Loading...

50000円以上 ワインの商品一覧

検索条件(310) 並べ替え
    • Product Images
    • Chassagne-Montrachet 1er Cru Abbaye de Morgeot 1500ML

      • 58,080

      • 税抜52,800

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      1983
      生産者
      ドメーヌ・フルーロ・ラローズ
      生産地

      モンラッシェも所有の名門フルーロ・ラローズ。ルネから息子のニコラに引き継がれ益々高い評価を得ていますが、ワインは殆どが馴染みのあるレストランやワインショップのみに出荷される為、当然日本でも入手困難。シャサーニュに持つ銘醸の一つで教会のあったことから命名された区画『ABBAYE DE MORGEOT』から産するキュヴェは特に得意とするものです。80年代を代表するヴィンテージの83年は父ルネが仕込んだ大変希少なもの。シロップ漬けしたレモンや蜂蜜の風味、芳ばしく享楽的な果実味が華やかに広がり、時間とともに複雑さと奥行きを増していきます。

    • Product Images
    • リシュブール グラン・クリュ 2014年 ティボー・リジェ・ベレール

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      ティボー・リジェ・ベレール
      生産地

      ティボー・リジェ・ベレールはニュイ・サン・ジョルジュに突如として現れた新星のドメーヌです。ドメーヌはニュイ・サン・ジョルジュ村の入口の国道沿いに堂々と佇んでいます。大学で醸造学を学んだ後、インターネットでのワイン販売会社でディレクターとして働き、2002年からはこの地の宝石とも言える、素晴らしい畑を両親から財産として相続すると同時に、ドメーヌを立ち上げました。 一方、ティボーの従兄弟がロマネ・コンティの上部、“ラ・ロマネ”を受け継ぎ、彼はニュイ・サン・ジョルジュの一級畑“レ・サン・ジョルジュ”に広大な畑を所有することになりました。その畑はニュイ・サン・ジョルジュの中でも著名であり、ティボーは2haを所有、なんと樹齢は60年を越えています。「仮にニュイ・サン・ジョルジュにグラン・クリュができるとしたら“レ・サンジョルジュ”だよ!」とティボー氏は胸を張ります。 栽培は当初からビオロジックを実践し、近年ではビオディナミを取り入れ始めました。天文学による醸造のタイミング、馬での耕作、低収量、限られたSO2の使用など徹底しています。「僕のワイン造りは、余分な手を加えることなく、良質な果実を育て、葡萄が優れたワインになる手助けをしているだけだ。」と語ります。果実味を生かすためにも、新樽率を控えめにしています。 リシュブール グラン・クリュ 2014年 ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール 「素晴らしい後味の中に濃厚な果実味が溢れる」とティボー自ら絶賛するリシュブール特級。 今飲んでも十分に楽しめます。驚くほど余韻が長く、豊かなフレーバーが印象的。毎年試飲するたびに新しい発見があり、常に驚かされるワインです。

    • Product Images
    • 【プリムール】レ・ぺリエール 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ギノードー
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月11日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── 日本で唯一の公式パートナーに選ばれたルグランより、ラフルールが作る希少なキュヴェを限定リリースいたします。 ラフルールを所有するギノドー家は近年次々と野心的な挑戦を続けています。ラフルールに植えられたブーシェ(カベルネ・フラン)をギノドー家の起源グラン・ヴィラージュの石灰質土壌に移植してGアクトを生み出し、10年に及ぶ試行錯誤の末2018年にレ・ぺリエールと名称を変更してリリース。 ラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。ラルールの哲学を感じることのできる価値ある1本です。 ◆ヴィンテージ情報 ブーシェ・ド・ラフルール(カベルネ・フラン) 71%、メルロ 29% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】レ・シャン・リーブル 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 59,000

      • 税抜53,637

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      レ・シャン・リーブル
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月11日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── 日本で唯一の公式パートナーに選ばれたルグランより、ラフルールが作る希少なキュヴェを限定リリース。 ラフルールを所有するギノドー家は近年次々と野心的な挑戦を続けています。サンセールに起源を持つソーヴィニヨンを移植し、ボルドー最高の白を目指して2013年にレ・シャン・リーヴルを新たに生み出しました。 ラフルールのチームが同じ情熱と哲学を持って管理し、その希少性からも世界中の愛好家にとって垂涎のレアワインとして注目を集めています。ラフルールの哲学を感じることのできる価値ある1本です。 ◆ヴィンテージ情報 ソーヴィニョン 100% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】ドメーヌ・ド・シュヴァリエ 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 59,000

      • 税抜53,637

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      ドメーヌ・ド・シュヴァリエ
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月11日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA95-97, James Suckling : 96-97 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── グラーヴの都レオニャンに位置するドメーヌ・ド・シュヴァリエは、非常に古い歴史を持つワインです。1983年、フランスのブランデー市場をリードし、ボルドーワインの大手商人であるベルナール家が、ペサック=レオニャン地区のグラン・クリュ・クラッセであったドメーヌ・ド・シュヴァリエを買収しました。それ以来、オリヴィエ・ベルナールと彼のチームによって管理されています。シュヴァリエの歴史に沿って、彼の指揮の下、130年以上にわたって卓越した品質を生み出してきたバランス感覚と完璧さを追求する精神が受け継がれています。 過去30年以上にわたり、多くの投資が途切れることなく行われ、現代的な要件に対応するための準備が行われてきました。例えば、ブドウ畑の拡張、新しいセラーの建設、自然光がその中心に差し込む美しい円形のヴァットルームなどです。今日では、周囲を取り囲む広大な森に守られた秘密の庭園として、グレイブスの魂に入り込みたいと願う訪問者が、高い伝統のおもてなしを楽しむことができる、驚くほど開放的な場所となっています。 ◆ヴィンテージ情報 カベルネ・ソーヴィニョン 65%、メルロ 27%、プティ・ヴェルド 5%、カベルネ・フラン 3%-アルコール度数 13.5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • ハーラン・エステート "ザ・メイデン" ナパ・ヴァレー [2014]750ml

      • 59,400

      • 税抜54,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      ハーラン・エステート
      生産地

      【正規代理店商品】 メイデンはハーランのセカンド・セレクションにあたります。メイデンのファースト・ヴィンテージは 1995 年。使用果実は ハーラン・エステートと全く同じですが、品種構成がハーランと比べてカベルネ・フランの比率が高くなっています。カベルネ・ソーヴィニヨンが 2/3、残りがカベルネ・フランとメルロです。 かつてはメーリング・リストに名を連ねる者のみが手にすることのできる、ワインでした。 2014年は懸念する材料が一つもない天候に恵まれたグッド・ヴィンテージで、収量は例年に比べて 極端に少なかった前年に比べて回復し、生産量も前年を上回りました。 凝縮感が強く深みのある味わいを持つ一方、生き生きとした新鮮さが感じられるワインとなりました。美しく磨かれたタンニンに加えて、精緻な骨格としなやかさがあり、長熟の素質の片鱗が伺われます。偉大さ、個性、長熟性、強烈なまでの複雑味、重たすぎることのない豊潤さを兼ね備えている最強のセカンドワインです。 ワインアドヴォケイト:95ポイント Wine Advocate Issue Date 1st Nov 2017 Lisa Perrotti-Brown 95 2018 - 2035 Deep garnet-purple colored, the 2014 The Maiden opens with a beautiful exotic spice and potpourri nose over a core of red and black currants, cedar chest, cloves and menthol plus a waft of fragrant earth. Medium to full-bodied, it has a lovely velvety texture and great freshness lifting the spicy flavors, finishing with lingering red and black fruit layers. ジェームスサックリン:96ポイント Publish Date: Friday, January 27, 2017 Aromas of blackcurrants and minerals with hints of wet concrete and stones. Full body, refined yet dense tannins and a beautiful length and finesse on the finish. A polished and ethereal wine. Best Maiden I have ever tasted.

    • Product Images
    • ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ マゾワイエール・シャンベルタン [2018]750ml

      • 59,950

      • 税抜54,500

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ
      生産地

      かれこれ10年以上味わってきて、このドメーヌで味わったマゾイエール・シャンベルタンの中では間違いなく最高の1つである! デュガ・ピィが所有するマゾワイエールの区画でも大きな石ころがごろごろと転がる、シャルムとは異なる土壌。シャルムよりも明らかに堅牢なボディをもち、タンニンはキメ細かなものの豊富に存在。ミネラル感がまたストラクチャーの強さを感じさせる。明らかに長期熟成タイプ。 ワインアドヴォケイト:95-97ポイント Reviewed by William Kelley Issue Date 10th Jan 2020 Source January 2020 Week 2, The Wine Advocate The 2018 Mazoyeres-Chambertin Grand Cru is more brooding and reserved than the exuberant Charmes, wafting from the glass with aromas of cassis, blackberries, rich soil tones, juniper and rose petals. On the palate, it's full-bodied, deep and powerful, with fine structuring tannins, terrific depth at the core and impressively succulent enlivening acidity in this warm vintage. This was vinified with 80% whole cluster and matured in 75% new oak. VINOUS:95-97ポイント Neal Martin. Tasting date: November 2019 Drinking window: 2025 - 2055 The 2018 Mazoyeres-Chambertin Grand Cru comes from two parcels of 45- and 80-year-old vines on much stonier soils than the Charmes-Chambertin. This has a knockout nose of brambly black fruit, cassis and crushed stone aromas that gain intensity with every swirl of the glass. The palate is silky-smooth on the entry and very precise and focused, with great tension toward the shimmering vintage. This is definitely one of the best Mazoyeres-Chambertins I have tasted in over ten years of coming to this domaine.

    • Product Images
    • ドメーヌ・ロベール・グロフィエ シャンボール・ミュジニー 1er レ・ザムルーズ [2018]750ml

      • 60,412

      • 税抜54,920

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ロベール・グロフィエ
      生産地

      グロフィエはレ・ザムルーズ最大の所有者であり、表土の浅い急峻な斜面に畑をもつ。そのためか他の造り手のレ・ザムルーズと比べてたっぷりと日照を浴びた快活さが感じられる。よく熟したラズベリーやブラックベリーのニュアンス。しなやかで滑らかな喉越し。アフターフレーバーにミネラルのエレガントさが持続する。グラン・クリュ並みのステイタスに相応しいワインだ。 ■テクニカル情報■ 地区:コート・ド・ニュイ AOCシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ 品種:ピノ・ノワール100% 畑面積:1.12ha(樹齢80年の古樹と樹齢20年の若木が育つ) 醸造:葡萄は、ホールバンチ果汁を50%使用し、新樽率25%のオークの樽で熟成。 ■コメント■ 赤やオレンジ色の果実のアロマにロースト香、仄かなスモーク、砂利、胡椒のニュアンスが香る。スパイシーで凝縮感のある味わいで、ラズベリー、ブラックベリー、スグリの実を思わせる果実味に、トーストやロースト香の香ばしいニュアンスが香る。 ■2018ヴィンテージ情報■ (ヴィノス2020年1月10日掲載記事より|記者:ニール・マーティン) 私がニコラ・グロフィエのワイン作りに一目置くようになったのは、今から3~4年前のことだ。以前は、どちらかと言えば過度な抽出を行う傾向にあったが、ニコラがテロワールの個性を尊重したエレガントで張りのある、従来とは全く異なるスタイルへと転換させたグロフィエのブドウは、誰もが羨む素晴らしい土壌を持つ区画に植えられているため、才能ある醸造家の手に掛かれば、必然的にシリアスなワインを生み出すことが出来る。 「2018年は、2015年に似た年だが、より豊作で親しみやすさのあるヴィンテージだ。」グロフィエは、いつになく多弁に私にそう語った。「2018年は、2015年のようなヴィンテージだが、収穫量は2015年を上回った。この年は、予想以上に果汁の量が多く得られたが、シリアスなヴィンテージで、前年の2017年とは対照的な年となった。ワインは張りのある味わいを保っている。この年は、8月28日に収穫を開始し、9月2日までに非常に短期間のうちに収穫作業を終えることが出来た。アルコール度数は、平均13.0%程で、発酵期間を長くするためにほんの少しだけ補糖している。ワインに過熟し過ぎた感じはなく、畑で味わった時のブドウの個性を忠実に引き出せるように努力した。抽出は容易く行うことが出来た。」 ニコラ・グロフィエは、なかなか学識のある醸造家で、意見交換するには興味深い人物であるため、収穫が8月に始まるような早摘みのヴィンテージと今後の将来についてどのように感じているか尋ねてみたところ、次のような答えが返ってきた。「自分は9月末頃の収穫を好むが、8月末の収穫でも一向に構わないと思っている。たとえ地球温暖化の観点からみれば好ましくないことであったとしても、ブドウは温暖な気候を好むからだ。それよりも問題なのは、収穫日をいつにするか、その一点につきる。状況に応じて収穫の人手を動員できるようにしておかなければならない。自分が考える理想的なアルコール度数は、12.5%だ。というのも、13.5%だとピノ・ノワールの場合、少しくどくなってしまうからだ。」 全体的に、グロフィエの2018年ヴィンテージは、単に最高レベルというだけではなく、「花形スター」の部類に入る。ジュヴレ・シャンベルタン・レ・スーヴレなどは、村名クリュながらプルミエ・クリュの域に達している。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズなどは傑出しており、大枚をはたいてこのワインを手にすることの出来た読者がもしいれば、ワインを開ける時にぜひとも招待してほしいぐらいである。 ★ヴィノス94-96 ポイント 2018年のシャンボール・ミュジニィ・レ・ザムルーズ・プルミエ・クリュは、ホールバンチ果汁の割合は50%と他のワインよりも少ないが、新樽率は他のキュヴェと同様に25%程。今の段階で、ボンヌ・マールよりもやや閉じ気味で寡黙なブーケを持ち、果実味は若干暗めだ。時間が経つにつれて仄かなヨードの香りが現れる。味わいはミディアムボディで、香ばしい赤果実と粒子の細やかな酸が感じられる。非常にピュアな味わいで、終盤に向かうにつれて柔らかな握力を増してゆく。実に素晴らしいエレガンスを持つアムルーズ。見事なワインだが、熟成期間を要するワインである。≪飲み頃:2026-2050年|2020/1掲載≫

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】 ドメーヌ・デュ・コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ [2012]1500ml 木箱入り

      • 60,500

      • 税抜55,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
      • 木箱保管可能
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ドメーヌ・デュ・コント・アルマン
      生産地

      2012年は通常年の1/3しか造れず、12hl/haという低収量。雹害により非常に少ない生産量となりましたが、長期熟成向きのワインとなった為、初の試みとして「クロ・デ・ゼプノー」は全てマグナムで瓶詰めを行いました。1本ずつの木箱入りで、日本への入荷は僅か36本のみの貴重品です。2013年は雹害で更に生産量が激減し、 日本への案内がありませんでしたので、2013年ヴィンテージを最後にコント・アルマンから完全独立した醸造家バンジャマン・ルルー氏による最後のヴィンテージと言えるでしょう。 レ・グラン・ゼプノーとレ・プティ・ゼプノーにまたがり、鉄分を含む褐色の石灰質土壌を持つ単独所有の一級畑。5.24haという広さから区画を細かく分けて、土壌、樹齢、収穫時期などの違いで複数のキュヴェを仕込み最終的にアッサンブラージュされる。平均樹齢55年。新樽比率40%にて22ヶ月の樽熟成。スパイスの香り、低収量から生まれるポマールらしい豊満なボディ、力強さとフィネスを持ち合わせたブルゴーニュを代表する偉大なる長熟ワイン。 クロ・デ・ゼプノは別格のワインである。 それは若い時でも威厳があり、味わいの長さは驚異的で、凝縮感は卓越している。そのワインは以前のものに比べ、花の香りが顕著で、フィネスもある。ビル・ナンソン著「ブルゴーニュ」より ワインアドヴォケイト:94-96ポイント eRobertParker #210 Dec 2013 Neal Martin (94-96) Drink: N/A Now for the main attraction that dominates Domaine Comte Armand: the 2012 Pommard 1er Cru Clos des Epeneaux. There is no second wine (usually labelled village or premier cru) from this monopole this year and due to diminished quantities the final blend welcomed its younger vines that in any case have now reached a respectable 25 year of age. I tasted two cuvees according to geological profile: the lower reaches of fragmented rock high in iron oxide that tend to give tannic wines and the higher reaches of shallower soil and a proliferation of smaller cracks that tends to give more mineral-driven, elegant wine. The first cuvee from ferrous soils has a very refined bouquet with crystalline dark cherry and cassis fruit that come loaded with minerals, yet it is not a powerful bouquet, rather one that creeps up on you by stealth ? seduction by the back door. The palate has a chalky, assertive, grippy entry with splendid weight and breadth. It does not fan out towards the finish like the 2009 or 2010, but stays very linear and focused, leaving a residue of minerals in its wake. You can sense the power, but Benjamin has this cuvee on a tight leash. The second, from fragmented rock, has a slightly more open nose and red fruit. It is sweeter and more feminine with a lithe finish. The blend of the two is very harmonious, the light blend tempering the more boisterous cuvee from the upper reaches, the elegance enhanced by the combination of the two. This will be fascinating once bottled. Readers should note that for the first time, the Clos des Epeneaux will be bottled in magnums only.