Loading...

2019年 〜 2019年ワインの商品一覧

検索条件(235) 並べ替え
    • Product Images
    • 【豪華木箱6本入】オーパス ワン 2019 6本セット

      • 374,880

      • 税抜340,800

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      オーパス・ワン
      生産地

      ロバート・パーカー・ワインアドヴォケイト誌で驚異の97-99点の高評価&ジェームス・サックリングほぼ満点の99点&ジェブ・ダナック96-98点&ヴィノス97点絶賛。 オーパス・ワンと言えば、バロン・フィリップ社とロバート・モンダヴィのジョイントで誕生したカリフォルニア最良の赤ワイン。ナパ・ヴァレーの誇り。伝わる心意気。ロバート・モンダヴィとバロン・フィリップ・ロートシルト。二人の巨人による「作品第一番」=オーパス・ワン。 この2019年はカベルネ・ソーヴィニヨン78%にメルロー8%、プティ・ヴェルド6%、カベルネ・フラン6%、マルベック2%をフレンチオーク樽100%の新樽100%でオーク樽驚異の19ヶ月熟成。ワイナリーのコメントは「オーパスワン2019は、ブラックプラム、ブルーベリー、黒スグリ、乾燥したバラの花びらのアロマが高く、かすかなミネラルのニュアンスが感じられます。きめ細やかなタンニンは、クリーミーでサテンのような質感をもたらします。優しく広がる酸味とフレッシュさが、ダークフルーツ、サボリーハーブ、エスプレッソ、カカオなどの風味を引き立てています。繊細なダークチョコレートの心地よい苦味が長い余韻に楽しめます。」とコメント。 2019年について「例年のほぼ2倍の雨量を記録した2019年の春は、恵みの雨が大地を潤し、ぶどうの生育期に必要な水分をもらたしてくれました。最初の萌芽の兆候が見られたのが3月27日で、例年よりちょうど15日遅いタイミングでした。これにより、開花やヴェレゾン(色づき)の遅れにもつながりました。しかし、晩夏にかけて気温が上昇し、果実の生育と成熟を促進することができました。平年より数日早い9月10日に始まった収穫は、4週間で終了し、セラーでは穏やかにかつ安定したペースで作業が進みました。」とコメント。オーパス・ワン2019年も長期にわたる熟成力が期待できます。ずばりワイン誌軒並み大絶賛。世界各国で争奪戦勃発。カリフォルニアワインの名声に拍車をかけた世界に誇る究極の逸品。

    • Product Images
    • コルトン シャルルマーニュ グラン クリュ レ ランゲット 2019 [2019] 750ml / コルトン シャルルマーニュ グラン クリュ レ ランゲット 2019

      • 69,848

      • 税抜63,499

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ティボー リジェ ベレール
      生産地

      2大ブルゴーニュ高級辛口白ワインのひとつ。世界中で生産される白ワインのうち最上級のワインのひとつに挙げられるコルトン・シャルルマーニュ特級。 フランス・アシェット・ガイド誌2023年版で1971年以来50年ぶりの最高評価19/20点を付けるスーパーグレイトヴィンテージ[2019]年もの。 造り手は、ヴォーヌ・ロマネ村のグラン・クリュ「ラ・ロマネ」の所有でも知られる、1720年から歴史のある名門リジェ・ベレール家のコント・リジェ・ベレールと同じリジェ・ベレール家の家系であり、数あるリシュブールの中でもトップクラスの評価を受ける「ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール」。 アロース・コルトンの最も標高の高い場所に位置する0.15haの区画(ラングェットのリュー・ディーは、コルトンの丘の角の頂上で南と東に面しており、南/南東斜面、コルトンの丘の最高部に位置しています。森に近く、岩と泥灰土の土壌で泥灰質で粘土に富んでいます。石灰岩と泥灰土が交互に現れ、薄いレンジンの層の下にあり、畑は有機栽培です。)しかも植樹は1965年と60年近くの高樹齢のヴィエーユ・ヴィーニュのシャルドネを使用し8時間かけてゆっくりプレス、18カ月間熟成(新樽50%)(樽醗酵&樽熟成)が行われます。 この2019年でアラン・メドゥで91-93点獲得、『熟した果実が木に包まれているように見えるが、しっかりとした還元が支配している。リッチで比較的フルボディのフレーバーはジューシーなテクスチャーを持ち、石のようなフィニッシュはレモンを思わせる酸味によって形作られている。十分な骨格があり、10年以上の熟成に耐える。』。またヴィノス誌でもニール・マーチンから90-92点の高評価を獲得、『2019年のコルトン・シャルルマーニュ・グラン・クリュはレ・ランゲエットのもので、長い発酵を経たものです。オレンジのコーディアルとマンゴーのタッチが特徴的なノーズは、エアレーションによってきれいに開く。味わいは、蜂蜜のような質感で、よく溶け込んだオークがあり、現時点ではかなりバニラのようです。ホワイトチョコレートとアーモンドの斑点が、ふくよかなフィニッシュに現れている。非常に寛大なスタイルだが、このクラスで最も知的なワインではないかもしれない。飲み頃:2023年-2035年』と大注目。「コルトン・シャルルマーニュはこの世でもっとも劇的なシャルドネである。ひと口ふくむごとにひろがる味わいの小宇宙は、けっして探りつくすことができない。ミネラルの風味は、ありあまるというより、おそいかかってくるようだ。」とマット・クレイマー氏に言わしめた高級辛口白ワイン。豊かなボディとクリーミーなテクスチャーを備え、アロマはパイナップルや熟した桃。ジューシーな酸が広がり、スモーキーなニュアンスが余韻に残る究極辛口白ワイン。

    • Product Images
    • カレラ ジャンセン ヴィンヤード マウント ハーラン ピノ ノワール2019 [2019] 750ml / カレラ ジャンセン ヴィンヤード マウント ハーラン ピノ ノワール2019

      • 36,800

      • 税抜33,455

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      カレラ
      生産地

      ロマネ・コンティに比肩し、カリフォルニアの“ロマネ・コンティ”と評されるあまりに有名カリフォルニア・ピノの伝説。漫画「ソムリエ」や人気TV番組でも「ロマネ・コンティと間違えられた」「100万円のロマネ・コンティに双璧」と紹介され、瞬間に市場から消え、“幻のピノ・ノワール”となったカレラ。その創業者ジョシュ・ジェンセン氏が2022年6月11日ご逝去されました。2015年にカレラを訪問させて頂いた時、ワイナリーをジョシュ氏が自ら案内してくれました。何もなかった土地に畑を作ることからスタートしたカレラでしたが、今までのワイン造りの苦労話しをはじめ、世界中のワインラヴァーにマウント・ハーランという土地から生まれたピノ・ノワールを愛飲して頂ける嬉しさ等、ワインに人生を捧げた貴重なお話しを6時間にわたって伺ったことがつい最近のように感じております。創業者のジョシュ・ジェンセン氏は跡取りがいないことを理由に、2017年にダックホーン・ワイン・カンパニーに売却されました。今後も亡きジョシュ氏の想いを引継ぎ、リリースされると確信しております。ご冥福をお祈り申し上げます。ずばり最高峰であり、ロマネ・コンティに比肩すると言われる“カレラ・ジャンセン”が超限定入荷。カリフォルニアでピノ・ノワールを大成功させ現在はピノの巨匠と言われるジョシュ・ジャンセン氏が約30年前にカリフォルニアの地にロマネ・コンティと同じ石灰質の土壌を見つけ(カリフォルニアで最も高い標高2200フィートのマウント・ハーラン)、しかもロマネ・コンティの畑から持ち込まれたと噂されるピノ・ノワールを植えたのがはじまり。現在は5つの単一畑から高品質なピノ・ノワールを生産する超人気カレラ。オーナーのジョシュ・ジャンセン氏の父の名に因む「ジャンセン・ヴィンヤード」。カレラが誇る最高畑からの1975年植樹の究極ピノ・ノワール(手摘み100%)をフレンチオーク樽100%のバリック樽(小樽)100%(新樽比率30%)で16ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰めで造られる最高級カリフォルニア・ピノ・ノワール。この2019年でワインエンスージアスト誌驚異94点。ワインスペクテーター誌93点。数々のブラインド・テイスティングでもブルゴーニュのトップドメーヌの造るグラン・クリュを上回る評価を得る究極カリフォルニア・ピノ“ジャンセン”

    • Product Images
    • ヴォルネ プルミエ クリュ アン シャンパン 2019ドメーヌ モンテリー ドゥエレ ポルシュレ

      • 11,616

      • 税抜10,560

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ カタルディナ・リッポ
      生産地

      日本市場では希少なワインが、待望のスーパーグレートヴィンテージ[2019]年(ワインアドヴォケイト誌はブルゴーニュ・コート・ド・ニュイの赤に「史上最高のヴィンテージ。のひとつ。驚異の98点」の高評価。の大人気の2019年もの)。しかもコート・ド・ボーヌでもっとも女性的でもっともフィネスのある女性的なワインと言われるヴォルネイ一級。 ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏をして「コート・ド・ボーヌで最良の赤となることが多い。色は濃くなく、重くもなく、しかし構成のしっかりしたもので、絹のようにやわらかい。」と絶賛。しかも造り手はモンテリー村にて300年以上の歴史を誇る名門ドメーヌ。“モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ”。あの「ドメーヌ・ルロワ」で5年間(1988~1993年)醸造長も務め、「オスピス・ド・ボーヌ」の醸造長も歴任した伝説の醸造家。アンドレ・ポルシュレ氏のドメーヌ。現在はポルシュレ氏の孫娘カタルディナ・リッポが醸造長として大活躍。(「神業」伝統のアンドレ・ポルシュレ氏から栽培・醸造におけるあらゆる「秘奥義」が惜しみなく伝授されている。)ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレによる究極ヴォルネイ銘醸1級。多くの優れたプルシェを有するヴォルネーの中でも最高の立地条件(赤味がかった土壌に小石が混ざり最上の部分の岩盤の上にしっかりとその位置を占めている。)といわれるプルミエ・クリュの銘醸アン・シャンパンに、ポルシュレは0.59haを所有。石がちな粘土石灰質土壌。樹齢60年以上のV.Vピノ・ノワール100%を木製発酵槽で発酵後、新樽率10%で15ヶ月間熟成で造られる高級フルボディ辛口赤ワイン。 濃いルビー色が美しく輝き、ブルーベリー・バニラの花束・かすかにスミレを思わせる香りと風味、口に含むと果実の濃縮した風味も感じられ、オイリーな口当たりできめ細やかな心地良いタンニンがあります。余韻も非常に長く続く名品。さすがポルシュレのプルミエと納得。伝説の醸造家アンドレ・ポルシュレ氏の血を受け継ぐカタルディナ渾身の傑作品。

    • Product Images
    • キュヴェ コム・デ・タラン [2019] 750ml / Cuvee Come Des Tallants

      • 12,100

      • 税抜11,000

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      Piollot
      生産地

      ■醸造・熟成行程■ ポリゾ村の南向きの区画の畑タランの樹齢40年のピノ・ノワールで造られたシャンパーニュ。ステンレスタンク内での発酵、熟成の後にティラージュ。3年間の瓶内熟成後にドサージュなしでデゴルジュマンを行いリリースされる。年間生産量は7,000本。 ■味わい■ 良質なブランド・ノワールに見られる筋の通った酸味があり、タイトに引き締まった印象。厚みがあり複雑で多様な味わいの要素が見事にバランスが取れた焦点の定まったスタイルには感心させられる。ブランド・ノワールの真価を表現しきっている。

    • Product Images
    • マウント・ヴィーダー・カベルネ・ソーヴィニヨン [2019] 750ml / Mount Veeder Cabernet Sauvignon

      • 132,000

      • 税抜120,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ロコヤ・ワイナリー
      生産地

      ナパ・ヴァレー「山カベ」の第一人者4つのマウンテン AVA の特徴を綿密に描き出す-LOKOYA- 創業1995年ロコヤは、ナパ・ヴァレーの4つの標高の高い山岳 AVA の自社畑及び厳選した契約農家から100%カベルネ・ソーヴィニヨンで4つのワインを造ります。マウント・ヴィーダー、ハウエル・マウンテン、スプリング・マウンテン、ダイヤモンド・マウンテン。カベルネ・ソーヴィニヨンを通して、各山岳 AVA の個性(気候、土壌、日照など)をグラスに注がれたワインに綿密に表現することを一貫した理念としています。標高が高い葡萄畑では栽培管理が非常に重要で日々細心の注意を払っていく必要があります。各ヴィンテージにおける畑の状況を深く理解し、収穫された果実の個性をそのままにワイン造りにおいても人的介入は最小限に抑え、果実が可能な限り自然で雄弁に表現できるように促すのはワインメーカー「クリストファー・カーペンター」の手腕。 クリストファー・カーペンター氏は、現在ジャクソン・ファミリー傘下のワイナリー、ナパ・ヴァレーではロコヤ、ラ・ホタ、カーディナル、マウント・ブレイブ、カラダン。南オーストラリアのヒッキンボッサムのワインメーカーを務めています。 ナパ・ヴァレーのヴァカ山脈の北東に位置するハウエル・マウンテン AVA の最高点は標高762m。自社畑W.S.キーズ・ヴィンヤードは1888年に植樹され、1995年の初ヴィンテージ以来、ロコヤのハウエル・マウンテン独占畑として造り続けられています。標高556m、霧ラインより遥かに高く、気温は低いが穏やかで、特にカベルネ・ソーヴィニヨンは熟すのに十分な生育期間がある為、皮の厚い葡萄となる特徴があります。畑はポンデローサ松の森に囲まれ、安定した風と日光を浴び、痩せた水はけの良い土壌は、葡萄の樹にストレスを与え、小粒のブドウが収穫でき、深みのある凝縮した味わいと、特徴的なミネラル感、土っぽさを持ち合わせます。 マウント・ヴィーダーAVA はナパ・ヴァレーの西側マヤカマス山脈が立ち上がる南端から最上部の700mの頂まで駆け上がります。ナパ・ヴァレー南側の涼しい気候の影響を位置によって大きく受けます。ロコヤの自社畑は西の 尾根に位置し標高549m、陽光に十分に照らされる畑。1995年以来、ロコヤは急峻な山地に位置する選りすぐりの区画からカベルネ・ソーヴィニヨンを造っています。この自社畑の葡萄は火山性土壌、高標高で大きなストレスを受けながら地中深く養分を求め、凝縮し複雑味を持つ果実を実らせます。ワインはスミレと青い果実の特徴を示し、力強いタンニンと卓越した熟成ポテンシャルを持っています。 醸造:仏産樽(新樽84%)にて21ヶ月熟成 2019年ワインメーカー/クリス・カーペンターのコメント:「マウント・ヴィーダーは、マヤカマス山脈の南端 に位置する山で、19世紀に急成長したドイツ人コミュニティの一員であった長老派の牧師、ピーター・ヴィー ダーに敬意を表して名付けられました。マウント・ヴィーダーの最初のワインは、1864年にステルハム・ウィングによって造られ、そのワイン造りの伝統は今日まで続いています。この地域の地質は、主に堆積土壌で構成されているが、一部火山性の土壌もあり、サン・パブロ湾に近いため、ナパ・ヴァレーの他のどの山岳地域よりも早 く、午後の早い時間帯に涼しくなっていくのが特徴。マウント・ヴィーダーのワインは、この土壌と気候のユニ ークな組み合わせを並外れた形で示す傾向があり、2019年のロコヤも例外ではありません。ブルーベリーパイ、ほのかな糖蜜、ジャスミンの花の香り、アジアンスパイス、トースト、そして秀逸な酸と、がっしりとしたタンニンが見事に組み合わさり、永遠に続くようなフィニッシュを生み出します。 ジェブ・ダナック氏:100点

    • Product Images
    • ハウエル・マウンテン・カベルネ・ソーヴィニヨン [2019] 750ml / Howell Mountain Cabernet Sauvignon

      • 132,000

      • 税抜120,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ロコヤ・ワイナリー
      生産地

      ナパ・ヴァレー「山カベ」の第一人者4つのマウンテン AVA の特徴を綿密に描き出す-LOKOYA- 創業1995年ロコヤは、ナパ・ヴァレーの4つの標高の高い山岳 AVA の自社畑及び厳選した契約農家から100%カベルネ・ソーヴィニヨンで4つのワインを造ります。マウント・ヴィーダー、ハウエル・マウンテン、スプリング・マウンテン、ダイヤモンド・マウンテン。カベルネ・ソーヴィニヨンを通して、各山岳 AVA の個性(気候、土壌、日照など)をグラスに注がれたワインに綿密に表現することを一貫した理念としています。標高が高い葡萄畑では栽培管理が非常に重要で日々細心の注意を払っていく必要があります。各ヴィンテージにおける畑の状況を深く理解し、収穫された果実の個性をそのままにワイン造りにおいても人的介入は最小限に抑え、果実が可能な限り自然で雄弁に表現できるように促すのはワインメーカー「クリストファー・カーペンター」の手腕。 クリストファー・カーペンター氏は、現在ジャクソン・ファミリー傘下のワイナリー、ナパ・ヴァレーではロコヤ、ラ・ホタ、カーディナル、マウント・ブレイブ、カラダン。南オーストラリアのヒッキンボッサムのワインメーカーを務めています。 ナパ・ヴァレーのヴァカ山脈の北東に位置するハウエル・マウンテン AVA の最高点は標高762m。自社畑W.S.キーズ・ヴィンヤードは1888年に植樹され、1995年の初ヴィンテージ以来、ロコヤのハウエル・マウンテン独占畑として造り続けられています。標高556m、霧ラインより遥かに高く、気温は低いが穏やかで、特にカベルネ・ソーヴィニヨンは熟すのに十分な生育期間がある為、皮の厚い葡萄となる特徴があります。畑はポンデローサ松の森に囲まれ、安定した風と日光を浴び、痩せた水はけの良い土壌は、葡萄の樹にストレスを与え、小粒のブドウが収穫でき、深みのある凝縮した味わいと、特徴的なミネラル感、土っぽさを持ち合わせます。 醸造:仏産樽(新樽91%)にて21ヶ月熟成 2019年ワインメーカー/クリス・カーペンターのコメント:「フレデリック・ヘスや W.S.キーズのような葡萄栽培のパイオニアが、1800 年代後半にハウエル・マウンテンをワイン産地として確立。特徴的な土壌は、火山性のトゥーファ土壌(火山灰堆積)と鉄分を含んだ赤い粘土、そして針葉樹が長い年月をかけて葉を土に埋め戻したことに由来します。サン・パブロ湾から北に向かう冷たく湿った空気の多くがハウエルを通過し、この地域の赤ワインにヨーロッパ的な特徴を与えています。2019 年のロコヤは、熟したブラックベリー、ダークチョコレート、トースト、松脂の風味にその効果が表れており、砂利のようなミネラルのスパイスが効いた素晴らしいテクスチャーの要素に支えられています。 ジェブ・ダナック氏:100点