Loading...

Bourgogne, ブルゴーニュワインの商品一覧

ブルゴーニュ

フランスの北東部に南北に細長く位置する超高級ワインを産出する銘醸地。ブルゴーニュ最北に位置するシャブリ地区、中心地はグランクリュが集中している「黄金の丘(コート・ドール)」と呼ばれる地区、リヨンから北に位置するボージョレ地区からなっている。赤はピノ・ノワール、白はシャルドネの単一品種からエレガントなスタイルのワインが作られる。赤ワインは全体的にタンニンが少なく、ビロードのような滑らかさが特徴である。ボージョレ地区では、ガメイによる赤ワインが作られる。赤ワインではロマネ・コンティ、白ワインではモンラッシェなど世界で最も偉大なワインを産み出す、ワインラヴァー垂涎の地。
検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Batard-Montrachet Grand Cru

      • 78,000

      • 税込85,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 ルフレーヴはピュリニーとシャサーニュの双方にバタールを所有。 1.91haはこのグラン・クリュ最大の所有面積であり、他には1haを越える所有者すらいない。 表土は厚く、そのためシュヴァリエのエレガンスに対して、バタールはリッチでボリュームが大きい。

    • Product Images
    • シュヴァリエ・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Chevalier-Montrachet Grand Cru

      • 98,000

      • 税込107,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 シュヴァリエ・モンラッシェの総面積7.6haのうち約2haを所有するルフレーヴは、 ブシャール・ペール・エ・フィスに次ぐ大地主。モンラッシェを91年に手に入れるまで、 ドメーヌの旗艦だったが、今なお、その実力は旗艦と呼ぶにふさわしい。 パワフルさでは劣るものの、モンラッシェよりも一層ミネラルが強く、エレガントなグラン・クリュ。

    • Product Images
    • ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール [2018] 750ml / Puligny-Montrachet 1er Cru Les Folatieres

      • 28,000

      • 税込30,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 ピュリニーの1級畑として最大のフォラティエールは、クラヴォワイヨンの上に位置し、 その標高はモンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェにほぼ等しい。 ルフレーヴが所有する区画はシュヴァリエとほぼ同じ等高線上にあり、ミネラルのしっかりとしたスタイル。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】クロ・ド・タール 2018|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 498,900

      • 税込548,790

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:14.1% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】クロ・ド・タール 2017|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 458,600

      • 税込504,460

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:13.5% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】クロ・ド・タール 2018 (マグナムボトル1500ml)|3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 541,000

      • 税込595,100

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・より良い瓶内熟成を楽しめる、マグナムボトル ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:14.1% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】クロ・ド・タール 2017 (マグナムボトル1500ml)|3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 493,100

      • 税込542,410

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・より良い瓶内熟成を楽しめる、マグナムボトル ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:13.5% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】ラ・フォルジュ・ド・タール 2018|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 185,200

      • 税込203,720

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:14.1% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し】ラ・フォルジュ・ド・タール 2017|6本セット

      • 165,100

      • 税込181,610

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      クロ・ド・タール
      生産地

      ・期間限定販売:2021年1月15日~2月15日 ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年6月頃になります ───────────────────────────── ■900年の伝統と革新クロ・ド・タール クロ・ド・タールはブルゴーニュに存在する5つのモノポール(単独所有者)で最大面積を誇るモレ・サンドニ村に位置する特級畑で、その歴史は古く12世紀にシトー派のタール尼僧院が開拓してクロ(石垣)で囲んだのがその起源です。タール尼僧院がその後650年間フランス革命まで所有し、1791年に当時ロマネ・サン・ヴィヴァンを単独所有していたマレ・モンジュ家が、1932年にはマコンでネゴシアンを営んでいたモメサン家が買収。そして2018年にはシャトー・ラトゥールを所有するアルテミス・ドメーヌが新たなオーナーとなりました。相続によって分割されることの多いブルゴーニュにあって、900年の長い歴史の中で所有者の変遷が僅かだったことが幸いし、7.53ヘクタールのクロ・ド・タールは分割されることなく一枚畑を維持してきました。 優れた支配人として名を馳せたシルヴァン・ピティオの時代からその区画を細分化して綿密に管理・醸造され、ボルドーのシャトーのように各区画をブレンドししてグラン・ヴァンであるクロ・ド・タール、そしてセカンドワインであるラ・フォレが造られてきました。アルテミス・ドメーヌを率いるフレデリック・アンジェラは既にブルゴーニュ最高峰にあったこのクロ・ド・タールを唯一無二の存在にまで高めるべく、更なる改革を推し進めています。買収前から進めされてきたビオロジックの路線を引き継ぎ、2019年には厳格な規律を求めるビオディヴァンからビオ認証を取得。これまでは8区画だったのを12区画にまで細分化し、醸造設備を倍増させてより精密な醸造が可能となりました。またサードワイン的な村名を導入して、セカンドのラフォレ、グランヴァンのクロ・ド・タールの質をさらに高めようとしています。コンドリューにあるシャトー・グリエを再建させた才能あふれるアレッサンドロ・ノリを醸造責任者に起用するなど、飽くなき改革は続いています。 ルグランはアルテミス・ドメーヌが所有するシャトー・ラトゥールと親密な関係にあり、今回は特別にその貴重な2017年と2018年を分けていただきました。 ◆ヴィンテージの情報 アルコール度数:13.5% ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年6月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。