Loading...

「神に愛された村」ヴォーヌ・ロマネワインの商品一覧

「神に愛された村」ヴォーヌ・ロマネ

ヴォーヌ・ロマネは、「ブルゴーニュの丘の中心に輝く宝石」、「神に愛された村」と称えられ、世界有数のワインの一つ、ロマネ・コンティを擁するアペラシオンです。赤ワインの銘醸地が揃うコート・ド・ニュイ地区の中央に位置し、ヴォーヌ・ロマネ村とフラジェ・エシェゾー村から成るこの珠玉のアペラシオンは、中世から現在に至るまで数多くの人々を魅了し続けています。

最大の特徴は8つのグランクリュを有している点。「ヴォーヌ・ロマネに平凡なワインはない」と言われるほど、その優れたテロワールから優雅さと気品に溢れたワインが数多く生産されています。


ロマネ・コンティ:周囲をすべてグラン・クリュに囲まれた日当たりの良い東南東の向きの畑。まさにブルゴーニュの頂点といっても過言ではありません。


ラ・ターシュ:ラ・グランド・リュの南に接し、その力強い味わいに「ロマネ・コンティの腕白な弟」という異名もつけられている魅力的なワインの生まれる畑です。


ラ・グランド・リュ:ロマネ・コンティとラ・ターシュの間という絶好の場所に位置しており、AOC法設立時は一級畑でしたが1992年に特級に昇格しています。


リシュブール:南側がロマネ・コンティに隣接する偉大な特級畑。表土の薄い土壌がワインに複雑な要素を与え、濃密で力強い味わいに仕上がります。


ラ・ロマネ:僅か0.85haというフランス最小のグラン・クリュ。東はロマネ・コンティ、北はリシュブールが隣接し、かつて、ロマネ・コンティとラ・ロマネは同じブドウ畑であったとも言い伝えられています。


ロマネ・サン・ヴィヴァン:フランス革命まで修道院が所有していたロマネ・コンティとリシュブールの斜面下部に位置した畑。標高が低く、白亜が豊富な土壌が特徴です。


エシェゾー:コート・ド・ニュイ地区の中では2番目に大きく、ヴォーヌ・ロマネに所属する11区画が集合した畑です。標高、傾斜、土壌などテロワールの差異によりワインの質も様々と言われています。


グラン・エシェゾー:エシェゾーに接し、クロ・ド・ヴージョに隣接する畑です。D.R.C.をはじめトップ生産者の確かな品質のワインが手に入ります。

検索条件(3) 並べ替え
    • Product Images
    • フィリップ・パカレ ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ショーム [2020]750ml

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      フィリップ・パカレ
      生産地

      ビオディナミ農法の先駆者であり、自然派ワインの代名詞とも言われる造り手フィリップ・パカレ! 「ディーヴ・ブテイユ」等サロンでも相変わらず大人気の「フィリップ・パカレ」。近年の「フィリップ」のワインは「難しさ」が抜けて「幸せな美味しさ」。故「マルセル・ラピエール」を叔父に持ちディジョン大学で醸造学を学んでいた時に醸造家であり自然な醸造を体系化した「ジュール・ショヴェ」に師事した。 「ジュール・ショヴェ」に学んだヴィニュロンは数多いが「フィリップ」が最後の教え子で全てを学んだと言われている。その後、「プリューレ・ロック」の醸造を10年間担当。彼が「プリューレ・ロック」で造ったワインを一緒に飲む機会があった。D.R.C から醸造責任者の誘いもあったようだが、 2001 年「フィリップ・パカレ」として独立した。 「ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ショーム」は、ヴォーヌ・ロマネ村の典型的粘土石灰土壌だが小石が圧倒的に多い区画。台木は161-49で樹齢は60年。ラ・ターシュに近いヴォーヌ・ロマネの中心部に位置する。1日2回、3週間ピジャージュを行い、全房で発酵。SO2を添加せず、澱と共にバトナージュをしながら18ヶ月熟成。エキゾチックで妖艶な香り。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 2020年は2018年、2019年とかなり近い天候でした。季節のサイクルを混乱させる暑さと乾燥が、この3年間定着してしまいました。葡萄樹はこの3年間変化に大きく影響され、学び、自ら生育サイクルを短縮し、環境に適応してくれました。結果、2020年は今までで最も早熟なヴィンテージになりました。コート・ドール、ボジョレー、そして北ローヌでは冬に雨が殆ど降らず、気温も0℃以下に下がることが殆どありませんでした。冬の暖かさが萌芽の時期を早めました。コート・ドールでは4月の気温が異常に高く、葡萄樹は一気に成長を始めます。 5月に入っても気温は上がり続け、心配されましたが、5月の中旬から6月初旬にまとまった雨が降り、開花からの初期段階は平年並みの成長サイクルになりました。7月及び8月は、やはり暑く、乾燥した状態が続きました。8月1日には暴風雨となりましたが、それ以降、雨はほとんど降らず、日差しの強い日と曇りが交互に続きました。8月19日の新月以降も降雨量は僅か。8月後半は少し気温が下がり、爽やかさが戻り、夜間の気温も下がり、過ごしやすくなりました。収穫は8月25日に始まり9月5日に終了しました。もう、バカンスは無いんです。収穫は気候に恵まれ、日差しの心地いい空気の中行われました。 Philippe Pacalet Vosne Romanee 1er Les Chaumes フィリップ・パカレ ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ショーム 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 原産地呼称:AOC. VOSNE ROMANEE ぶどう品種:ピノ・ノワール 100% アルコール度数:13.5% 味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・パラントゥ [1989] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Cros Parantoux

      • 4,708,000

      • 税抜4,280,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1989
      生産者
      Henri Jayer
      生産地

      ※コルク・キャップシール・液面それぞれコンディションのとても良い品です。 【コルク・キャップシール】コルクに浮いた跡や、キャップシールからの漏れなどはございません。 【液面】コルクから約3.2mmです。やや低いですが1989年のワインと考えると正常範囲内です。 【エチケット】経年劣化による汚損、破損が見受けられます。 【仕入れ先】古くからラ・ヴィネが取引をしている、ブルゴーニュ現地のネゴシアンから低温コンテナで       自社輸入しました。保税倉庫→輸送用冷蔵トラック→ラ・ヴィネ店舗まで、一貫した温度管理で       ワインを保管しております。 "時にロマネ・コンティをも凌駕すると言われるブルゴーニュの神様ジャイエ渾身の逸品。僅か3haから生み出された秀逸な葡萄は、世のワイン・ラヴァーを虜にしています。味わった者にしか分からない至高のブルゴーニュの、さらに秀作となった1989年ヴィンテージ。 2006年にジャイエが亡くなってからは更に価格の高騰が著しくなっています。今はなきブルゴーニュの神様に思いを馳せ、その真髄を味わってみては如何でしょうか。