Loading...

2010年以降ワインの商品一覧

検索条件(608) 並べ替え
    • Product Images
    • ヴォーヌ ロマネ オー レア [2018] 750ml / Vosne Romanée Aux Réas

      • 9,000

      • 税込9,900

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Domaine Jacques Cacheux et Fils
      生産地

      豊かな果実味のワインを得意とし、一級ラ・クロワ・ラモーの所有者。 ジャック・カシューの名前が挙がると真っ先に思い浮かぶクリマは、 ヴォーヌ・ロマネ1級のラ・クロワ・ラモーであろう。 ロマネ・サン・ヴィヴァンに隣接する0.6ヘクタールのこのクリマはカシュー家の モノポールというわけではない。ほかにも2軒のドメーヌが所有するが、カシューを代表する クリマとしてよく知られている。 もともとサン・ヴィヴァン修道院の畑として、今日のロマネ・サン・ヴィヴァンに含まれていた区画であり、 80年代半ばにはジャック・カシューが特級昇格をINAOに申請した経緯がある。 ラベルに見える十字架(クロワ)はこのクリマの石垣上にあり、ヴォーヌ・ロマネにある 5つの十字架のなかでも一番古いものだという。 ワイン情報 ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・バ・ド・コンブの下に位置するヴォーヌ・ロマネの村名畑。 1級クロ・デ・レアの南に隣接し、エレガントなワインを生み出す。よく熟したブラックベリーに ダークチェリー。タンニンはしなやかでまろやかな味わい。

    • Product Images
    • ギルラン ソーヴィニョン DOC フローラ 2016

      • 3,800

      • 税込4,180

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ギルラン
      生産地

      イタリアの最北端に位置するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。トレントを中心とする「トレンティーノ」とアディジェ川上流の「アルト・アディジェ」が結び付いた名称となっています。ドイツ系移民が多いためイタリア語に加えドイツ語も公用語として使われています。ギルランは1923年設立の長い歴史を持つ大きな組合組織で、240ヘクタールもの広大な畑にはそれぞれの土壌に適した土着品種や国際品種が植えられ、数々の高品質なワインを造っています。主要ワインガイドでも高評価を多く獲得しています。 「フローラ」は最良畑の中から選ばれた最良のブドウのみを使用して作られたワインです。 ソーヴィニヨン・ブランはアルト・アディジェ地方でも歴史あるブドウ品種で、フローラは3つの異なった土壌の畑からブレンド。ステンレスタンクでの発酵、熟成。新鮮な酸とアロマティックな香り。ソーヴィニョンのポテンシャルを再確認できるワインです。

    • Product Images
    • ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・スペリオーレ DOCG 2016

      • 3,500

      • 税込3,850

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ニーノ・フランコ
      生産地

      ニーノ・フランコは、イタリア北東部のヴェネト州マルカ・トレヴィジーア地域にあるプロセッコの歴史が一番古いヴァルドッビアドーネ村のプロセッコ生産者です。畑は石灰質土壌のミネラル分が多い場所にあり、北イタリア特有の冷涼な気候が生み出すワインは、白い花の香りが感じられ、繊細で果実味に富んでいます。 アントニオ・フランコが1919年にワイナリーを創立、その後息子のニーノ、現在の当主である孫のプリモへと代々ワイン造りが受け継がれていきました。プリモは醸造所の設備と栽培に手を加え、この地域に属さないすべてのブドウの生産をやめて、プロセッコの生産に専念しました。 ニーノ・フランコのプロセッコは、プロセッコ全体のたった15%にあたるDOCG地域のブドウのみを使って生産されています(その他はDOC地域)。歴史的なDOCG地域からアロマティックで濃厚な、そして土着品種のグレーラ種100%にこだわった良質なプロセッコを生産しています。 『”ヴィニェト・デッラ・リヴァディ・サン・フロリアーノ” ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・スペリオーレ DOCG』は、サン・フロリアーノという標高400mほどの急斜面にある単一畑のモノポール。シャルマ方式で、瓶詰め後、30日間寝かせてから出荷します。5~6年の熟成が可能で、輝きのある淡い麦わら色。洋ナシ、リンゴ、バナナなどのフルーツの香りが濃厚に感じられます。美しい酸がとてもエレガントで、白身のお肉や魚などメイン料理にも好相性です。

    • Product Images
    • ラ・グランド・リュ・グラン・クリュ [2017] 750ml / La Grande Rue Grand Cru

      • 90,000

      • 税込99,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ラマルシェ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 ラマルシュ家が単独所有する、ラ・ターシュとロマネ・コンティの間に位置する特級畑。 AOC成立時には1級畑だったが、92年に特級昇格が認められ、91年ヴィンテージから特級となっている。 その最高のテロワールから、ラ・ターシュやロマネ・コンティと同格の、勇壮で荘厳なワインが生み出される。

    • Product Images
    • クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ [2017] 750ml / Clos de Vougeot Grand Cru

      • 60,000

      • 税込66,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・プリューレ・ロック
      生産地

      アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。 ラリー・ビーズ・ルロワの甥にあたり、1992年よりドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの 共同経営者も務めていました。 古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、 実行しています。ロック曰く「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、 宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」 ラベルに描かれているロゴはエジプトにある古文書に由来しています。 左側の緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、 右上の黄色い楕円は神、右下の黄色い楕円は人を表していて、自然(神)と人間の両方によって ワインを造り出すという彼の考えが表れています。 パリのワインショップ、オージェの紹介でアンリ・フレデリックとの運命的な出会いから、 ワイン造りの道へ転身し、2002年よりドメーヌに参画したヤニック シャンが2005年に醸造責任者、 2010年より共同経営者に就任。2018年に惜しまれながらこの世を去ったアンリ・フレデリックを引き継ぎ、 ヤニックが現在ドメーヌを担っています。 2018年11月17日にアンリ・フレデリック・ロック氏は56歳で逝去されました。 この特級クロ・ド・ヴージョも今となっては同氏が生前に手掛けた貴重なストックとなります。 グランクリュ<クロ・ド・ヴージョ>のうち上部区画の1部を所有し、樹齢は35-70年。 黒い果実やビターチョコレートを思わせる複雑な果実味、肉付きの良い口当たり、贅沢なまでの樽香、 余韻に残るしっかりとしたタンニンなどが調和した長熟タイプの逸品です。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・スショ [2017] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Les Suchots

      • 50,000

      • 税込55,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・プリューレ・ロック
      生産地

      アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。 ラリー・ビーズ・ルロワの甥にあたり、1992年よりドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの 共同経営者も務めていました。 古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、 実行しています。ロック曰く「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、 宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」 ラベルに描かれているロゴはエジプトにある古文書に由来しています。 左側の緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、 右上の黄色い楕円は神、右下の黄色い楕円は人を表していて、自然(神)と人間の両方によって ワインを造り出すという彼の考えが表れています。 パリのワインショップ、オージェの紹介でアンリ・フレデリックとの運命的な出会いから、 ワイン造りの道へ転身し、2002年よりドメーヌに参画したヤニック シャンが2005年に醸造責任者、 2010年より共同経営者に就任。2018年に惜しまれながらこの世を去ったアンリ・フレデリックを引き継ぎ、 ヤニックが現在ドメーヌを担っています。 2018年11月17日にアンリ・フレデリック・ロック氏は56歳で逝去されました。 この特級クロ・ド・ヴージョも今となっては同氏が生前に手掛けた貴重なストックとなります。 ロマネ・サンヴィヴァンとクロ・サン・ドニ(特級エシェゾーのリュー・ディー)の2つのグラン・クリュに 挟まれたプルミエクリュ。樹齢は約35年。土質は石灰岩土壌の影響が強く、繊細でミネラル分の豊かな ワインが生まれます。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ショーム [2017] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaumes

      • 18,000

      • 税込19,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 ラ・ターシュの南東、マルコンソールの下に位置する1級畑。 やや粘土が強くなり、リッチなボディのワインとなる。香りも赤い果実より黒い果実が強く感じられ、 スパイシーな余韻を残す。ジビエともなんら問題なく合うワイン。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し・新ヴィンテージ】テルトル・ロートブッフ 2018|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 171,180

      • 税込188,298

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      シャトー・テルトル・ロートブッフ
      生産地

      ・期間限定販売:2021年2月15日~3月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年7月頃になります ───────────────────────────── 世界中の愛好家が探し求めるワインとなっており、日本市場では、希少なワインです。 本物とはまさにミジャヴィル家を定義付ける言葉であり、彼らがすべてのワインに追及するその品質です。ルグランが心からおすすめする、シャトー・テルトル・ロートブッフ は、サン・テミリオンの南向き斜面のサン・ローラン・ド・コンブに設立されました。6ヘクタール足らずの彼らの畑は標高が高く、南向き・南東向き斜面に位置するとても好ましいミクロクリマの区画です。この地区で最も“匠“ともいうべき技能を持ち合わせた醸造家と評されているフランソワ・ミジャヴィルは、テルトル・ロールブッフの品質と評価を短期間でサン・テミリオンで最上級のプルミエ・グラン・クリュ・クラッセのレベルまで上昇させました。 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年7月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し・新ヴィンテージ】シャトー・カノン 2018|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 115,680

      • 税込127,248

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      シャトー・カノン
      生産地

      ・期間限定販売:2021年2月15日~3月15日 ・WA (97 - 99)(パーカーポイント) ・シャトーオリジナル木箱入り ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年7月頃になります ───────────────────────────── 1996年にシャネル・グループが購入し、莫大な投資と改善を行い、品質が上昇している注目のシャトーです。 22ヘクタールの畑は、石灰質粘土土壌でメルロが主体です。 骨格がしっかりした豊かで深みのある味わいのワインです。 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年7月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。

    • Product Images
    • 【ルグラン蔵出し・新ヴィンテージ】ロック・ド・カンブ 2018|6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 54,720

      • 税込60,192

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
      • 木箱保管可能
      • 蔵出し/海外直送
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Chateau Roc de Cambes
      生産地

      ・期間限定販売:2021年2月15日~3月15日 ・シャトーオリジナル木箱入り ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・ルグランのセラー(フランス)からの出荷のため、お届けは2021年7月頃になります ───────────────────────────── 「テルトル・ロートブッフ」と同じ、熱血醸造家ミジャヴィル氏の率いるシャトー。 すべて手摘み、新樽100%で14-16ヶ月熟成され、格付けに匹敵する密度の濃さを誇り、ファンが多く希少なワインです。 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し(ルグラン・セラーからのお届け)」ワインをお勧めする理由 ───────────────────────────── 「ルグラン蔵出し」では、ルグランが現地シャトーから直接買い付け、大切に保管してきたワインを、ご注文を頂いた後に日本に向けて出荷・お届けいたします。 通常ワインはドメーヌ→ネゴシアン→インポーター→卸売り業者→小売業者と経由して愛好家の皆様に届きますが、ルグランは直接生産者と取引していますので最短距離にてお届け可能です。貴重なワインだからこそ、プロヴィナンス(出自)と輸送経路が明確なルグラン蔵出しをお薦めいたします。 ───────────────────────────── ・フランスからの出荷のため、お届けは2021年7月頃を予定しています ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です *写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください ※フランスでの物流状況によっては、通常より日数がかかる恐れもございます。