Loading...

2010年以降ワインの商品一覧

検索条件(608) 並べ替え
    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・レア [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas

      • 18,000

      • 税込19,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 88-90 クロ デ レアは、ドメーヌの2.12ヘクタールから来ていますが、 2年前に植え替えのために0.4ヘクタールが引き上げられました。はっきりとしたブラックチェリー、 ブルーベリー、カシスとオレンジピールのアロマのヒントの魅力的なブーケがあります。 味わいはフレッシュで活気に満ちています。(1/2020)

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・オー・ブリュレ [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Aux Brulees

      • 17,000

      • 税込18,700

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 91-93 2018年のヴォーヌ ロマネ オーブリュレは、50%の新しいオークで熟成され、 ブラックチェリー、ブルーベリー、砕いたバイオレット、ライトローズの花びらのアロマが魅力的で、 木とうまく調和しています。味わいはミディアムボディで、ブラックベリー、ビルベリー、ブラックオリーブ、 ブラックペッパーのノートをフレーミングする熟したタンニンがあり、後者はフィニッシュに 少し歓迎のフリッソンと長さを与えます。後味はかなり長いです。 これは、ミシェル・グロスの今年の最高のワインの1つです。(1/2020)

    • Product Images
    • ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ ミュジニィ・グラン・クリュ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2011]750ml/Domaine Comte Georges de Vogue

      • 98,000

      • 税込107,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
      生産地

      ※並行輸入品 ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニィ村 1450年まで歴史を遡ることができる、シャンボール・ミュジニィの筆頭名家のヴォギュエ伯爵家。 シャンボール村の最高銘醸の特級ミュジニィ10.62haのうち67%に当たる7.14haを 所有。特に大きく3つに分けられるミュジニィのうち『レ・プティ・ミュジニィ』 の区画については全てが同家の所有となります。 また『潜在特級』の1級畑レザムルーズについては、グランクリュ街道を挟んで特級ミュジニィに隣接するまさに『潜在特級』の最高の区画を所有しています。 そして特級ボンヌ・マールと、シャンボール村を代表する3つの畑を広く所有し君臨するあたりは、まさにシャンボール村におけるDRCのごとき存在です。 そのヴォギュエ家のミュジニィですが、醸造責任者のフランソワ・ミレ氏によると、「ミュジニィはボンヌ・マールに比べて難しいワインです。ミュジニィは光と影が あり、素顔を見せず、いつも何かを中に隠してます。だが一度触れ合うと、ミュジニィは常に新しい何かを見せて喜ばせてくれます。」と評します。 また、「余韻の長さに注意して下さい。ワインのボディは技術で作ることはできますが、絶対に余韻だけは作れません。テロワールが最高であり、葡萄が素晴らしい物ならば、私のすべきことは、葡萄に込められた自然の声を聞き、それが自らを表現する為の手助けをする事だけなのです。」と語ります。 多くの生産者が『欲しい畑はミュジニィ』『ロマネコンティに次ぐ』と羨望し絶賛する、特級の中の特級とも言えるミュジニィ。同畑のトップドメーヌ産のヴォギュエ家銘は生産量が多い割りに超入手困難品です! 稀少なバックヴィンテージの2011年物は、 インターナショナルワインセラー:95点 ヴィノス:95点 バーガウンド(ブルゴーニュ専門サイト):94点 ワインアドヴォケイト誌:92点

    • Product Images
    • シャトー・パルメ [2017] 750ml / Chateau Palmer

      • 40,000

      • 税込44,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      シャトー・パルメ
      生産地

      1級シャトーを脅かす、『スーパーセカンド』と言われる一群に数えられる、 マルゴー村特級格付3級のシャトーパルメ。 今やトップシャトーの一つとして毎年の作柄が注目される銘柄の一つです。 2017年ヴィンテージは、 ジェームズ・サックリング氏:98点 ワインアドヴォケイト誌:97+点 ヴィノス、アントニオ・ガローニ氏:96+ ワイン・エンスージアスト誌:95点 ワイン・スペクテーター誌:95点

    • Product Images
    • デリンガー 3本セット  750ml / DEHILINGER 3本セット

      • 28,000

      • 税込30,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      Dehlinger
      生産地

      日本初入荷 ソノマ最後の大物 トム デリンガー氏は1975年最初の14エーカーにブドウを植えました。 彼は禁酒法が解けた後の西ソノマカウンティをワイン産地として最初に復活させたワインメーカーの一人です。 当時28歳であったトムは建築家の兄ダンと一緒にセバストポールの町の外にあるヴァンヒルロード沿いの 昔ながらのリンゴ農園だった場所に小さなワイナリーを建てました。 ほどなくトムは彼の妻であるキャロルと出会い、二人で農場をはじめ、ワインを造り、 売ることに一生懸命励んだのです。このロシアン リヴァー ヴァレーのワイン造りの先駆けの時期は 業界に関わる人もはるかに少なく、知識、援助、設備や作業器具も初歩的で探すのにも苦労しました。 ワイン醸造は体力的に大変疲れるものであったので、実験を試みる時間はとてもわずかで、 試す前に研究をする必要がありました。しかしエネルギーと時間をかけ、試作と失敗を繰り返し、 時折には偶然の幸運な発見もあり、私や何人かのワインメーカーはロシアンリヴァーヴァレーの気候が ワイン造りに適している事、特にヒルサイドの土壌、畑の向きがより良い事を突き止めたのです。 経験によって地層が複雑に入り組んでいることが判りました。理解するに連れてデリンガーの目指すものは良いワインを造ることからまさに突出して優れたワインを造る事へと変わって行きました。 時が経つに連れ、デリンガーは知られる存在となりました。 最初はローカルの間でその品質が認められるに過ぎませんでしたが、ほどなくその賞賛は 全米へと広がりました。 デリンガーは今でも家族で経営、独自のスタイルを貫いて変わらぬ品質のワインを造り続けています。 素晴らしいワインを生み出し続ける事、40年以上の長い歴史を持つヴァンヒルロードにある 自社畑のブドウを使ってワインを造る事に情熱を傾けています。 現在トムとキャロルの間に生まれたカルメン、エヴァという2人の娘さんが成長し、日々ワイナリー、 ヴィンヤードの仕事を見ています。植え替えの時期になったブドウの樹の世話をはじめ、 畑の手入れを続けながら、決してぶれることのない、最高のブドウ栽培、ワイン醸造をするという デリンガーならではの手造りワインを生み出すことに情熱を燃やしています。 セット内容 【デリンガー ピノ ノワール アルタモント ロシアン リヴァー ヴァレー 2016】 デリンガー ワイナリーのフラッグシップ 2016年のアルタモントのピノノワールは淡いルビー色、チェリー、トフィー、ダークラズベリーの香りを 感じます。大変バランスがとれ、繊細な味わいです。 その果実の味わいを繊細できめ細やかなタンニンが包み込むように感じられます。 Vinous(アントニオ・ガローニ氏)94ポイント 【デリンガーピノノワール ゴールドリッジ ロシアン リヴァー ヴァレー 2017】 薄い表皮のピノノワールのブドウは程よい色付き、ソフトなタンニン、魅惑的な味わいに溢れています。 例年通り、2017年のゴールドリッジピノノワールはしなやかなテクスチャー、高貴なフルーツのアロマに 溢れています。砂目が多く、収量も少ない自社のゴールドリッジの畑から取れたこのピノノワールは 25年以上のヴィンテージに渡り造り続けられており、ロシアンリヴァーヴァレーで造るピノノワールの 見本のような存在となっております。 Vinous(アントニオ・ガローニ氏)92ポイント 【デリンガー シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー 2017】 2017年のエステートシャルドネは自然酵母を用い、フレンチオーク3分の1を少し上回る新樽率で 樽醗酵しました。シュール・リーで瓶詰もフィルターをかけず行うことでしっかりとしたテクスチャーと フレーバーのあるスタイルに仕上げています。レモンカスタードや白桃のアロマ、ライムの皮や煎った 芳ばしいヘーゼルナッツの味わいが広がり、長い余韻へと誘います。生き生きとしたフレッシュな酸、 複雑な味わい、デリンガーならではの上品さが感じられるシャルドネです。 Vinous(アントニオ・ガローニ氏)92ポイント

    • Product Images
    • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン レ・トゥーレ・ド・ロングヴィル [2013]750ml/Chateau Pichon-Longueville Baron

      • 7,000

      • 税込7,700

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      1884年にそれまでシャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑が、ピション・バロンとピション・ラランドに分断されたのち、ピション・バロンは1933年に所有者が変わりました。以降、畑は最高の位置にありながら、ワインはその真価を十分に発揮できずにいました。その危機を打開したのがフランス最大の保険会社のアクサ・ミレジム、そしてシャトー・ランシュ・バージュのオーナーであるジャン・ミッシェル・カーズ氏の参加(2000年に退社)でした。その後活発な設備投資と畑の改良をした結果、1987年を境にワインの評価は一変、本来の地位を取り戻すこととなりました。68ヘクタールの広大な敷地にはヘクタールあたり9,000本の密度でブドウが植えられ、そのブドウの平均樹齢は35年を超えています。収穫量を抑えた栽培の結果、非常に濃厚で味わい深いワインを造ることに成功しました。畑はカベルネ・ソーヴィニョン種が主で、その比率は70%を超えています。また、25%を占めるメルロー種もその力強い味わいを緩和する意味で重要な役割を果たしており、残りのカベルネ・フラン種はワインに複雑さを与えています。約2週間のマセラシオンと50%を超える新樽比率で1年から1年半熟成された後出荷されます。 レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルは、メドック格付け2級のシャトー・ピションバロンのセカンドワインです。深いルビーの色合い、チェリーやブラックベリーの柔らかいフルーツのアロマが感じられます。スムーズでエレガントなタンニンの口当たりと深く長い余韻が魅力的なワインです。

    • Product Images
    • シャトー・ランシュ・バージュ 2013

      • 14,000

      • 税込15,400

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ランシュ・バージュ
      生産地

      アドヴォケイト誌:89-91pt、ワイン・エンスージアスト:94pt 【シャトー・ランシュ・バージュ2013】 ポイヤックのスーパーセカンド。ムートンとラフィットに挟まれた絶好のロケーションを誇る、 安定した品質に定評のあるシャトー。 メドック格付け五級にもかかわらず格付け以上の品質が評価され、スーパーセカンドとも呼ばれる、シャトー・ランシュ・バージュ。毎年のように世界的評論家から高評価を獲得している実力派シャトーです。 カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高いことにより、タンニンが豊富でまろやかさの中にも厚みがあり、力強い味わい。また、開放的で率直、とっつきやすいながらもポイヤックらしさや品格を失わないスタイルは、「貧者のムートン・ロスチャイルド」とも評されるほどの実力派シャトーです。 印象的な深みのある色をし、深みのある背景が見えない程濃いブラックルビー色をし、しっかりとしたリムストラクチャーを持つ。芳香の強いノーズは花のようなニュアンスを持ち、カラントやスパイスの香りを背景に、トースティー、オークの含みを伴う。ミディアムボディ、フレッシュで、柔らかくフルーティーであるかの様に思わせるが、顕著なタンニンがいくらかあり、後味で示される。長熟のために造られている。 セパージュ:メルロー 26%, カベルネ・ソーヴィニヨン 71%, カベルネ・フラン 2%, プティ・ヴェルド 1%

    • Product Images
    • イグレック [2018] 750ml / YGREC

      • 24,000

      • 税込26,400

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Chateau dYquem
      生産地

      貴腐ワインの最高峰ディケムが作る辛口白ワイン ディケムと同じテロワールで育ったブドウを使用し、徹底的に追求したこだわりで極少量造られる辛口白ワイン イグレックは、天候不順や収穫したブドウが充分な貴腐の状態にない年の場合にのみ造られるため、 安定した供給がありません。リリースがごく僅かなため本国フランスでも手に入れるのが困難なワインです。 辛口ながらたっぷりとした果実味を持ち、甘い貴腐ワインの香りをほのかに纏った味わいは、 セミヨンとソーヴィニヨンブランから造られており、芳しい樽香と力強いアルコール感が非常に印象的です。

    • Product Images
    • ギルラン ピノ・ノワール・パトリシア 2017

      • 3,200

      • 税込3,520

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      Girlan
      生産地

      イタリアの最北端に位置するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。トレントを中心とする「トレンティーノ」とアディジェ川上流の「アルト・アディジェ」が結び付いた名称となっています。ドイツ系移民が多いためイタリア語に加えドイツ語も公用語として使われています。ギルランは1923年設立の長い歴史を持つ大きな組合組織で、240ヘクタールもの広大な畑にはそれぞれの土壌に適した土着品種や国際品種が植えられ、数々の高品質なワインを造っています。主要ワインガイドでも高評価を多く獲得しています。 イタリアで最もピノ・ノワールに最適の畑とも言われているマッツォンで育てられ、オーク樽で15ヶ月、瓶内で3ヶ月熟成させます。バニラの風味とビロードのような繊細な口あたり、構造のしっかりしたエレガントなワインです。“パトリシア”はワイングローワーの名前から来ています。

    • Product Images
    • ヴォーヌ ロマネ レ シャランダン [2018] 750ml / Vosne Romanée Les Chalandins

      • 9,000

      • 税込9,900

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Domaine Jacques Cacheux et Fils
      生産地

      豊かな果実味のワインを得意とし、一級ラ・クロワ・ラモーの所有者。 ジャック・カシューの名前が挙がると真っ先に思い浮かぶクリマは、 ヴォーヌ・ロマネ1級のラ・クロワ・ラモーであろう。 ロマネ・サン・ヴィヴァンに隣接する0.6ヘクタールのこのクリマはカシュー家の モノポールというわけではない。ほかにも2軒のドメーヌが所有するが、カシューを代表する クリマとしてよく知られている。 もともとサン・ヴィヴァン修道院の畑として、今日のロマネ・サン・ヴィヴァンに含まれていた区画であり、 80年代半ばにはジャック・カシューが特級昇格をINAOに申請した経緯がある。 ラベルに見える十字架(クロワ)はこのクリマの石垣上にあり、ヴォーヌ・ロマネにある 5つの十字架のなかでも一番古いものだという。 ワイン情報 クロ・ド・ヴージョの近く、エシェゾーの下に位置する村名クリマ。 ドメーヌはここ4区画、ほぼ1haの畑を所有する。粘土は強いが小石も見られ、力強さとエレガンスが 共存した風味。ラズベリーやグロゼイユなど赤い果実のアロマが生き生きと感じられ、 口の中でも豊かな果実味が広がり、舌触りはビロードのよう。