Loading...

Chateau l'Evangileワインの商品一覧

検索条件(2) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・レヴァンジル [2019]750ml 【2019ボルドー】

      • 33,000

      • 税抜30,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・レヴァンジル
      生産地

      メルロの果実味をカベルネ フランで下支えした、美しいスタイルのワイン。 2019年のワインの中で、文句なしに満点に近いと言える数少ないワインの一つです。私はアン・プリムールでは100点をつけないが、これは桁外れに美味しく、すでにボトルで味わうのが待ち遠しい。by.デキャンター ラ・コンセイヤント、ペトリュス、ヴュー・シャトー・セルタンなど、ポムロル地区の数々の輝かしいシャトーに隣接しているシャトー・レヴァンジル。レヴァンジルの歴史は18世紀半ばにまで遡り、1741年に「CH.FAZILLEAU」という名前で設立されました。その後、幾度か所有者を変えた後、1957年にルイ・デュカス氏が購入。デュカス家は当時、霜害により荒廃していた畑の再建と、レヴァンジルの名声を取り戻すことに貢献しました。 1990年にドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルドが所有者となり、それ以来、セラーの改装などを行い、ますます品質が向上。実質的にはペトリュスやラ・フルール・ペトリュスと比較しても、 遜色がないと言われているシャトーです。 また、 市場に出回る数が少なく見つけ出すのも難しい、稀少なワインとしても有名で、サン・テミリオン地区のシュヴァル・ブランとも境を接しているという好立地は、右岸好きならずとも気持ちが高まるシャトーなのです。 ポムロールとサン・テミリオンの境界に位置しており、砂利混じりの粘土・砂質土壌に22haの畑を所有しています。醸造はラフィットの技術責任者エリック コレールの下、伝統的な手法でワイン造りを行っています。メルロによる果実味とカベルネ フランの骨格やフィネスが共演する偉大なワインです。熟した果実香が豊かで、静けさの中に深い奥行きを感じさせた口当たりも重厚です。 CHATEAU L'EVANGILE シャトー・レヴァンジル 生産地:フランス ボルドー ポムロル 原産地呼称:AOC. POMEROL ぶどう品種:メルロ 83.5%、カベルネ・フラン 16%、カベルネ・ソーヴィニヨン 0.5% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ デキャンター (ジェーン・アンソン):98-100 ポイント From the very first moment your nose approaches the glass you know something special is happening. Seductive, rich, mouth-filling to the point that you really understand what that means. Just pops out of your mouth, with evident density of luscious blackberry and brambled raspberry fruit but also vertical climb through the palate. Violet notes marry with baked earth, grilled liquorice, tension and seduction. Highest level of Cabernet Franc in the blend in recent history, and first time that they have used all of the Cabernet Franc available in the vineyard - also first time to have this touch of Cabernet Sauvignon since the Rothschilds arrived at the property. Have I tasted a better l'Evangile? Certainly not at this stage, and one of the very few wines in 2019 that I can say without question approaches a perfect score. I don't give 100s at En Primeur but this is off the scale delicious, and I already can't wait to taste it in bottle. Decanter(5/2020) ジェームスサックリング:(97-98) ポイント Monday, June 29, 2020 Country France Region Bordeaux Vintage 2019 Lots of black-olive, crushed-berry and wet-earth aromas and flavors. Full-bodied, yet polished with a very fine, velvety texture from the tannins. It’s long and structured with a blue-fruit and stone undertone to the palate. Some sage, too. More balanced than in the past. Extremely persistent on the palate. 83.5% merlot, 16% cabernet franc and 0.5% cabernet sauvignon. ワインアドヴォケイト:94 ポイント Rating 94 Release Price NA Drink Date 2027 - 2055 Reviewed by William Kelley Issue Date 8th Apr 2022 Source April 2022 Week 1, The Wine Advocate The 2019 L'Evangile is very good, wafting from the glass with aromas of cherries, sweet berries, warm spices, violets and loamy soil, framed by a nicely integrated patina of new oak that reflects a concerted effort to refine cooperage choices at this address in recent years. Full-bodied, rich and velvety, it's a broad, textural wine with a richly layered core of fruit, succulent acids and ripe, supple tannins that reflects the warm, dry vintage. As usual, it's a Merlot-dominant blend, complemented by some 16% Cabernet Franc and now 1% Cabernet Sauvignon. The 2019 vintage marks a period of transition at L'Evangile. Most obviously, it's the last vintage produced by Jean-Pascal Vazart, before Juliette Couderc and Olivier Tregoat took the reins at this Pomerol benchmark, sandwiched between the likes of La Conseillante, Cheval Blanc, Vieux Ch?teau Certan and Petrus. But it's also a waypoint in the life of the vines, fully 22 hectares of which have been replanted since 2001, and which now have an average age of 15 years. In warmer, drier vintages, canopies are being hedged lower to mitigate against excess sugar accumulation; systematic de-leafing is no longer employed; cover crops are protecting the soils; and a row of Cabernet Sauvignon is increasingly making it into the grand vin, traditionally a blend of more or less 80% Merlot and 20% Cabernet Franc. Attempts are also being made to rein in this wine's tendency to opulence: the 2019 already saw only 75% new oak instead of entirely new barrels, and the technical team is refining cooperage choices (80% of the barrels are made in house at Lafite), looking for more discreet toasts adapted to Evangile, and experimenting with amphorae and now a foudre. Of course, timing harvest is crucial, and more and more the vineyard is picked by soil type instead of by block. The 2019 l'Evangile already reflects some of these evolutions?just as it does the richness and maturity of which Evangile's Merlot is capable in a warm, dry vintage such as this?and it will be exciting to follow them to their conclusion in the years to come.

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・レヴァンジル 2021|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 225,500

      • 税抜205,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2021期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2021
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      シャトー・レヴァンジル
      生産地

      ・期間限定受注:2022年6月10日~ ・お届け予定:2024年(2年後)秋 ・WA 93 - 95 (パーカーポイント) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── シャトー・レヴァンジルはシャトー・ラフィットを所有するドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルドが1990年に買収したシャトーです。 シュヴァル・ブランの向かい側サンテミリオンとの境界にあり、ポムロール最高の素晴らしいテロワールとされるプラトーに位置しています。 買収以降、最高の品質、エレガンスとフィネスを追求するDBRの哲学の下、セカンドワインの導入、畑の改修、醸造設備と熟成庫が刷新され、本来のポテンシャルを存分に発揮する体制が整いました。 2017年にはすべての畑がオーガニックへ転換。メルロー、ブーシェと呼ばれるカベルネ・フランに、近年はカベルネ・ソーヴィニヨンも栽培され始めました。2020年は2018年、2019年ともにレヴァンジル3部作となり、最高傑作とされる2009年に肩を並べるヴィンテージとなりそうです。 ◆ヴィンテージ情報 メルロ 69%、カベルネ・フラン 30%、カベルネ・ソーヴィニョン 1% ────────────────────── ◆2021年ヴィンテージの特徴-総評- ────────────────────── 「果実の凝縮感とエレガントな骨格を持ち合わせた、日本人の好みに合いやすいスタイル」 ボルドーの過去10年は、2010年、2015年、2016年、そして2018年、2019年、2020年の3部作と、歴史に残る偉大なヴィンテージに恵まれました。 この栄光の10年間に続く2021年は、春先に遅霜が、初夏は雨が多く病害が発生、そして成長期の夏は曇りがちで涼しい天候が続きました。実りの秋は乾燥し好天に恵まれましたが、全体的に生産者にとって忍耐力を試される難しいヴィンテージとなったようです。遅霜と病害の発生によって生産量は減少。葡萄の成長期の冷夏によって、全体的に糖度は低く、酸度の高い葡萄となりました。 赤ワインは、冷夏によって熟すのが難しかったメルローの比率が少なく、リスクを取って収穫を遅らせた生産者は、収穫期に好天に恵まれ質の高い葡萄が収穫されたカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高いのが特徴です。 辛口の白は涼しい夏のお陰でフレッシュさが保たれた素晴らしい年となったようです。甘口の白は遅霜の影響で生産量が大幅に減少しましたが、9月に降った雨の後に完璧な状態で貴腐菌が広がった結果、素晴らしいヴィンテージが期待されています。 2021年ヴィンテージはどの生産者にとっても難しいヴィンテージとなりました。しかしながら、この20年間で飛躍的に発展してきた葡萄栽培技術、醸造管理技術、そして莫大な設備投資、ボルドーの生産者はこれまで培ってきた叡智を結集してこの困難に立ち向かいました。 18年、19年、20年と3年続いたボルドーを代表する例外とも言えるトリロジーには及びませんが、2021年は生産者が蓄積してきた経験と知見が、その品質に明確に映し出されたヴィンテージとなりそうです。 また爆発的な印象はなくとも果実の凝縮感とエレガントな骨格を持ち合わせた同ヴィンテージは現代の日本人の好みに合いやすいスタイルでしょう。 1880年にパリで創業したルグランはグループ内にボルドー・ネゴシアンを抱えているため、生産者とダイレクトに取引が可能な世界でも珍しい老舗ワイン商です。そしてボルドーに駐在するフランス人スタッフが年間を通じて精力的に生産者を訪問し情報を収集しており、ルグランではこの困難のヴィンテージの中で懸命に対処してきた生産者を厳選して応援しています。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。