Loading...

Screaming Eagleワインの商品一覧

検索条件(2) 並べ替え
    • Product Images
    • カベルネ・ソーヴィニヨン [2018] 750ml / Cabernet Sauvignon

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      スクリーミング・イーグル
      生産地

      【正規代理店商品】 ワインアドヴォケイト誌にて100点満点を獲得! 世界中のワインコレクター垂涎の的、無類の個性を放つ、カリフォルニア・カルトワインの頂点。雄大なスケール感を有する幻の逸品。 業界で一番影響力があると言われたワイン評論家ロバート・パーカー氏が、この1992年のスクリーミング・イーグルに99点を付けたことが発端でした。その後、スクリーミング・イーグル1993年が97点、1994年が94点、1995年が99点、1996年が98点、そして1997年が100点満点を獲得し、ナパ・ヴァレーで最も入手困難なワインとして世界中のワイン・コレクターの垂涎の的となります。2000年のオークションでは、マグナムボトルに50 万ドル(当時で約5300万円) の値が付き話題となります。 勢いは止まらず、その後ロバート・パーカー氏はスクリーミング・イーグルのワインに4回、100点満点を付け(1997年、2007年、2010年、2012年)、ニアミスの99点も3回、98点は合計4度も付けています。その後、ロバート・パーカーからワイン・アドヴォケイトの編集長の座を引き継いだリサ・ペロッティ・ブラウンMWも2015年と2016年ヴィンテージのスクリーミング・イーグルに、リリース以降5度目と6度目となる100点満点を連続で付けました。 デビュー・ヴィンテージから25年以上たった現在でも不動の人気を誇る、言わずと知れた「ザ・カルトワイン」です。 現在はJonata やThe Hilt のオーナーとして知られるStan Kroenke(スタン・クロンキー)がオーナーです。ミシェル・ローランをコンサルタントに迎え、2012年ヴィンテージからは、親日家で花火職人の資格を持つ若き天才ワインメーカー、Nick Gislason(ニック・ジスラソン)が醸造を担当します。 年間生産数は僅か6000本程度で、日本に正規で輸入される本数は本当にごく僅かだそうです。転売などで市場に出たスクリーミング・イーグルは、とんでもない価格になっており究極のコレクターズアイテムです。最も入手困難なカリフォルニア・カルトワインの頂点と言うべき、誰もが憧れる逸品、ぜひお楽しみください。 SCREAMING EAGLE CABERNET SAUVIGNON Oakville Napa Valley スクリーミング・イーグル カベルネ・ソーヴィニヨン 生産地: アメリカ カリフォルニア ノース・コースト ナパ 原産地呼称:AVA. OAKVILLE 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 77%、メルロ 15%、カベルネ・フラン 8% アルコール度数:14.8% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ワインアドヴォケイト:100 ポイント Rating 100 Release Price NA Drink Date 2025 - 2065 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 6th Nov 2020 Source November 2020 Week 1, The Wine Advocate Medium to deep garnet-purple colored, the 2018 Screaming Eagle soars out of the glass with vibrant notions of ripe blackberries, black cherries and fresh red and black currants plus wafts of licorice, candied violets, cedar chest and clove oil with a beguiling touch of sea spray. Medium-bodied with jaw-dropping elegance, the palate is finely textured and yet built like a brick house with a super taut backbone and exquisitely knit acidity. The intense black and red fruit flavors are accented by layers of mineral and floral notions, finishing with incredible length and depth. Undeniably stunning. “I loved it!” winemaker Nick Gislason told me when I asked him for his thoughts on the 2018 vintage. “Everything is just really perfumey with a lot of verve and a lot of freshness. It’s a wholesome vintage, if that makes sense? The canopies were big and healthy; there was a lot of life in the vineyard. After 2017, it felt like the bloom that comes afterward.” He went on to say, "We made a little 2017 red. Only four barrels of the Cab! Ten barrels of The Flight. Only from grapes that came in before the fires?mainly Merlot and a couple of blocks of Cabernet." Whereas Screaming Eagle is mainly sourced from Cabernet Sauvignon grown on the western side of the estate, there is one plot of old Merlot (1980s plantings) on the eastern side of the vineyard that continually makes the backbone of this Second Flight/The Flight. This is planted on very gravelly, well-drained soils. Gislason explained, “The Cabernet Sauvignon for The Flight is always about being fresh, light and perfumey, without the firmer tannins that Cabernet can sometimes give. There is a ‘fresh’ end of the property that this tends to come from. There is some other Merlot on the other side of the property that doesn’t have the acidity, perfume or brightness we’re looking for. We don’t use this in The Flight.” vinous:98+ ポイント 98+ pts Screaming Eagle 2018 Screaming Eagle Oakville, Napa Valley Red wine from United States Drinking window: 2026 - 2043 The 2018 Screaming Eagle is fabulous. Cabernet Sauvignon is so expressive today. Cr?me de cassis, lavender and spice open first, followed by sage, lavender, rose petal and a whole range of more floral and savory notes that convey freshness as well as energy. A wine of total class and sophistication, the 2018 is a knock-out from the very first taste. There is an exoticism that I find especially alluring. Antonio Galloni. Tasting date: December 2020

    • Product Images
    • スクリーミング・イーグル ザ・フライト [2016]750ml

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      スクリーミング・イーグル
      生産地

      【正規代理店商品】 これまでに飲んだフライトの中でザ・ベストの2016年! ナパ最高のメルロー・ブレンド、スクリーミング・イーグルによる「ザ・フライト」! カベルネ90%以上のスクリーミング・イーグルに対してザ・フライトはメルロ比率を30%程度高めている。世界で最も高額なワインの新たな試み!! スクリーミング・イーグルのセカンドワイン。 比較的樹齢の若い樹やスクリーミング・イーグルに使用されなかったワインで醸造。極めて入手困難なワイン。ワイナリーとしては、スクリーミング・イーグルの熟成を待つ間に楽しむメルロー主体の別ワインとして取り扱われているようです。 2016年スクリーミング・イーグルは、ワインアドヴォケイト、VINOUS、Jサックリング3評価誌とも100点満点を獲得したスーパーヴィンテージ! このザ・フライトもWA97+、VINOUS98、JS99!と超高評価! VINOUSでは、「スクリーミング・イーグルの2016年の2つのワインは、とんでもなく素晴らしい。特に、ザ・フライトの近年のステップアップには驚かされるばかりだ」と大絶賛! 2017年は山火事の影響もあり、生産量激減。日本への入荷はどうなることやら。。。 Screaming Eagle The Flight Red Wine Oakville Napa Valley 生産地:アメリカ カリフォルニア ナパ アペラシオン:Napa Valley 品種:メルロ66%、カベルネ・ソーヴィニョン23%、カベルネ・フラン11% 味わい:赤ワイン 辛口 フルボディ ※2015ヴィンテージより、商品名が「セカンド・フライト」から「ザ・フライト」に変更されています。 ワインアドヴォケイト:97+ポイント Rating 97+ Release Price NA Drink Date 2022 - 2050 Reviewed by Lisa Perrotti-Brown Issue Date 17th May 2019 Source May 2019 Week 2, The Wine Advocate Composed roughly of two-thirds Merlot with 5% Cabernet Franc and the rest Cabernet Sauvignon, the medium to deep colored 2016 The Flight opens with bold, expressive notions of wild blueberries, warm plums and boysenberries with touches of black raspberries, spice cake, violets, dark chocolate and potpourri with a hint of menthol. Full-bodied, rich, spicy and jam-packed with energy, it has beautifully plush tannins texturing the multilayered blue and black fruits, delivering a very long, perfumed finish. VINOUS:98 ポイント Antonio Galloni. Tasting date: October 2018 Drinking window: 2024 - 2036 The 2016 The Flight is gorgeous. Dark, brooding and closed in on itself, the 2016 is going to need a number of years to be at its very best, but it is incredibly beguiling today. Plum, black cherry, lavender, blood orange menthol, and a host of more mineral-driven notes punctuate this super-expressive wine. This is a decidedly tannic and powerful edition of The Flight. I can't wait to see how it ages. Bottled just six weeks before this tasting, the 2016 appears to have a very bright future. Time in the glass brings out some of the softer edges that will almost surely emerge with cellaring. The Flight is built on a core of older Merlot vines from the southeast corner of the estate. It is an absolutely riveting wine from Screaming Eagle. ジェームスサックリン:99ポイント Antonio Galloni. Tasting date: October 2018 Drinking window: 2024 - 2036 This is the best Flight I have ever had with so much merlot character coming through with black olives, hazelnuts, brown sugar and blackberries, as well as violets. Full-bodied yet linear and very long. Extremely refined and fresh. Needs a few years to come completely together, but already so refined.