Loading...

Rhone, ローヌ, フランスワインの商品一覧

ローヌ

フランス南東部のローヌ川流域に位置し、大きく北部と南部に分かれており、北部のワインはシラー、ヴィオニエのブドウ品種を主体として造られた、引き締まったボディが魅力。エルミタージュやコート・ロティ、コンドリュー、コルナスなどがその代表。
南部はグルナッシュが主に使用され、複数のブドウ品種をアッサンブラージュして造られることが多い。14世紀にローマ法王が4代にわたりアヴィニョンに移住したことで、発展したシャトー・ヌフ・デュ・パプ(法王のワイン)が特に有名。また天然甘口ワイン(V.D.N.)でも知られている。
検索条件(59) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン ルーサンヌ VV [2020]750ml (白ワイン) 【正規品】

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・ド・ボーカステル(ファミーユ・ペラン)
      生産地

      【正規代理店商品】 パーカー氏「ローヌのモンラッシェ」と呼ばれる古樹ルーサンヌ100%から成る偉大なる白ワイン ロマネ・コンティ並みの生産量しかないもっとも偉大なローヌの白! 南ローヌのワインを評価する上で1つの基準点となっているワイナリーがペラン家の所有するシャトー・ド・ボーカステルです。シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンの中でも比較的冷涼な北部に位置するこのワイナリーは、およそ100ヘクタールの自社畑を所有しています。ジェブ・ダナック氏も「シャトーヌフ・デュ・パプのワイン造りにおいて、この造り手の右に出る者は誰一人としていまい。」と評価する造り手です。 「シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン ルーサンヌ VV」は、畑の面積は僅か3ヘクタールで、樹齢75年という非常に古い木のブドウを使用しています。 土壌はアルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩。 良いブドウだけを厳選しながら手摘みで収穫します。空気圧を使ったプレスで圧搾し澱引き。50%は木樽、50%はステンレス・タンクで発酵させます。マロラクティック発酵後、8ヶ月間オーク樽とステンレス・タンクで別々に熟成させます。その後ブレンドして瓶詰め。 輝きのある麦わら色で、芳醇なアカシアの花やハチミツの香りがグラスから溢れてきます。非常に豊かで深みのある味わいです。 他に類を見ないほど複雑性に富み、完璧なバランスの取れた偉大な白ワイン。このワインの魅力を十分に引き出す為に、5~6年は寝かせてからお楽しみ下さい。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 非常に良い天候に恵まれた2020年は、質・量ともに豊かな年です。2019年よりも気温が低く、この年は生育サイクルを通じて風が強く、降雨量も少なかった。かなり穏やかな冬(3月24日から25日の夜に1度だけ霜が降りたが、最も早い区画にわずかに影響があっただけ)の後、春は晴天でかなり暖かく、風が強かったため、土壌は冷えたままであった。開花は5月18日に始まり、非常に健康な状態であった。6月、7月、8月と好天が続き、暑いながらも2019年より気温は低く、夜は涼しく湿度が高く、風も吹き続けたため、ブドウの鮮度が保たれ、完璧な衛生品質が保たれています。 収穫はかなり早く、コート・デュ・ローヌの白は8月26日に、ムールヴェードルは9月末まで、この非常に良い条件の下で行われました。9月は、初めは暑く、その後気温が下がったため、のどかな収穫日和となり、各区画を完璧な成熟度で収穫することができました。 収穫はとても健康的で、美しくジューシーでよく熟したブドウ、適度なアルコール度数、程よい酸味とすでに良いバランスでした。収量は2019年よりわずかに多く、最初のテイスティングでは非常に素晴らしいヴィンテージになることが予感されます。 ■テクニカル情報■ 生産地域:シャトー・ド・ボーカステルの畑は約70ha、そのうち8%(5~6ha)に白ブドウを栽培している。シャトーヌフ・デュ・パプはオランジュとアヴィニヨンの間に位置しています。ヴィエイユ・ヴィーニュの畑の面積はそのうち僅か3ヘクタールで、樹齢75年という非常に古い樹のブドウを使用しています。 土壌:アルプスの沖積層に覆われた海洋性砂岩(地元ではガレットとして知られている大きな丸石)。 ブドウ品種:ルーサンヌ100% 醸造:手で収穫後、選果してバスケットに集めます。空気圧のプレスで圧搾し、澱引き後に50%は樽で、残りの50%はステンレスタンクで発酵を行います。 熟成:マロラクティック発酵後、50%を樽で、50%をステンレスタンクで8ヶ月間熟成させます。 CHATEAU DE BEAUCASTEL BLANC ROUSSANNE VIEILLES VIGNES シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン ルーサンヌ VV 生産地:フランス ローヌ 南ローヌ 原産地呼称:AOC. CHATEAUNEUF DU PAPE ぶどう品種:ルーサンヌ 100% アルコール度数:14.5% 味わい:白ワイン 辛口 数十年にわたって、ボーカステルのペラン一家は、シャトーヌフ・デュ・パプで最も上質の最も安定した赤ワインを造ってきた。しかし一家は、ミディ全体の中でも最も注目すべき白ワインを造っている。 それが、樹齢65年以上のルーサンヌから造られるこのヴィエーユ・ヴィーニュだ。ワインにオークのアロマや風味が出過ぎないよう、半分はタンクで発酵し、残りを1年ものの樽で発酵している。 白のシャトーヌフは不思議なワインだ。非常に暑い地域で栽培され、必然的に酸の低い葡萄から造られているが、熟成させることができる。若いうちに美味しく飲めるものものも多いが、4年から8年の間は沈黙の時期で、それが過ぎると新たに開花する。赤のシャトーヌフがあまり際立っていない1987年のようなヴィンテージが、白ワインにとって最高であることが多い。ルーサンヌ・ヴィエーユ・ヴィーニュも例外でなく、1997年は素晴らしい見本だ。非常に豊かな果物の香りにアプリコットとマルメロがほのかに混じり、テクスチャーは豊満でグリセロールに富んでいる。肉付きが良く、フルボディで濃厚だが、重いワインではなく、驚くほど香味が長く続く。【死ぬまでに飲むべき1001ワインより】 ワインアドヴォケイト:97 ポイント Rating 97 Drink Date 2021 - 2030 Reviewed by Joe Czerwinski Issue Date 6th May 2022 Source May 2022 Week 1, The Wine Advocate From vines planted in 1909, the 2020 Chateauneuf du Pape Roussanne Vieilles Vignes is entirely barrel-fermented and matured, half in new oak from Chassin and half in second-use steam-bent barriques from Dargaud & Jaegle. It's much like the regular Beaucastel CdP Blanc, but more and sometimes more really is more. With waves of honeyed pear and pineapple fruit folded together on the full-bodied palate, it's creamy and rich, yet vibrant and refreshing on the long, luxurious finish. The aging curve of this wine is never easy to predict, as some vintages close up tight soon after release only to open up after several years in the cellar, while others seem to exude opulence throughout their life. ジェームスサックリング:96 ポイント CHATEAU DE BEAUCASTEL CHATEAUNEUF-DU-PAPE BLANC ROUSSANNE VIEILLES VIGNES 2020 Thursday, April 7, 2022 CountryFrance RegionRhone Valley Vintage2020 Score 96 Wonderful nose of acacia honey and ripe apricot. Super-concentrated with great textural complexity, this white Chateauneuf is built on a lavish scale, but is so precise and glides off into the far distance. 100% roussanne from ancient vines. From organically grown grapes. Drink or hold.

    • Product Images
    • シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ ブラン [2020]750ml (白ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Chateau de Beaucastel
      生産地

      【正規代理店商品】 ルーサンヌを主体に複数の白ブドウをブレンドして造られる、ボーカステルの稀少な白ワイン! 南ローヌのワインを評価する上で1つの基準点となっているワイナリーがペラン家の所有するシャトー・ド・ボーカステルです。シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンの中でも比較的冷涼な北部に位置するこのワイナリーは、およそ100ヘクタールの自社畑を所有しています。ジェブ・ダナック氏も「シャトーヌフ・デュ・パプのワイン造りにおいて、この造り手の右に出る者は誰一人としていまい。」と評価する造り手です。 「シャトーヌフ・デュ・パプ ブラン」は、シャトー・ドゥ・ボーカステルが持つ、7ヘクタールの畑になる白ブドウを使用します。アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩の土壌。熟したブドウは手で摘まれ、品種ごとに分けられます。空気圧による圧搾と、澱引きが施され、30%が木樽で、残りの70%がタンクで発酵されます。8ヶ月間別々に熟成させた後、ブレンドして瓶詰め。 黄金色がかったイエロー。グリーンの色調も見られます。アカシアの花、ハチミツ、柑橘系のフルーツのアロマ。とても柔らかく深みのある味わいでトーストやハチミツのニュアンスが感じられます。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 非常に良い天候に恵まれた2020年は、質・量ともに豊かな年です。2019年よりも気温が低く、この年は生育サイクルを通じて風が強く、降雨量も少なかった。かなり穏やかな冬(3月24日から25日の夜に1度だけ霜が降りたが、最も早い区画にわずかに影響があっただけ)の後、春は晴天でかなり暖かく、風が強かったため、土壌は冷えたままであった。開花は5月18日に始まり、非常に健康な状態であった。6月、7月、8月と好天が続き、暑いながらも2019年より気温は低く、夜は涼しく湿度が高く、風も吹き続けたため、ブドウの鮮度が保たれ、完璧な衛生品質が保たれています。 収穫はかなり早く、コート・デュ・ローヌの白は8月26日に、ムールヴェードルは9月末まで、この非常に良い条件の下で行われました。9月は、初めは暑く、その後気温が下がったため、のどかな収穫日和となり、各区画を完璧な成熟度で収穫することができました。 収穫はとても健康的で、美しくジューシーでよく熟したブドウ、適度なアルコール度数、程よい酸味とすでに良いバランスでした。収量は2019年よりわずかに多く、最初のテイスティングでは非常に素晴らしいヴィンテージになることが予感されます。 CHATEAU DE BEAUCASTEL CHATEAUNEUF DU PAPE BLANC シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ ブラン 生産地:フランス ローヌ 南ローヌ 原産地呼称:AOC. CHATEAUNEUF DU PAPE ぶどう品種:ルーサンヌ80%、グルナッシュ・ブラン15%、ピカルダン、クレレット、ブールブーラン5% アルコール度数:14.5% 味わい:白ワイン 辛口 ワインアドヴォケイト:94 ポイント Rating 94 Drink Date 2021 - 2026 Reviewed by Joe Czerwinski Issue Date 6th May 2022 Source May 2022 Week 1, The Wine Advocate Beaucastel's 2020 Chateauneuf du Pape Blanc is 80% Roussanne (half in new oak and half in second-use wood) and 20% other permitted varieties (made in stainless steel). Honeyed pear and pineapple notes dominate the nose, while the palate is full-bodied rich and luscious, yet remains vibrant, refreshing and long on the finish. I find it delicious now and don't see any need to age it, although it will undoubtedly hold together for several years. ジェームスサックリング:94 ポイント CHATEAU DE BEAUCASTEL CHATEAUNEUF-DU-PAPE BLANC 2020 Thursday, April 7, 2022 CountryFrance RegionRhone Valley Vintage2020 Score 94 You could almost mistake this very sophisticated and elegant white Chateauneuf for a white Burgundy, if it wasn’t for the pronounced fresh-apricot note. This is ripe and fleshy, but in a refined way, the acidity at the finish supple, but it remains very clean and straight. A blend of roussanne with a small amount of grenache blanc. From organically grown grapes. Drink or hold.

    • Product Images
    • シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ [2019]750ml (赤ワイン)

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ド・ボーカステル(ファミーユ・ペラン)
      生産地

      【正規代理店商品】 シャトーヌフ・デュ・パプのAOCで認可された13ブドウ品種全てを使用して造られる、ボーカステルのフラッグシップワイン! 南ローヌのワインを評価する上で1つの基準点となっているワイナリーがペラン家の所有するシャトー・ド・ボーカステルです。シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンの中でも比較的冷涼な北部に位置するこのワイナリーは、およそ100ヘクタールの自社畑を所有しています。ジェブ・ダナック氏も「シャトーヌフ・デュ・パプのワイン造りにおいて、この造り手の右に出る者は誰一人としていまい。」と評価する造り手です。 「シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ」は、シャトー・ドゥ・ボーカステルが持つ、70ヘクタールの畑になるブドウを使用します。アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩の土壌。ブドウは手摘みされ、熟練した職人の手によって選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80℃まで加熱後、20℃まで冷却されます(フラッシュ・ヒーティングシステム)これにより殺菌。マセラシオンは古典的な手法で、シラーとムールヴェードルは蓋のない木製の大樽で、他の品種はコンクリート・タンクで行われます。マロラクティック発酵の後、ブレンド作業を行います。その後、ワインは1年間大きなオーク樽の中で熟成され、卵白での清澄後、瓶詰めされます。更に最低1年間セラーで瓶熟されリリースされます。 非常に深みのあるビロードの様な赤色です。幅の広い複雑なアロマで、赤いベリー系の果物、なめし皮、トリュフやジャコウの香りを含みます。コショウ、甘草等の香辛料のシャープな雰囲気も感じられます。 ■2019年ヴィンテージ情報■ 9の年は定期的にワイン生産者の記憶に刻まれるが、この年もその例外ではないようだ。4月上旬の早い芽吹きの後、開花が進み、すべての畑で良好なコンディションで開花しました。6月末から猛暑が続いたが、ブドウの木は果敢に抵抗し、特にカモミールティーを散布して暑さをしのいだおかげで、水ストレスはほとんど感じなかった。そして、収穫はいつも通り、特に急ぐこともなく行われた。ワインは、再び幸運の星の下に生まれた9年目のヴィンテージとして期待に満ちている。 CHATEAU DE BEAUCASTEL CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE シャトー・ド・ボーカステル シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ 生産地:フランス ローヌ 南ローヌ 原産地呼称:AOC. CHATEAUNEUF DU PAPE ぶどう品種:ムールヴェードル30%、グルナッシュ30%、シラー10%、クノワーズ10%、サンソー5%。他(ヴァケラス、テレ・ノワール、ミュスカルダン、クレレット、ピクプール、ピカルダン、ブールブーラン、ルーサンヌ) アルコール度数:14.5% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ジェームスサックリング:97 ポイント CHATEAU DE BEAUCASTEL CHATEAUNEUF-DU-PAPE 2019 Thursday, April 7, 2022 CountryFrance RegionRhone Valley Vintage2019 Score 97 So much ripe damson-plum and blackberry fruit, but also notes of licorice, candied ginger and baking spices. In spite of all the considerable power and concentration, this is anything but loud or domineering, rather it tastes very poised and precise. Very long finish with pronounced stony character. From organically grown grapes. Drink or hold. ワインアドヴォケイト:95 ポイント Rating 95 Drink Date 2026 - 2038 Reviewed by Joe Czerwinski Issue Date 6th May 2022 Source May 2022 Week 1, The Wine Advocate The dark-fruited, plummy and cola-scented 2019 Chateauneuf du Pape is a rich, full-bodied effort reminiscent of the 2007 or 2009. Dense, powerful and savory, it may drink well for a short time on release, but expect it to close up shortly, only to reemerge in several years. There's ample concentration and sufficient tannins for the long haul, with a long, dusty finish and hints of licorice that bode well for the future. VINOUS:95 ポイント 95pts Drinking Window 2026 - 2036 From: Chateauneuf-du-Pape Weathers the Challenges and Changes (Oct 2021) Saturated violet color. Powerful, mineral-accented cherry, blackberry, licorice and -garrigue- scents, along with a hint of candied flowers. Deep, penetrating and alluringly sweet, offering cherry liqueur, dark berry, lavender, exotic spice and cola flavors that are given spine by a core of juicy acidity. In a concentrated yet lively, fluid style. Finishes extremely long and precise, with building tannins and a powerful echo of spiciness and florality. - By Josh Raynolds on July 2021

    • Product Images
    • ステファン・オジェ コート・ロティ・ランスモン&ベル・エレーヌ2010 マグナム2本セット 1500mlx2本

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      ドメーヌ・ステファヌ・オジェ
      生産地

      ●セット内容(各1本) ステファン・オジェ コート・ロティ・ランスマン2010 (WA99点) 1500ml ステファン・オジェ コート・ロティ・ラ・ベル・エレーヌ2010 (WA100点) 1500ml ~しなやかな優美さを真髄とする新しいコート・ロティ~ オジェ家は、コート・ロティの中心地アンピュイを拠点に、何世代にもわたりブドウ農家を営んできた。 シャプティエやギガルなどネゴシアンにブドウを販売し生計を立てていたが、1983年に父ミッシェル・オジェがワインを醸造してドメーヌ元詰めを始めた。当時6歳だったステファンは父が行うワイン造りに魅了され将来ワイン醸造家になることをその時に決意する。ボーヌや南アフリカで修業を積んだステファンが1997年にドメーヌに加わり、親子二人三脚でワイン造りがスタート。数年後にはコート・ロティのトップ生産者に数えられる注目すべき存在となる。 2007年以降、すべての栽培と醸造を息子ステファンが引き継ぎ、世代交代が行われた。華やかでセクシー、そしてしなやかな優美さを合わせ持つ新しいコート・ロティのスタイルを確立していく。ステファン曰く、『コート・ロティはパワフルなイメージがあるけど、畑はローヌ渓谷でも最北に位置する非常に傾斜のきつい丘陵地、本来はフィネスがありエレガントなワインが造られる。』その特徴をワインに表現しようと日々研鑽を積む。 父とワインに対する考え方の大きな違いはないが、ブルゴーニュで行われている細かな畑の作業や区画(リューディ―)ごとに収穫、醸造することを取り入れることでより洗練されたワインへとステップアップしていった。現在、コート・ロティには、20区画を所有、それらの区画をさらに樹齢や土壌キャラクターの違いで66タンクに分けて醸造を行っている。また区画ごとに全房発酵か除梗するかを判断している。

    • Product Images
    • ステファン・オジェ コート・ロティ・コート・ブロンド・ランスマン3本セット(2001・2005・2009ヴィンテージ)

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
      ドメーヌ・ステファヌ・オジェ
      生産地

      ●セット内容(各1本) コート・ロティ・コート・ブロンド・ランスマン2009年(WA99点) ほぼ完ぺきな2009年のコート・ロティ ランスマン コート・ブロンドは驚くほど薫り高く、例えばブラック・ラズベリー、ブラックベリー、グラファイト、林床、タプナードや仄かに燻製の香りなどが感じられる。シルキーなタンニンと驚異的に刺激的な口当たり、フィニッシュには軽めから中程度のタンニンがあり、2~4年間は瓶熟成させることを勧めるが、20年かそれ以上でも飲み頃となるだろう。(ロバート・パーカー) コート・ロティ・コート・ブロンド・ランスマン2005年(WA96点) コート・ロティ・コート・ブロンド・ランスマン2001年(WA-点) ~しなやかな優美さを真髄とする新しいコート・ロティ~ オジェ家は、コート・ロティの中心地アンピュイを拠点に、何世代にもわたりブドウ農家を営んできた。 シャプティエやギガルなどネゴシアンにブドウを販売し生計を立てていたが、1983年に父ミッシェル・オジェがワインを醸造してドメーヌ元詰めを始めた。当時6歳だったステファンは父が行うワイン造りに魅了され将来ワイン醸造家になることをその時に決意する。ボーヌや南アフリカで修業を積んだステファンが1997年にドメーヌに加わり、親子二人三脚でワイン造りがスタート。数年後にはコート・ロティのトップ生産者に数えられる注目すべき存在となる。 2007年以降、すべての栽培と醸造を息子ステファンが引き継ぎ、世代交代が行われた。華やかでセクシー、そしてしなやかな優美さを合わせ持つ新しいコート・ロティのスタイルを確立していく。ステファン曰く、『コート・ロティはパワフルなイメージがあるけど、畑はローヌ渓谷でも最北に位置する非常に傾斜のきつい丘陵地、本来はフィネスがありエレガントなワインが造られる。』その特徴をワインに表現しようと日々研鑽を積む。 父とワインに対する考え方の大きな違いはないが、ブルゴーニュで行われている細かな畑の作業や区画(リューディ―)ごとに収穫、醸造することを取り入れることでより洗練されたワインへとステップアップしていった。現在、コート・ロティには、20区画を所有、それらの区画をさらに樹齢や土壌キャラクターの違いで66タンクに分けて醸造を行っている。また区画ごとに全房発酵か除梗するかを判断している。