Loading...

Chateau Lafite Rothschildワインの商品一覧

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • 【プリムール】<限定6本>カリュアド・ド・ラフィット2019

      • 35,200

      • 税込38,720

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定6本のみ】のご案内です。 【カリュアド・ド・ラフィット2019】 メドック格付け第1級、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドのセカンドラベル。ファーストラベルが造られる畑の若木ブドウから造られます。収穫されたものから、ファーストに使用されるのが約3割、残りの約4割がセカンドに使われます。ファーストの品格を確実に受け継ぐスタイルで造られます。比較的比率の高い、メルローからくるまろやかさと若木のブドウに由来する、少しカジュアルなテイストが独自の個性をとして表現されています。ラフィットを思わせる優美でクラシックなスタイルを見事に表現ししています。 ●2019年ヴィンテージは、ボルドー右岸、左岸ともに例外的に素晴らしい年となりそうです。色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年です。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせ、2010年、2015年、2016年に匹敵、あるいは凌駕するヴィンテージと予測されています。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定6本>シャトー・ラフィット・ロートシルト 2019

      • 95,300

      • 税込104,830

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定6本のみ】のご案内です。 【シャトー・ラフィット・ロートシルト 2019】 メドック格付け第一級 五大シャトーの筆頭の地位を誇る気品高いシャトー。エレガントさとフィネス、そして圧倒的な熟成ポテンシャルを秘めています。 石灰質を基盤とする砂利質の土壌は、粘土質の上に砂石質が多い近隣のシャトーとは、大いに異なります。この土壌から唯一無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワインが生まれます。 ●2019年ヴィンテージは、ボルドー右岸、左岸ともに例外的に素晴らしい年となりそうです。色調は深く、非常に凝縮した果実を十分な酸が支える構造で、タンニンは艶やかで豊富な非常に大きな構造を備えた年です。この20年ボルドーの醸造技術は精緻を極め、若くとも艶やかで滑らかな味わいながら、その裏に隠された凝縮した果実、酸、そして豊富なタンニンは長期熟成のポテンシャルを感じさせ、2010年、2015年、2016年に匹敵、あるいは凌駕するヴィンテージと予測されています。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • *送料無料*<限定1セット>格付1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト 2016 3本セット

      • 228,000

      • 税込250,800

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      *送料無料*<限定1セット>格付1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト 2016 3本セット 通常3本で\425,400(税抜)のところ、\228、000(税抜)と大変お得なセットにしました。 【限定1セットのみ】のご案内です。 【シャトー・ラフィット・ロートシルト 2016】メドック格付け第一級 五大シャトーの筆頭の地位を誇る気品高いシャトー。エレガントさとフィネス、そして圧倒的な熟成ポテンシャルを秘めています。2016年は、ボルドー全域で素晴らしい天候に恵まれた歴史的グレートヴィンテージです。新樽100%で18~20ヶ月熟成。芳醇さと品格をも備えたグレートヴィンテージ。特別なヴィンテージのみエチケットにエッチングされる砂時計がエッチングされています。 石灰質を基盤とする砂利質の土壌は、粘土質の上に砂石質が多い近隣のシャトーとは、大いに異なります。この土壌から唯一無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワインが生まれます。 【テイスティング】 黒い輝きのある、美しく深みのある赤色。香りはまだ閉じているが、すばらしくアロマティックなポテンシャルを秘めています。深く複雑でオーク樽由来の香りがすでに完璧に溶け込んでいます。アタックはとてもソフトでなめらか。次第に柔らかさが口の中いっぱいに広がり、驚くほど長く余韻が続きます。完璧にバランスのとれたワイン。圧倒的な熟成ポテンシャルを秘めています。 セパージュ:カルべネ・ソーヴィニヨン 92% 、メルロー 8% ジェームス・サックリング:100、デカンタ誌:100、アドヴォケイト誌:99

    • Product Images
    • 【送料無料】ミレニアム3本セット

      • 674,900

      • 税込742,390

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2000
      生産者
      CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD
      生産地

      5大シャトーより、シャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィット、シャトー・マルゴーの それぞれ2000年ヴィンテージをセットにした、ミレニアム3本セット。  1.CHATEAU LATOUR 2000  2.CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD 2000  3.CHATEAU MARGAUX 2000  通常販売価格 ¥794,000(税別) → ¥674,900(税別) 15%オフ CHATEAU LATOUR 2000 ボルドーの五大シャトーの1つシャトー・ラトゥール。誰もが実力を認めるシャトーの畑は、ポイヤックとサン・ジュリアンの村境という立地にあり、エチケットに描かれている塔が印象的な風景を作り出しています。特に2000年ヴィンテージは、アルコール度数13%を超える驚くほど力強いワイン。光を通さないほどの深い色合い、凝縮した黒い果実の風味、圧倒的なパワフルさとミネラル感は5大シャトーの中でも群を抜いています。 CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD 2000 ボルドーで最も有名なシャトーの1つとして君臨するラフィット・ロートシルト。格式、歴史、そして特筆に値する長寿の代名詞となっています。フランス系の大富豪ロートシルト家が代々所有し、1855年に行われたメドック地区の格付けでは第一級のトップとしてその名を刻む銘品中の銘品。近年で記念碑的な素晴らしい作柄と出来栄えとなる脅威の2000年ヴィンテージ。凝縮した果実味とクリーミーなタンニンを帯びた酒質は、濃密でありながらもラフィットらしいエレガントな酒質です。 CHATEAU MARGAUX 2000 メドックのトップ格付けのひとつで、世界のワイン・ファンが一度は飲んでみたい憧れのシャトー。1976年からはメンツェロプーロス家の管理のもと、常に高い評価を維持しています。歴史的な2000年は、ロバート・パーカーが満点つけ、世界的に評価の高いヴィンテージ。収穫したブドウは厳しい選果を行い僅か40%しか使用せず、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率は90%を超える高さ。葡萄の完熟感は高く、クレーム・ド・カシスやチョコレートの甘く香ばしい風味に溢れながら、タンニンはあくまでしなやか。完璧なバランスと華麗なフィニッシュを備えた、ボルドー・ワインの完成形の1つがここにあります。 ※こちらのワインはラ・ヴィネと古くから取引実績のある、  信頼度の高い現地ネゴシアンから、12本木箱で買い付けしたロットです ※キャップシール、エチケット、液面の高さ等、ほぼ完璧なコンディションです。 ※こちらのセットは配送保険の兼ね合いで、  配送先をTERRADA WINE STRAGE (寺田倉庫で保管)のみとさせていただきます。  ご注文時の配送先を指定する画面で<TWSへ預ける>を選択の上、ご購入ください。

    • Product Images
    • 【送料無料】高級ラフィット&マルゴー!豪華飲み比べ2本セット

      • 129,800

      • 税込142,780

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ● シャトー・ラフィット・ロートシルト 2014年 カベルネ・ソーヴィニヨン87%、メルロ10%、カベルネ・フラン3% 2012年および2013年時点でも平年並みあるいはそれ以上に上昇していた地下水位ですが、11月から2月にかけて多めの降水量を記録したことで、今年も水位は十分に補給されていました。気温は平年を上回る数値で、人間と同じくブドウにとっても冬の気持ちの良い冷え込みが恋しいくらいでした。風のない、寒く乾燥した晴れの日が2週間ほど続くのは良いものです。とはいえ、自然はあやつれません!気温が高かったこともあり、萌芽は早めに迎え、花の時期は6月第1週にかけて均質に進みました。 天候状況は我々ブドウ生産家にとって常に一番の気がかりです。衛生面も完璧な完熟ブドウの収穫をめざして、今年もチームで協力し合い、的確に作業を進めました。着色は7月末と8月15日以降の2期に分かれて広がりました。結果、同じブドウ樹でも房によって熟度の進み方に差が生じています。 収穫時期には作業の選択を間違わないよう、「大道芸」さながらのテクニックを要しました。収穫スタッフ、選果スタッフには、ポイヤックのグランヴァンの原料となるに相応しい、「nec plus ultra(これ以上ない)」品質の赤ワイン用ブドウのみに選りすぐるよう、指示が出されました。 濃厚な赤ガーネット色の美しい色調。複雑な香り。2014年らしい果実香。上質なフローラル系の香りも感じられます。トースト香がほのかに香りますが、樽香はすでにうまく溶け込んでいます。味わいに関しては、素晴らしく芳醇で、常にエレガンスを失うことなく、かつ力強い。ブラックベリーとカシスが味わいでも存在感を示しており、そこにラフィットのワインに頻繁に現れる、スミレ花やスギのノートが加わります。みずみずしく調和のとれた味わい。長い余韻。リッチ感と上品なフィネスとのバランスが見事。美味しく楽しめる熟成のピークに達するまで10年程度を要とするワインです。 ● シャトー・マルゴー 2014年 ボルドー・メドック地区のワインをフランスワインの女王と呼ぶとするなら、シャトー・マルゴーは女王たちの中でも最も芳醇で最も優美なワインだと言えます。長い瓶熟を経て花開くシャトー・マルゴーの華麗さと、たおやかさ、そしてデリカシーはまさに比類のないもので1855年の公式格付けでグランクリュ第1級に選定されたのも当然すぎることだったと言えます。 歴史に名を残す愛好家も多く、ルイ15世の寵姫マダム・デュ・バリや意外なところでは、マルクス主義で知られるエンゲルスが「あなたにとって幸福とは?」と聞かれ「シャトー・マルゴー1848年」と答えたというエピソードも伝わっています。文豪ヘミングウェイもこのワインに魅了された一人で、生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように・・・」という願いをこめて「マーゴ」という名前を贈り、この子がのちに映画女優になったことでも有名です。 1977年このシャトーは長い歴史の中でも特に優秀な所有者(メンツェロプス家)の手に(当時シャトー・マルゴーはオーナーのジネステ家が熱意を失ったため名声に翳りを兆しつつありました。)わたり大金が投入され、マルゴーの底なしの偉大さを世界中に見せつけるのには、1978年の一つのヴィンテージで充分でした。以下、ロバート・パーカー氏の「ボルドー」の一節。 『1978年のマルゴーはすぐに評判を勝ち取り、その後もきら星のごときワインを次々と送り出した。絶句するほどすばらしい豊かさとバランスは、1980年代にボルドー全体で作られたどのワインよりも良好だと言っても過言ではなかった。よみがえったマルゴーの特徴は豪勢な豊かさ、熟したブラックカラント、スパイシーなヴァンリン、オーク、スミレなどの深みのある多面的なブーケを持つスタイルである。』 カベルネ・ソーヴィニヨン90%、メルロー5%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%。五大シャトーは全世界的に品薄状態!超高級マルゴーをぜひGETして下さい!

    • Product Images
    • シャトー・ラフィット・ロートシルト 2014年 メドック格付第1級

      • 69,800

      • 税込76,780

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 1855年のメドック格付け第1級の筆頭シャトーであるシャトー・ラフィット・ロートシルトは間違いなくメドックで最上のテロワールを擁している。石灰質を基盤とする砂利質の土壌は、粘土質の上に砂石質が多い近隣のシャトーとは、大いに異なる。 この土壌から世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワインが生まれる。また、西洋スギ、白檀の木、スミレの卓越したアロマはボディの重さに決して負けることのない神がかり的に複雑なタンニンと結び付いている。 ディレクターのシャルル・シュヴァリエと技術チームは、1995年から再び以前のような作業に戻っており、決して妥協を許さない厳しいセレクションを行っている。 シャトー・ラフィット・ロートシルト 2014年 カベルネ・ソーヴィニヨン87%、メルロ10%、カベルネ・フラン3% 2012年および2013年時点でも平年並みあるいはそれ以上に上昇していた地下水位ですが、11月から2月にかけて多めの降水量を記録したことで、今年も水位は十分に補給されていました。気温は平年を上回る数値で、人間と同じくブドウにとっても冬の気持ちの良い冷え込みが恋しいくらいでした。風のない、寒く乾燥した晴れの日が2週間ほど続くのは良いものです。とはいえ、自然はあやつれません!気温が高かったこともあり、萌芽は早めに迎え、花の時期は6月第1週にかけて均質に進みました。 天候状況は我々ブドウ生産家にとって常に一番の気がかりです。衛生面も完璧な完熟ブドウの収穫をめざして、今年もチームで協力し合い、的確に作業を進めました。着色は7月末と8月15日以降の2期に分かれて広がりました。結果、同じブドウ樹でも房によって熟度の進み方に差が生じています。 収穫時期には作業の選択を間違わないよう、「大道芸」さながらのテクニックを要しました。収穫スタッフ、選果スタッフには、ポイヤックのグランヴァンの原料となるに相応しい、「nec plus ultra(これ以上ない)」品質の赤ワイン用ブドウのみに選りすぐるよう、指示が出されました。 濃厚な赤ガーネット色の美しい色調。複雑な香り。2014年らしい果実香。上質なフローラル系の香りも感じられます。トースト香がほのかに香りますが、樽香はすでにうまく溶け込んでいます。味わいに関しては、素晴らしく芳醇で、常にエレガンスを失うことなく、かつ力強い。ブラックベリーとカシスが味わいでも存在感を示しており、そこにラフィットのワインに頻繁に現れる、スミレ花やスギのノートが加わります。みずみずしく調和のとれた味わい。長い余韻。リッチ感と上品なフィネスとのバランスが見事。美味しく楽しめる熟成のピークに達するまで10年程度を要とするワインです。

    • Product Images
    • シャトー・ラフィット・ロートシルト 2015年 メドック格付第1級

      • 89,800

      • 税込98,780

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 1855年のメドック格付け第1級の筆頭シャトーであるシャトー・ラフィット・ロートシルトは間違いなくメドックで最上のテロワールを擁している。石灰質を基盤とする砂利質の土壌は、粘土質の上に砂石質が多い近隣のシャトーとは、大いに異なる。この土壌から世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワインが生まれる。また、西洋スギ、白檀の木、スミレの卓越したアロマはボディの重さに決して負けることのない神がかり的に複雑なタンニンと結び付いている。ディレクターのシャルル・シュヴァリエと技術チームは、1995年から再び以前のような作業に戻っており、決して妥協を許さない厳しいセレクションを行っている。 ベタンヌ&ドゥソーヴも五ツ星で「ポイヤックの至高のクリュ。ラフィットの他に並ぶもののないフィネスは、アペラシオン北部の石灰質の底層の上に広がる砂利質に由来しており、これが永遠にラトゥールとラフィットを区別する違いである。果実味という通常の回年とは全く正反対のヒマラヤ杉やグラファイトといった信じられないアロマが現れる。そのテクスチャは世界の他のどの場所でも生み出す事は不可能で、特にタンニンはドライだが柔らかく、そこが耽美主義者のワインである」と大絶賛! 「シャトー・ラフィットの不朽の栄光を誰もが無視する事はできない。1855年の格付第一級の首位の座を一度たりとも譲り渡したことのないこのシャトーは、常にエレガントさが最初に出るそのタイルは、ほとんど変わることがない。エレガントさとフィネス、そしてもちろん長く瓶熟する能力。これがラフィットの真髄である。」とJ.ローサ氏。 シャトー・ラフィット・ロートシルト 2015年 ここ数年は例年のごとく、初冬は暖かく乾燥した天候が続き、1月も終わりに近づく頃、雨が降り始めるとともに適度な寒さが訪れる傾向にあります。萌芽は平年どおり4月初旬に始まりました。水分を十分に補充できる環境と温暖な天候に恵まれたことにより、ブドウは瞬く間に生育します。6月、開花は早期かつ均質に進み、収穫を待たずして有望ヴィンテージへの期待が高まりました。 大海と河口は厳しい夏の暑さも和らげてくれました。水分ストレスは高めではありましたが、8月の降雨のおかげで果実着色に必要とされる冷涼さが補われ、結果、完璧な成熟を得ることができました。すべての条件が理想的にととのった中で収穫を迎え、各区画、ベストな状態で果実を収穫することができています。 テイスティングコメント(ボトリング時):外観は極めて暗い色調、いまだ十分な若さを象徴する紫色の光沢。瓶詰めから数ヶ月しか経っていないワインにありがちな、まだまだ控えめな香り。すでにこの段階から上質な深みと高い複雑性を感じさせます。香りに関しては、樽香は完全に溶け込んでおり、新鮮なイチゴとタバコのノートが香ります。アタックにはかなりの力強さと同時にしなやかさがみられます。風味は昇り昇って・・・極めてハイレベルなステージまでゆっくりと昇っていきます。アグレッシブな面は一切なく、完璧な調和を描きながら余韻の長い後味へと続きます。現時点ではこのラフィットに潜むポテンシャルのごくわずかしか堪能できません。あと数年の忍耐が求められます。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。