全てのラベルには個々の生産本数も記載しますが、生産量は極めて少なく、今後の争奪戦必至の希少性の高いシンデレラワインとなることでしょう。