Loading...

2000年 〜 2009年ワインの商品一覧

検索条件(116) 並べ替え
    • Product Images
    • オスピス・ド・ボーヌ ムルソー キュヴェ・グーロー [2007]750ml

      • 16,093

      • 税抜14,630

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2007
      生産者
      オスピス・ド・ボーヌ
      生産地

      オスピス・ド・ボーヌは、寄進された畑のワインを毎年11月の第3日曜日のオークションで売ることで運営されていいます。1443年、大法官ニコラ・ロランによって医療と擁護の施設である慈善院オスピス・ド・ボーヌが創設されました。寄進された畑のワインを毎年11月の第3日曜日の競売会で売ることで運営されていいます。現在では寄進された畑も60haを超え、ブルゴーニュにおける一大ドメーヌとなっています。毎年行われる、ワインオークションからの利益は、医療機器の最新化、快適にするための施設の改善と歴史的遺産の保護にすべて寄進されています。

    • Product Images
    • [2001] モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ ムルソー ル・プレ・ド・マンシュ 750ml [2001]

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2001
      生産者
      ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ
      生産地

      かのアンリ・ジャイエ翁とも並び称される伝説の醸造家アンドレ・ポルシュレ氏は、「オスピス・ド・ボーヌ」の醸造長(1976~1988年)、「ドメーヌ・ルロワ」の醸造長(1988~1993年)、再び「オスピス・ド・ボーヌ」の醸造長(1994~1999年)を歴任し、氏が手がけたオスピス・ド・ボーヌは、多くのネゴシアンが(オスピス・ド・ボーヌであることを伏せ、自社が造ったものとして)通常の自社ラベルで販売したという逸話が今に伝えられています。 現在、ポルシュレさんの孫娘カタルディーナ女史が醸造長を務めておりますが、80歳近くになる、ポルシュレさんは、今も毎日欠かさずドメーヌに来て、普通にトラクターで畑仕事をしているそうです!何しろ目の中に入れても痛くない孫娘ですので、栽培・醸造におけるあらゆる「秘奥義」が、惜しみなく彼女に伝授されています。 信頼のおける輸入元が、この2014年ヴィンテージより日本独占輸入を開始されたとのことで、早速ご案内させていただきます。今現在、じわじわと話題になってきておりますが、まだまだ他の生産者に比べ、価格は抑えられておりますので、今まさに注目すべきヴィニュロンです。 区画は「Le Pre de Manche」。0.18ha。泥土質土壌。樹齢約45年のVV。樽でアルコール発酵後、新樽率10%で18ヶ月間熟成。

    • Product Images
    • プレシャス・パーセル ・クロ・デ・ブーヴリー・プルミエ・クリュ [2005] 750ml / Précieuses Parcelles Clos des Bouveries Premier Cru

      • 17,600

      • 税抜16,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2005
      生産者
      デュヴァル・ルロワ
      生産地

      【「女性らしさ」「繊細さ」「気品」を兼ね備えたシャンパーニュ】 デュヴァル・ルロワの設立は1859年。シャンパーニュ商人であったアルマン・ルロワは、「良質なシャンパーニュは良質なブドウから」を信念とし、志を同じくするデュヴァル家と共にコート・デ・ブランの南ヴェルテュにメゾンを設立。以来、一貫した家族経営を貫いています。 6代目にあたる現当主のキャロル・デュヴァル=ルロワ氏は前当主であった夫を39歳の若さで亡くした後、幼い3人の息子を育てながらメゾンを受け継ぎました。彼女は女性であることをハンデとせず、伝統を守りつつも新たな試みを続け、メゾンの名声をより高めました。 彼女は女性としてはじめてシャンパーニュ生産者団体会長に就任した人物であり、レジオン・ドヌール勲章とレオポルド勲章を受賞している、シャンパーニュ地方でも有名な辣腕経営者となりました。 そんなキャロルさんが「女性らしさ」「繊細さ」「気品」をキーワードに造り上げるシャンパーニュは熟成感があり、柔らかく落ち着いているのが特徴です。どんなお料理にも負けることなく寄り添う様は、繊細でありながらも弱々しさはありません。美しく強かな「女性らしさ」を感じさせるシャンパーニュ。是非味わってみてくださいね。 【畑の特徴、味わい】 デュヴァル・ルロワ家が保有する歴史的な区画のル クロ・デ・ブーヴリーは、ヴェルテュの村を背にし、丘陵の中腹、真東向きに位置して います。例外的とも言える立地条件のおかげで、この地域の中でも 生育が最も早く、非常に凝縮された最良の果実、そして色合い、 香り、味わいの観点からも最適の状態を表現できるぶどうが生育し ます。 このシャンパーニュはテロワールと気候、カーヴ責任者のノウハウを反映しています。ル・クロ・デ・ブーヴリーはひとつの区画の単一品種から造られており、半量はオーク樽を用いることで木の繊細な香りが加わり、半量にタンクを用いることでピュアなミネラルがもたらされます。 レモン、白い花、ミネラルなど様々なアロマと果実を齧ったような活力のある風味が特徴です。グラスの中にたくさんの光とエネルギーが溢れるようなシャンパーニュに仕上がっています。 原語表記 Précieuses Parcelles Clos des Bouveries Premier Cru Duval-Leroy 産地 フランス/シャンパーニュ 容量 750ml タイプ 泡 品種 シャルドネ100%

    • Product Images
    • テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン [2005]750ml (箱なし) (並行品)

      • 19,360

      • 税抜17,600

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2005
      生産者
      テタンジェ
      生産地

      テタンジェ社の宝石と言われ、シャンパーニュ侯爵(チボー4世)の名を与えられているシャンパーニュです。彼は1240年の十字軍遠征に加わり、最も美しい赤いバラ“Damascina”と、シャルドネ種の祖先を持ち帰ったと言われています。ランスにある有名なサン・ニケーズ修道院のカーヴで注意深くその頂点に達するまで熟成させます。 次のような条件が重なった時にキュヴェが造られます。 ●非常に優れた収穫であること、ヴィンテージ・シャンパンに値する高品質なものであること。 ●高品質な畑から取られたブドウを選果したものであること。 ●一番絞り、“キュヴェ”のワインを使用し、完璧なフィネスが得られる保証があること。 ●キュヴェになるワインの一部を新樽で熟成させ、それがアサンブラージュで本質的な品質を引き上げること。 ●品種:シャルドネ 100% (コート・デ・ブラン産) コート・デ・ブランにあるAvize, Chouilly, Le Mensnil sur Oger, Ogerという4つの村から収穫されたシャルドネを使用しています。 ●醸造、熟成 ブレンドされるワインの5%がオーク風味をつけるため、新樽で熟成されました。ワインはセラーに4~5年熟成され、その間にゆっくりと開き、複雑さ、余韻の長さ、より良いバランスを与えます。 ●色 輝きのある淡いクリーム色で、繊細な泡が魅力的な紐状になって立ち上がります。 ●香り 洗練された白い花のような香りを持ち、またライム、ハシバミの実、蜂蜜が感じられます。 ●味わい 口に含むと、最初は生き生きとしているが、レモンパイの香りが広がります。余韻は長く、焼き立てのパンやブリオッシュの風味が感じられます。熟成させていくと味の厚みがでて、繊細さと複雑さに満ち、すぐれた芳香のバランスが期待されます。ロブスターや、タルトタタンのようなキャラメリゼされたデザートにもあいます。 ■2005ヴィンテージ情報■ 気温が高く、降水量の少ない年で、爽やかさとミネラル、コクと持続性を組み合わせた高品質のシャルドネが育ちました。その結果、生まれたコント・ド・シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン2005は、深みと複雑さがあり、表現力豊かでコクのあるシャンパンに仕上がりました。しっかりとした構造とリッチな風味は、高い熟成のポテンシャルを感じさせます。 軽く豊かな泡が浮かぶ薄いイエローのローブ。強いノーズは、カスタードクリームを思わせるクリーミーなノートに変わり、豊かな香りを醸し出します。ほのかなトースト香のノートを加えたノーズで後味を締めくくります。まず、しっかりとした構造的なバランスとほのかな果物の木の香りが漂うまっすぐで雑味のない飲み口に続いて、ピンクグレープフルーツのような完熟した果実の甘く、エレガントな風味が広がります。全体的に爽快感が強く、豊かで複雑な余韻が残ります。

    • Product Images
    • シャンパン ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年

      • 19,690

      • 税抜17,900

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      ジョゼフ・ペリエ
      生産地

      シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

    • Product Images
    • ボワゼル ジョワイヨ・ドゥ・フランス・ブリュット [2004]750ml/Boizel

      • 21,725

      • 税抜19,750

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2004
      生産者
      ボワゼル
      生産地

      ワイン・エンスージアスト 94ポイント! 最高に素晴らしいシャンパーニュ。豊かで複雑、ボワゼルの熟練技の真髄を示す。 醸造 極めてレアなヴィンテージであり、ポテンシャルの高さを示し、素晴らしく高い酸度を持つ。過去の偉大なヴィンテージとの比較に値する。グラン・クリュ、プルミエ・クリュのヴィラージでとれた葡萄のみを使用しており、ジョワイヨ・ドゥ・フランスのレンジが追求する複雑さと優雅さのポテンシャルを有する。シャルドネは、コート・ド・ブラン産、ピノ・ノワールは、モンターニュ・ドゥ・ランス産を使用している。 テイスティングノート 色は温もりのある黄金がかった黄色。繊細で細やかな泡が絶え間なく立ち昇り、優美でクリーミーな泡である。 ブケは、濃厚なアロマを持ち、豊富なフィネスと純度を表す。ドライフルーツ、アプリコット、甘いスパイスの含みを持ち、次第に、ミネラルの含みを背景に美味なブリオッシュやビスケットの含みを示す。 相性の良い料理 このシャンパーニュのフィネスと複雑さは、フランス料理のメインディッシュ、上質の前菜料理、ロブスターサラダ、熟成したパルメザンチーズと好相性。

    • Product Images
    • シャトー・カロン・セギュール [2003] 750ml / Chateau Calon-Segur

      • 23,100

      • 税抜21,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2003
      生産者
      シャトー・カロン・セギュール
      生産地

      サンテステフ特級格付3級 ハートラベルが目を引き、ギフトワインとして世界的に人気のカロンセギュール。 昔、このカロン・セギュールと当時から有名だったラフィットとラトゥールを所有していた セギュール伯爵が、「やはりラフィットかラトゥールがお好きですか?」との問いに、 『われラフィットとラトゥールを所有せり。されどわが心(=ハート)はカロンにあり』 と答えたエピソードが伝わっており、それにちなんでエチケットにはハートがモチーフとなっています。 しかし特級格付の3級だけあって、土壌のポテンシャルは高く、生産者の献身的な尽力もあって、 近年向上著しく、流石は特級格付と唸らせる高レベルです。 ロバート・パーカー氏:93点

    • Product Images
    • シャンパン ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム 2008年(箱入り・正規)

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      シャンパーニュ ポル・ロジェ
      生産地

      1849年創業という歴史を持った家族経営のシャンパン・メーカー。古典的なシャンパン製法を守り、最高水準のシャンパンを造り出しています。また、イギリス王室御用達にも任命されており、ボトルにはそのマークが入っています。ポル・ロジェでは、ステンレスタンクでアルコール発酵後、すぐにマロラクティック発酵。木樽は一切使用していません。また伝統的なルミアージュを重視しており、4人の熟練した専門の職人をセラーに配置しています。現在元クリュッグで働いていたドミニク・プティがセラーマスターを勤めています。使用する葡萄に関してはエペルネの峡谷とコート・デ・ブランにあり約85ヘクタールで自家栽培するほか、長年信頼関係にある個人農園からも仕入れています。セラーは地中深く(約35m)2層にわかれ、全長7キロにも及び、9℃に保たれています。 これはシャンパーニュ地方では最も低温で深い位置にあるセラーのひとつで、これがポル・ロジェ社の特徴である、いつまでも残るきめ細やかな泡立ちの要因のひとつであることは疑う余地がありません。 1908年に初めてポル・ロジェ社のシャンパンを飲んで以来、チャーチル首相は生涯毎日ポル・ロジェのシャンパンを飲んでいたという逸話はとても有名。特に絶賛したのが1928年もののヴィンテージシャンパンでした。その出会いは1944年11月のノルマンディ上陸作戦の成功を祝う会でのこと。シャンパン愛飲家のチャーチル首相に、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年「1928年」に造られたシャンパンを、ポル・ロジェ社一族のひとりオデット夫人(創業者孫の妻)がすすめたのが始まり。それを飲んだチャーチル首相は「私の味覚は単純で、最高のものにはすぐに満足してしまう」と賞賛し、以来その味わいの虜になったといわれています。 ロイヤルワラントは、王室の紋章を表示することを許される英国王室御用達の証です。「ポル・ロジェ」は以前から英国との結びつきも強く、王室の行事などでも供されてきました。今回の王室御用達の指定は、「ポル・ロジェ」社がエリザベス女王に対し、連続5年以上にわたり、相当数のシャンパンを納入してきたことにより、その品質の高さから任命されたものです。任命されたメーカーは、その製品等に王家の紋章を表示することが認められ、「ポル・ロジェ」社においてもシャンパンのパッケ−ジやボトルにその紋章を冠することが可能となります。 ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム2008年 1965年にチャーチル首相が亡くなった後、親交の深かったポル・ロジェ社では彼への哀悼と敬意を込めてシャンパンボトルを黒く縁飾ることにしました。そして10年後、1975年に最高のキュヴェだけを選んで瓶詰めし、1984年「キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」と名付けてリリースしました。その味わいは、チャーチル首相がこよなく愛したコクがあって熟成感のある独特のスタイルです。最高級のキュヴェだけを使うため、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年にしか造られていません。 豪華な金色で繊細で一貫性のある泡が途切れなく続きます。最初に白い花と焼き立てのブリオッシュのアロマが広がります。グラスの中で温度が上がると、ドライフルーツ、焼いたアーモンド、ヘーゼルナッツがほのかなオレンジの皮と共に表れます。味わいはすぐに力強さを感じ、それでいて極めてバランスが良く、特にグレープフルーツが際立つ柑橘系のリフレッシュできる風味にクリーミーなパイ生地のお菓子が加わります。2008年のヴィンテージの芳醇さと、比類ないキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチルのスタイルが融合し、余韻長いフィニッシュまで楽しめます。長期熟成の可能性もあるワインです。

    • Product Images
    • ジュヴレ・シャンベルタン グラン・クリュ 2008年 ニコラ・ポテル

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      メゾン・ニコラ・ポテル
      生産地

      メゾン・ニコラ・ポテルは1997年に、ヴォルネイの名門ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールを売却した後に設立されたネゴシアンです。ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールと言えばニコラの父にあたるジェラール・ポテル氏が一気に名声を高めたブルゴーニュでも類稀な生産者として有名です。今ではブルゴーニュ、トップクラスの生産者として名を連ねるドメーヌ・デュジャックのジャック・セイス氏にも師事したことは有名な話しです。 ニコラ氏は16歳でボーヌの醸造学校で学んだ後、ブルゴーニュの名だたる生産者で修業を積み、オーストラリア、カリフォルニアでも多くのことを学び、1992年に父のもと、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールに戻ってきました。その後5年間、有機栽培に大きな力を注ぎ、父の良きサポート役として活躍してきました。その後1997年にメゾン・ニコラ・ポテルを創立。設立間もなく父を亡くした後も持ち前の人柄と父譲りの幅広い人脈を活かし信頼できるネゴシアンとして数多くの優良ドメーヌから葡萄の供給を受けていました。 世界中において、多くのワイン通はブルゴーニュがフランスで最も高名なブドウ畑だと考えています。ボルドーやシャンパーニュと並び、ブルゴーニュはフランスで最も良く知られている産地です。天候や土壌の多様性もさることながら、格別の2品種が存在します。ピノノワールとシャルドネ。これらからブルゴーニュの偉大なる赤ワインと白ワインは造りだされています。メゾン・ニコラ・ポテルはこの地域の最も美しい大地でワインを造り、国際的評価を受けています。村、一級畑、特級畑は、ブドウとこのアペラシオンと大地の純度が明らかになり、非常に有名で推奨されています。ニコラ・ポテル氏は2004年にメゾン・ニコラ・ポテルを売却。2008年まではワインメーカーを務めていましたが、現在はネゴシアンのメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ、自社畑のドメーヌ・ド・ベレーヌを運営しています。 ジュヴレ・シャンベルタン グラン・クリュ 2008年 ニコラ・ポテル 特有のダイアモンドを想わせるような硬い輝きを内に秘めた銘酒。赤ワインの最高峰シャンベルタン特級。きめ細かくなめらかな果実の風味を大切にしつつ、力を内に秘めた繊細、優雅な味わいに仕上げられた赤ワイン。