Loading...

2010年以降ワインの商品一覧

検索条件(929) 並べ替え
    • Product Images
    • セグラ [2013]750ml/Segla

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ローザン・セグラ
      生産地

      ロバート・パーカー 87 - 89 ポイント! きれいに造られたセカンドワイン。生産の61%を含む。カベルネ・ソーヴィニヨン56%、メルロー43%、プティ・ヴェルド1%のブレンド。濃いルビー/紫色。マルベリー、ブラックカラント、チェリー、ローム土壌、アーシー、魅力的なブーケが立ち上る。ミディアムボディ。飲み易く、柔らかな後味が残る。今後6-8年が飲み頃。(パーカー 2014年8月コメント 引用) 葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン56%,メルロー43%,プティ・ヴェルド1%

    • Product Images
    • レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ ケオプス [2016]750ml/Les Vignes De Paradis

      • 7,920

      • 税抜7,200

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ
      生産地

      ■醸造・熟成工程■ 収穫は畝ごとに2~3回にわけて慎重かつ丁寧に手摘みで収穫。除梗せず全房のまま時間を掛けて圧搾し、ピラミッド形セメントタンクを使用し16度で発酵。発酵期間は長く3週間~2ヶ月かかり、1月まで発酵が続くことがあるものの、それと比較して熟成期間は短い期間となっている。熟成期間は12ヶ月。無濾過で瓶詰め。SO2無添加。生産量はわずか700本。珍しいピラミッド形タンクはギザのピラミッドの1/100サイズ。エネルギーが集中し「ワインに不可欠な、キレと活力を与える」として採用している。 ■味わい■ ビオディナミ、ピラミッドパワー、ブルゴーニュの造り手がサヴォアで造ったワイン。話題満載のケオプス、しかも生産量は僅か700本。幸運にも飲んでいただければ納得されると確信。 ■オーガニック認証機関■ エコセール

    • Product Images
    • バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト シャトー・クラーク [2011]750ml/Baron Edmond de Rothschild

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      バロン・エドモンド・ド・ロートシルト
      生産地

      ファルスタッフ・マガジン 90ポイント! デキャンター誌 16ポイント! シャトー・クラーク・エステートの起源は、ヴェトゥイユ修道院のシトー修道会の修道士が12世紀に最初の葡萄の木を植えた時まで遡る。そしてその後、騎士トビー・クラークがこの土地を購入し、1818年以降彼の名前が永久に残ることになった。その後何度も引き継がれ、最終的に売却され、1973年にバロン・エデモンド・ドゥ・ロートシルトによって購入された。 この時に放置されていた葡萄畑は植え直され、その後、最終的に54ヘクタールのワイン生産地を実現するために1974年から1978年の間に完全に作り変えられた。 今日、葡萄の木は粘土質石灰岩の丘の上に植えられていることで、メルローの葡萄は最大限に個性を表すことができているのである。そしてシャトー・クラークで最初のヴィンテージが1978年に瓶詰めされて以来、ワインの品質は常に向上し続けている。 古い建物は修復され、ワイン醸造の過程で使用する技術と設備は最新のものとなった。栽培とワイン生産方法には特別な注意が払われ、非常に厳しく管理されている。手摘みされた葡萄は丁寧に運ばれ、慎重にセラーで選別され、重力を使い、最高の木の樽に入れられる。ワインはその後新樽に入れられ、そこで14~18ヶ月間熟成される。従って、シャトー・クラークはワインを濃縮し、際立ったものにした土地を真に反映したものである。力強さと芳香の複雑さを結びつけ、熟成の大きなポテンシャルを持っている。1997年以来、バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトは彼の父親の伝統を引き継ぎ、彼自身の一流を求める情熱を彼の活動的な仕事に伝播している。 生産地:リストラック・メドック 葡萄畑:55ヘクタール 土壌:石灰岩と粘土 品種:メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30% 植密度:1へクタールあたり7,000本 (1m x 1.5m) 樹齢:30年 土壌管理:自然に雑草を生えさせる 剪定:グイヨー・ダブル 収穫:手摘み、手作業による葡萄の選別(除硬の前後) メルロー:9月19日~24日 カベルネ・ソーヴィニヨン:9月26日~27日 ワイン醸造:重力を利用して葡萄を大桶へ移動し、樽とステンレス・スティールの大桶で低温マセラシオンと発酵を行う。 各大桶に合わせて、穏やかに抽出し、パンプオーバーとデレスタージュ(液抜き静置法)を行う。2015ヴィンテージ以来、樽に最良のプレスワインを添加している。 熟成:65%新樽、残りは中古樽 熟成期間:16ヶ月 生産量:250,000本 アルコール%: 13.50% テイスティングノート 極めて力強く、複雑なノーズが立ち上り、熟した果実の芳香に、スミレやスパイシーでオーキーな含みがする。豊かな風味に、タイトなタンニンが広がる。フレッシュで、果実味のする長い味わいが続く。 相性の良い料理 グリルしたお肉、フランス産のチーズ 日本食;鉄板焼きお肉 韓国:牛肉のプルコギ 中国:黒コショウの牛肉炒め サーヴする温度:18℃

    • Product Images
    • ドメーヌ・シャンソン コルトン・グラン・クリュ 2016

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ドメーヌ・シャンソン
      生産地

      ブルゴーニュで産出されるワインをフランス国内やヨーロッパに販売していたシモン・ヴェリーが、1750年に設立した『シャンソン』は、ボーヌでも1、2を争う歴史あるメゾンとされています。 1847年から1999年まではシャンソン家が経営を担ってきましたが、1999年、ボランジェ・グループの傘下に入って以来、畑やカーヴに大きな投資が行われています。 まず、ブドウを10mのベルトコンベアーに乗せて段階的に冷却する瞬間冷却システムの導入。 ドメーヌ・シャンソンが他のワイナリーと違うのが、長期マセラシオン発酵を行うということです。普通のブルゴーニュワイナリーは2~3日ですが、ドメーヌ・シャンソンは8~10日の発酵を行います。 この結果、果実からより多くのアロマを抽出することができ、複雑みのあるワインに仕上げることができます。 粘土と石灰質土壌。 輝きのある明るいルビーの色調。 赤系果実や黒系果実とスミレ等のお花、スパイシーなニュアンスの香り。 力強く複雑性としっかりとしたテクスチャーがあり、凝縮感あるピュアな果実味。 余韻が長い赤ワイン。

    • Product Images
    • フォントディ ピノ・ネロ カーセ・ヴィア [2013]750ml

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      フォントディ
      生産地

      本来涼しい土地での栽培が好ましいピノ・ノワールが熟しすぎないよう、標高の高い西向きの畑に植樹されたピノ・ネロは、日中は暖かく夜間は涼しい理想的な環境でアロマの強いワインに仕上がります。良い年でも4,000本程しか生産されない稀少なワインです。 2013ヴィンテージ★ジェームズ・サックリン91点 JamesSuckling.com 2015年8月5日 フルーティなスタイルが際立つピノ・ノワールで、苺、花、ミネラルのアロマと風味が引き立つ。軽やかなタンニンを湛えたミディアム~フルボディの味わいで、シトラスの香りが後味に広がる。いつの時代も美味な味わいのピノ。今すぐ飲んでも、熟成期間を置いても楽しめる。

    • Product Images
    • ヴィラマリア ザ・ アトーニー・ピノ・ノワール [2015]750ml/Villa Maria

      • 9,350

      • 税抜8,500

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ヴィラ・マリア
      生産地

      アトーニーの葡萄畑は2012年よりBioGro(バイオグロ=ニュージーランドの有機認定機関)認定を受けている。マルボロウのサザンバレー(サブ・リージョン)に位置し、ワイラウヴァレーの東の麓の、北向きで日当たりのよい区画。 コーヒーの豆、ブラックオリーブ、新鮮なブラックベリーの香り。口にふくむとカシスや、リコリスやタバコなどの香りと、若々しいしっかりとしたタンニンと焦がしたオークのスモーキーなニュアンスが層となっている。透明感のある力強い果実味とシャープなタンニンが調和した緻密な味わいに、このワインの持つポテンシャルの高さを感じる。