Loading...

1990年 〜 1990年ワインの商品一覧

検索条件(7) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトーヌフ・デュ・パプ・バルブ・ラック [1990] 750ml / Chateauneuf-du-Pape Barbe Rac

      • 52,800

      • 税抜48,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1990
      生産者
      M. Chapoutier
      生産地

      フランス南部、ローヌ地方で高い評価を受けるシャプティエは、 ギガルと並び、この地を代表するトップ生産者。 自然農法を用いた有機栽培で質の高い葡萄を生み出し、単一区画毎に仕込まれるものは極上品です。 バルブ・ラックは所有する畑のより選りすぐりの区画から生み出される、 スペシャル・クラスのシャトーヌフ・デュ・パプ。 樹齢90年を超えるグルナッシュのみから仕込まれたこのキュヴェは、 ファースト・ヴィンテージの1989年にセンセーショナルなデビューを飾りました。 良年の1990年は現在殆ど市場では入手が不可能なバック・ヴィンテージです。 30年以上を超える長期熟成を経たその味わいは、全ての要素が滑らかに溶け込み、 複雑さや深みが増した、ローヌ地方の枠組みを超えた銘品です。

    • Product Images
    • シャトーヌフ・デュ・パプ [1990] 750ml / Chateauneuf-du-Pape

      • 29,700

      • 税抜27,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1990
      生産者
      E. Guigal
      生産地

      コート・ロティにおいて重要かつ最良の生産者として名高いギガル。戦後のローヌワインを多くの栽培家達と協力して盛り立て、生産者からの信頼も厚い造り手。特に作柄に恵まれたことで有名な1990年のシャトーヌフ・デュ・パプは、高樹齢のグルナッシュを主体にした拘りの逸品。煮詰めたチェリーやリコリス、スパイスの香り華やかで、野性味が強く練れた果実味としっかりとしたタンニンでアタックからアフターまで甘み感が優しく包み込む甘美な味わい。熟成により旨味が凝縮され、今非常に良い状態を迎えています。 ●エチケットに破損、汚損、よれがございます。 ●液面はそれほど下がっておらず、キャップシールの状態は良好です。

    • Product Images
    • コート・ロティ・ラ・モルドレ [1990] 750ml / Cote-Rotie La Mordoree

      • 69,300

      • 税抜63,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1990
      生産者
      M. Chapoutier
      生産地

      フランス南部、ローヌ地方で高い評価を受けるシャプティエは、 ギガルと並ぶ、この地を代表するトップ生産者。 自然農法を用いた有機栽培で質の高い葡萄を生み出し、 特に単一区画ごとに仕込まれるキュヴェは極上品です。 ACコート・ロティの中でも特に優れた区画、『ラ・モルドレ』の樹齢60年以上のシラーを用いて仕込まれるこのキュヴェは、その世評を裏付ける優れた出来栄え。 濃縮されたベリー系の果実に獣やスパイスのニュアンスが複雑に感じられ、滑らかな酒質は適度な甘みを帯びた奥深い味わい。 若いうち強かったタンニンも熟成によりきめが細かくなり、果実味と見事に溶け合っています。

    • Product Images
    • ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ラ・リシュモーヌ [1990] 750ml / Nuits-Saint-Georges 1er Cru La Richemone

      • 69,799

      • 税抜63,454

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1990
      生産者
      ペルナン・ロサン
      生産地

      【エチケットに汚損・破損がみられますが、コルクやキャップシールの状態は良好です。】 かつて農薬が重用されていた時代において、現在では当たり前となったリュット・レゾネをいち早く取り入れ、可能な限り健全で完熟した状態の葡萄を収穫してワイン造りを行い、高評を得ていたペルナン・ロサン。かのルロワも一目を置くヴォーヌ・ロマネの重鎮でしたが、99年ヴィンテージを最後に、高齢を理由に惜しまれつつ引退。北側のヴォーヌ・ロマネに連なる斜面中腹に位置するリシュモヌは、比較的早熟に仕上がる区画。凝縮した果実のアロマと心地よいスパイス感が特徴的で、ボディのあるタンニンながら、ヴォーヌ・ロマネの雰囲気に近しい上品な余韻も広がります。