Loading...

California, カリフォルニア, アメリカワインの商品一覧

カリフォルニア

アメリカのワインの90%を生産しており、全米ワイナリーの約半数のワイナリーが存在する州。その中でも最も主要な二大銘醸地は、ノースコーストにあるナパとソノマである。主要品種はシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルだが、ここ数年、ピノ・ノワール、プティットシラー、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノグリ、ヴィオニエなども人気が高まっている。1976年パリで開催されたブラインドテイスティングでナパのワインがフランスの著名ワイナリーを抑えて勝利したことが国際的な認知度を高め、早飲みだけでなく、長期熟成のポテンシャルも兼ね備えた新世界ワインの実力を世に示した。

アメリカをさらに絞り込む/アメリカの他の産地も見る

カリフォルニア その他 アメリカの検索結果に戻る
検索条件(97) 並べ替え
    • Product Images
    • シネ・クア・ノン イレヴン・コンフェッションズ シラー [2017]750ml (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      Sine Qua Non
      生産地

      過去26度にも渡りアドヴォケイト100点満点を獲得した、究極のカルト・ワイン「シネ・クア・ノン」新ヴィンテージ! シネ・クア・ノンはサンタバーバラ近郊のオーク・ビューに位置する小さなワイナリーです。シネ・クア・ノンとはラテン語で『不可欠なもの』という意味ですが、オーナー兼ワインメーカーであるマンフレッド・クランクルが語る“シネ・クア・ノン”とは、『真の美しさとは個々の主観を超越して心を開くと感じられる』という少し哲学的な考えによるものです。 1992年のリリース以来、ラベルは毎年アート性のあるデザインに毎年変更し、同じラベルは二度と使いません。またラベルだけではなくブレンドやワイン名も毎年替えております。各ワインにはユーモラスな名前をつけており、過去にはAgainst the Wall(壁に向かって)Other Hand(別の手)Impostor Mc Coy (ペテン師マッコイ)等があります。それだけ毎年違うワインを造り続けながらも、過去にロバート・パーカーから26度も100点満点を獲得しております。 「イレヴン・コンフェッションズ シラー」は、とても濃い色合いをしている。熟したブラックベリーやブルーベリーのコンポートや乾燥したタバコ、オレンジピューレの香り。なめらかな皮のような口当たり、力強さのあるダークチョコレートのニュアンスを感じる、タンニンは豊富に感じられるが、洗礼されておりエレガントさを感じる。 ■醸造■ 全体の71%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。新フレンチオークバリック59%、旧バリック11%、コンクリートタンク30%を併用して38ヶ月熟成。 ■シネ・クア・ノンの名称統一について■ 毎年ラベルと名前が変わるのがSINE QUA NONの特徴でしたが、考えた名前が既に商標登録されていたりと、思ったように付け辛くなってきた為、2022年からワイン名は、スタンダードラインを「Distenta」(ラテン語で「UNLABELED(ラベル無し)」) 上級ラインを「Elven Confessions」(畑名) で統一し、ラベルだけが毎年変わります。 SINE QUA NON ELEVEN CONFESSIONS SYRAH シネ・クア・ノン イレヴン・コンフェッションズ シラー 生産地:アメリカ カリフォルニア セントラル・コースト サンタ・バーバラ 原産地呼称:Sta. Rita Hills AVA ぶどう品種:シラー88%、グルナッシュ7.6%、プティ・シラー3%、ヴィオニエ1.4%、全て自社畑Eleven Confessionsより収穫。 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ Jeb Dunnuck:100ポイント By Jeb Dunnuck vinous:98 ポイント 98pts Drinking Window 2025 - 2037 From: Santa Barbara: On the Road…Finally! (Oct 2021) The 2017 Syrah Eleven Confessions Vineyard is a bold, racy wine. Layers of deep, dark fruit build as the 2017 shows off its curves. The purity of the flavors is breathtaking. The 2017 was done with 29% whole clusters and aged in a combination of 59% new oak, 30% concrete and 11% neutral oak. It is a stunning wine in every way. - By Antonio Galloni on June 2021 ワインアドヴォケイト:97+ ポイント Rating 97+ Release Price $250 Drink Date 2022 - 2042 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 20th Aug 2021 Source August 2021 Week 3, The Wine Advocate This is a single-vineyard Syrah-dominant blend coming from the Eleven Confessions Estate vineyard in Sta. Rita Hills. As mentioned in my report last year, 33 acres are planted here. Eleven acres of Pinot Noir were already planted when they purchased the property, about half of which has been grafted over, and a further 22 acres were planted by the Krankls in 2001. In order to fully ripen Manfred’s preferred medium-mainly Rh?ne varieties-in this area more commonly planted to cooler-climate grapes such as Pinot and Chardonnay, the Krankls need to go super low on the yields and long on the hang time. “This vineyard is by far the coolest of our vineyards,” Manfred recently explained. “Sometimes we don’t harvest until November.” Punitive yields of 1.5 tons per acre or less are common. In the years when it’s good and ready to sing, Eleven Confessions is used to make a single-vineyard wine under the Sine Qua Non label. “The wines have a lot of structure and presence,” Manfred commented. “The soil is mainly heavy clay, so the wines can be pretty muscular.” The blend is 88% Syrah, 3% Petite Syrah, 7.6% Grenache and 1.4% Viognier. Twenty-nine percent was fermented using whole clusters. It was aged for around 38 months in 38% new French oak, 11% used barrels and 30% concrete. Deep garnet-purple in color, the 2017 Syrah Eleven Confessions bursts with notions of baked plums, stewed blackberries and black cherry preserves, with an undercurrent of Sichuan pepper, violets, chocolate mint and charcuterie, plus a lifted suggestion of black raspberries. Rich, full-bodied and decadently opulent, the palate explodes with pepper-spiked black and red berry preserves, framed by fine-grained tannins and fantastic freshness, finishing epically long and spicy. Very impressive. 921 cases, 228 magnums and 24 double magnums were made. This is due to be released in fall 2021.

    • Product Images
    • シネ・クア・ノン イレヴン・コンフェッションズ グルナッシュ [2017]750ml (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      Sine Qua Non
      生産地

      過去26度にも渡りアドヴォケイト100点満点を獲得した、究極のカルト・ワイン「シネ・クア・ノン」新ヴィンテージ! シネ・クア・ノンはサンタバーバラ近郊のオーク・ビューに位置する小さなワイナリーです。シネ・クア・ノンとはラテン語で『不可欠なもの』という意味ですが、オーナー兼ワインメーカーであるマンフレッド・クランクルが語る“シネ・クア・ノン”とは、『真の美しさとは個々の主観を超越して心を開くと感じられる』という少し哲学的な考えによるものです。 1992年のリリース以来、ラベルは毎年アート性のあるデザインに毎年変更し、同じラベルは二度と使いません。またラベルだけではなくブレンドやワイン名も毎年替えております。各ワインにはユーモラスな名前をつけており、過去にはAgainst the Wall(壁に向かって)Other Hand(別の手)Impostor Mc Coy (ペテン師マッコイ)等があります。それだけ毎年違うワインを造り続けながらも、過去にロバート・パーカーから26度も100点満点を獲得しております。 「イレヴン・コンフェッションズ グルナッシュ」は、グルナッシュにしてはやや濃い色合いですが鮮やかで輝いています。ザクロやフレッシュな春のハーブ、オリーブのようなニュアンス香り。ワインはとても優しく柔らかい口当たりですが、非常に粘性が高く、余韻はマイルドで長く続きます。 ■醸造■ 全体の53%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。新フレンチオーク樽62%(17%バリック、83%600L樽)、残りは旧バリックにて38ヶ月熟成。 ■シネ・クア・ノンの名称統一について■ 毎年ラベルと名前が変わるのがSINE QUA NONの特徴でしたが、考えた名前が既に商標登録されていたりと、思ったように付け辛くなってきた為、2022年からワイン名は、スタンダードラインを「Distenta」(ラテン語で「UNLABELED(ラベル無し)」) 上級ラインを「Elven Confessions」(畑名) で統一し、ラベルだけが毎年変わります。 SINE QUA NON ELEVEN CONFESSIONS GRENACHE シネ・クア・ノン イレヴン・コンフェッションズ グルナッシュ 生産地:アメリカ カリフォルニア セントラル・コースト サンタ・バーバラ 原産地呼称:Sta. Rita Hills AVA ぶどう品種:グルナッシュ88.7%、シラー10.6%、ヴィオニエ0.7%、全て自社畑Eleven Confessionsより収穫。 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ Jeb Dunnuck:99ポイント By Jeb Dunnuck ワインアドヴォケイト:98+ ポイント Rating 98+ Release Price $250 Drink Date 2024 - 2044 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 20th Aug 2021 Source August 2021 Week 3, The Wine Advocate This Grenache is all Eleven Confessions vineyard-grown fruit. Eleven Confessions is the Krankl’s estate-owned vineyard in Sta. Rita Hills. As mentioned in my report last year, 33 acres are planted here. Eleven acres of Pinot Noir were already planted when they purchased the property, about half of which has been grafted over, and a further 22 acres were planted by the Krankls in 2001. In order to fully ripen Manfred’s preferred medium-mainly Rh?ne varieties-in this area more commonly planted to cooler-climate grapes such as Pinot and Chardonnay, the Krankls need to go super low on the yields and long on the hang time. “This vineyard is by far the coolest of our vineyards,” Manfred recently explained. “Sometimes we don’t harvest until November.” Punitive yields of 1.5 tons per acre or less are common. In the years when it’s good and ready to sing, Eleven Confessions is used to make a single-vineyard wine under the Sine Qua Non label. “The wines have a lot of structure and presence,” Manfred commented. “The soil is mainly heavy clay, so the wines can be pretty muscular.” The 2017 Grenache Eleven Confessions Vineyard is composed of 88.7% Grenache, 10.6% Syrah and 0.7% Viognier. The winemaking includes 47% whole cluster, and it was aged for 38 months in 62% new French oak (83% were large demi-muids) and 38% in used vessels of various ages and sizes (two to five years old). Medium to deep garnet-purple in color, the nose starts off a little closed, offering glimpses at stewed plums, blackberry preserves, and chocolate-covered cherries, giving way to fragrant notions of licorice, violets and cinnamon stick. While there’s no question that this is a big, concentrated, full-bodied wine, it is also incredibly elegant, well-poised and nuanced, featuring many floral and baking spice layers within the decadent black fruits and sporting firm, very finely grained tannins, finishing with incredible length and depth. I would recommend a good 3-5 years of cellaring, then drink it over the next 20 years+. vinous:97+ ポイント 97+ pts Drinking Window 2025 - 2037 From: Santa Barbara: On the Road…Finally! (Oct 2021) The 2017 Grenache Eleven Confessions Vineyard is shockingly tight and unyielding today. That should not pose an issue in a few years' time, once the tannins soften, but readers should plan on cellaring the 2017 for at least a few years. Bright floral accents and red-toned fruit all run through this backward yet vibrant Grenache from Manfred and Elaine Krankl's Eleven Confessions Vineyard, so named because of the eleven clones planted in the vineyard. Dollops of Syrah and Viognier round out the blend. - By Antonio Galloni on June 2021

    • Product Images
    • シネ・クア・ノン シャクティ・グルナッシュ [2014]750ml (シン・クア・ノン) (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      シネ・クア・ノン
      生産地

      女性的性質をもち、活動的な力やエネルギーを表した「シャクティ」! シネ・クア・ノンはサンタバーバラ近郊のオーク・ビューに位置する小さなワイナリーです。シネ・クア・ノンとはラテン語で『不可欠なもの』という意味ですが、オーナー兼ワインメーカーであるマンフレッド・クランクルが語る“シネ・クア・ノン”とは、『真の美しさとは個々の主観を超越して心を開くと感じられる』という少し哲学的な考えによるものです。 1992年のリリース以来、ラベルは毎年アート性のあるデザインに毎年変更し、同じラベルは二度と使いません。またラベルだけではなくブレンドやワイン名も毎年替えております。各ワインにはユーモラスな名前をつけており、過去にはAgainst the Wall(壁に向かって)Other Hand(別の手)Impostor Mc Coy (ペテン師マッコイ)等があります。それだけ毎年違うワインを造り続けながらも、過去にロバート・パーカーから17度も100点満点を獲得しております。 「グルナッシ シャクティ」は、自社畑90.5%(Eleven Confession Estate21.5%、The Third Twin Estate18%、Cumulus Estate51%) その他はBien Nacidoより収獲。 ELEVEN CONFESSIONSは、サンタ・バーバラの東、サンタ・リタ・ヒルズに位置する22エーカーの畑です。主にシラーとグルナッシュが栽培され、少量のヴィオニエ、ルーサンヌも作られています。比較的涼しい気候で、11月頃収穫されます。熟成がゆっくりと進むため、風味の豊かな果実が採れます。THE THIRD TWINは、セントラルコーストの街、ロス・アラモス近郊に位置する、2010年に購入した畑です。樹齢10年ほどのシラーやプティ・シラーが植えられています。砂質土壌で、全て自根葡萄です。 CUMULUSは、サンタ・バーバラの南、オークビューに位置する畑で、シネ・クア・ノンのワイナリーもここにあります。いくつかの区画があり、シラー、グルナッシュ、ルーサンヌの他、プティ・マンサンやトゥーリガ・ナシオナル、ムールヴェードルやプティ・シラーが栽培されています。比較的暖かく、通常一番最初に収穫が行われます。BIEN NACIDOは、サンタ・マリアにある畑です。この畑のシラーから、最初のシネ・クア・ノン“Queen of Spades”が生み出されました。現在はシャルドネなどが栽培されています。 ■醸造■ 全体の58%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。650L、600L、300L、228L樽を併用しにて21ヶ月熟成(新樽率6%) ■生産者よりコメント■ 今年のシラーとグルナッシュは、それぞれ「ピラニア・ウォーターダンス」と「シャクティ」と名付けました。チャクラの特性には「シヴァ」と「シャクティ」という2つの重要なシンボルがあります。「シヴァ」は知覚を表し、男性的な性質を持ちます。対して「シャクティ」は女性的性質をもち、活動的な力やエネルギーを表します。私はいつもグルナッシュを最高に美しい女性に例えて見ています。その為2014のグルナッシュは「シャクティ」と名付けました。2014年も概ね良い気候で、2013年に割りと似ていますが2013ヴィンテージがしっかりとした力強い印象なのに対し、2014年はもう少し穏やかで、魅惑的かつセクシーなものになりました。 Sine Qua Non Shakti Grenache シネ・クア・ノン グルナッシュ シャクティ 生産地:アメリカ カリフォルニア セントラル・コースト サンタ・バーバラ ぶどう品種:グルナッシュ88%、ムールヴェードル6%、プティ・シラー4%、トゥーリガ・ナシオナル2% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ワインアドヴォケイト:100 ポイント ブラックラズベリー、カシス、ハーブ、スミレなど、セクシーな要素を持つ香り。 凝縮した、フルボディの深い味わい。 カリフォルニアのグルナッシュでこのレベルのものは殆ど見当たりません。 Rating 100 Release Price $170 Drink Date 2018 - 2035 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 30th Sep 2017 Source Interim End of September 2017, The Wine Advocate The 2014 Grenache Shakti is blended of 88% Grenache, 6% Mourvedre, 4% Petite Sirah and 2% Touriga Nacional, coming 51% from the Cumulus (Estate) Vineyard, 18% from The Third Twin (Estate) Vineyard, 9.5% from Bien Nacido Vineyard and 21.5% for the Eleven Confessions (Estate) Vineyard. It was produced using 42% whole cluster and aged for around 21 months in French oak, 6% new (bottled June 21, 2017). It offers up a deep garnet-purple color and notes of dried Mediterranean herbs, dusty earth, Chinese five spice and rose petals over a core of red currants, mulberries, red plums and black raspberries, plus a waft of chocolate covered cherries. Full-bodied, decadently concentrated and yet very, very pretty in the mouth, it delivers incredibly fine-grained, ripe tannins and wonderful freshness, finishing on a persistent-totally disarming-perfumed red fruit note. 1,199 cases of 750 milliliter bottles and 600 magnums were made. vinous:100 ポイント ダークチェリー、プラム、モカ、スパイス、革などの香り。 幾種もの果実が口中に広がる、豪華で魅力的なグルナッシュ。 絹のようなタンニン。これは快楽の爆弾です。 Vinous 96 pts Sine Qua Non 2014 Grenache Shakti California, Central Coast Red wine from United States Drinking window: 2022 - 2034 A wine of precision and nuance, the 2014 Grenache Shakti has turned out beautifully since I last tasted it. Dark red and plum fruit, herbs, spices and rose petal jump from the glass. The flavors are beautifully delineated in this super-expressive, harmonious Grenache from Sine Qua Non. Stylistically, the 2014 is medium in body, understated and beautifully detailed. The blend is 88% Grenache, 6% Mourvedre, 4% Petite Sirah and 2% Touriga Nacional. Antonio Galloni. Tasting date: June 2017

    • Product Images
    • プロモントリー・プロプライエタリー・レッド [2013]750ml (ハーラン・エステート)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      プロモントリー
      生産地

      カリフォルニアワインの最高峰ハーラン・エステイトがナパの丘陵地で造るプレミアム・テロワール・ワイン!! 2015年の初評価からたった1年で99点に上方修正された2013年ヴィンテージ。プロモントリーの勢いが凄まじいです! カリフォルニアのカルトワインの代名詞とも言うべきハーラン・エステート。ハーラン・エステートのオーナーであるビル・ハーラン氏のご子息であるウィル・ハーラン氏が主導新プロジェクトが、このプロモントリーです。初ヴィンテージとなる2009年にロバート・パーカーが97点を与えるなど、非常に優れたボルドー・ブレンドのワインとして注目されています。 「プロプライエタリー・レッド」は、熟した赤果実や黒スグリなどのアロマティックな果実の香り。味わいには暖かさを感じる果実味と共に心地よ い酸味があり、エネルギーを感じる、素晴らしいバランスが取れたワインです。アフターにはミネラルや樹脂のようなニュアンスを感じ、フレッシュさを感じる綺麗な余韻が長く続きます。5 年熟成を経て、緻密に詰まったタンニンが美しくワインに溶け込み、エレガントで非常に奥深い味わいのワインです。 ■テクニカル情報■ 熟成:フレンチオーク樽にて12カ月(225L、新樽比率30%) オーストリア産大樽にて24カ月(32ヘクトリットル) ボトリング後瓶熟成24カ月 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン(主体)、プティ・ヴェルド、マルベック、カベルネ・フラン Promontory Proprietary Red Napa Valley プロモントリー プロプライエタリー・レッド 生産地:アメリカ カリフォルニア ノース・コースト ナパ 原産地呼称:AVA. NAPA VALLEY ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン(主体)、プティ・ヴェルド、マルベック、カベルネ・フラン 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ワインアドヴォケイト:99ポイント Drink Date 2016 - 2066 Reviewed by Robert M. Parker, Jr. Issue Date 29th Oct 2016 Source 227, The Wine Advocate The best wine so far (although I suspect the 2015 may ultimately enter the picture as well) is the nearly perfect 2013 Promontory Estate. It is simply richer and fuller, with greater integration of tannin, and tastes spectacular. With an opaque, dense purple color and notes of graphite, wet rocks, blackberry and blueberry fruit, some charcoal, and again, loads of spice and loamy soil nuances, the wine has great intensity, a full-bodied texture, and finely grained, sweet tannin. This is a stunner and again, accessible, but its best days are probably a good decade away, as this could very well turn out to be a 40- to 50-year wine.

    • Product Images
    • ダラ・ヴァレ マヤ [2016]750ml (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ダラ・ヴァレ・ヴィンヤーズ
      生産地

      【限定入荷!】WA100点!Jeb Dunnuck100点!JS99点!VINOUS99点! 本当にスペシャルで魔法のような2016年『マヤ』! メーリングリストではマヤの割り当てまで4年待ち、と言われるほどの人気の高さです! ナパのポイヤックともいわれる「オークヴィル」地区のバカ山脈の斜面丘陵部分にある小さな家族経営のワイナリー。 1982年、「世界に誇る偉大なワイン」というヴィジョンのもと、グスタフ・ダラ・ヴァレが夫人のナオコと共に設立しました。 1995年グスタフ亡き後も、設立当初のヴィジョンを現実のものとするためにナオコがワインを生産。土壌は水はけのよい火山性土壌。複雑性に富んだワインを生産することが可能となっています。 ワインメーカーの変遷もオールスターと呼ぶにふさわしく、ハイジ・バレット、トニー・ソーター、ミア・クラインを経て、現在はアンディ・エリクソン(元スクリーミングイーグルのワインメーカー)とミシェル・ロランという最強のコンビ! 2018ヴィンテージから娘のマヤが醸造チームに加わり、最強のトリオとなっています。 ダラ・ヴァレのフラッグシップ「マヤ」。愛娘の名前から付けられたマヤと呼ばれるすばらしい畑のぶどうから造られます。1988がファーストヴィンテージながら、早くも1992にアメリカワイン初のパーカー100点を獲得しました。優美で心を奪われてしまうスタイルはマヤ以外の何物でもないものになっています。生産量は500ケースを上回ることはありません。メーリングリストではマヤの割り当てまで4年待ち、と言われるほどの人気の高さ。 DALLA VALLE MAYA ダラ・ヴァレ マヤ 生産地:アメリカ カリフォルニア州 ノース・コースト ナパ 原産地呼称:AVA. NAPA VALLEY ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ワインアドヴォケイト:100 ポイント Drink Date 2022 - 2052 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 30th Oct 2018 Source Mid-October 2018 New Releases, The Wine Advocate The 2016 Maya Proprietary Red Wine is blended of 67% Cabernet Sauvignon and 33% Cabernet Franc. Deep garnet-purple colored, it's a little reserved to begin, soon unfurling to reveal the most incredible array of floral and red fruit layers-kirsch, redcurrant jelly, black raspberries, lilacs, red roses and lavender-with achingly beautiful wafts of cigar box, pencil lead, camphor, cinnamon stick and forest floor. Medium to full-bodied and with fabulous elegance and poise in the mouth, the palate delivers layer upon layer of perfumed black and red fruits with a very firm, finely grained texture and an epically long, mineral-laced finish. Give this knock-out beauty another 5 years in the cellar and drink it over the next 30+. Jeb Dunnuck:100 ポイント The 2016 Maya offers another level of depth and density and is a truly special, magical wine. A blend of 66% Cabernet Sauvignon and 33% Cabernet Franc, it boasts off the chart notes of blackcurrants, Asian spices, lead pencil, chocolate, and incense. These all give way to a massively concentrated, rich, and powerful wine that nevertheless stays oh, so seamless, silky and pure, with a finish that goes on for minutes. Utterly profound in every way, this sensational wine hits every high point you could ever set for a glass of wine. it's one of the top 2-3 wines in this report. Hide bottles for 7-8 years and it will keep for 3-4 decades. ジェームスサックリング:99 ポイント 17 Nov, 2018 - A ripe and lavish Napa red with currant and dried berry with hints of milk chocolate. Turns to fresh flowers and dry earth. Full body, flavorful with lots of integrity and focus. Flavorful finish. The polish to the tannins and glorious. A blend of 67% cabernet sauvignon and 33% cabernet franc. Drink or hold VINOUS:98+ ポイント Drinking Widow: 2024- 2041 Review Date: Jan 2020 The most reticent of the 2016s, Maya is going to need at least a few years in bottle to be at its best, and even that may not be enough. Today, the bright red fruit and soaring aromatics of the Cabernet Franc are especially evident. I have no doubt the 2016 will be spectacular when it opens up, but that is going to take at least a few years. Sweet red fruit, dried flowers, mint, blood orange and cinnamon build into a crescendo of aromas, flavors, and textures. -- Antonio Galloni

    • Product Images
    • ジョセフ・フェルプス インシグニア [2015]750ml (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ジョセフ・フェルプス
      生産地

      【正規代理店商品】 カリフォルニア初のボルドーブレンドとして圧倒的な存在感を放つ「インシグニア」 建設業から始まったジョセフ・フェルプスは1972年、カリフォルニアのセントヘレナ近郊、スプリングヴァレーにその名を冠したワイナリーを設立しました。ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤーズで大切に育てられたブドウ畑は、起伏のある広大な牧場やオークの森といった豊かな自然に囲まれています。また、多くの品種を生産するフェルプス社はナパ・ヴァレーやバッカス・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン、そしてカルフォルニアで最も芳醇で深い味わいを持つインシグニアを世に送り出し世界的に高い評価を得ています。 「インシグニア」は、1978年にカリフォルニアで初めて独自のブランドを持ったボルドースタイルのワインとしてリリースされました。ブドウはスタッグス・リープやラザフォードなどのカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で、ステンレスタンクで発酵後、新樽100%のフレンチオークで22ヶ月間熟成されます。 2015年ヴィンテージで、またまた素晴らしい評価がつきました!ワインアドヴォケイトにて、98点! リッチなフレーバーと豊かなボディ、見事な凝縮感、長いアウター全てが完璧となったヴィンテージ!5~7年後にピークを迎え、30~50年間楽しむことができる圧倒的な力強さとフィネス、エレガンスを併せもつナパのトップワインの実力を是非お楽しみください。 ■テクニカル情報■ 地方:カリフォルニア 産地:ナパ・ヴァレー 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体、プティ・ヴェルド、メルロー、マルベック、カベルネ・フラン 醸造:スタッグス・リープやラザフォードなどのカベルネ・ソーヴィニヨンが主体。ステンレスタンクで発酵後、新樽100%のフレンチオークで24ヶ月間熟成。 JOSEPH PHELPS VINEYARDS INSIGNIA NAPA VALLEY ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤーズ インシグニア ナパ・ヴァレー 生産地: アメリカ カリフォルニア ノース・コースト ナパ 原産地呼称:AVA. NAPA VALLEY 品種:カベルネ・ソーヴィニョン 90%、プティ・ヴェルド 7%、カベルネ・フラン 2%、マルベック 1% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ワインアドヴォケイト:98 ポイント Rating 98 Release Price $275 Drink Date 2022 - 2052 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 14th Dec 2018 Source Interim December 2018 Week 2, The Wine Advocate The 2015 Insignia Proprietary Red Wine is blended of 90% Cabernet Sauvignon, 7% Petit Verdot, 2% Cabernet Franc and 1% Malbec aged for 24 months in 100% new French oak. Deep garnet-purple colored, it opens with stunning black and red plums, cassis and mulberries scents with loads of redcurrant sparks and compelling wafts of lilacs, pencil shavings, black olives and tilled soil plus a hint of bay leaves. Medium to full-bodied, the palate explodes with red and black currant fireworks plus some exciting mineral nuances coming through, framed by firm, grainy tannins and fantastic freshness, finishing very long and beautifully layered. 12,400 cases produced.

    • Product Images
    • 【送料無料】【期間限定 11月末迄に延長】【限定5セット】アルカンおすすめ ニューワールドを代表するプレミアムワイン6本セット ~南米の2大銘醸地チリ&アルゼンチンのレア赤ワイン~

      • 145,200

      • 税抜132,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      クインテッサ
      生産地

      アルカンおすすめの入手困難なニューワールドの有名生産者がつくるプレミアムワインの6本セットです。通常6本で\185,900(税込)のところ、\145,200(税込)と大変お得なセットにしました。11月末迄の期間限定【限定5セットのみ】のご案内です。 【アメリカ】クインテッサ 2018 1960年代にコンチャイトロの経営者として同社を大きく成長させたヒュネーウス夫妻が1990年にマーディキアン家から受け継いだラザフォードの畑で造るワイン。2004年にビオディナミへ転換。2007年に「オーパス ワン」の醸造を任されていた前ワインメーカーのチャールズ トーマス氏を迎えて以来、目覚ましい品質向上を遂げました。 170エーカーのぶどう畑で栽培されているのは、カベルネ・ソーヴィニヨンを中心とし、メルロー、カベルネ・フラン、プチ・ヴェルド、カルメネールなど。自社畑から厳選した極上のボルドー品種だけを使ったボルドー・ミックス「クインテッサ」のみを製造しています。丸みがあるタンニンと柔らかくクリーミーな後味。長い余韻が魅力的なワイン。フレンチオーク新樽62%、20ヶ月間熟成。 品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カルメネール、プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン 評価:★ジェームス・サックリング 99pt ★ワイン・アドヴォケイト 97pt 【アメリカ】イングルヌック ルビコン 2018 カリフォルニアで最初にプレミアムワインを造った伝説のワイナリー。現在のオーナーである『ゴッド・ファーザー』等の映画監督フランシス・フォード・コッポラ夫妻が1975年に敷地の一部を購入したころは、ナパの象徴的なワイナリーである「イングルヌック」の商標権も売却され衰退していたが、20年かけて敷地の買戻しや醸造設備への投資、シャトーの改築を行い、再び偉大なワイナリーへと復活を遂げました。そして「イングルヌック」の商標権を取得した2011年に、かつてシャトー・マルゴーの醸造責任者を務めていたフィリップ・バスコールが醸造に加わり、現在はエステートマネージャーを務めています。特別な区画のカベルネ・ソーヴィニヨンを含む、最上のブドウのみを使用。ボリューム感のある口当たりに、凝縮した果実味とエレガントな酸が渾然一体となった極上の逸品。フレンチオーク樽(新樽76%)で18ヶ月間熟。 品種:カベルネ・ソーヴィニョン88%、メルロー8%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド1% 評価:★ジェームス・サックリング 97pt ★ワイン・アドヴォケイト 94pt 【アメリカ】ボーリュー・ヴィンヤード・ジョルジュ・ド ・ラトゥール・プライベート・リザーヴ 2018 1900年にジョルジュ・ド ・ラトゥールによって創設。ワイナリーの名前は、ジョルジュ・ド・ラトゥール氏の夫人フェルナンドがラザフォードの景色を見た瞬間、「Beau Lieu!(美しき場所)」と感嘆の声を上げたことが由来。1938年には伝説の醸造家、アンドレ・チェリチェフ氏がコンサルタントに。常に樹齢の高いカベルネ・ソーヴィニヨンの区画から、選りすぐりのブドウを使用し、1939年にナパ・ヴァレー最初のカルトワインとして誕生したこのフラッグシップワインは、60年以上にわたって政府公式晩餐会でも提供されてきた由緒正しきロイヤリティワインです。フレンチオーク樽(新樽95%)で22ヶ月間熟。 品種:カベルネ・ソーヴィニョン93%、プティ・ヴェルド4%、マルベック3% 評価:★ジェームス・サックリング 98pt ★ガローニ 98pt ★デカンター 96pt 【チリ】アルマビバ 2019 シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と、チリ最大かつ最高のワイナリー、コンチャ・イ・トロ社が手掛けるチリ最高峰のワイン。オーパス・ワンに続く豪華コラボレーションによって生み出された、ボルドー最高峰の技術とチリ最高のテロワールの融合によって生み出されるワインは、パワフルさに加えて、エレガンスも感じる味わい。熟成のポテンシャルにも秀でた珠玉の1本です。力強さとエレガントさを兼ね備えたワイン。フレンチオーク樽(新樽75%)で18ヶ月間熟。 品種:カベルネ・ソーヴィニョン68%、カルメネール23%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%、メルロー1% 評価:★ジェームス・サックリング 97pt ★ワイン・アドヴォケイト 95pt 【チリ】エプ 2019 チリ最高峰のプレミアムワイン「アルマビバ」のセカンドワイン。チリワインらしい凝縮感あふれるワイン。正統派ボルドーのスタイルに、果実の甘さを伴うエネルギッシュでパワー漲るチリテイストが見事に融合。初リリースは2006年のこのワインは、日本が初の輸出先として選ばれた。生産本数はアルマビバよりも少ない大変入手困難なワイン。  品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、カルメネール13%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド1% 評価:★ジェームス・サックリング 94pt ★ワイン・アドヴォケイト 93+pt 【アルゼンチン】シュヴァル・デ・アンデス 2018 シャトー・シュヴァル・ブランの知識とアルゼンチン最上のテロワールの融合から生まれたアルゼンチンのグラン・クリュとも称される最高品質のワイン。 アルゼンチンでも有数のワイン産地、メンドーサ州北部のルハン・デ・クージョに1999年に設立。カベルネ・ソーヴィニヨンとともに、接ぎ木されていないマルベックの古木の区画が広がり、アンデス山系の丘陵地帯に位置するこの見事なテロワール(土壌)から生まれたワインは、新鮮でエレガント、そして熟成が保証されています。 ブドウ栽培に専念してきた栽培者達のビジョンは、シャトー・シュヴァル・ブランチームの知識に助けを受けて達成されました。今では本物のアンデス産「グラン・クリュ」を生産するようになった特徴的なブドウ畑で、20年間毎日の手入れを続けた後に得られた成果です。 オーク樽(新樽50%)で13ヶ月間熟。 品種:マルベック70%、カベルネ・ソーヴィニョン30% 評価:★ワイン・アドヴォケイト 98pt ★ジェームス・サックリング 98

    • Product Images
    • <数量限定>オーパス・ワン ハーフボトル [2018] 375ml  6本セット

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      オーパス・ワン・ワイナリー
      生産地

      <オーパスワン> オーパスワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主、フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。 オーパスワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。 決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。 ~ヴィンテージ 2018~ 2018年は安定した天候と穏やかな気温に恵まれ、素晴らしい成育条件が整いました。 年初めは水不足に見舞われましたが、萌芽直前の絶好のタイミングで降った雨は、枝葉の生育に必要な水分をもたらしました。申し分のない栽培環境が確実な開花と結実につながり、例年を上回る収量となりました。この年の成育期は遅いスタートでしたが、 平年のわずか7日遅れでヴェレゾン(色づき)が始まり、ぶどうの完全な成熟に必要な時間は十分にありました。収穫は9月19日に始まり、順調なペースで10月25日に終わりました。 テイスティング・コメント オーパスワン2018は、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、上品なスミレ、白胡椒、そしてバラの花びらへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。 新鮮で瑞々しい黒果実の味わいがしなやかに幾層にも重なり、オレンジの皮、甘草、ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。美しくバランスのとれた滑らかでやわらかなタンニンは、フレッシュな酸味と相まってソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります。 ブレンド比率: カベルネ・ソーヴィニヨン 84% プティ・ヴェルド 6% メルロー 5 % カベルネ・フラン 4% マルベック 1% 評価: ワイン・アドヴォケイト 98 ジェームス・サックリング 99 など国際的に高い評価を受けています。

    • Product Images
    • ジュビレーション レッドワイン ナパ・ヴァレ ー [2019] 750ml / Jubilation Red wine Napa Valley

      • 52,800

      • 税抜48,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Colgin Cellars
      生産地

      ジュビレーションとは祝祭、歓喜、最大の喜び、将来への祝福。 2022年英国エリザベス女王の在位70周年のお祝いは「プラチナ・ジュビリー」と呼ばれ同じ派生語。 過去の栄光を称え、将来の成功を祈り祝福する言葉。 コルギン・セラーズから、将来はコルギンとなっていくワインに祝福の気持ちを込めて 世に送り出す新しいブランドです。 ジュビレーションはコルギンの 3 種のワイン(シラーを除く)になる樽をセレクトした後、 あるいは最初から早く飲んで最高の味わいを示すと予測される樽をセレクトして造る新しいブランドです。 初リリースは2016年、3年目の2019ヴィンテージ が初めて日本に輸入されました。 アメリカ国内と海外では日本とカナダのトロントだけに輸出されている非常に貴重なワインです。 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン(50%以上)/カベルネ・フラン/メルロ/プティ・ヴェルド ヴィンテージ情報:2019年は冬にたっぷりと雨が降り、葡萄の樹は十分な水分を享受できました。 湿気を払う為に枝葉の風通しに気を使い、夏には厳しい間引きを房と房の大きさにも行った結果、 凝縮した健康な状態で夏を乗り越え、気温がぐっと落ちた9月から10月初旬にはフレッシュさと 秀逸な酸を保ちながら、ゆっくりと成熟していきました。10月中旬の2週間で収穫が行われました。 醸造:コルギンと同じ醸造方法。畑で選別、夜間にワイナリーに持ち込まれた葡萄はその場で選房、更に選粒。ステンレスタンク発酵(品種により一部は大樽発酵)、仏産樽で熟成。樽選抜後ブレンド。 味わい:ナパ・ヴァレーのカベルネをわかりやすく、チャーミングかつ複雑に表現しています。 赤系ベリーとコルギンの特徴でもある香り高さが十分に現れ、土壌から来る黒鉛と砕いた岩のミネラル感が 印象的。香ばしいタバコと柔らかいハーブのニュアンスがカベルネ・フランの個性を思わせます。 継ぎ目のないタンニンと驚くほど滑らかな口当たり、硬さはなく、リリース仕立てでも完成され、 紛れもなくすぐに楽しむことができます。

    • Product Images
    • ディー・ブイ・オー [2018] 750ml / DVO

      • 55,000

      • 税抜50,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      DALLA VALLE × ORNELLAIA
      生産地

      『ダラ・ヴァレとオルネライアのコラボレーションワイン』 カルトワイン"Maya"のダラ・ヴァレ(Dalla Valle)と イタリアの「スーパータスカン」の代表格であるオルネライア(Ornellaia)。 この2つの名門ワイナリーが2015年に計画し2018年、満を持して初リリースされた1stヴィンテージ『DVO』。 それぞれの伝統と最高の技術を結集した新しいワインです。 旧世界の優雅さと新世界の自由を表現した新たなるワインの誕生です。 熟したブラックプラムと新鮮なブラックチェリーの複雑な層を成す香りが次々に解き放たれていきます。 フィニッシュは赤い果実、黒鉛、革、熟成肉、そしてスミレを感じさせます。 追いかけるように現れるブラックオリーブ、月桂樹、松の葉のニュアンスが、味わいの複雑さに、 さらなる拍車をかけています。 このヴィンテージは、数十年の熟成に必要なフレッシュさとストラクチャーを持ち合わせつつも、 密度と凝縮度の素晴らしいバランスがあります。