Loading...

甘味辛口ワインの商品一覧

検索条件(883) 並べ替え
    • Product Images
    • ルシアン・ル・モワンヌ5本セット【限定2セット】

      • 119,350

      • 税抜108,500

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      Lucien Le Moine
      生産地

      Lucien Le Moine 5本セット ●2019 Bourgogne Blanc 750ml 7,500円(税抜) ●2019 Chablis 1er Cru Mont de Milieu 750ml 15,000円(税抜) ●2019 Chassagne Montrachet 1er Cru Les Champ Gain 750ml 20,000円(税抜) ●2019 Meursault 1er Cru Poruzot 750ml 22,000円(税抜) ●2016 Clos Vougeot Grand Cru 750ml 44,000円(税抜) ≪最高評価を獲得するマイクロ・ネゴシアン≫ ルシアン・ル・モワンヌは、世界の著名なレストランやジャーナリストから最高の評価を得ている、高品質・極少量生産のマイクロ・ネゴシアンです。自らは畑を持たず、一流ドメーヌや栽培家が所有する優れた畑から収穫されたブドウをジュースの状態で購入します。自ら樽を栽培家に送りジュースを詰めて樽ごと買い付け、その後は独自の方法で仕上げて元詰めを行っています。主にコート・ドールにある極上品質の1級畑と特級畑のワインを生産しており、各村で最も優れた区画にある畑のワインを収穫年の作柄状況に応じて、最高のワインに仕上げます。生産量は、ムニール・サウマ氏とロテム夫人の手によるハンド・メイドのため生産量は限られています。 世界的に人気が高く、日本への出荷量もごくわずか。入荷してきてもそのほとんどがグランメゾン等に引っ張りだこのため、店舗でお目にかかれることは滅多にありません。白ワインは特に希少です。

    • Product Images
    • リシュブール・グラン・クリュ [2013] 750ml / Richebourg Grand Cru

      • 104,500

      • 税抜95,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      ドメーヌ・A・F・グロ
      生産地

      【 アンヌ・フランソワーズ・グロ 】 ヴォーヌ・ロマネの名門ジャン&ジャニーヌ グロ夫妻の長女アンヌ・フランソワーズ グロとポマールのパラン家13代目のフランソワ パランが1988年に結婚し、ドメーヌを設立。1988年にグロ夫妻が引退する際に子供3人で畑を分割して継承した畑と、パラン家から継承した畑を合わせて約10haの畑から始め、その後サヴィニー・レ・ボーヌなどの畑を増やし、現在は約14ha所有しています。エチケットには各テロワールの特徴と娘たちの顔を元に考えられた女性の顔が描かれています。 2013年からは息子のマティアスと娘のカロリーヌがドメーヌを引継いでいます。 【 栽培・醸造 】 ヴォーヌ・ロマネ、ポマールを中心に14ha所有。醸造所はボーヌにあり、どの畑からも30分以内に運べる好位置にあります。収穫されたブドウは基本的には100%除梗され、コンクリートタンク、木桶、ステンレスタンクを併用し、発酵、醸しを行います。グラヴィティシステムを採用し、ポンプで重力に従って醸造工程が進みます。樽熟成は村名で約12ヶ月、プルミエ クリュで約15ヶ月間(新樽比率50~70%)、グラン クリュは約18ヶ月間(新樽比率100%)させます。

    • Product Images
    • アラン・ユドロ・ノエラ ニュイ・サン・ジョルジュ レ・バ・ド・コンブ [2019]750ml

      • 11,550

      • 税抜10,500

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      アラン・ユドロ・ノエラ
      生産地

      若き後継者の登場でさらなる躍進が楽しみ 珠玉のクリマを所有する大ドメーヌ。 ヴォーヌ・ロマネのエレガンスさとニュイ・サン・ジョルジュの骨格、厳格さを併せ持つ畑「レ・バ・ド・コンブ」! リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、ヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、シュショ、そしてボーモン……。きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。シャンボール・ミュジニーに生まれたアラン・ユドロが、妻のオディールとともにヴージョにドメーヌを構えたのが1964年。そのオディールがヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘で1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いだ。冒頭に連ねた珠玉のクリマは、この時、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接している。 現在、ワイン造りを行っているのが、ドメーヌの創始者、アラン・ユドロ氏の孫、シャルル・ヴァン・カネット氏。ボーヌの醸造学校で1年間学び、2007年からドメーヌ・ジャン・ルイ・トラぺで研修を受け、2008年にドメーヌに参画しました。溢れる驚くほど滋味深いシャルル氏のワインは、飲み手の心を引きつけて離しません。まだ10年足らずのキャリアながら、高い評価を得る生産者です。 「ニュイ・サン・ジョルジュ レ・バ・ド・コンブ」は、ヴォーヌロマネの1級畑オー・マルコンソールとまさに隣接する畑。熟したダークチェリーやプラムの果実にスパイスや土、タバコのニュアンス。ヴォーヌ・ロマネのエレガンスさとニュイ・サン・ジョルジュの骨格、厳格さを併せ持つ。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、除梗の割合:100%、発酵(樽/タンク):コーティングした鉄製タンク、発酵温度:最高33度、使用酵母:天然酵母、マロラクティック発酵の有無:する、所有面積:0.21ha、土壌:石灰粘土質、ぶどう品種(セパージュ):Pinot Noir 100%、平均樹齢:40年、収穫方法:手済み、農法:リュット・レゾネ Alain HUDELOT NOELLAT Nuits Saint Georges Les Bas de Combe アラン・ユドロ・ノエラ ニュイ・サン・ジョルジュ レ・バ・ド・コンブ 生産地:フランスブルゴーニュコート・ド・ニュイニュイ・サン・ジョルジュ 原産地呼称:AOC. NUITS SAINT GEORGES ぶどう品種:ピノ・ノワール 100% 味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ ワインアドヴォケイト:(89-91) ポイント Rating (89-91) Release Price NA Drink Date NA Reviewed by William Kelley Issue Date 15th Jan 2021 Source January 2021 Week 2, The Wine Advocate Aromas of cherries, plums, rose petals, sweet spices and forest floor preface the 2019 Nuits-Saint-Georges Au Bas de Combe, a medium to full-bodied, rich and lively wine that's deep and concentrated, with a layered core of fruit and especially refined, velvety structuring tannins. I deferred my tasting with Charles Van Canneyt until as late as possible, as he told me that several protracted malolactic fermentations had only just concluded by the end of harvest 2020. The wines were worth the wait, however, as this is a terrific success for Domaine Hudelot-Noellat. Rich, dramatic and concentrated, with vibrant fruit tones and ripe tannins, everything reviewed here comes recommended. Yields were low, and alcohol levels range between 13.5% and 14.5%, but the wines are more dynamic than their 2018 counterparts (which a packed schedule precluded me from revisiting on this occasion, something I'll endeavor to remedy before too long).

    • Product Images
    • リシュブール・グラン・クリュ [2019] 750ml / Richebourg Grand Cru

      • 162,800

      • 税抜148,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ドメーヌ・A・F・グロ
      生産地

      ※8月22日以降出荷可 【 アンヌ・フランソワーズ・グロ 】 ヴォーヌ・ロマネの名門ジャン&ジャニーヌ グロ夫妻の長女アンヌ・フランソワーズ グロとポマールのパラン家13代目のフランソワ パランが1988年に結婚し、ドメーヌを設立。1988年にグロ夫妻が引退する際に子供3人で畑を分割して継承した畑と、パラン家から継承した畑を合わせて約10haの畑から始め、その後サヴィニー・レ・ボーヌなどの畑を増やし、現在は約14ha所有しています。エチケットには各テロワールの特徴と娘たちの顔を元に考えられた女性の顔が描かれています。 2013年からは息子のマティアスと娘のカロリーヌがドメーヌを引継いでいます。 【 栽培・醸造 】 ヴォーヌ・ロマネ、ポマールを中心に14ha所有。醸造所はボーヌにあり、どの畑からも30分以内に運べる好位置にあります。収穫されたブドウは基本的には100%除梗され、コンクリートタンク、木桶、ステンレスタンクを併用し、発酵、醸しを行います。グラヴィティシステムを採用し、ポンプで重力に従って醸造工程が進みます。樽熟成は村名で約12ヶ月、プルミエ クリュで約15ヶ月間(新樽比率50~70%)、グラン クリュは約18ヶ月間(新樽比率100%)させます。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】アラン・ユドロ・ノエラ ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ボー・モン [2019]1500ml

      • 92,400

      • 税抜84,000

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      アラン・ユドロ・ノエラ
      生産地

      若き後継者の登場でさらなる躍進が楽しみ 珠玉のクリマを所有する大ドメーヌ。 リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、ヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、シュショ、そしてボーモン……。きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。シャンボール・ミュジニーに生まれたアラン・ユドロが、妻のオディールとともにヴージョにドメーヌを構えたのが1964年。そのオディールがヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘で1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いだ。冒頭に連ねた珠玉のクリマは、この時、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接している。 現在、ワイン造りを行っているのが、ドメーヌの創始者、アラン・ユドロ氏の孫、シャルル・ヴァン・カネット氏。ボーヌの醸造学校で1年間学び、2007年からドメーヌ・ジャン・ルイ・トラぺで研修を受け、2008年にドメーヌに参画しました。溢れる驚くほど滋味深いシャルル氏のワインは、飲み手の心を引きつけて離しません。まだ10年足らずのキャリアながら、高い評価を得る生産者です。 「ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ボー・モン」は、南側にリシュブール、北側にエシェゾーという偉大なグラン・クリュにはさまれた秀逸な一級畑。標高約270~300mに位置し、東南東に面した日当たりの良いテロワールです。ユドロ・ノエラのボーモンは、平均樹齢60年、ボーモンの特徴であるミネラル感と力強さを兼ね備えたワインです。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、除梗の割合:100%、発酵(樽/タンク):コーティングした鉄製タンク、発酵温度:最高33度、使用酵母:天然酵母、マロラクティック発酵の有無:する、所有面積:0.32ha、土壌:石灰粘土質、ぶどう品種(セパージュ):Pinot Noir 100%、平均樹齢:60年、収穫方法:手摘み、農法:リュット・レゾネ Alain HUDELOT NOELLAT Vosne Romanee 1er Cru Les Beaumonts アラン・ユドロ・ノエラ ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ボー・モン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 原産地呼称:AOC. VOSNE ROMANEE ぶどう品種:ピノ・ノワール 100% 味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ ワインアドヴォケイト:94 ポイント ating 94 Release Price NA Drink Date 2025 - 2050 Reviewed by William Kelley Issue Date 21st Jan 2022 Source January 2022 Week 3, The Wine Advocate Revisited in bottle, the 2019 Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaumonts is performing brilliantly, bursting from the glass with aromas of wild berries, rose petals, blood orange and exotic spices, framed by a deft application of classy new oak. Medium to full-bodied, velvety and concentrated, with lively acids, melting tannins and a long, penetrating finish, it's a sensual and seamless wine that will offer a broad drinking window. Somewhat lower in alcohol than his 2019 portfolio but just as striking and sensual in style, Charles Van Canneyt has produced a brilliant range of wines in the 2020 vintage-including what may well be his best Richebourg (to mention only one cuvee out of several by name) to date. Harvest began on August 28th and only lasted a few days, delivering wines of striking concentration and energy. Everything reviewed here comes warmly recommended and will be well worth seeking out. vinous:(94-96) ポイント (94-96) Drinking Window 2023 - 2040 From: La Lumiere Noire: 2019 Burgundy - Cote de Nuits (Dec 2020) The 2019 Vosne-Romanee Les Beaumonts 1er Cru is well defined on the nose, a mixture of red and black fruit displaying fine mineralite and tension. The palate races out of the blocks with fine structure and delineation, and again, superb mineralite; palpable tension propels it through to the finish. You can almost feel the rock that lies just 20cm under the soil of this vineyard. Outstanding. - By Neal Martin on October 2020

    • Product Images
    • ルシアン・ル・モワンヌ5本セット【限定1セット】

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      Lucien Le Moine
      生産地

      Lucien Le Moine 5本セット(バタール・モンラッシェ含む白4本、赤1本) ●2019 Bourgogne Blanc 750ml 7,500円(税抜) ●2019 Chablis 1er Cru Mont de Milieu 750ml 15,000円(税抜) ●2019 Chassagne-Montrachet 1er Cru Cailleret 750ml 22,000円(税抜) ●2019 Batard-Montrachet Grand Cru 750ml 120,000円(税抜) ●2016 Clos Vougeot Grand Cru 750ml 44,000円(税抜) ≪最高評価を獲得するマイクロ・ネゴシアン≫ ルシアン・ル・モワンヌは、世界の著名なレストランやジャーナリストから最高の評価を得ている、高品質・極少量生産のマイクロ・ネゴシアンです。自らは畑を持たず、一流ドメーヌや栽培家が所有する優れた畑から収穫されたブドウをジュースの状態で購入します。自ら樽を栽培家に送りジュースを詰めて樽ごと買い付け、その後は独自の方法で仕上げて元詰めを行っています。主にコート・ドールにある極上品質の1級畑と特級畑のワインを生産しており、各村で最も優れた区画にある畑のワインを収穫年の作柄状況に応じて、最高のワインに仕上げます。生産量は、ムニール・サウマ氏とロテム夫人の手によるハンド・メイドのため生産量は限られています。 世界的に人気が高く、日本への出荷量もごくわずか。入荷してきてもそのほとんどがグランメゾン等に引っ張りだこのため、店舗でお目にかかれることは滅多にありません。白ワインは特に希少です。

    • Product Images
    • 【プリムール 2021】シャトー・カロン・セギュール

      • 15,950

      • 税抜14,500

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2021
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      シャトー・カロン・セギュール
      生産地

      WA:95-96+/JS:93-94 お届け予定:2024年(2年後)秋 カベルネ・ソーヴィニヨン81%, カベルネ・フラン11%, メルロ7%, プティ・ヴェルド1% サン・テステフの格付けシャトーの中でも最も古い歴史を誇るシャトーです。18世紀、このシャトーと共にシャトー・ラフィットやシャトー・ラトゥールをはじめとする数々の一流シャトーを所有していたセギュール侯爵が「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と述べた逸話はあまりにも有名。侯爵のカロンに対する思い入れは、ラベルに描かれたハートの中に今も生き続けています。

    • Product Images
    • 【プリムール 2021】シャトー・ポンテ・カネ

      • 15,070

      • 税抜13,700

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2021
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      シャトー・ポンテ・カネ
      生産地

      WA:91-93/JS:95-96 お届け予定:2024年(2年後)秋 カベルネ・ソーヴィニヨン58%, メルロ32%, カベルネ・フラン4%, プティ・ヴェルド6% 1975年までのオーナーはよく知られたクリューズ社でしたが、同社がブレンドやラベリングの慣行を無視していることが裁判で明るみに出て、同社はシャトーを売却せざるを得なくなります。それを著名なコニャックの商人ギー・テスロンが買い取り、息子アルフレッドに管理を任せるようになった。アルフレッド・テスロンはワイン作りに情熱をそそぎ、現在ではメドックでも有数の成長株となっています。畑とセラーに多額の投資をし、非常に厳しい選別プロセスを実施した結果、現在のポンテ・カネは非常に素晴らしいワインとなっています。

    • Product Images
    • 【プリムール 2021】シャトー・マルゴー

      • 87,340

      • 税抜79,400

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2021
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      シャトー・マルゴー
      生産地

      WA:95-97/JS:97-98 お届け予定:2024年(2年後)秋 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン 9世紀にもわたる歴史を持つシャトー・マルゴーは数あるボルドーワインの中でも、最も女性的と形容されるほどのエレガンスを誇ります。2016年に惜しまれながら逝去されたポール・ポンタリエ氏に代わり、現在は長らく彼に師事したフィリップ・バスコール氏が総支配人を務めてます。

    • Product Images
    • 【プリムール 2021】シャトー・ラグランジュ

      • 6,710

      • 税抜6,100

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2021
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2021
      生産者
      シャトー・ラグランジュ
      生産地

      WA:92-94/JS:92-93 お届け予定:2024年(2年後)秋 カベルネ・ソーヴィニヨン84%, メルロ14%, プティ・ヴェルド2% 古く17世紀から「ラ・グランジュ」(自立した小集落の意)の名で、ワイン地図に記されています。当時はボルドー屈指の規模で1855年に3級へ格付。しかし名声は続かず、世界恐慌や続く戦争で経済的な影響を受け低迷。そこへ1983年、日本サントリーの買収により素晴らしい復活を果たします。マルセル・デュカス氏の指揮下で20年に及ぶ大改修。現在はマチュー・ボルド氏と椎名敬一氏が意志を継ぎ、さらなる飛躍が目指されています。