Loading...

Chateau Leoville Poyferreワインの商品一覧

検索条件(2) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・レオヴィル・ポワフェレ [2015] 750ml / Chateau Leoville Poyferre

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      シャトー・レオヴィル・ポワフェレ
      生産地

      ル・クラスマン誌は五大シャトーに次ぐ、ダブルスターの高評価で、「このクリュは、絶好の方角を向いた畑を所有し、近隣のいくつものプレスティージュ・シャトーよりもワインの質が安定している。オーナーのディディエ・キュヴリエは、その辛抱強い運営で、ブランドイメージを再び高めることに成功した。ミシェル・ローランの協力を仰いで、醸造担当者が造り出すワインは、たとえ瓶詰め前に出回るサンプルが目覚しい出来でなくとも、近隣の偉大なワインと比較される。テロワールは、深い色調や豊満でゆったりとした酒肉、サン・ジュリアンというよりは、ほとんどポイヤックに近い、スパイシーな広がりのあるブーケ、そして長熟性をレオヴィル・ポワフェレにもたらしている」と大絶賛! ヒュー・ジョンソン氏もトリプルスターをつけ「レオヴィルを名乗るワインのうちでは、長年一番目立たなかった。しかし1980年、1990年代に復活し、今や“超2級”の水準!芳醇で、スパイシーな深い色合いの長命なワイン!」とこれまた大絶賛! レオヴィル・ポワフェレの可能性について博識なボルドー人に尋ねると、ほとんど誰もが口をそろえてポワフェレにはメドックで最も深遠といえる赤ワインを生み出せる土壌と能力があると答える。それどころか、中にはレオヴィル・ポワフェレの土壌はサン=ジュリアンの第二級シャトーのどこよりも優れているという人もいる。ところが、1961年以降のレオヴィル・ポワフェレの物語は、おおむねがっかりさせられるものだった。しかしそれも、ハッピーエンドを迎えようとしている。 セラーの近代化、セカンド・ワインの導入、新樽使用量の増加、どんどん厳しくなっていくディディエ・キュヴェリエの目、リブルヌの天才的エノロジスト、ミシェル・ロランの才能のおかげで、ついにレオヴィル=ポワフェレはサン=ジュリアンにおけるエリートの地位へと上りつめたのである。 1980年代の最上のヴィンテージが、ほれぼれするようなフルーティな1983年と、けたはずれな1982年であることは今も変わらない。ともに、このシャトーが達成することのできる深みと豊かさを示すワインである。1990年代になると、最上級の1990年に続いて、1995年、1996年、2000年がすばらしい成果をあげている。このシャトーがようやくその相当な潜在能力を発揮し始めたことがうかがえる。(ロバート・パーカー) シャトー・レオヴィル・ポワフェレ 2015年 畑面積80ha、平均樹齢25年、密植度8000本/ha、平均収量45〜50hl/ha。7日間の発酵と15〜30日間のマセレーションは温度管理されたタンクで行い、熟成は新樽75%で22ヶ月。卵白で清澄するが、濾過はしない。