Loading...

Chateau Pichon-Longueville Baronワインの商品一覧

検索条件(7) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン レ・トゥーレ・ド・ロングヴィル [2013]750ml/Chateau Pichon-Longueville Baron

      • 7,000

      • 税込7,700

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1884年にそれまでシャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑が、ピション・バロンとピション・ラランドに分断されたのち、ピション・バロンは1933年に所有者が変わりました。以降、畑は最高の位置にありながら、ワインはその真価を十分に発揮できずにいました。その危機を打開したのがフランス最大の保険会社のアクサ・ミレジム、そしてシャトー・ランシュ・バージュのオーナーであるジャン・ミッシェル・カーズ氏の参加(2000年に退社)でした。その後活発な設備投資と畑の改良をした結果、1987年を境にワインの評価は一変、本来の地位を取り戻すこととなりました。68ヘクタールの広大な敷地にはヘクタールあたり9,000本の密度でブドウが植えられ、そのブドウの平均樹齢は35年を超えています。収穫量を抑えた栽培の結果、非常に濃厚で味わい深いワインを造ることに成功しました。畑はカベルネ・ソーヴィニョン種が主で、その比率は70%を超えています。また、25%を占めるメルロー種もその力強い味わいを緩和する意味で重要な役割を果たしており、残りのカベルネ・フラン種はワインに複雑さを与えています。約2週間のマセラシオンと50%を超える新樽比率で1年から1年半熟成された後出荷されます。 レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルは、メドック格付け2級のシャトー・ピションバロンのセカンドワインです。深いルビーの色合い、チェリーやブラックベリーの柔らかいフルーツのアロマが感じられます。スムーズでエレガントなタンニンの口当たりと深く長い余韻が魅力的なワインです。

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定6本>シャトー・ピション・バロン2019

      • 23,200

      • 税込25,520

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定6本のみ】のご案内です。 【シャトー・ピション・バロン2019】 ―グラン・クリュ・クラッセ― ポイヤックの南側に位置するピション・バロンの73ヘクタールにもおよぶ非常に優れた砂利質の畑は、シャトー・ラトゥールの畑を見下ろす最高の位置にあります。栄養分が乏しく水はけが良いこの並外れた土壌は、古いブドウ樹に養分を与え過ぎないため、低収量、高品質のブドウが育ちます。カベルネ・ソーヴィニョン(62%)、メルロー(32%)、カベルネ・フラン(4%)、プティ・ヴェルド(2%)が植えられた畑は、細やかに区画に分けられ、それぞれの区画の特性(土壌、樹齢、品種など)に合わせたケアが施されています。 ジロンド川に程近い立地から生まれた微気候は、ボディーのしっかりした、ふんだんなタンニンと、フィネス、エレガントさを兼ね備えたワインを生み出し、ピション・バロンはポイヤックを牽引するワイナリーとして世界的に賞賛されています。 ●2019年ヴィンテージは、ボルドー右岸、左岸ともに例外的に素晴らしい年となりそうです。色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年です。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせ、2010年、2015年、2016年に匹敵、あるいは凌駕するヴィンテージと予測されています。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • レ・トゥーレル・ド・ロングヴィル 2014

      • 7,500

      • 税込8,250

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      Château Pichon-Longueville Baron
      生産地

      【メドック格付け第2級、高級シャトーとして名高いシャトー・ピション・バロンのセカンドワイン】 ピション家は中世まで遡る、ボルドーの歴史の中にも度々名前が現れる名家でした。17世紀、ロングヴィル男爵ジャック・ド・ピションがブドウ園を造りました。18世紀、ワイナリーの評判はラトゥールに比肩するまで高まりました。1850年、畑は二つに分けられ、シャトー・ピション・バロンを受け継いだラウル・ド・ピション・ロングヴィルは、1851年に現在のシャトーを建設しました。1987年にアクサ・ミレジムがシャトーを購入し、当時ランシュ・バージュの当主であったジャン=ミッシェル・カーズの指揮のもと、畑とセラー、シャトーに大幅な改良が行われました。カベルネ・ソーヴィニョン(62%)、メルロー(32%)、カベルネ・フラン(4%)、プティ・ヴェルド(2%)が植えられた73ヘクタールの広大な敷地は細やかに区画に分けられ、それぞれの区画の特性(土壌、樹齢、品種など)に合わせたケアが施されています。 トゥーレルのブレンドの多くは主にサンタンヌの区画に植えられたメルロー種から造られますが、その畑は鉄を含んだ岩盤の上に良質の小石が混ざった土壌で、水はけも良好です。 また、カベルネソーヴィニヨンはその複雑な性格に合うように、 シャトーの境界にある深い砂利質の土壌に植えられています。 収穫は正確な土壌管理に基づいて確実にコントロールされており、 殺虫剤は不使用、除草剤も最小限度に抑えられ土壌の生態系は保たれています。成長時の結実後の葉はベストになるよう注意深く除かれ、収穫時のブドウも最良のもののみ選別され低収量となります。 醸造はテロワールやヴィンテージの状況により区画ごとに行なわれ、発酵を終えるとそのブレンドを選別する為のテイスティングが行なわれます。 深みのあるルビー色。ベリーやレッドカラント、ブラックチェリー、ワイルドストロベリーやマイルドなスパイスの香り。アタックはフレッシュでエレガントで繊細。伸びやかなストラクチャーは、徐々にパワフルさを増していきます。 フィニッシュは調和がとれて、ふくよかでバランスが取れています。魅力と気品に満ちたワイン。 オーク樽で12ヶ月間熟成(30%は新樽を使用) セパージュ: メルロー65%、カベルネ・ソーヴィニョン20%、カベルネ・フラン10%、プチ・ヴェルド5%

    • Product Images
    • *送料無料*<限定5セット>ボルドーワイン3本セット 格付1級ムートンロートシルト2016+格付2級ピション・ロングヴィル・バロン2011+シャトー・トゥール・ピブラン2014

      • 100,000

      • 税込110,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      シャトー・ムートン・ロートシルト
      生産地

      送料無料<限定5セット>ボルドーワイン3本セット 格付1級ムートンロートシルト2016+格付2級ピション・ロングヴィル・バロン2011+シャトー・トゥール・ピブラン2014 通常3本で\154,000(税抜)のところ、\100、000(税抜)と大変お得なセットにしました。 【限定5セットのみ】のご案内です!! 【シャトー・ムートン・ロートシルト2016】メドック格付け第一級 五大シャトーの中でも最も豪勢なワインと言われるシャトー・ムートン・ロートシルト。 2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。 セパージュ:カルべネ・ソーヴィニヨン 83% 、メルロー 15% 、カルべネ・フラン 1%、プティ・ヴェルド 1% パーカーポイント:100、スペクテーター誌:90、デカンター誌90 【シャトー・ピション・バロン 2011】メドック格付け第二級 ピション・ファミリーの歴史は古く、中世までさかのぼります。17世紀にロングヴィル男爵ジャック・ド・ピションが農園を開き、現在のシャトーは1851年に建設されました。1884年にそれまでシャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑が、ピション・バロンとピション・ラランドに分断されたのちもピション・ファミリーが1933年までこの地で暮らしていました。 畑は最高の位置にありながら、ワインはその真価を十分に発揮できずにいましたが、1987年にアクサ・ミレジムがシャトーを購入し、シャトー・ランシュ・バージュのジャン=ミッシェル・カーズの指揮のもと、活発な設備投資と畑の改良をした結果、80年代後半からワインの評価は一変、本来の地位取り戻すこととなりました。カベルネ・ソーヴィニョン(62%)、メルロー(32%)、カベルネ・フラン(4%)、プティ・ヴェルド(2%)が植えられた73ヘクタールの広大な敷地は細やかに区画に分けられ、それぞれの区画の特性(土壌、樹齢、品種など)に合わせたケアが施されています。 醸造:手摘みで収穫。温度管理のできるステンレスタンクで伝統的な発酵を行います。20~30日間のマセラシオン。15~20ヵ月間オーク樽で熟成させます。(新樽80%) セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン 82%、メルロー 18% パーカーポイント:91、スペクテーター誌:92 【シャトー・トゥール・ピブラン 2014】 メドック格付け第二級、シャトー・ピション・バロンの醸造チームが手がける【シャトー・ピブラン】 シャトー・ピブランはポイヤック北部、シャトー・ムートン・ロートシルトのすぐ隣に位置するシャトー。 19世紀末に建てられたシャトー・ピブランは、長い間ビラ家の所有だったが1987年にアクサ・ミレジムに売り渡された。その後 畑は再構成され、特に畑の特徴を十分に引き出すために不可欠である排水の工事が行なわれた。ピブランのワインは、伝統的な製法で造られており、ポイヤックの個性が見事に反映されている。 豊富なタンニン分によるストラクチャーと心地よい酸味が調和したバランスの良い味わいは、クラシックなボルドーワインのスタイルを見事に表現している。 シャトー・トゥール・ピブランは、このシャトー・ピブランのセカンドラベル。 ピブランで採れたぶどうをシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンの醸造チームがシャトー・ピション・ロングヴィルにて醸造を行っている。 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン 85% メルロー 15% パーカーポイント:91、スペクテーター誌:91、サックリング:91

    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2013年 メドック格付け第2級

      • 11,980

      • 税込13,178

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1950年代、1960年代はスランプだったが、その後、ピション=ロングヴィル・バロンは驚嘆に値する回復を遂げ、特に1986年以降は一貫して最高級のワインをつくっている。現在の品質レベルでは1級への昇格は許されないだろうが、血統以上の出来は見せているため、「スーパーセカンド」と呼ばれることも多い。1級との価格差を考えると、ボルドーのトップクラスの格付ワインとしては良好なお買い得品である。 向かいにはピション・ロングヴィル・コンテスト・ド・ラランドとラトゥール。この高雅なたたずまいのシャトーは、1980年代前半にはワインの品質も控えめながら盛り返していたのだが、1980年代後半に当時のオーナー、ブーテイエ家からアクサという複合保険会社に売却された。会社は、畑とワインづくりを監視するためにランシュ=バージュのジャン=ミシェル・カーズを雇った。カーズの作風にしたがって収穫日を遅らせ、選別を厳しくし、セカンドワインを導入し、新樽比率を高めたことなどから、品質は劇的に向上した。その結果、ピション=ロングヴィル・バロン(ピション=バロンと呼ばれることも多い)は今、誉れ高い二級の地位にふさわしいものとなっている。カーズは2000年に引退生活に入ったので、今は高く評価されているクリスティアン・セリが管理人を務めている。 美辞麗句や宣伝努力はさておき、ピション・バロンが1986年以降造っている、ワインは、ポイヤックが再び2つの偉大なピションを得たという最良の証拠となっているし、このシャトーが1990年代における偉大なスーパースターの1つだったことも証明されている。今では毎回メドックで最も荘厳なワインの1つとなっているのだ。 シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2013年 活力を取り戻した力感あふれる長期熟成型本格派格付ポイヤック。