Loading...

Chateau Pichon-Longueville Baronワインの商品一覧

検索条件(5) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン レ・トゥーレ・ド・ロングヴィル [2013]750ml/Chateau Pichon-Longueville Baron

      • 7,700

      • 税抜7,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1884年にそれまでシャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑が、ピション・バロンとピション・ラランドに分断されたのち、ピション・バロンは1933年に所有者が変わりました。以降、畑は最高の位置にありながら、ワインはその真価を十分に発揮できずにいました。その危機を打開したのがフランス最大の保険会社のアクサ・ミレジム、そしてシャトー・ランシュ・バージュのオーナーであるジャン・ミッシェル・カーズ氏の参加(2000年に退社)でした。その後活発な設備投資と畑の改良をした結果、1987年を境にワインの評価は一変、本来の地位を取り戻すこととなりました。68ヘクタールの広大な敷地にはヘクタールあたり9,000本の密度でブドウが植えられ、そのブドウの平均樹齢は35年を超えています。収穫量を抑えた栽培の結果、非常に濃厚で味わい深いワインを造ることに成功しました。畑はカベルネ・ソーヴィニョン種が主で、その比率は70%を超えています。また、25%を占めるメルロー種もその力強い味わいを緩和する意味で重要な役割を果たしており、残りのカベルネ・フラン種はワインに複雑さを与えています。約2週間のマセラシオンと50%を超える新樽比率で1年から1年半熟成された後出荷されます。 レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルは、メドック格付け2級のシャトー・ピションバロンのセカンドワインです。深いルビーの色合い、チェリーやブラックベリーの柔らかいフルーツのアロマが感じられます。スムーズでエレガントなタンニンの口当たりと深く長い余韻が魅力的なワインです。

    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2013年 メドック格付け第2級

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1950年代、1960年代はスランプだったが、その後、ピション=ロングヴィル・バロンは驚嘆に値する回復を遂げ、特に1986年以降は一貫して最高級のワインをつくっている。現在の品質レベルでは1級への昇格は許されないだろうが、血統以上の出来は見せているため、「スーパーセカンド」と呼ばれることも多い。1級との価格差を考えると、ボルドーのトップクラスの格付ワインとしては良好なお買い得品である。 向かいにはピション・ロングヴィル・コンテスト・ド・ラランドとラトゥール。この高雅なたたずまいのシャトーは、1980年代前半にはワインの品質も控えめながら盛り返していたのだが、1980年代後半に当時のオーナー、ブーテイエ家からアクサという複合保険会社に売却された。会社は、畑とワインづくりを監視するためにランシュ=バージュのジャン=ミシェル・カーズを雇った。カーズの作風にしたがって収穫日を遅らせ、選別を厳しくし、セカンドワインを導入し、新樽比率を高めたことなどから、品質は劇的に向上した。その結果、ピション=ロングヴィル・バロン(ピション=バロンと呼ばれることも多い)は今、誉れ高い二級の地位にふさわしいものとなっている。カーズは2000年に引退生活に入ったので、今は高く評価されているクリスティアン・セリが管理人を務めている。 美辞麗句や宣伝努力はさておき、ピション・バロンが1986年以降造っている、ワインは、ポイヤックが再び2つの偉大なピションを得たという最良の証拠となっているし、このシャトーが1990年代における偉大なスーパースターの1つだったことも証明されている。今では毎回メドックで最も荘厳なワインの1つとなっているのだ。 シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2013年 活力を取り戻した力感あふれる長期熟成型本格派格付ポイヤック。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2020 | 3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 66,000

      • 税抜60,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      ・期間限定受注:2021年7月8日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・WA: 95-97+ / JS: 97-98 / J.Dunnuck: 96-98 / Vinous - NM: 95-97 / Vinous - AG: (96-98) / D: 96 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── ピション・バロンはメドック格付け第二級のシャトーです。 向かいにあるピション・ラランドとピション・バロンは17世紀にはひとつのシャトーでしたが、1850年に相続で二つのシャトーに分割され、ピション・バロンはバロン・ラウール・ピションが継承しました。1993年にはフランス有数の保険会社の傘下にあるアクサ・ミレジムの所有となり、ランシュ・バージュのジャン・ミシェル・カーズが管理した後、2000年からはイギリス人のクリスチャン・シーリーが社長を務めます。 73ヘクタールの敷地はラトゥールとピション・ラランドの向かいにある絶好のテロワールで、ジロンド川を望む砂利質土壌にはカベルネ・ソーヴィニヨンが、内陸の粘土質土壌にはメルローが植えられます。2種類の性格の異なるセカンドワインが造られますが、グランヴァンはラトゥールを見下ろす高台のピションの丘からカベルネ・ソーヴィニヨンを中心にブレンドされ、ポイヤックらしい威厳を湛えたスタイルです。資金豊富な大企業のバックアップを背景に、この10年の安定したクオリティーは見逃せないシャトーです。 ◆ヴィンテージ情報 カヴェルネ・ソーヴィニヨン 76%、メルロ 24% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 127,000

      • 税抜115,455

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Chateau Pichon-Longueville Baron
      生産地

      ・期間限定受注:2021年7月8日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・WA: 95-97+ / JS: 97-98 / J.Dunnuck: 96-98 / Vinous - NM: 95-97 / Vinous - AG: (96-98) / D: 96 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── ピション・バロンはメドック格付け第二級のシャトーです。 向かいにあるピション・ラランドとピション・バロンは17世紀にはひとつのシャトーでしたが、1850年に相続で二つのシャトーに分割され、ピション・バロンはバロン・ラウール・ピションが継承しました。1993年にはフランス有数の保険会社の傘下にあるアクサ・ミレジムの所有となり、ランシュ・バージュのジャン・ミシェル・カーズが管理した後、2000年からはイギリス人のクリスチャン・シーリーが社長を務めます。 73ヘクタールの敷地はラトゥールとピション・ラランドの向かいにある絶好のテロワールで、ジロンド川を望む砂利質土壌にはカベルネ・ソーヴィニヨンが、内陸の粘土質土壌にはメルローが植えられます。2種類の性格の異なるセカンドワインが造られますが、グランヴァンはラトゥールを見下ろす高台のピションの丘からカベルネ・ソーヴィニヨンを中心にブレンドされ、ポイヤックらしい威厳を湛えたスタイルです。資金豊富な大企業のバックアップを背景に、この10年の安定したクオリティーは見逃せないシャトーです。 ◆ヴィンテージ情報 カヴェルネ・ソーヴィニヨン 76%、メルロ 24% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。