Loading...

10000円以上 19999円以下ワインの商品一覧

検索条件(206) 並べ替え
    • Product Images
    • ビアンコ・ジャンティーユ・ヴァン・ド・フランス [2019] 1500ml / Bianco Gentile Vin de France

      • 11,000

      • 税抜10,000

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      ドメーヌ・アントワーヌ・アレナ
      生産地

      ~コルシカ英雄の次世代 身体に染み入るワイン~ アントワーヌ・マリー・アレナは、コルシカワインのパイオニア、アントワーヌ・アレナの次男。 他の地域でブドウ栽培と醸造を学び、2004年にドメーヌに戻り父アントワーヌ・アレナの元でワイン造りを始めた。近年父親の引退を機に、長男ジャン・バティストとともに家業を引き継ぎ畑を相続した。その畑は、父アントワーヌが23歳の時に3haを受け継ぎ、荒野や石灰質の岩山を自ら削り開墾・拡大した畑で、現在二人の兄弟はそれぞれの手法で別々のワイン造りを行っている。AOCパトリモニオはコルシカ島の北部に位置する。昼間は強い日差しと海からの乾燥した風、夜になると山からの湿った空気が流れ込むブドウ栽培に絶好の条件。マリーのワインには、受け継がれた父親の精神と彼が大切にしている自然観が表現され、身体に染み入るような優しさがある。 ワイン説明 ■Bianco Gentile Vin de France  ビアンコ・ジャンティーユはアントワーヌ・アレナが1996年に復活させたコルシカ土着品種。1996年と2005年に粘土石灰質土壌に植えられたブドウを使用。ステンレスタンクで発酵、SO2は瓶詰め時に極少量のみ使用。父アントワーヌと違うところは、使い古した中樽やバリックで6か月間熟成するところ。 初めの印象は控えめながらも熟した柑橘系果実やパイナップルの要素が詰まっています。味わいは優しく、滑らかでふくよかさを感じられます。アルコール度数が12度と低いながらもエキス分はしっかり。身体にゆっくりと染み入るワイン。

    • Product Images
    • サヴニエール ロッシュ オー モワンヌ [2015] 750ml / SAVENNIERES ROCHE AUX MOINES

      • 11,000

      • 税抜10,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ダミアン・ロロー
      生産地

      『サヴニエールを代表する造り手』 サヴニエールの伝統を変えた「ダミアン・ロロー」 彼の造るサヴニエールは他の造り手を圧倒する力強さ、生命力、そして美しさを持っている。 世界が注目するサヴニエールの造り手 【サヴニエールの常識を覆す】 「レヴュー・ド・ヴァン・フランス誌」が間違いなく「サヴニエール」を代表する造り手になると 紹介したのが「ダミアン・ロロー」。 2006年から「サヴニエール」でワイン造りを 開始した若手。 日本では無名だがフランス国内では既に大人気となっている。「ダミアン」は全てを変えてしまった。 歴史的に還元 的な造りが主流だった「サヴニエール」。まだ緑がかった状態、潜在アルコール12度程度で 収穫し、還元的に醸造したワインは硬く、果実に乏しく、強固なワインだった。 『果皮が金色に変化するまで待ち、種まで熟させる。酸度が落ちる直前に収穫。 貴腐菌が少なく、酸度、熟度の高い状態を目指している』 今でも多くの造り手達は還元的な造りが多く「サヴニエール」の良さは10年後でないと 解らないとも言われている。 『還元ではなく常に少量の酸素とコンタクトしながら発酵、熟成し成長させる。 還元でワインを守るので はなく、健全に成長させる』 フランスで最も熟成する白ワインとも言われるのは還元の要素が強いから。還元に果実香が隠れて しまっているワインは健全ではない。 『この地方の伝統的な還元的醸造は葡萄の力が足りなかったから。 自然栽培の葡萄は力があるので還元的である必要がない』 全ての畑は 2009 年からビオディナミを導入。化学薬品や除草剤は一切使用しない。 使用するのはシリカ調剤、牛糞ベースのコンポスト、硫黄、ハーブ。極少量の銅のみ。 『銅も極力使用しない。ベト病対策はハーブを煮出 したものを散布することで予防している』 1965年に植樹された0.25haの畑。 「クール・ド・セラン」の隣で火山岩主体でシスト 粘土が混じる。強烈なミネラルをワインに与える。 収穫は他の畑より遅く、葡萄自体の複雑性も非常に高いので発酵はフードル樽で温度管理なし。 マロラクティックも自然に任せる。毎年、約18ヶ月の長期発酵。木樽で12ヶ月熟成後、アッサンブラージュ。 6ヶ月ステンレスで落ち着かせてから出荷。 ロワールのワインには、まだ驚きの発見がある。 ミネラル感に富むシュナン・ブランの愛好家や、あまりシュナン・ブランを試したことがない 方々にもぜひ試してほしい1本です。

    • Product Images
    • 【送料無料】メドック格付け第二級、シャトー・ピション・バロンの醸造チームが手がける銘醸ワイン2本セット

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      シャトー・ピブラン
      生産地

      メドック格付け第二級、シャトー・ピション・バロンの醸造チームが手がける【シャトー・ピブラン】 シャトー・ピブランはポイヤック北部、シャトー・ムートン・ロートシルトのすぐ隣に位置するシャトー。 19世紀末に建てられたシャトー・ピブランは、長い間ビラ家の所有だったが1987年にアクサ・ミレジムに売り渡された。その後 畑は再構成され、特に畑の特徴を十分に引き出すために不可欠である排水の工事が行なわれた。ピブランのワインは、伝統的な製法で造られており、ポイヤックの個性が見事に反映されている。 豊富なタンニン分によるストラクチャーと心地よい酸味が調和したバランスの良い味わいは、クラシックなボルドーワインのスタイルを見事に表現している。 シャトー・トゥール・ピブランは、このシャトー・ピブランのセカンドラベル。 ピブランで採れたぶどうをシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンの醸造チームがシャトー・ピション・ロングヴィルにて醸造を行っている。 このシャトー・ピブランのワインを2本合わせて\12,320のところ、\11,000と大変お得なセットにしました。 【シャトー・ピブラン 2013】 ワインスペクテーター誌:89ポイント セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー48% 【シャトー・トゥール・ピブラン 2012】 ジェイムズ・サックリング誌:92ポイント セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー50%

    • Product Images
    • ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ シャンガン [2016] 750ml / Puligny Montrachet Champs Gains 1er Cru 2016

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ドメーヌ・シャンソン
      生産地

      ブルゴーニュで産出されるワインをフランス国内やヨーロッパに販売していたシモン・ヴェリーが、1750年に設立した『シャンソン』は、ボーヌでも1、2を争う歴史あるメゾンとされています。 1847年から1999年まではシャンソン家が経営を担ってきましたが、1999年、ボランジェ・グループの傘下に入って以来、畑やカーヴに大きな投資が行われています。 ドメーヌ・シャンソンが他のワイナリーと違うのが、長期マセラシオン発酵を行うということです。普通のブルゴーニュワイナリーは2~3日ですが、ドメーヌ・シャンソンは8~10日の発酵を行います。 この結果、果実からより多くのアロマを抽出することができ、複雑みのあるワインに仕上げることができます。 粘土質と石灰質土壌 淡いゴールドの色調。桃や杏などの核果実、ハチミツ、バニラの香り。 ミネラルとオークのニュアンスのバランスが良い白ワイン。

    • Product Images
    • シャトー・ジンコ [2017] 750ml / Château Ginkgo

      • 11,000

      • 税抜10,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      シャトー・ジンコ(ユリグサ・リサ)
      生産地

      ※蝋キャップです。 ※6本ご購入でシャトー純正6本木箱でお届け致します。 APカスティヨン・コート・ド・ボルドー ボルドー初の日本人女性醸造家が作るボルドー赤! ボルドーでは日本人初の女性醸造家となる百合草梨紗女史の手によるコート・ド・カスティヨン産の ボルドー赤。デヴュー・ヴィンテージは2016年。この2017年で2年目となります。 信濃屋とも10年以上に渡り親交のある百合草女史のワインを販売できることは、 当社としても嬉しい限りです! 百合草女史のSNSによると、「2017年は4月の遅霜に苦しめられた年でしたが、生育は昨年より 早熟で、9月28日に開始することが出来ました!!また9月に入り、涼しく雨がちな天候が続いて いて影響を心配しましたが、後半の天気の回復、晴天の中、収穫できました事、本当に感謝です。」 との事で、2016年に続き、十分に期待できるヴィンテージとなっているようです。 以下、シャトー・ジンコ バックラベルより。 昔ながらの手法を用い、土と自然に敬意を払い、精魂込めて育てたぶどう樹の1粒1粒から生まれてくる ワインです。皆さまにテロワールの全てをお届けしたく、あえてノンフィルターで清澄は行っておりません。                             シャトー元詰 ワインメーカー 百合草梨紗 以下、2018年11月信濃屋で開催されたセミナー資料より。 作付面積:1.65ha 土壌:石灰粘土質    サンテミリオンと同じ土壌が続く、”プラットー”と呼ばれる台地にあり、なだらかな斜面。    2区画がすべて南向きの畑。 標高:100mと高い。風通しがよく、健全なブドウが取れる。 品種:メルロー 100% 平均樹齢:35年~40年(古い樹は65歳を含む) 植栽密度:5000本/ha 化学肥料、農薬、除草剤等は一切使用しない有機農法。 収穫は手摘み、醸造前の選果はベルトコンベア式の選果テーブルの上で、 7人程のスタッフによる粒を選んでいくという徹底した手作業。 収量:1haにつき20hℓと非常に低く、かなり濃縮したワインとなります。 醸造:温度管理のできる特製の小さな発酵槽(高さは1m50cmと低くワイドなタイプ)の中、    20℃~25℃で3週間のゆっくりとした醸し”インフージョン(煎じ)”を行う。    午前にピシャージュ(櫂入れ)、午後にルモンタージュ(ポンピング・オーバー)を行う。    アルコール度数が上がり始めると、抽出が直接的で強くなるため、    速さや作業時間を調節しながら行う。二次発酵は、樽内で行う。 樽熟成:12ケ月~18ケ月 清澄(コラージュ)はしない。フィルターもかけません。 テイスティング: ブドウの旨味が濃縮されており、土壌由来のミネラルときれいな酸がバランスよく口に広がります。 写真2枚目左より マチュー・クレスマン氏(百合草梨紗女史の旦那様) 百合草梨紗女史 信濃屋食品代表取締役会長 長井邦雄 2007年6月ボルドーにて

    • Product Images
    • キングオブカルト スクリーミング・イーグルの姉妹ワイナリー ザ・ヒルトがサンタ・リタ・ヒルズで造るシャルドネ、ピノ・ノワール2本セット

      • 11,220

      • 税抜10,200

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ザ・ヒルト
      生産地

      通常価格¥12,900(税込)が¥11,220(税込) 「ザ・ヒルト エステート シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズ」 「ザ・ヒルト エステート ピノ・ノワール サンタ・リタ・ヒルズ」 の2本セットです。 「エステート」と名前の付いたこのワインには、サンタ・リタ・ヒルズの南西の角にある小さな地域の果実と 風味が凝縮されています。クローンや土壌タイプだけでないその他多くの特徴が、ニュアンスや複雑味となって、そのまま表現されています。ワインのブレンドに必要とされる要素が最大限生み出される地域で、 その結果、最も完成されたワインが生み出されるのです。 オーナーは、あの言わずと知れたカリフォルニアのカルトワインである「ScreamingEagle」のオーナー、 スタン・クロンキーです。NBA のデンバー・ナゲッツ、そしてNFLのセントルイス・ラムズのオーナーで、 サッカー・プレミアリーグのアーセナルの筆頭株主でもあります。

    • Product Images
    • グラン・クリュ・ノンドゼ・ブラン・ド・ブラン・ミレジム [2005] 750ml / Grand Cru Non Dose Blanc de Blancs Millesime

      • 11,440

      • 税抜10,400

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2005
      生産者
      ピエール・モンキュイ
      生産地

      ~シャルドネの聖地メニルの女性醸造家 ~ シャンパーニュ・ピエール・モンキュイは、1889年に設立された家族経営のシャンパーニュ・メゾン。シャンパーニュ地方、コート・デ・ブラン地区にあるグランクリュの村、メニル・シュール・オジェ、およびコート・ド・セザンヌ地区に自社畑を所有している。 1977年、ニコールとイヴ・モンキュイは、父親ピエールからこの歴史あるメゾンを引き継ぎ、姉のニコールが醸造と栽培、弟のイヴが商業関係を担当している。また現在では、ニコールの娘ヴァレリーも醸造・栽培に加わり、2代続けて女性醸造責任者が誕生する予定。 モンキュイのブドウは平均樹齢30年以上。シャンパーニュでは樹齢が25年に達した時点でブドウを引き抜くのが一般的だが、モンキュイではそのまま保ち、トップ・キュヴェのニコール・モンキュイには樹齢約90年のブドウも使用される。栽培はリュット・レゾネ(減農薬農法)。全て温度管理付きのステンレスタンクで醸造している。また、ロゼを除き、全てのキュヴェをブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%)のシングルヴィンテージで生産。その中で、醸造責任者のニコールが特に優れていると判断した年のみをミレジメ・シャンパーニュとしている。 モンキュイは、シャルドネの聖地とも呼ばれるメニル・シュール・オジェのテロワールを的確に表現する生産者。メニル特有の硬質なミネラル感と、上質で豊かな酸が、巧みな技術により卓越したエレガントさを持つブラン・ド・ブランを生み出している。

    • Product Images
    • コルナス [2016] 750ml / Cornas

      • 11,440

      • 税抜10,400

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      Domaine Auguste Clape
      生産地

      ~クラシックスタイルでコルナスを表現するローヌ屈指の造り手~ クラープ家は250年以上もワイン業に携わる歴史ある一族で、昔は樽ワインの販売や、地元およびブルゴーニュでネゴシアン業などを行っていた。1955年以降、現当主ピエール・クラープの父親オーギュスト・クラープが自社でブドウ栽培を始め、1968年にドメーヌ元詰めを開始した。 ピエールはブドウを除梗せず、時間をかけて発酵熟成をゆっくり行う父オーギュストのスタイルを守り続けている。熟成用の樽には、この地域で通常用いる600リットルの樽や小樽は使用せず、アルザスやプロヴァンスの大きな古樽を取り寄せて20年以上使い続けている。畑の区画や樹齢によって別々に発酵、樽熟成を行い、瓶詰め前にブレンドを行う。「コルナス」は樹齢が高い最良の区画のブドウから造られ、凝縮した果実味と、上質のタンニンを最大限に引き 出したワインである。 コルナスの真髄を伝え続けるピエール・クラープは、 現在ローヌ地方でJLシャーブ、故ジャック・レイノー、ペラン、ギガルと共 に5本の指に入る最高の生産者と言われている。