Loading...

2000年 〜 2009年ワインの商品一覧

検索条件(151) 並べ替え
    • Product Images
    • 【限定10本】偉大な2000年リースリングVTS / アルベール・ボクスレ

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Sweet wine
      ヴィンテージ
      2000
      生産者
      アルベール・ボクスレ
      生産地

      偉大なリースリング・イヤーとして知られる2000年のヴァンダンジュ・タルディヴ/ボクスレのご案内。〈限定10本〉 ~アルザス★★★生産者が手掛ける芳醇なワイン~ アルベール・ボクスレは、伝統的なスタイルでワイン造りを行う家族経営の小さなドメーヌ。1946年、当時の当主アルベールが初めてボクスレの名でワインを生産。その後息子ジャン・マルクが数十年にわたり伝統を受け継ぎ、1996年に現当主ジャンが継承した。 ドメーヌがあるニーデルモルシュヴィル村は、標高約300メートルの小さな村。この村の北側にはボクスレのフラッグシップであるグランクリュ“ソンメルベルグ”が広がっている。ドメーヌからも眺められる南向きの急斜面畑で、一番高いところでは村から更に100メートルほど登り、標高約400メートルにも達する。標高が高く、急斜面、そして大きな花崗岩の塊が多く存在する。ソンメルベルグの畑からは、豊かなミネラル感と酸味が特徴のワインが産出される。 ボクスレが所有するもうひとつのグランクリュ“ブラント”は、隣村のトゥルクハイムに位置し、砂礫の花崗岩質土壌で、日当たりが良くブドウが良く熟す穏やかな丘陵畑。リッチな味わいのワインが産出される。 伝統的な方法で造られる至高の白ワインは、驚くほどにピュアでエレガント。今、最も注目されるアルザスの造り手といわれ、フランスの著名なワインガイドブック“Les Meilleurs Vins de France 2011”からは連続して3つ星を獲得している。 ■Riesling Grand Cru Sommerberg ソンメルンベルグの畑の畑は、土中には大きな塊の花崗岩がごろごろと見られる花崗岩質土壌。標高が400メートルにも達する急斜面の畑からは、豊かなミネラル感と垂直に伸びる酸味が特徴のワインが産まれます。

    • Product Images
    • 【限定3本】秀逸な2001年リースリングSGNs/アルベール・ボクスレ

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2001
      生産者
      アルベール・ボクスレ
      生産地

      オープニング限定!!秀逸な2001年のセレクションドグランノーブル/ボクスレのご案内。〈限定3本〉 生産年、生産量ともに少ない希少なワインです。 ~アルザス★★★生産者が手掛ける芳醇なワイン~ アルベール・ボクスレは、伝統的なスタイルでワイン造りを行う家族経営の小さなドメーヌ。1946年、当時の当主アルベールが初めてボクスレの名でワインを生産。その後息子ジャン・マルクが数十年にわたり伝統を受け継ぎ、1996年に現当主ジャンが継承した。 ドメーヌがあるニーデルモルシュヴィル村は、標高約300メートルの小さな村。この村の北側にはボクスレのフラッグシップであるグランクリュ“ソンメルベルグ”が広がっている。ドメーヌからも眺められる南向きの急斜面畑で、一番高いところでは村から更に100メートルほど登り、標高約400メートルにも達する。標高が高く、急斜面、そして大きな花崗岩の塊が多く存在する。ソンメルベルグの畑からは、豊かなミネラル感と酸味が特徴のワインが産出される。 ボクスレが所有するもうひとつのグランクリュ“ブラント”は、隣村のトゥルクハイムに位置し、砂礫の花崗岩質土壌で、日当たりが良くブドウが良く熟す穏やかな丘陵畑。リッチな味わいのワインが産出される。 伝統的な方法で造られる至高の白ワインは、驚くほどにピュアでエレガント。今、最も注目されるアルザスの造り手といわれ、フランスの著名なワインガイドブック“Les Meilleurs Vins de France 2011”からは連続して3つ星を獲得している。 ■Riesling Grand Cru Sommerberg ソンメルンベルグの畑は、土中には大きな塊の花崗岩がごろごろと見られる花崗岩質土壌。標高が400メートルにも達する急斜面の畑からは、豊かなミネラル感と垂直に伸びる酸味が特徴のワインが産まれます。豊かなミネラルと酸味は長期熟成を可能にします。

    • Product Images
    • シャンパン ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年

      • 19,690

      • 税抜17,900

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      ジョゼフ・ペリエ
      生産地

      シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

    • Product Images
    • Rictificando Invevenies Rouge A.O.C. Cote du Roussion Villages 2009

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
       M・シャプティエ
      生産地

      1808年にローヌ渓谷で創業したM.シャプティエ社は、自然のバランスとテロワールを尊重しワイン生産を行ってきました。ローヌを代表する造り手として高い評価を得るのみならず、世界各国でその土地の個性を表現するワインを生産しています。 M. シャプティエがルーシオンで選んだのはラトゥール・ド・フランス村。黒や茶色のシストはワインに太陽のタッチを与え、片麻岩(変成岩の一種)はミネラルとフレッシュさをもとらし、粘土と石灰質によって力強さとバランスが生み出されます。この土地からシャプティエが最初に世に送り出したワインが“ヴィーニュ・ド・ビラ・オー”と“ドメーヌ・ド・ビラ・オー オキュルタム・ラピデム”です。 そして、さらに6年をかけて “V.I.T.”が生まれました。ガリーグに囲まれた畑の70年の古樹のグルナッシュはリッチで複雑、粘土石灰質の土壌で時間をかけて熟したシラーは力強く、そのタンニンはシルクのよう。そして、自社の最も素晴らしいシストのテロワールのシラーはエレガントなアロマ、口中でのフィネスをもたらします。 2008年にはレスケルド村の程近く、石灰質の高い崖、山風の吹き抜ける乾いた土地から“レスケルダ”と名づけられた新たなワインが生まれました。花崗岩の風化による砂の土壌の350メートルの台地と丘で栽培された素晴らしいシラーとグルナッシュを主体としています。レスケルダとは、カタロニア語で「岩の崖」という意味を持っています。 花崗岩土壌。 深みのある明るい紫色。複雑で凝縮ラズベリー、白い花のアロマ、デリケートな口当たり、濃厚で心地よいタンニン。余韻の中にスミレや白胡椒を感じる。

    • Product Images
    • ボワゼル ジョワイヨ・ドゥ・フランス・ブリュット [2004]750ml/Boizel

      • 21,725

      • 税抜19,750

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2004
      生産者
      ボワゼル
      生産地

      ワイン・エンスージアスト 94ポイント! 最高に素晴らしいシャンパーニュ。豊かで複雑、ボワゼルの熟練技の真髄を示す。 醸造 極めてレアなヴィンテージであり、ポテンシャルの高さを示し、素晴らしく高い酸度を持つ。過去の偉大なヴィンテージとの比較に値する。グラン・クリュ、プルミエ・クリュのヴィラージでとれた葡萄のみを使用しており、ジョワイヨ・ドゥ・フランスのレンジが追求する複雑さと優雅さのポテンシャルを有する。シャルドネは、コート・ド・ブラン産、ピノ・ノワールは、モンターニュ・ドゥ・ランス産を使用している。 テイスティングノート 色は温もりのある黄金がかった黄色。繊細で細やかな泡が絶え間なく立ち昇り、優美でクリーミーな泡である。 ブケは、濃厚なアロマを持ち、豊富なフィネスと純度を表す。ドライフルーツ、アプリコット、甘いスパイスの含みを持ち、次第に、ミネラルの含みを背景に美味なブリオッシュやビスケットの含みを示す。 相性の良い料理 このシャンパーニュのフィネスと複雑さは、フランス料理のメインディッシュ、上質の前菜料理、ロブスターサラダ、熟成したパルメザンチーズと好相性。

    • Product Images
    • シャトー・カロン・セギュール [2003] 750ml / Chateau Calon-Segur

      • 23,100

      • 税抜21,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2003
      生産者
      シャトー・カロン・セギュール
      生産地

      サンテステフ特級格付3級 ハートラベルが目を引き、ギフトワインとして世界的に人気のカロンセギュール。 昔、このカロン・セギュールと当時から有名だったラフィットとラトゥールを所有していた セギュール伯爵が、「やはりラフィットかラトゥールがお好きですか?」との問いに、 『われラフィットとラトゥールを所有せり。されどわが心(=ハート)はカロンにあり』 と答えたエピソードが伝わっており、それにちなんでエチケットにはハートがモチーフとなっています。 しかし特級格付の3級だけあって、土壌のポテンシャルは高く、生産者の献身的な尽力もあって、 近年向上著しく、流石は特級格付と唸らせる高レベルです。 ロバート・パーカー氏:93点

    • Product Images
    • シャンパン ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム 2008年(箱入り・正規)

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      シャンパーニュ ポル・ロジェ
      生産地

      1849年創業という歴史を持った家族経営のシャンパン・メーカー。古典的なシャンパン製法を守り、最高水準のシャンパンを造り出しています。また、イギリス王室御用達にも任命されており、ボトルにはそのマークが入っています。ポル・ロジェでは、ステンレスタンクでアルコール発酵後、すぐにマロラクティック発酵。木樽は一切使用していません。また伝統的なルミアージュを重視しており、4人の熟練した専門の職人をセラーに配置しています。現在元クリュッグで働いていたドミニク・プティがセラーマスターを勤めています。使用する葡萄に関してはエペルネの峡谷とコート・デ・ブランにあり約85ヘクタールで自家栽培するほか、長年信頼関係にある個人農園からも仕入れています。セラーは地中深く(約35m)2層にわかれ、全長7キロにも及び、9℃に保たれています。 これはシャンパーニュ地方では最も低温で深い位置にあるセラーのひとつで、これがポル・ロジェ社の特徴である、いつまでも残るきめ細やかな泡立ちの要因のひとつであることは疑う余地がありません。 1908年に初めてポル・ロジェ社のシャンパンを飲んで以来、チャーチル首相は生涯毎日ポル・ロジェのシャンパンを飲んでいたという逸話はとても有名。特に絶賛したのが1928年もののヴィンテージシャンパンでした。その出会いは1944年11月のノルマンディ上陸作戦の成功を祝う会でのこと。シャンパン愛飲家のチャーチル首相に、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年「1928年」に造られたシャンパンを、ポル・ロジェ社一族のひとりオデット夫人(創業者孫の妻)がすすめたのが始まり。それを飲んだチャーチル首相は「私の味覚は単純で、最高のものにはすぐに満足してしまう」と賞賛し、以来その味わいの虜になったといわれています。 ロイヤルワラントは、王室の紋章を表示することを許される英国王室御用達の証です。「ポル・ロジェ」は以前から英国との結びつきも強く、王室の行事などでも供されてきました。今回の王室御用達の指定は、「ポル・ロジェ」社がエリザベス女王に対し、連続5年以上にわたり、相当数のシャンパンを納入してきたことにより、その品質の高さから任命されたものです。任命されたメーカーは、その製品等に王家の紋章を表示することが認められ、「ポル・ロジェ」社においてもシャンパンのパッケ−ジやボトルにその紋章を冠することが可能となります。 ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム2008年 1965年にチャーチル首相が亡くなった後、親交の深かったポル・ロジェ社では彼への哀悼と敬意を込めてシャンパンボトルを黒く縁飾ることにしました。そして10年後、1975年に最高のキュヴェだけを選んで瓶詰めし、1984年「キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」と名付けてリリースしました。その味わいは、チャーチル首相がこよなく愛したコクがあって熟成感のある独特のスタイルです。最高級のキュヴェだけを使うため、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年にしか造られていません。 豪華な金色で繊細で一貫性のある泡が途切れなく続きます。最初に白い花と焼き立てのブリオッシュのアロマが広がります。グラスの中で温度が上がると、ドライフルーツ、焼いたアーモンド、ヘーゼルナッツがほのかなオレンジの皮と共に表れます。味わいはすぐに力強さを感じ、それでいて極めてバランスが良く、特にグレープフルーツが際立つ柑橘系のリフレッシュできる風味にクリーミーなパイ生地のお菓子が加わります。2008年のヴィンテージの芳醇さと、比類ないキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチルのスタイルが融合し、余韻長いフィニッシュまで楽しめます。長期熟成の可能性もあるワインです。