Loading...

ワインの商品一覧

オーストラリア

豊かな自然に恵まれたオーストラリアは国土の南側3分の1、比較的冷涼な地域を中心に全ての州でワインが造られる。シラーズの名前で有名な代表品種シラーを始め、シャルドネなどの多彩なブドウ品種からワインが造られている。ワインのスタイルは果実味重視のストレートタイプで、重めでスパイシーな味わい。大企業による最新技術を駆使したワイン造りが行われているのが特徴。主なブドウ栽培地は南オーストラリア州で、クナワラのカベルネ・ソーヴィニヨン、バロッサ・ヴァレーのシラーズ、ヴィクトリア州ではヤラヴァレーのピノ・ノワールが造られ、高級赤ワインの宝庫である。
検索条件(3) 並べ替え
    • Product Images
    • オーストラリア&ニュージーランド 5本セット

      • 16,500

      • 税抜15,000

      0
      販売者
      ジェロボーム・ファイン・ワイン・クラブ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ヘンチキ
      生産地

      オーストラリアは最高峰のシラーズを生み出すワイナリー「ヘンチキ」、注目の産地マーガレット・リヴァーの「ヴァス・フェリックス」、ワインコンパニオン誌で「年間最優秀ワイナリー」に輝いた「キリカヌーン」、ニュージーランドは元クラウディー・ベイのブドウ栽培とチーフワインメーカーの二人が立ち上げた「ドッグ・ポイント・ヴィンヤード」、ハリウッド・スターのサム・ニールがオーナーの「トゥー・パドックス」の話題性ある5本セット。  1× ヘンチキ ヘンリーズ・セヴン・シラーズ・グルナッシュ・ヴィオニエ 2016 1× キリカヌーン ブロックス・ロード・カベルネ・ソーヴィニヨン 2014 1× ヴァス・フェリックス シャルドネ 2017 1× ドッグ・ポイント・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2019 1× トゥー・パドックス ピクニック・ピノ・ノワール 2018

    • Product Images
    • フラッグシップアソートメント6 本セット

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      ジェロボーム・ファイン・ワイン・クラブ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ファミーユ・ペラン
      生産地

      人気のポル・ロジェ、ファミーユ・ペラン、ファミーユ・ヒューゲルを始め、イタリア好きな方には注目の生産者「イゾレ・エ・オレーナ」、オーストラリア注目の生産地マーガレット・リヴァーの生産者「ヴァス・フェリックス」をセットにしました。 1 x ポル ロジェ ブリュット・レゼルヴ NV 1 x ファミーユ・ヒューゲル リースリング クラシック 2018 1 x ミラヴァル ロゼ 2018 1 x ファミーユ ペラン ジゴンダス ラ ジル 2017 1 x イゾレ・エ・オレーナ・キャンティ・クラシコ DOCG 2015 1 x ヴァス・フェリックス カベルネ・ソーヴィニョン 2017

    • Product Images
    • ペンフォールド グランジ [2008] 750ml / Penfolds Grange

      • 104,500

      • 税抜95,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      Penfolds
      生産地

      200点満点のグランジが再入荷しました。 ワインアドヴォケイト誌+ワインスペクテーター誌 両誌で100点満点獲得 ペンフォールド社は、オーストラリアで最も古い歴史を持つワイナリーの1つです。 1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド氏は、 ワインの医学的価値を信じ、サウス・オーストラリア州の主都アデレードの近郊マギルで、 患者向けの酒精強化ワイン造りを開始しました。 順調に生産を拡大し、1920年代には市場を独占。1950年代に入り、消費者の嗜好変化を 反映して、 ワイン(スティル)にフォーカスしたワイン作りに転向しました。 当時のチーフ・ワインメーカー、マックス・シューバート氏を中心に、オーストラリアの 最高傑作とされる「グランジ」を生み出し、ペンフォールド社のみならず、 オーストラリアワインの名を世界中に知らしめました。 オーストラリアの最高峰にある赤ワインとして、40年以上その地位を守り続け、 今なお、進化を止めないグランジ。 価格高騰が続いてもなお、グランジ愛好家が熱心に各ヴィンテージを待ち望む、 いつでも入手困難な赤ワインです。