Loading...

Liber Paterワインの商品一覧

検索条件(9) 並べ替え
    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2011|750ml

      • 655,600

      • 税抜596,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2011 リベール・パテール ボルドー全土では日照不足と多雨で難しい年と言われた年で、多くのシャトーが9月24日までに収穫を終えた中、リベール・パテールは10月4日から2週間に渡り、好天の中で収穫が完了。これによって難しいヴィンテージが救われただけでなく、素晴らしい品質となったため、ラベルのモチーフは“ザ・ドリーム”。夢にまで出てきそうな恍惚としたワイン。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2010|750ml

      • 655,600

      • 税抜596,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2010 リベール・パテール 2010年のラベルはレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐にインスパイアされたモチーフ。 ロイックがアローナと結婚した年。リベール・パテール最高のヴィンテージ。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2009|750ml

      • 655,600

      • 税抜596,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2009 リベール・パテール 2009年のラベルはこの年に襲来した2つの大嵐がモチーフ。 少ない生産量の中でもさらに生産量が限定された年。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2007|750ml

      • 655,600

      • 税抜596,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2007
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2007リベール・パテール リベール・パテールの記念すべきファーストヴィンテージ。全て有機栽培されて自然と完全に調和したワイン。 ラベルのモチーフは自然とのハーモニーを表現したぶどうの葉。 ロイックが妻アローナに出会った年ということで、その周りに葡萄がハートの形にあしらわれる。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール テトラドラクマ 2021|3本セット

      • 258,500

      • 税抜235,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── 古代ギリシアで流通していた銀貨テトラドラクマの名を冠したリベール・パテール初のギリシアワイン。 ギリシア神話で語られるワインの神ディオニソスの島とされるギリシア・ナクソス島にあり、標高550メートルの畑に樹齢200年から300年とされる白葡萄パタミッシとアシルティコがフランピエ(接ぎ木されていない葡萄樹)で植えられています。酸化防止剤無添加で、アンフォラにて熟成されます。フランピエならではのエネルギーに満ち、海に囲まれた島しょ部らしいミネラル溢れたスタイル。ここでもロイックが目指すフィロキセラ前時代のワインが追及されています。 ◆リベール・パテール リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2019|750ml

      • 5,144,700

      • 税抜4,677,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・本商品は「TERRADA WINE STORAGE納品限定商品」です。 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2019リベール・パテール 2015年ヴィンテージから接ぎ木されていないフランピエの葡萄100%となりました。 ナポレオン時代に飲まれていた、プロフィロキセラワインの再現。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れ専用商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2018|750ml

      • 5,144,700

      • 税抜4,677,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・本商品は「TERRADA WINE STORAGE納品限定商品」です。 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2018リベール・パテール 2015年ヴィンテージから接ぎ木されていないフランピエの葡萄100%となりました。 ナポレオン時代に飲まれていた、プロフィロキセラワインの再現。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れ専用商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール 2015|750ml

      • 5,144,700

      • 税抜4,677,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・本商品は「TERRADA WINE STORAGE納品限定商品」です。 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ◆ヴィンテージの情報 2015リベール・パテール 2015年ヴィンテージから接ぎ木されていないフランピエの葡萄100%となりました。 ナポレオン時代に飲まれていた、プロフィロキセラワインの再現。 今回はシャトーのセラーで長年大切に熟されてきた貴重なバックヴィンテージを特別に分けていただきました。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れ専用商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます

    • Product Images
    • 【シャトー蔵出し】リベール・パテール デナリウス 2019|3本セット

      • 258,500

      • 税抜235,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils[蔵出し・フランス在庫ストア]
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Liber Pater
      生産地

      ・期間限定販売:2022年9月9日~9月30日 ・ご注文後、シャトーより蔵出し出荷される「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります (本商品は木箱入りではございません) ───────────────────────────── 古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。古代品種プティ・ヴィデュレ、タルネイ、カステット、サンマケールの混植。 ◆リベール・パテール リベール・パテールは世界で最も高価で希少、フィロキセラ前のスタイルを追求した比類のないボルドーワインとして、世界中のワイン愛好家の注目を集めている。 当主ロイック・パスケはファインワイン専門のワイン商を興しDRC等最高峰のワインに触れた後、2006年ボルドー南部ランディラスに砂利砂質土壌5.3ヘクタールの土地を購入。その土壌は5千万年前に遡るボルドー最古の土壌と言われ、敷地2.5ヘクタールにはフィロキセラ以降忘れ去られた14種の古代品種が1ヘクタール当たり2万本の高密度で、接ぎ木されないフランピエのまま混植されている。古文書を頼りに古のワイン造りを研究し、畑はビオロジックにて管理。アンフォラにて熟成され、2011年以降酸化防止剤不使用。ロイックは「リベール・パテールは格付けが制定された1855年当時、プロフィロキセラ時代の味わいが再現されたスタイル」と語る。地球温暖化が進み、アルコール上昇に苦心するボルドーにあって、リベール・パテールは最大12.3%。接ぎ木されないフランピエの効果で0.5%、ビオロジック栽培の影響で0.5%のアルコールが低下するとのこと。ロイックはまたフィロキセラ以降の接ぎ木や現代品種であるカベルネ種やメルロー種への植え替えが、高アルコールの要因と指摘。2007年がファーストヴィンテージでフランピエ50%。2015年以降はフランピエ100%。年産約400本。十分な品質に達しないとした2008年、2012年、2014年、2017年、2021年は生産されず。 リベール・パテールはギリシア神話における豊穣の神。古代ローマで使用されていた貨幣から名づけられたデナリウスはリベール・パテールのセカンドワインではなく、リベール・パテールと同じ敷地にありながら貝殻や粘土が多い土壌の表土に砂利が露出した異なるテロワールから生まれるキュヴェ。2021年にはギリシアのナクソス島に購入した小さなパーセルから、テトラドラクマという名の白ワインを少量生産。 リベール・パテールは現在、在庫として持つワイン商への販売を中止し、個人客がワイン商に注文してからワイン商にボトルを引き渡す方針を採用し、確かな状態とプロヴィナンスを確保している。 ───────────────────────────── 「シャトー蔵出し」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── オールド・ヴィンテージを選ぶ、最大のポイントはワインのコンディションです。 「シャトー蔵出し」では、現地シャトーのセラー内にて最高のコンディションで熟成されたワインを、ご注文を頂いた後に「シャトー蔵出し」で出荷・お届けいたします。 ───────────────────────────── ・「シャトー蔵出し」のため、お届けは2023年4月頃になります ・シャトー蔵出し証明書は発行されません。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れ専用商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます