Loading...

Languedoc & Loussillon, ラングドック・ルーション, フランスワインの商品一覧

ラングドック・ルーション

ローヌ川が地中海に注ぎ込む辺りより西側、モンペリエからペルピニャンまで広がる、フランスで最もぶどうの耕作面積が広い地方。日照に恵まれ、常にブドウ栽培に適した風が吹いているお陰で、樹の病害が少なく農薬を使う必要がないため、ビオワインの生産も一番盛んである。ヴァン・ド・ペイクラスのワインが多く、ワイン生産量もフランス第1位を誇っている。近年、多くの醸造家が産地のポテンシャルに着目し、新たな黄金郷として注目を浴びている。また、ヴァン・ド・リキュール(V.D.L.)と天然甘口ワイン(V.D.N.)の代表産地でもある。
検索条件(14) 並べ替え
    • Product Images
    • ドメーヌ・ド・ラ・グランジュ・デ・ペール ヴァン・ド・ペイ・ド・レロー・ルージュ [2014]750ml/Domaine de la Grange des Peres

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      ドメーヌ・ド・ラ・グランジュ・デ・ペール
      生産地

      ラ・ドメーヌ・ド・ラ・グランジュ・デ・ペールはラングドックの銘醸ワインのひとつです。ワイナリー名の由来となった大きな古い納屋(グランジュ)で、バリックやオーク樽での熟成が行われています。 ローラン・ヴァイエの所有する11ヘクタールの畑は、どの区画もAOCラングドックのアペラシオン地域にありますが、カベルネ・ソーヴィニョンがブレンドされているためにAOCではなく、ヴァン・ド・ペイとなっています。 メインのブドウ品種はシラーとムルヴェードルで、それぞれ約40%のブレンド。 除梗を行い、35度を超えることがなければ温度調節は行わない伝統的な醸造法で、品種ごとに醸造し、バリックあるいはオーク樽で24ヶ月熟成させます。 1992年のファースト・ヴィンテージからまもなく、ローラン・ヴァイエのワインは高評価を獲得し、樹齢の高くないブドウからも素晴らしいワインが生まれることが証明されています。現在でも入手困難なプレミアム・ワインです。

    • Product Images
    • M・シャプティエ ビラ・オー・Chrysopee・AC・コリウール [2016]750ml/M.Chapoutier

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
       M・シャプティエ
      生産地

      【ローヌ地方を代表するワイナリー M.シャプティエ】 1808年にローヌ渓谷で創業したM.シャプティエ社は、自然のバランスとテロワールを尊重しワイン生産を行ってきました。ローヌを代表する造り手として高い評価を得るのみならず、世界各国でその土地の個性を表現するワインを生産しています。M.シャプティエがルーションで選んだのはラトゥール・ド・フランス村。黒や茶色のシストはワインに太陽のタッチを与え、片麻岩(変成岩の一種)はミネラルとフレッシュさをもたらし、粘土と石灰質によって力強さとバランスが生み出されます。この土地からシャプティエが最初に世に送り出したワインが”ヴィーニュ・ド・ビラ・オー”です。さらに6年かけて”V.I.T”が生まれました。 凝縮感のある黄金色。瑞々しいアプリコットやモモの香り、その後にフローラルなアロマが感じられる。フレッシュなアタック、ミネラルと潮の風味に満ちている。とても長い余韻。 セパージュ: グルナッシュ・グリ 90% グルナッシュブラン 10%

    • Product Images
    • M・シャプティエ ビラ・オー・VIT・コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・ラトゥール・ド・フランス [2016]750ml/M.Chapoutier

      • 19,030

      • 税抜17,300

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
       M・シャプティエ
      生産地

      【ローヌ地方を代表するワイナリー M.シャプティエ】 1808年にローヌ渓谷で創業したM.シャプティエ社は、自然のバランスとテロワールを尊重しワイン生産を行ってきました。ローヌを代表する造り手として高い評価を得るのみならず、世界各国でその土地の個性を表現するワインを生産しています。M.シャプティエがルーションで選んだのはラトゥール・ド・フランス村。黒や茶色のシストはワインに太陽のタッチを与え、片麻岩(変成岩の一種)はミネラルとフレッシュさをもたらし、粘土と石灰質によって力強さとバランスが生み出されます。この土地からシャプティエが最初に世に送り出したワインが”ヴィーニュ・ド・ビラ・オー”です。さらに6年かけて”V.I.T”が生まれました。 紫がかったガーネット色。深み、輝きがあり落ち着いた色。熟した黒系果実(ニワトコ、ブラックベリーなど)にこしょうなどのスパイシーなアロマ。開いていて、複雑。心地よいアタック。タイトだがシルキーなタンニン。スパイシーで余韻がとても長い。 セパージュ: グルナッシュ、シラー

    • Product Images
    • Rictificando Invevenies Rouge A.O.C. Cote du Roussion Villages 2009

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
       M・シャプティエ
      生産地

      1808年にローヌ渓谷で創業したM.シャプティエ社は、自然のバランスとテロワールを尊重しワイン生産を行ってきました。ローヌを代表する造り手として高い評価を得るのみならず、世界各国でその土地の個性を表現するワインを生産しています。 M. シャプティエがルーシオンで選んだのはラトゥール・ド・フランス村。黒や茶色のシストはワインに太陽のタッチを与え、片麻岩(変成岩の一種)はミネラルとフレッシュさをもとらし、粘土と石灰質によって力強さとバランスが生み出されます。この土地からシャプティエが最初に世に送り出したワインが“ヴィーニュ・ド・ビラ・オー”と“ドメーヌ・ド・ビラ・オー オキュルタム・ラピデム”です。 そして、さらに6年をかけて “V.I.T.”が生まれました。ガリーグに囲まれた畑の70年の古樹のグルナッシュはリッチで複雑、粘土石灰質の土壌で時間をかけて熟したシラーは力強く、そのタンニンはシルクのよう。そして、自社の最も素晴らしいシストのテロワールのシラーはエレガントなアロマ、口中でのフィネスをもたらします。 2008年にはレスケルド村の程近く、石灰質の高い崖、山風の吹き抜ける乾いた土地から“レスケルダ”と名づけられた新たなワインが生まれました。花崗岩の風化による砂の土壌の350メートルの台地と丘で栽培された素晴らしいシラーとグルナッシュを主体としています。レスケルダとは、カタロニア語で「岩の崖」という意味を持っています。 花崗岩土壌。 深みのある明るい紫色。複雑で凝縮ラズベリー、白い花のアロマ、デリケートな口当たり、濃厚で心地よいタンニン。余韻の中にスミレや白胡椒を感じる。

    • Product Images
    • リヴザルト [1951] 750ml / RIVESALTES

      • 39,380

      • 税抜35,800

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      1951
      生産者
      トリコワ
      生産地

      スペイン国境のルーション地方は、酒精強化されたデザート・ワインの一大生産地。ドメーヌ・トリコワールのリヴザルトは、礫土壌に植わるグルナッシュ・ノワール、グリ、ブランにマカベオとマルヴォワジーをブレンドしフードルで仕込まれる。長期熟成を経た1961年は茶を帯びた深いレンガ色で、ナッツや黒糖、リコリスを思わせる複雑で甘香ばしい風味に溢れている。口当たりは非常に滑らかで、豊かな甘みは熟成により品のある奥深さを備え、スパイシーさを伴った長い余韻が続いていく。チョコレート系のデザートとの相性は抜群です。

    • Product Images
    • リヴザルト [1959] 750ml / RIVESALTES

      • 39,600

      • 税抜36,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      1959
      生産者
      シャトー・ヴィラルジュイル
      生産地

      リヴザルトはスペインのシェリーやポルトガルのポートワインと同じように仕込まれる酒精強化ワイン。アルコール添加して仕込まれ、ややアルコール度数が高い中甘口のワイン。その寿命は非常に長く、一般的なワインでは殆ど難しい100年の熟成にも耐え、そして美味しく味わえるものが多数存在します。1959年は全体的には深みのある琥珀色となっており、オリエンタルスパイスの風味やカラメルを思わせる香ばしさを帯び、葡萄由来の甘さもだいぶ穏やかで、滑らかな甘さとほのかなアルコール感が心地よく広がります。