Loading...

ボディフルボディワインの商品一覧

検索条件(445) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・マレスカス [2008]750ml

      5
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      シャトー・マレスカス
      生産地

      サン・ジュリアンとマルゴーの間に位置するラマルクに1824年に設立されたクリュ・ブルジョワ級のシャトー。 骨格がしっかりとしており、完熟した果実味に香ばしいロースト香が馴染んだ、深い複雑さを楽しめます。数年の熟成で十分に飲み頃になっており、飲み頃ボルドーとして自信を持ってお勧めできる1本! ブレンド:44% カベルネ・ソーヴィニョン, 47 % メルロ, 3% カベルネ・フラン, 6 % プティ・ヴェルド 醗酵:コールドマセレーション後、ステンレス・タンクにて醗酵、一部(35%)をオーク樽でマロラクティック醗酵 熟成:80%をフレンチオーク樽(新樽比率25%、225L)にて14カ月間、20%をステンレス・タンクにて熟成

    • Product Images
    • シャトー・パヴィ エスプリ・ド・パヴィ [2011]750ml/Chateau Pavie

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      シャトー・パヴィ
      生産地

      各ワイン批評で高評価を受けているワインです! ステファン・タンザー 88ポイント 批評コメント:よい豊かなルビー色。ピリッとした辛口の濃いベリー類とチェリー~コーラのスパイシーなアロマが立ち上り、ペッパーや花のニュアンスでより際立つ。活気があり、深みのある風味を示し、ビター・チェリーやブラックカラントの砂糖漬け、リコリスの風味が漂う。良い切れ味と長さを持ち、豊かな辛口のタンニンとペッパー類のニュアンスが口に広がる。これはあまり知られていないワインだが、ジェラール・ペルス氏の2011年で最良の一本として私を驚ろかせてくれたが、恐らく他の銘柄いくつかよりも過度に抽出されていないことに要因があるのだろう。2011年はメルロー65%、カベルネ・フラン15%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%から造られている。 ジェームス・サックリング 88ポイント 批評コメント:柔らかく、滑らかなワインは、ブルーベリーとチェリー色を呈す。ミディアムボディ、上質なタンニンを持ち、フレッシュな後味がする。 ワインメイキング シャトー・サント・コロンブ・ワイナリー、サン・マーニュ・ドゥ・カスティヨン ヴィニョーブル・ペルスのテクニカル・ディレクターが監督 発酵は温度管理がされたセメントとステンレススティールタンクの中で自然に行われる。数週間のマセラシオンに加え、タンクの中でマロラクティック発酵が行われる。 シャトー・モンブスケとシャトー・パヴィで以前使用されたオーク樽の中で15ヶ月熟成が行われる。

    • Product Images
    • ブルゴーニュ ブラン キュヴェ・ファミーユ [2018] 750ml / Bourgogne Blanc Cuvée Famille

      • 4,180

      • 税抜3,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ルー・デュモン
      生産地

      Lou Dumont 仲田晃司。 大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、 「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。 フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地に ルー・デュモンを設立しました。 仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、 周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。 仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを 磨き上げます。 2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との 薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、 「天・地・人」が生まれました。 「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。 現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に 販売されています。 2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。 「ルー・デュモンを創業してから丸10年が経ちました。 ひとつの区切りとして、ここまで一緒に頑張ってくれた家内と、家族(ファミーユ)のみんなに 感謝の気持ちを捧げたい」という思いで2008年ヴィンテージからリリースされた特別作品です。 ワインは、「ビュロー・ヴェリタス」の認証を受けたビオロジック(有機)栽培ぶどう100%で造られた、 秀逸なAOCヴィレ・クレッセを格下げしたものです。平均樹齢30年。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。 ステンレスタンクで17ヶ月間熟成。活躍中の版画家・宮崎敬介氏が手がけた特別コラボレーションラベルです。

    • Product Images
    • VILLA TERLINA BARBERA D ASTI GRADALE [2016] 750ml / ヴィッラ テルリーナ バルベラ ダスティ グラダーレ

      • 4,235

      • 税抜3,850

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ヴィッラ・テルリーナ
      生産地

      ワイナリーはアスティ県モンフェッラートのエリア、アリアーノ・テルメ村にあります。平均年産トータルで30000本、ヴィンヤードの総面積は7haという小さなカンティーナ。 ヴィッラ テルリーナとしての歴史は、オーナーのパオロ・アリャータ氏が1997年にワイナリーを購入したことから始まります。ニコラ・ジョリーの著書に触発され、当初よりビオロジコとビオディナミコを採用。ボルドー液の使用さえ行わずネトルというスギナの類をベト病対策に用いるなど、生物の多様性、自然淘汰と自然治癒力の中で大切にブドウを育てています。認証取得のためのビオディナミコへの体系的転換は2008年から。プレパラートの主要な調剤である500番と501番はデメテール認証をもつ近隣の有機野菜栽培メーカーからも購入。 ブラックベリーやダークチェリーのアロマ。スパイスの要素をまとい複雑味が感じられる。果実の濃縮感が素晴らしく、かつ上品で繊細。

    • Product Images
    • シャトー・ラフォルジュ [2014]750ml

      • 4,246

      • 税抜3,860

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      シャトー・ラフォルジュ
      生産地

      サンテミリオンのシンデレラワイン「ル・ドーム」をプロデュースしたことで一躍有名となった英国人醸造家、ジョナサン・マルタス氏が、「ル・ドーム」のセカンド的ワインとして手がけたのが「シャトー・ラフォルジュ」です。 「シャトー・ラフォルジュ」の畑はサンテミリオンの町の北側に位置しており、なんとワインは「ル・ドーム」と同じ老木から造られ、剪定も同様に行われているのですから、注目せずにはいられません。ファーストヴィンテージは1998年。 高い新樽比率で醸造されており、深く濃い紫色と、メルローらしさ溢れるリッチでふくよかな味わいが印象的な一本です。

    • Product Images
    • シャトー・マルテ レゼルヴ・ド・ファミーュ 2015

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      シャトー・マルテ
      生産地

      シャトー・マルテは1610年に建設された小別荘で、テンプル騎士団がサン・ジャック・ド・コンポステルの巡礼者たちを受け入れていました。この34ヘクタールの農園は、サンテミリオンから約25キロ、美しいサント・ファア・ラ・グランド村のほど近くのドルドーニュ河を見下ろす斜面と高台に位置しています。 1991年以降、新しい所有者が畑に投資をおこなっており、シャトーのディレクターであるルイ・ミジャヴィル(※)を筆頭に、摘芽、除葉、低収量等々サンテミリオンの格付けシャトーと同様に細心の注意を払って造られています。醸造中は、全てのタンクに共通して細やかな注意を払い、樽での熟成に入る前に行うテイスティングで、特別なセレクションを行い、ファースト・ワイン”レぜルヴ・ド・ファミーユ“と、セカンド・ワイン”レ・オー・ド・マルテ“が決定されます。 ※ルイ・ミジャヴィルは、シャトー・テルトル・ロートブッフ、シャトー・ロック・ド・カンブ、シャトー・オーラージュの運営も行っています。 テロワールは南西向けの土壌は粘土を含む砂利質で、畑の面積は約25ヘクタールの一続きの畑(うち黒ブドウが21.40ヘクタール)です。ブドウは全て手摘みし、小かごで運搬。コンクリート・タンクで3~4週間醸造し、1日4回軽くピジャージュ。100%フランス産オークの新樽で、18ヶ月以上の熟成の後リリースされます。 クロイチゴ、干しスモモ、トリュフの香りがし、口中では、バランスがよく、骨格があり、味わい深い。アグレッシヴさがなく、比類ないリッチさが口中を満たす。黒い果実を爆発的に感じます。 デカンタージュすることがお勧めで、赤身の肉、マグレなどとよく合います。

    • Product Images
    • ブランカイア キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ [2013]750ml/Brancaia

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      ブランカイア
      生産地

      トスカーナを代表するワイナリー!! 1981年にスイス在住のブリジット&ブルーノ夫婦がカステッリーナ・イン・キャンティの『ブランカイア』と呼ばれていた畑を購入、その後わずか2年でキャンティ・クラシコを生産し、国際的に知られることとなるシンデレラ・ワイナリーです。 エノロゴにはキャンティクラシコの第一人者、カルロ・カフェッリーニに迎えており、1998年には娘のバーバラが醸造に全面的に参加しています。現在ではトスカーナを代表するワイナリーであり、国際的な評価も高く、世界中での人気を得ています。 ラッダインキャンティのポピ、カステッリーナインキャンティのブランカイアの自社畑でつくられる最良のサンジョヴェーゼを使用。サンジョヴェーゼは古樽(50%新樽)で、メルローは大樽でそれぞれ16ヶ月の樽熟。12ヶ月の瓶内熟成。

    • Product Images
    • シャトー・ソシアンド・マレ 2015年

      • 5,148

      • 税抜4,680

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ジャン・ゴートロー
      生産地

      ロバート・パーカー氏はソシアンド・マレについて、サン=スーラン=ドゥ=カドゥルヌにあるソシアンド=マレは、10年から25年間優雅に寝かせることを意図した非常に高い品質の、妥協を知らないワインをつくっている。畑は、ジロンド河を望む贅沢な場所にあり、この荒廃していたシャトーを1969年に買ったジャン・ゴートローが細心の注意を払ってつくるワインは、インクのように黒っぽいルビー色で、極めて凝縮感があり、フルボディで、口すぼってしまうようなタンニンがたっぷりある。ソシアンド=マレは、メドックのどのワインよりも長持ちする可能性の高いワインだ、と主張した評論家もいる。ソシアンド=マレの優れた品質の鍵は数多くある。まず、非常に日あたりがよく、排水もよい、砂利の多い土壌の卓越した畑、1ha あたりの植樹植度の高さ(8000本)、そして手摘みの技術である。32℃から33℃の発酵温度、3週間またはそれ以上のマセラシオン期間、100%の新樽使用率、そして清澄や濾過を行わないことなども、このシャトーの水準の高さを示している。これらのことによってもたらされる結果は、異論の余地がない。ソシアンド=マレが多くの格付けワインと優に肩を並べることができ、フランスのワイン通の間で評判が高まっている。その大半が国内で買われていることからも、すでに証明済みである。 厳しい評価で知られるル・クラスマンはソシアンド・マレについて、ジロント河岸に素晴らしい眺めを持ち、わずかばかりのブドウが植えられていたこの畑に、1969年、現オーナーのジャン・ゴートローが一目惚れしたことが、ソシアンド・マレの驚くべき上昇の源となっている。この25年でメドックのクリュ・ブルジョワの中でも最も名高いものとなり、グラン・クリュの3級の候補にまで挙げられている。シャトー・モンローズと同じ性質の砂礫土壌で栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨンが、ワインにふくよかさと並外れた華々しさを与えるのに対し、粘土質土壌に植えられたメルロは、アルコールのしっかりとした豊満さをもたらしてる。畑の面積は現在58haになり、赤い果実の素晴らしいアロマとはつらつさ、激しさ、溶け込んだ傑出した樽香、2世代にわたる長い熟成を誇るグラン・ヴァンのセレクションを可能にしている。ヴィンテージの安定性もまた見事である。セカンドワイン『ラ・ドゥモワゼル・ド・ソシアンド・マレ』は、実直さと果実味の豊かさが魅力的である。 ヒュー・ジョンソン氏も「ポケットワインブック」の中で、「クリュ・クラッセ並みの品質。昔ながらの方法を守ってつくった骨太のワインは、何年も寝かせておくべきもの」と大絶賛!★★★(トリプルスター)評価! シャトー・ソシアンド・マレ 2015年 ジャン・ゴートロー自身「格付もクリュ・ブルジョワの肩書きもいらない。ソシアンド・マレは、ただ最大限の力を発揮するだけだ」とクリュの独立独歩の地位を謳歌。