Loading...

アメリカワインの商品一覧

アメリカ

ワイン生産量で世界第4位のアメリカの中で、国内生産量の約9割を占め、国内の約10,000を超えるワイナリーのほぼ半分が存在するのがカリフォルニア州である。大規模ワインメーカーが90%を占める一方、小規模ながら少量高品質のワイン造りを目指すブティック・ワイナリーが存在し、スクリーミング・イーグルやハーラン・エセステートなど、カルトワインと呼ばれる超高級ワインも生み出されている。主要品種はシャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルで、オレゴン州ではピノ・ノワールを中心に栽培されている。殆どの州でワインが造られており、ワイン生産量は拡大傾向、近年食文化が洗練されてきたことに伴い、ワインのスタイルもエレガントで複雑な味わいのものが増えている。

アメリカをさらに絞り込む/アメリカの他の産地も見る

カリフォルニア その他 アメリカの検索結果に戻る
検索条件(168) 並べ替え
    • Product Images
    • <送料無料> <数量限定>オーパス・ワン バック・ヴィンテージ [2018] 750ml / Opus One

      • 79,200

      • 税抜72,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      オーパス・ワン・ワイナリー
      生産地

      【限定6本のみ】のご案内です。 オーパス・ワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主、フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。 創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。 オーパス・ワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。 決して品質で妥協しないオーパス・ワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。 【ヴィンテージ2018】 オーパスワン2018は、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、上品なスミレ、白胡椒、そしてバラの花びらへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。新鮮で瑞々しい黒果実の味わいがしなやかに幾層にも重なり、オレンジの皮、甘草、ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。美しくバランスのとれた滑らかでやわらかなタンニンは、フレッシュな酸味と相まってソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります。 評価:パーカーポイント 98点

    • Product Images
    • 【豪華木箱6本入】オーパス ワン 2019 6本セット

      • 374,880

      • 税抜340,800

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      オーパス・ワン
      生産地

      ロバート・パーカー・ワインアドヴォケイト誌で驚異の97-99点の高評価&ジェームス・サックリングほぼ満点の99点&ジェブ・ダナック96-98点&ヴィノス97点絶賛。 オーパス・ワンと言えば、バロン・フィリップ社とロバート・モンダヴィのジョイントで誕生したカリフォルニア最良の赤ワイン。ナパ・ヴァレーの誇り。伝わる心意気。ロバート・モンダヴィとバロン・フィリップ・ロートシルト。二人の巨人による「作品第一番」=オーパス・ワン。 この2019年はカベルネ・ソーヴィニヨン78%にメルロー8%、プティ・ヴェルド6%、カベルネ・フラン6%、マルベック2%をフレンチオーク樽100%の新樽100%でオーク樽驚異の19ヶ月熟成。ワイナリーのコメントは「オーパスワン2019は、ブラックプラム、ブルーベリー、黒スグリ、乾燥したバラの花びらのアロマが高く、かすかなミネラルのニュアンスが感じられます。きめ細やかなタンニンは、クリーミーでサテンのような質感をもたらします。優しく広がる酸味とフレッシュさが、ダークフルーツ、サボリーハーブ、エスプレッソ、カカオなどの風味を引き立てています。繊細なダークチョコレートの心地よい苦味が長い余韻に楽しめます。」とコメント。 2019年について「例年のほぼ2倍の雨量を記録した2019年の春は、恵みの雨が大地を潤し、ぶどうの生育期に必要な水分をもらたしてくれました。最初の萌芽の兆候が見られたのが3月27日で、例年よりちょうど15日遅いタイミングでした。これにより、開花やヴェレゾン(色づき)の遅れにもつながりました。しかし、晩夏にかけて気温が上昇し、果実の生育と成熟を促進することができました。平年より数日早い9月10日に始まった収穫は、4週間で終了し、セラーでは穏やかにかつ安定したペースで作業が進みました。」とコメント。オーパス・ワン2019年も長期にわたる熟成力が期待できます。ずばりワイン誌軒並み大絶賛。世界各国で争奪戦勃発。カリフォルニアワインの名声に拍車をかけた世界に誇る究極の逸品。

    • Product Images
    • カレラ ジャンセン ヴィンヤード マウント ハーラン ピノ ノワール2019 [2019] 750ml / カレラ ジャンセン ヴィンヤード マウント ハーラン ピノ ノワール2019

      • 36,800

      • 税抜33,455

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      カレラ
      生産地

      ロマネ・コンティに比肩し、カリフォルニアの“ロマネ・コンティ”と評されるあまりに有名カリフォルニア・ピノの伝説。漫画「ソムリエ」や人気TV番組でも「ロマネ・コンティと間違えられた」「100万円のロマネ・コンティに双璧」と紹介され、瞬間に市場から消え、“幻のピノ・ノワール”となったカレラ。その創業者ジョシュ・ジェンセン氏が2022年6月11日ご逝去されました。2015年にカレラを訪問させて頂いた時、ワイナリーをジョシュ氏が自ら案内してくれました。何もなかった土地に畑を作ることからスタートしたカレラでしたが、今までのワイン造りの苦労話しをはじめ、世界中のワインラヴァーにマウント・ハーランという土地から生まれたピノ・ノワールを愛飲して頂ける嬉しさ等、ワインに人生を捧げた貴重なお話しを6時間にわたって伺ったことがつい最近のように感じております。創業者のジョシュ・ジェンセン氏は跡取りがいないことを理由に、2017年にダックホーン・ワイン・カンパニーに売却されました。今後も亡きジョシュ氏の想いを引継ぎ、リリースされると確信しております。ご冥福をお祈り申し上げます。ずばり最高峰であり、ロマネ・コンティに比肩すると言われる“カレラ・ジャンセン”が超限定入荷。カリフォルニアでピノ・ノワールを大成功させ現在はピノの巨匠と言われるジョシュ・ジャンセン氏が約30年前にカリフォルニアの地にロマネ・コンティと同じ石灰質の土壌を見つけ(カリフォルニアで最も高い標高2200フィートのマウント・ハーラン)、しかもロマネ・コンティの畑から持ち込まれたと噂されるピノ・ノワールを植えたのがはじまり。現在は5つの単一畑から高品質なピノ・ノワールを生産する超人気カレラ。オーナーのジョシュ・ジャンセン氏の父の名に因む「ジャンセン・ヴィンヤード」。カレラが誇る最高畑からの1975年植樹の究極ピノ・ノワール(手摘み100%)をフレンチオーク樽100%のバリック樽(小樽)100%(新樽比率30%)で16ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰めで造られる最高級カリフォルニア・ピノ・ノワール。この2019年でワインエンスージアスト誌驚異94点。ワインスペクテーター誌93点。数々のブラインド・テイスティングでもブルゴーニュのトップドメーヌの造るグラン・クリュを上回る評価を得る究極カリフォルニア・ピノ“ジャンセン”

    • Product Images
    • オーパス・ワン [2018] 750ml / Opus One

      • 77,000

      • 税抜70,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      オーパス・ワン・ワイナリー
      生産地

      オーパスワン2018は、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、 上品なスミレ、白胡椒、そしてバラの花びらへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。 新鮮で瑞々しい黒果実の味わいがしなやかに幾層にも重なり、オレンジの皮、甘草、 ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。 美しくバランスのとれた滑らかでやわらかなタンニンは、フレッシュな酸味と相まって ソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります。 ジェームス・サックリング氏:99点 / ワインアドヴォケイト誌:98点 / デキャンター:98点 ヴィノス:95点 / ワインエンスージアスト誌:94点 2018年のセパージュ カベルネ・ソーヴィニヨン 84%/プティ・ヴェルド 6% メルロー 5%/カベルネ・フラン 4%/マルベック 1% 2018年のヴィンテージ情報 2018 年は安定した天候と穏やかな気温に恵まれ、素晴らしい成育条件が整いました。 年初めは水不足に見舞われましたが、萌芽直前の絶好のタイミングで降った雨は、 枝葉の生育に必要な水分をもたらしました。申し分のない栽培環境が確実な開花と結実につながり、 例年を上回る収量となりました。この年の成育期は遅いスタートでしたが、平年のわずか7日遅れで ヴェレゾン(色づき)が始まり、ぶどうの完全な成熟に必要な時間は十分にありました。 収穫は9月19日に始まり、順調なペースで10月25日に終わりました。

    • Product Images
    • コングスガード キングス ファーム レッドワイン(CS主体) ナパヴァレー [2020] 750ml / Kongsgaard Kings Farm Napa Valley Red wine

      • 15,840

      • 税抜14,400

      0
      販売者
      青山ワインマーケット
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      コングスガード
      生産地

      ジョン・コングスガードの造るワインは、選び抜いたベストの区画から、極端なまでの低収量、天然酵母のみを使い、低温のセラーで長い時間をかけて醗酵を待つ。 ノン・フィルター、ノン・ファイニング。 今では当たり前のように言われるが最新鋭の化学設備で行うのではなく、ほぼ手作業。リスクの大きな造り方である。 眼鏡にかなう葡萄が出来なければそのワインを造らない。 満足の行くクオリティーでなければ年により生産量が極端に変わる。 自然によると言うよりも、ジョン・コングスガードのフィルターによりワインは造られていく。 その厳しさが多くの信望者を集める由縁である。 このキングス・ファームは毎年はリリースされず、良い年、豊作、ファーストビンテージのコングスガードがセレクトされたのち、リリースするに値するキュヴェがある場合にのみリリースされます。 生産量はコングスガード同様非常に限られています。 ナパヴァレーの南東部に当たるアトラス・ピークの標高が高く、涼しい火山性土壌の自社畑と契約畑からのブドウを使い、コングスガードと同じ醸造方法で造られます。 濃く凝縮しながらもシルクのようなきめ細かい口阿たらいを持ち、コングスガードらしいパワフルながら、決してダレることのない筋肉質でがっしりとした酒質です。