Loading...

Bourgogne, ブルゴーニュ, フランスワインの商品一覧

ブルゴーニュ

フランスの北東部に南北に細長く位置する超高級ワインを産出する銘醸地。ブルゴーニュ最北に位置するシャブリ地区、中心地はグランクリュが集中している「黄金の丘(コート・ドール)」と呼ばれる地区、リヨンから北に位置するボージョレ地区からなっている。赤はピノ・ノワール、白はシャルドネの単一品種からエレガントなスタイルのワインが作られる。赤ワインは全体的にタンニンが少なく、ビロードのような滑らかさが特徴である。ボージョレ地区では、ガメイによる赤ワインが作られる。赤ワインではロマネ・コンティ、白ワインではモンラッシェなど世界で最も偉大なワインを産み出す、ワインラヴァー垂涎の地。
検索条件(260) 並べ替え
    • Product Images
    • シュヴァリエ・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Chevalier-Montrachet Grand Cru

      • 98,000

      • 税込107,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 シュヴァリエ・モンラッシェの総面積7.6haのうち約2haを所有するルフレーヴは、 ブシャール・ペール・エ・フィスに次ぐ大地主。モンラッシェを91年に手に入れるまで、 ドメーヌの旗艦だったが、今なお、その実力は旗艦と呼ぶにふさわしい。 パワフルさでは劣るものの、モンラッシェよりも一層ミネラルが強く、エレガントなグラン・クリュ。

    • Product Images
    • バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Batard-Montrachet Grand Cru

      • 78,000

      • 税込85,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 ルフレーヴはピュリニーとシャサーニュの双方にバタールを所有。 1.91haはこのグラン・クリュ最大の所有面積であり、他には1haを越える所有者すらいない。 表土は厚く、そのためシュヴァリエのエレガンスに対して、バタールはリッチでボリュームが大きい。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・ヴィラージュ [2018] 750ml / Vosne-Romanee Village

      • 12,000

      • 税込13,200

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ニコル・ラマルシュ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 2013年のフランソワの死以降も、ドメーヌの名に父の名を残してきたが、 2018年ヴィンテージより自らの名を冠したドメーヌ・ニコル・ラマルシュとしてリリースを始める。 ※こちらの商品は松澤屋(輸入代理店)の商品となります。

    • Product Images
    • ドメーヌ ジャン・コレ シャブリ プルミエ・クリュ 4本セット

      • 15,000

      • 税込16,500

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ジャン・コレ・エ・フィス
      生産地

      シャブリに1792年より代々伝わるワイン造りの家系。本来のシャブリとしての個性を持ったワインを生み出すメーカーは限られていますが、ジャン・コレは畑毎の葡萄の個性に応じて最良の醸造法を実施する、木目細かなワイン造りを自社のスタイルとしています。1本1本のワインに造り手の目が行き届いたワイン造り、本来のドメーヌの姿を実践しています。さらに近年ビオによる栽培面積の拡大、自生酵母の使用など畑の持ち味を活かすことにも力を入れています。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モンマン■ モンマンは原料葡萄の個性を最大限に生かすために木樽を使用しない。発酵温度は18℃に保たれた12,500Lのステンレスタンクで発酵。発酵後6ヶ月間ステンレスタンク内で熟成される。収穫の翌年6月~にボトリング。自生酵母使用のため近年は発酵期間が長くなりそのためボトリング時期も遅くなる傾向にある。モンマンの丘陵は上部にポートランディアンの地層が無く、全てキンメリジャンの畑。その畑で有機栽培を実践するロマン・コレの成果が2010年頃から如実に味わいに表現されている。見事な果実の味わいをそのまま表現する、これも現代のシャブリの姿。 ■シャブリ プルミエ・クリュ ヴァイヨン■ 2011年ヴィンテージからステンレスタンクで発酵させ、1/3をフードル”(かみなり)と呼ばれる8,000ℓの木樽、1/3を228ℓの小樽、1/3をステンレスタンクで8ヶ月間熟成。収穫の翌年7月にアッサンブラージュされボトリングされる。小樽熟成のワインが加わることにより更に複雑な味わいを表現しています。厚みがあり甘ささえ感じさせた2015年と異なり2016年は本来のシャブリらしく引き締まった酒体を持っている。その中でもヴァイヨンは正にシャブリらしいシャブリの代表です。グレープフルーツ、青りんごや梨などの香りが華やか、樽香とのバランスも心地よい。酸味は確りしているがまろやかでしなやか。アフターテイストに重量感があり、僅かなアーモンド香と共に長い余韻が楽しめる。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モン・ド・ミリュー■ シャブリ プルミエ・クリュの中でもグラン・クリュと同じ斜面に位置するモン・ド・ミリュー はプルミエ・クリュの中でも最も高く評価される畑。収穫後、空圧式の圧搾機で搾汁、全体の30%はアリエ産228ℓの新樽内で、残りの70%は600ℓの“ドゥミ・ムイ”と呼ばれる木樽で発酵させ、それぞれ10~11ヶ月間熟成させアッサンブラージュ、その後ステンレスタンク内で5ヶ月間静置、メンブランフィルターで軽くろ過しボトリングされる。グラン・クリュ側のプルミエ・クリュは力強く、スラン川対岸の緩やかな丘陵部のプルミエ・クリュには優しさがあるといわれます。ジャン・コレのモン・ド・ミリューは果実味と酸に力があり、ミネラル感から来る芯のある強さを感じる。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モンテ・ド・トネール■ シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールを228Lの小樽を使用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。

    • Product Images
    • 世界のシャルドネ飲み比べセット

      • 9,540

      • 税込10,494

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ジャン・コレ
      生産地

      ■シャブリ プルミエ・クリュ モンマン■ 18世紀より続くシャブリの家系のコレ家、幾多の苦難を乗り越えて伝統の畑を守り続けた。このモンマンもその一つ。モンマンの丘陵は上部にポートランディアンの地層が無く、全てキンメリジャンの畑。その畑で有機栽培を実践するロマン・コレの成果が2010年頃から如実に味わいに表現されている。見事な果実の味わいをそのまま表現する、これも現代のシャブリの姿。 ■セラーセレクション シャルドネ■ ローストしたアーモンド、桃などのアロマ、味わいには熟した柑橘類にカルダモン、ミネラルといった複雑さとリッチな厚みを感じる。 ■シャルドネ グランレゼルバ■ しっかりとした複雑な口当たり。パパイヤやマンゴーなどのトロピカルフルーツの香り。クローブ、バタースコッチ、ドライハーブがほのかに香る。濃く、とてもバランスの良いミネラル感と素晴らしい余韻。シーフード、クリームソースのパスタや鶏料理と。

    • Product Images
    • シャンボール・ミュジニー [2016] 750ml / Chambolle-Musigny

      • 12,000

      • 税込13,200

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ベルトー
      生産地

      ■醸造・熟成行程■ 全て手摘みで収穫された葡萄の収量は40hl/haと低い。葡萄は100%除梗され、温度コントロールされたステンレス製の発酵槽で自生酵母を使用し発酵、マセラシオンは一日1回のピジャージュを行う。発酵期間は3週間。主に大樽(フードル)と一部を小樽で18ヶ月樽熟成。新樽比率は20%~30%。 ■味わい■ シャンボール・ミュジニーの特徴を見事に表現したピュアな香り。引き締まった味わい、活き活きとして繊細、そして洗練されているワイン。複雑さより調和と気品がこのワインの持ち味。柔らかだが中心に芯があるワイン。

    • Product Images
    • 送料無料 <3月末迄 限定3セット>ドメーヌ・シャンソン満点獲得記念!ブルゴーニュ グラン・クリュ ワイン3本セット 

      • 76,500

      • 税込84,150

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ドメーヌ・シャンソン・ペール・エ・フィス
      生産地

      シャンソンのモノポール クロ・デ・フェーヴ2018年がLa Revue du Vin de France誌において100点満点を獲得した記念として、グラン・クリュ ワイン3本をお得なセットにしてご案内します!! 通常3本で\90,000(税抜)のところ、\76,500(税抜)と大変お得なセットにしました。 【限定6セットのみ】のご案内です。 【ドメーヌ・シャンソン】 ドメーヌ・シャンソンは、ボーヌの中心地に位置し、1750年からブルゴーニュの素晴らしいテロワールを表現したワイン造りをしています。ボーヌを中心に45ヘクタールのグランクリュとプルミエクリュの畑を所有し、全房発酵と低温長期マセレーションの技術を駆使し、高品質なワインを生み出しています。近年、世界中のワイン評論家から高評価を得て注目されており、今回、シャンソンのモノポールであるクロ・デ・フェーヴ2018年がLa Revue du Vin de France誌において100点満点を獲得いたしました。 【コルトン・ヴェルジェンヌ・ グラン・クリュ 2016】 東向きのコルトンの丘の斜面に位置するこの小さな畑は、オスピス・ド・ボーヌと並んで、シャンソン社がメインの所有者となっています。かつて、この畑はルイ16世治下の大臣であり、アメリカ独立条約を締結したヴェルジェンヌ伯爵が所有していました。 エメラルドがかった淡いい金色。 花の香りにミネラル感のある柑橘系の果実の香りが混ざり合う。ストラクチャーがあり、緻密でタイトな質感。後味にはほのかな塩味が感じられる深く長い余韻。 ★ジャンシス・ロビンソン 17.5pt 【ボンヌ・マール・ グラン・クリュ 2015】 コートドニュイの最も有名なグラン・クリュの1つ。 生産地域は、シャンボール・ミュジニー村の南部にあり、モレ・サンドゥニ地区に広がっています。 鮮やかなルビー色。チェリーやラズベリーなどの赤い果実の香りに、トーストしたブリオッシュと繊細なスパイスが混ざり合った濃厚なアロマ。凝縮されていてパワフル。エレガントでシルクのような質感。深くて濃厚な味わい。美しい果実味のコンビネーション。良く馴染んだ美しいタンニンと、エレガントなオークのノート。複雑で際立った後味。 ★ジャンシス・ロビンソン 17pt 【クロ・ド・ヴージョ グラン・クリュ 2015】 有名なクロ・ド・ヴージョの中央、シャトーの程近くという理想的な立地の畑です。 濃いルビー色。ブラックベリーにスパイスやかすかにバニラが感じられる濃厚なアロマ。複複雑で濃厚。エレガントなオークの香りにタンニンが溶け込んでいる。極めて余韻の長いワイン。

    • Product Images
    • 送料無料 <3月末迄 限定6セット>ドメーヌ・シャンソン満点獲得記念!コート・ド・ボーヌ プルミエ・クリュ ワイン3本セット 

      • 14,875

      • 税込16,362

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ドメーヌ・シャンソン
      生産地

      シャンソンのモノポール クロ・デ・フェーヴ2018年がLa Revue du Vin de France誌において100点満点を獲得した記念として、プルミエ・クリュ ワイン3本をお得なセットにしてご案内します!!  通常3本で\17,500(税抜)のところ、\14,875(税抜)と大変お得なセットにしました。 【限定6セットのみ】のご案内です。 【ドメーヌ・シャンソン】 ドメーヌ・シャンソンは、ボーヌの中心地に位置し、1750年からブルゴーニュの素晴らしいテロワールを表現したワイン造りをしています。ボーヌを中心に45ヘクタールのグランクリュとプルミエクリュの畑を所有し、全房発酵と低温長期マセレーションの技術を駆使し、高品質なワインを生み出しています。近年、世界中のワイン評論家から高評価を得て注目されており、今回、シャンソンのモノポールであるクロ・デ・フェーヴ2018年がLa Revue du Vin de France誌において100点満点を獲得いたしました。 【ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ・レ・カラドゥー2017】 理想的な立地の1.9haの畑。コルトン・シャルルマーニュにほど近い丘の中腹にあり、この有名な畑と同じ土壌、同じ標高です。唯一異なるのは「カラドゥー」が東向きである点です。ミネラル感溢れる例外的なテロワールです。淡い黄金色。ミネラル感ある香り、若いうちは控えめ。アタックからシャープな味わい。ヨードの感じられるフィニッシュ。テロワールをよく映し出した、風味のよいワイン。 ★ジャンシス・ロビンソン 16pt 【ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ・レ・ヴェルジュレス 2016】 コルトンの丘の南に位置する“レ・ヴェルジュレス”にシャンソンは5.4ha の畑を所有しています。ペルナンの村にその名を与えた、プルミエクリュの中でも最も有名な畑です。暗いルビー色。スミレの香りに、赤いベリーやスパイスの香りが混ざりあう。複雑で深く滑らか。熟して豊富なタンニン。際立った後味。 ★ジャンシス・ロビンソン 17+pt 【サヴィニー・ドミノード・プルミエ・クリュ 2015】 畑名の“ドミノード”はラテン語の「Dominus(領主)」に由来しており、かつてはサヴィニーの領主が所有する畑でした。 オーマルコネの畑をさらにサヴィニーの谷にひとつ深く入った畑。石灰岩とロームと砂利など多様な土壌で形成されています。斜面下部の深い土壌は力強さと複雑味を与え、より純朴で深みがあり、長い熟成が楽しめるワインと生み出します。 濃いルビー色。ブルーベリーやエルダーベリーの濃厚な香り。ストラクチャーがあり、濃厚。タンニンは力強く、熟成のポテンシャルを感じさせるワインです。長い余韻。シャンボール・ミュジニーなどといったコート・ド・ニュイのクリュ・ワインにも似ています。★ワインスペクテーター93p