Loading...

「神に愛された村」ヴォーヌ・ロマネワインの商品一覧

「神に愛された村」ヴォーヌ・ロマネ

ヴォーヌ・ロマネは、「ブルゴーニュの丘の中心に輝く宝石」、「神に愛された村」と称えられ、世界有数のワインの一つ、ロマネ・コンティを擁するアペラシオンです。赤ワインの銘醸地が揃うコート・ド・ニュイ地区の中央に位置し、ヴォーヌ・ロマネ村とフラジェ・エシェゾー村から成るこの珠玉のアペラシオンは、中世から現在に至るまで数多くの人々を魅了し続けています。

最大の特徴は8つのグランクリュを有している点。「ヴォーヌ・ロマネに平凡なワインはない」と言われるほど、その優れたテロワールから優雅さと気品に溢れたワインが数多く生産されています。


ロマネ・コンティ:周囲をすべてグラン・クリュに囲まれた日当たりの良い東南東の向きの畑。まさにブルゴーニュの頂点といっても過言ではありません。


ラ・ターシュ:ラ・グランド・リュの南に接し、その力強い味わいに「ロマネ・コンティの腕白な弟」という異名もつけられている魅力的なワインの生まれる畑です。


ラ・グランド・リュ:ロマネ・コンティとラ・ターシュの間という絶好の場所に位置しており、AOC法設立時は一級畑でしたが1992年に特級に昇格しています。


リシュブール:南側がロマネ・コンティに隣接する偉大な特級畑。表土の薄い土壌がワインに複雑な要素を与え、濃密で力強い味わいに仕上がります。


ラ・ロマネ:僅か0.85haというフランス最小のグラン・クリュ。東はロマネ・コンティ、北はリシュブールが隣接し、かつて、ロマネ・コンティとラ・ロマネは同じブドウ畑であったとも言い伝えられています。


ロマネ・サン・ヴィヴァン:フランス革命まで修道院が所有していたロマネ・コンティとリシュブールの斜面下部に位置した畑。標高が低く、白亜が豊富な土壌が特徴です。


エシェゾー:コート・ド・ニュイ地区の中では2番目に大きく、ヴォーヌ・ロマネに所属する11区画が集合した畑です。標高、傾斜、土壌などテロワールの差異によりワインの質も様々と言われています。


グラン・エシェゾー:エシェゾーに接し、クロ・ド・ヴージョに隣接する畑です。D.R.C.をはじめトップ生産者の確かな品質のワインが手に入ります。

検索条件(36) 並べ替え
    • Product Images
    • 【オープニング限定15%OFF】ヴォーヌ・ロマネ 2017×6本 / ベルトー・ジェルベ

      • 49,368

      • 税抜44,880

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・ベルトー・ジェルベ
      生産地

      横浜君嶋屋TERRADA WINE MARKET出店記念セール 通常6本で58,080円のところ49,368円でお買い求め頂けます。 限定5セットとなっておりますのでお早めに! ドゥニ・ベルトーは、18世紀末に創業したフィサンを代表するドメーヌのひとつ。2013年ヴィンテージから、7代目となる娘のアメリーに世代交代した。アメリーは、父親がドゥニ・ベルトー、 母親がヴォーヌ・ロマネのフランソワ・ジェルベの当主、マリーアンドレ・ジェルベという幸運な血筋の持ち主。両親共に醸造家であるアメリーは、歴史ある父親のドメーヌと共に、母方からもヴォーヌ・ロマネの畑を継承し、計13ヘクタールの畑を所有する。(※2015年ヴィンテージからフランソワ・ジェルベのドメーヌも引き継ぐ) 「よいワインはよい畑から」という信条で、年間を通してブドウ栽培に多大な労力を割いている。環境を尊重し、除草剤を使用しない持続可能で自然な農法を実践。丁寧に選果されたブドウは、ポンプを使わず重力でやさしくコンクリート発酵槽に移され、発酵前低温浸漬。発酵後は15~20カ月間樫樽で熟成する。従来の方法に固執せず新しい設備への投資も積極的に行っている。

    • Product Images
    • ロマネ・サン・ヴィヴァン・グラン・クリュ [2010] 750ml / Romanee-Saint-Vivant Grand Cru

      • 545,600

      • 税抜496,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
      生産地

      ★DRCロマネ・サン・ヴィヴァンのバックヴィンテージが入荷!! 輸入元:ファインズ 世界最高峰のワインとして不動の地位を築くDRC、こちらのロマネ・サン・ヴィヴァンは、ロマネ・コンティやリシュブールに隣接したグラン・クリュ。歴史を遡ればロマネ・コンティの一部であったこの区画を、数あるドメーヌの中でもDRCが最大面積を保有しています。 ラ・ターシュの力強さやリシュブールの華やかさと比較すると、突出しているのはその香り高さ。そのかぐわしさはロマネ・コンティに次ぐといわれ、ファンの間では『プチ・ロマネ・コンティ』と呼ばれているほど高い評価を得ています。 DRCのロマネ・サン・ヴィヴァンはビロードやシルクのような口当たりと繊細な香り、全体に引き締まっていながらも深い味わい。 ロマネ・サン・ヴィヴァンの一番良い説明はその名前です。ロマネの側面はエレガントさであり、シルキーで貴族のようなワイン。もうひとつの側面はサン・ヴィヴァンであり、ロマネ・サン・ヴィヴァンを創り出した修道士のような厳格さを表現。平均樹齢50年の樹から造られており、株の由来、農法、醸造・熟成方法はロマネ・コンティと同じもの採用し、違いはテロワールただ一つです。 輸入元テイスティングコメント 表現力に満ちた香り。複雑さを感じさせるアロマ。引き締まっており、力強く、そして余韻が長い。タンニンは固いが甘美である。偉大なロマネ・サン・ヴィヴァン。

    • Product Images
    • グラン・ゼシェゾー・グラン・クリュ [2009] 750ml / Grands-Echezeaux Grand Cru

      • 324,500

      • 税抜295,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
      ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
      生産地

      ★DRCグランエシェゾーのバックヴィンテージが入荷!! 輸入元:ファインズ ブルゴーニュ最高峰のワインとして不動の地位を築くDRC、こちらのグラン・エシェゾーは、ミュジニー、クロ・ヴージョ、エシェゾーに囲まれた超・好立地。ドメーヌの中では最長と言われる熟成のポテンシャルを秘めています。 DRCのグラン・エシェゾーは、クロ・ヴージョの畑の最も良い区画の上部に位置しており、グラン・クリュの中でも偉大な畑の1つと言えます。エシェゾーも偉大なワインの1つですが、もう少し上部に位置しており土地が若干浅く、岩が多いためグラン・エシェゾーで生まれるワインと同じ味は期待できず、グラン・エシェゾーほどの深みはありません。グラン・エシェゾーはエシェゾーに比べるとより花のような香りやエレガントさが目立つ偉大なワイン。 輸入元テイスティングコメント 美しく濃いローブ、エシェゾーに比べ厚みがある。力強いストラクチャー。コショウのニュアンスとともに、グラン・エシェゾーに典型的な控えめなエレガントさ、すばらしく長く続く余韻。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ メジエール アンフォラ [2017] 750ml / Vosne - Romanée Maiziéres Amphora

      • 7,700

      • 税抜7,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      フレデリック・マニャン
      生産地

      APヴォーヌ・ロマネ 1級スショに隣接、クロ・ヴージョ、エシェゾー、ロマネサンヴィヴァンにもほど近い村名畑! フレデリック・マニャン氏は、自らの所有畑という制限された範囲でしかワインを表現出来ないドメーヌの ネガティブな点より、自らが理想とするワインを表現できるというネゴシアンのポジティブな点をプラスに 考え、自らの名が付いたフレデリック・マニャンをネゴシアンとして新たに立ち上げ、父のドメーヌの ミシェル・マニャンを、そのまま残してワインをリリースしています。 フレデリック氏は契約した一部の畑での葡萄栽培を、自身を含めた自前のスタッフで行っています。 つまり葡萄畑を所有していないだけで、ドメーヌ同様に剪定から収穫まで全てフレデリックの意思と タイミングで行う事が出来るのです。 彼が畑を選ぶ際に最も重視するのは「樹齢」。主に、樹齢が40年以上の畑から取れたブドウを使用する。 その理由は、樹齢が低いと、根がしっかりと土壌に伸びずに、その土地本来のテロワールを表現することが 出来ないと彼は考えるからです。 その樹齢の高い古木が多い畑をすぐに調達できる点も、ネゴシアンのプラスの面と捉えています。 マニャンの真骨頂とも言えるのがヴィラージュ(村名)クラス。 ここでフレデリックは土地の個性を十分に引き出したワインを産み出します。 ヴォーヌ・ロマネのメジエールの区画は法定村名ランクながら、 ・1級レ・スショの斜面下部(東側)に隣接 ・特級エシェゾーの斜面下部(南東)にわずかに隣接 ・特級ロマネサンヴィヴァンにほど近い北東に位置 ・特級クロ・ヴージョからも遠くないロケーション ・特級グランエシェゾーからも遠くないロケーション と、良好と言えるロケーションにある区画です。 『ヴォーヌ・ロマネ村の村名ランクは他の村の1級の品質、ヴォーヌ・ロマネ村の1級は他の村の特級の品質』 とされますが、まさにそれを体現したクオリティです! さらに2016年からはアンフォラ熟成にチャレンジした意欲作として注目の1本です! 以下、正規輸入代理店公式サイトより。 標高250m~350mまでの細長い0.35haの区画で標高の低いところから高いところまでを含んでいるので バランスのとれた味わい。 樹齢は70年を越しているので収量は非常に少ないが構成力のあるワインに仕上る。 土壌は粘土石灰に泥灰が混じっている。アンフォラと古バリックで19ヶ月熟成。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・レア [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 88-90 クロ デ レアは、ドメーヌの2.12ヘクタールから来ていますが、 2年前に植え替えのために0.4ヘクタールが引き上げられました。はっきりとしたブラックチェリー、 ブルーベリー、カシスとオレンジピールのアロマのヒントの魅力的なブーケがあります。 味わいはフレッシュで活気に満ちています。(1/2020)

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・オー・ブリュレ [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Aux Brulees

      • 18,700

      • 税抜17,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 91-93 2018年のヴォーヌ ロマネ オーブリュレは、50%の新しいオークで熟成され、 ブラックチェリー、ブルーベリー、砕いたバイオレット、ライトローズの花びらのアロマが魅力的で、 木とうまく調和しています。味わいはミディアムボディで、ブラックベリー、ビルベリー、ブラックオリーブ、 ブラックペッパーのノートをフレーミングする熟したタンニンがあり、後者はフィニッシュに 少し歓迎のフリッソンと長さを与えます。後味はかなり長いです。 これは、ミシェル・グロスの今年の最高のワインの1つです。(1/2020)

    • Product Images
    • ラ・グランド・リュ・グラン・クリュ [2017] 750ml / La Grande Rue Grand Cru

      • 99,000

      • 税抜90,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ラマルシェ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 ラマルシュ家が単独所有する、ラ・ターシュとロマネ・コンティの間に位置する特級畑。 AOC成立時には1級畑だったが、92年に特級昇格が認められ、91年ヴィンテージから特級となっている。 その最高のテロワールから、ラ・ターシュやロマネ・コンティと同格の、勇壮で荘厳なワインが生み出される。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ショーム [2017] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaumes

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 ラ・ターシュの南東、マルコンソールの下に位置する1級畑。 やや粘土が強くなり、リッチなボディのワインとなる。香りも赤い果実より黒い果実が強く感じられ、 スパイシーな余韻を残す。ジビエともなんら問題なく合うワイン。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・ヴィラージュ [2018] 750ml / Vosne-Romanee Village

      • 13,200

      • 税抜12,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ニコル・ラマルシュ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 2013年のフランソワの死以降も、ドメーヌの名に父の名を残してきたが、 2018年ヴィンテージより自らの名を冠したドメーヌ・ニコル・ラマルシュとしてリリースを始める。 ※こちらの商品は松澤屋(輸入代理店)の商品となります。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ レ・バロー [2018] 750ml / Vosne - Romanée 

      • 14,080

      • 税抜12,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・アルノー・エ・ソフィー・シリュグ・ノエラ
      生産地

      ロベール・シリュグ後継者アルノーと妻ソフィの1級クロ・パラントゥ隣接区画の村名ヴォーヌ・ロマネ ヴォーヌロマネの名門ロベール・シリュグの次期当主アルノーとミシェル・ノエラ家出身の妻ソフィが、 ロベール・シリュグのブドウで作る注目のワイン。村名ながら1級クロ・パラントゥの上部・1級プティ ・モンの北に隣接する特別な区画。チャーミングながら心地よい緊張感を伴うヴォーヌロマネらしい ワインです。 以下、正規輸入代理店資料より。 ロベール・シリュグから購入しているレ・バローのみの単一区画。しかもしかも!バローの中でも1級 クロ・パラントゥーと、1級プティ・モンに隣接したバローの中の限定区画のみを使用。 これはお買い得な凄いキュヴェ。柔らかくて華やかながら重厚感がある。樹齢は40-50年。