Loading...

黒ブドウメルロワインの商品一覧

検索条件(250) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・マレスカス [2008]750ml

      5
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      シャトー・マレスカス
      生産地

      サン・ジュリアンとマルゴーの間に位置するラマルクに1824年に設立されたクリュ・ブルジョワ級のシャトー。 骨格がしっかりとしており、完熟した果実味に香ばしいロースト香が馴染んだ、深い複雑さを楽しめます。数年の熟成で十分に飲み頃になっており、飲み頃ボルドーとして自信を持ってお勧めできる1本! ブレンド:44% カベルネ・ソーヴィニョン, 47 % メルロ, 3% カベルネ・フラン, 6 % プティ・ヴェルド 醗酵:コールドマセレーション後、ステンレス・タンクにて醗酵、一部(35%)をオーク樽でマロラクティック醗酵 熟成:80%をフレンチオーク樽(新樽比率25%、225L)にて14カ月間、20%をステンレス・タンクにて熟成

    • Product Images
    • シャトー・パヴィ エスプリ・ド・パヴィ [2011]750ml/Chateau Pavie

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      シャトー・パヴィ
      生産地

      各ワイン批評で高評価を受けているワインです! ステファン・タンザー 88ポイント 批評コメント:よい豊かなルビー色。ピリッとした辛口の濃いベリー類とチェリー~コーラのスパイシーなアロマが立ち上り、ペッパーや花のニュアンスでより際立つ。活気があり、深みのある風味を示し、ビター・チェリーやブラックカラントの砂糖漬け、リコリスの風味が漂う。良い切れ味と長さを持ち、豊かな辛口のタンニンとペッパー類のニュアンスが口に広がる。これはあまり知られていないワインだが、ジェラール・ペルス氏の2011年で最良の一本として私を驚ろかせてくれたが、恐らく他の銘柄いくつかよりも過度に抽出されていないことに要因があるのだろう。2011年はメルロー65%、カベルネ・フラン15%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%から造られている。 ジェームス・サックリング 88ポイント 批評コメント:柔らかく、滑らかなワインは、ブルーベリーとチェリー色を呈す。ミディアムボディ、上質なタンニンを持ち、フレッシュな後味がする。 ワインメイキング シャトー・サント・コロンブ・ワイナリー、サン・マーニュ・ドゥ・カスティヨン ヴィニョーブル・ペルスのテクニカル・ディレクターが監督 発酵は温度管理がされたセメントとステンレススティールタンクの中で自然に行われる。数週間のマセラシオンに加え、タンクの中でマロラクティック発酵が行われる。 シャトー・モンブスケとシャトー・パヴィで以前使用されたオーク樽の中で15ヶ月熟成が行われる。

    • Product Images
    • シャトー シャス スプリーン

      • 4,070

      • 税抜3,700

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      CHATEAU CHASSE SPLEEN
      生産地

      Jamessuckling.com94-95 フランス語で「憂いを払う」という意味を持つこの名はイギリスの詩人バイロン卿がシャトー・グラン・プジョーのワインを飲んだ際に献じたのが由来とされています。その後1863年のロンドン万博へのワイン出品を機に、葡萄畑の一部がシャス・スプリーンと呼ばれるようになりました。1976年に大手ネゴシアンを営むジャック・メルロ-がシャトーを取得。現在は孫にあたるセリーヌ・ヴィラールが引き継いでいます。

    • Product Images
    • シュヴァリエ ド ラスコンブ

      • 4,290

      • 税抜3,900

      0
      販売者
      株式会社徳岡 ボルドープリムール
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・ラスコンブ
      生産地

      シャトー名は1625年生まれの最初の所有者、シュヴァリエ(騎士)ラスコンブに由来します。1951年から1971年まで所有していたアクレシス・リシーヌの超人的な努力の結果により、高品質の非常に良好なワインとなりました。その後イギリスの大手ビール会社の所有を経て、2001年にドミニク・ベフウの指揮の下、アペラシオンとシャトーの地位に値するワインを造り続けるべく、セラーと畑は全面的に改装され、現在に至ります。