Loading...

白ワインの商品一覧

検索条件(201) 並べ替え
    • Product Images
    • バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Batard-Montrachet Grand Cru

      • 78,000

      • 税込85,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 ルフレーヴはピュリニーとシャサーニュの双方にバタールを所有。 1.91haはこのグラン・クリュ最大の所有面積であり、他には1haを越える所有者すらいない。 表土は厚く、そのためシュヴァリエのエレガンスに対して、バタールはリッチでボリュームが大きい。

    • Product Images
    • シュヴァリエ・モンラッシェ・グラン・クリュ [2018] 750ml / Chevalier-Montrachet Grand Cru

      • 98,000

      • 税込107,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 シュヴァリエ・モンラッシェの総面積7.6haのうち約2haを所有するルフレーヴは、 ブシャール・ペール・エ・フィスに次ぐ大地主。モンラッシェを91年に手に入れるまで、 ドメーヌの旗艦だったが、今なお、その実力は旗艦と呼ぶにふさわしい。 パワフルさでは劣るものの、モンラッシェよりも一層ミネラルが強く、エレガントなグラン・クリュ。

    • Product Images
    • ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール [2018] 750ml / Puligny-Montrachet 1er Cru Les Folatieres

      • 28,000

      • 税込30,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ルフレーヴ
      生産地

      純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所。 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 ドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではないはずだ。 ドメーヌは20世紀初頭、ジョゼフ・ルフレーヴが一族の畑を相続して設立し、 その2人の息子ジョーとヴァンサンの時代に評価を確立。 ジョーの死後はその息子であるオリヴィエが代わりを務め、90年になってヴァンサンの娘 アンヌ・クロードが参画。オリヴィエが自身のネゴシアン業で多忙となったため、 94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、 ながら2015年に他界。 その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。 彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥と いう事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の畑から 転向してきた。元はインダストリー分野で起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。 3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。 ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。 80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家である クロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。 故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、 自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践する。 ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。 フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として 高い 評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質を さらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手 のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。 ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、 過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。 ピュリニーの1級畑として最大のフォラティエールは、クラヴォワイヨンの上に位置し、 その標高はモンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェにほぼ等しい。 ルフレーヴが所有する区画はシュヴァリエとほぼ同じ等高線上にあり、ミネラルのしっかりとしたスタイル。

    • Product Images
    • ジ・アグネス・シャルドネ [2019] 750ml / The Agnes Chardonnay

      • 4,000

      • 税込4,400

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      クリスタルム・ワインズ
      生産地

      Crystallum (Bot River) 南アフリカ・ワインメイカーのサラブレッド、ピーター・アラン・フィンレイソン氏によって 2007年、ウォーカーベイのヘルマナス地方、へメル・アン・アルド地区に設立されたワイナリーで、 現在はボット・リヴァー地区にある彼の妻の実家が経営するワイナリー 『ガブリエルスクルーフ』 に 拠点を置いています。 ピーター・アランのファミリーネームからもお分かりのように、彼の実家はへメル・アン・アードにある かの 『ブシャール・フィンレイソン』 で、この地域にピノ・ノワールとシャルドネを最初に植えた、 云わばパイオニア的存在の生産者です。彼はその第三世代で、実家のワイナリーでキャリアを スタートさせましたが、新境地を見出すべく独立し、2008年、伝統を踏まえながらもその天賦の才による 革新的なアプローチを用いて、初リリースを迎えました。 そのファースト・ヴィンテージは瞬く間に南アフリカ国内でひっぱりだことなりましたが、 以来彼はさらに品質を上げながら徐々に生産量を増やしてきました。 現在では年産量は3万本強ありますが、いずれのキュヴェも南アフリカ国内だけでなく、 世界中のトップレストランやワインショップ全てにおいて入荷数は限定されており、 超入手困難なファン垂涎のカリスマワインとなっています。 キュヴェ名「Agnes/アグネス」とは、当主ピーター・アランの曾祖母 Agnes Floyd にちなんで 名付けられました。彼女は14歳の時に南アフリカに移民として渡ってきましたが、 ケープタウンの街で最初に運転免許証を取得した女性として有名で、彼女の持つパワフルさと しなやかさを反映するようなワイン造りを目指しています。 ライムの皮やレモンの砂糖漬け、ライチやパイナップル、、トフィーアップルなどのトロピカルフルーツ、 ハチミツやレモンタルト、バタースコッチなどのコクのある香りが広がります。 味わいの中心には瑞々しい酸があり、オーク樽のニュアンスとフルーティーさのバランスが とても良く美しいフィニッシュへと誘います。 銘醸地ウォーカー・ベイの魅力が全面に出ている仕上がりとなっています。

    • Product Images
    • ドメーヌ ジャン・コレ シャブリ プルミエ・クリュ 4本セット

      • 15,000

      • 税込16,500

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ジャン・コレ・エ・フィス
      生産地

      シャブリに1792年より代々伝わるワイン造りの家系。本来のシャブリとしての個性を持ったワインを生み出すメーカーは限られていますが、ジャン・コレは畑毎の葡萄の個性に応じて最良の醸造法を実施する、木目細かなワイン造りを自社のスタイルとしています。1本1本のワインに造り手の目が行き届いたワイン造り、本来のドメーヌの姿を実践しています。さらに近年ビオによる栽培面積の拡大、自生酵母の使用など畑の持ち味を活かすことにも力を入れています。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モンマン■ モンマンは原料葡萄の個性を最大限に生かすために木樽を使用しない。発酵温度は18℃に保たれた12,500Lのステンレスタンクで発酵。発酵後6ヶ月間ステンレスタンク内で熟成される。収穫の翌年6月~にボトリング。自生酵母使用のため近年は発酵期間が長くなりそのためボトリング時期も遅くなる傾向にある。モンマンの丘陵は上部にポートランディアンの地層が無く、全てキンメリジャンの畑。その畑で有機栽培を実践するロマン・コレの成果が2010年頃から如実に味わいに表現されている。見事な果実の味わいをそのまま表現する、これも現代のシャブリの姿。 ■シャブリ プルミエ・クリュ ヴァイヨン■ 2011年ヴィンテージからステンレスタンクで発酵させ、1/3をフードル”(かみなり)と呼ばれる8,000ℓの木樽、1/3を228ℓの小樽、1/3をステンレスタンクで8ヶ月間熟成。収穫の翌年7月にアッサンブラージュされボトリングされる。小樽熟成のワインが加わることにより更に複雑な味わいを表現しています。厚みがあり甘ささえ感じさせた2015年と異なり2016年は本来のシャブリらしく引き締まった酒体を持っている。その中でもヴァイヨンは正にシャブリらしいシャブリの代表です。グレープフルーツ、青りんごや梨などの香りが華やか、樽香とのバランスも心地よい。酸味は確りしているがまろやかでしなやか。アフターテイストに重量感があり、僅かなアーモンド香と共に長い余韻が楽しめる。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モン・ド・ミリュー■ シャブリ プルミエ・クリュの中でもグラン・クリュと同じ斜面に位置するモン・ド・ミリュー はプルミエ・クリュの中でも最も高く評価される畑。収穫後、空圧式の圧搾機で搾汁、全体の30%はアリエ産228ℓの新樽内で、残りの70%は600ℓの“ドゥミ・ムイ”と呼ばれる木樽で発酵させ、それぞれ10~11ヶ月間熟成させアッサンブラージュ、その後ステンレスタンク内で5ヶ月間静置、メンブランフィルターで軽くろ過しボトリングされる。グラン・クリュ側のプルミエ・クリュは力強く、スラン川対岸の緩やかな丘陵部のプルミエ・クリュには優しさがあるといわれます。ジャン・コレのモン・ド・ミリューは果実味と酸に力があり、ミネラル感から来る芯のある強さを感じる。 ■シャブリ プルミエ・クリュ モンテ・ド・トネール■ シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールを228Lの小樽を使用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。

    • Product Images
    • ヴィラマリア セラーセレクション 4品種飲み比べセット

      • 13,000

      • 税込14,300

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ヴィラ・マリア
      生産地

      ■セラーセレクション シャルドネ■ ローストしたアーモンド、桃などのアロマ、味わいには熟した柑橘類にカルダモン、ミネラルといった複雑さとリッチな厚みを感じる。 ■セラーセレクション ソーヴィニヨン・ブラン■ パッションフルーツ、メロンやエンドウマメの香りを持つ力強いマルボロウのソーヴィニヨン・ブラン。混じりけのない瑞々しさ、グレープフルーツやハーブのニュアンスを感じ、バランスの良い酸味と素晴らしく厚みのある味わい。 ■セラーセレクション メルロー / カベルネ・ソーヴィニヨン■ エレガントなメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すことで知られるホークスベイ産の、色合い濃く香り高い葡萄を使用。重層的なプラムやベリーの風味にフルーツケーキやスパイス、オークも感じられ、複雑さのある味わい。 ■セラーセレクション ピノ・ノワール■ レッド・ダークチェリーやブラックプラム、スパイスの香り。凝縮感がありバランスの良い酸味と細やかなタンニンを持つミディアムボディのワイン。洗練され、複雑味のあるしっかりしたテクスチャーのこのワインは今飲んで美味しく、さらに5年~8年の熟成が期待できる。

    • Product Images
    • 世界のシャルドネ飲み比べセット

      • 9,540

      • 税込10,494

      0
      販売者
      木下インターナショナル株式会社
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ジャン・コレ
      生産地

      ■シャブリ プルミエ・クリュ モンマン■ 18世紀より続くシャブリの家系のコレ家、幾多の苦難を乗り越えて伝統の畑を守り続けた。このモンマンもその一つ。モンマンの丘陵は上部にポートランディアンの地層が無く、全てキンメリジャンの畑。その畑で有機栽培を実践するロマン・コレの成果が2010年頃から如実に味わいに表現されている。見事な果実の味わいをそのまま表現する、これも現代のシャブリの姿。 ■セラーセレクション シャルドネ■ ローストしたアーモンド、桃などのアロマ、味わいには熟した柑橘類にカルダモン、ミネラルといった複雑さとリッチな厚みを感じる。 ■シャルドネ グランレゼルバ■ しっかりとした複雑な口当たり。パパイヤやマンゴーなどのトロピカルフルーツの香り。クローブ、バタースコッチ、ドライハーブがほのかに香る。濃く、とてもバランスの良いミネラル感と素晴らしい余韻。シーフード、クリームソースのパスタや鶏料理と。

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定10セット> ブラン・ド・ランシュ・バージュ2019 3本セット

      • 21,900

      • 税込24,090

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・ランシュ・バージュ
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定10セットのみ】のご案内です。 【ブラン・ド・ランシュ・バージュ2019】 ランシュ・バージュの名前は数世代に渡りワイン醸造家を生み出したバージュ村に由来します。デジャン家が畑を開き広げましたが、偉大なワインの歴史は1728年にシュヴァリエ・ドルイヤールの所有になったところから始まります。彼の死後、ピエール・ドルイヤールが相続し、そしてその娘エリザベスはトマ・ランシュの妻となり、シャトーはリンチ家の所有となります。 1934年ジャン=シャルル・カーズがシャトーを購入し、息子ジャン=ミシェルと孫ジャン=シャルルへと引き継がれて行きます。彼らは1855年の格付けで5級に格付けられたこのシャトーの発展のために尽力してきました。 3品種のフレッシュなブレンド。 ソーヴィニョン・ブランに由来するフレッシュなエキゾチック・フルーツの香り、セミヨンに由来するドライ・フルーツや砂糖煮にした果実や白い花の香り、そしてミュスカデルに由来するウッディーさやバニラが混じりあい、複雑なブラン・ド・ランシュ・バージュを造りあげています。口中では、フレッシュさと力強さのバランスがよく、丸みがあり、エレガントなストラクチャーを備えています。偉大なボルドーの白ワインの特性を兼ね備えたブラン・ド・ランシュ・バージュは若いうちは活き活きとしており、熟成を重ねることで一層印象的な余韻が生まれます。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定3本>パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー2019

      • 37,900

      • 税込41,690

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・マルゴー
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定3本のみ】のご案内です。 【パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー2019】 楢の木でつくられた大樽の中で7ヵ月~8ヵ月熟成されたのち、ボトルに入れられます。若いパヴィヨン・ブランの味は驚きを超えるものです。繊細さ、複雑さ、豊かさと味や香りが長続きするという特徴は、100%ソーヴィニヨンでつくられたワインにとってはずば抜けたものです。まだワインが若いにもかからわらず、すぐに飲みたいと思う欲望に駆られてしまいます。しかしながらパヴィヨン・ブランの熟成は非常に良好で、30年以上に渡り良く熟成し続けることもあります。アロマはより繊細にとろけるようになり、上品になっていきます。 ●パヴィヨン・ブラン 2019は、みずみずしくエレガントで、すらっとしたスタイルのワインです。2017年ヴィンテージと重なるところもあります。香りはとにかく精巧で、濃密かつ複雑。育成・熟成期間がまだ数ヶ月ほど残されていますが、今後さらに濃醇さを増していくでしょう。トップクラスのソーヴィニヨン白ワイン特有の、酸味をしっかりと持ち合わせながらもオイリーな口当たりのワインに仕上がるでしょう。優良年である今年は、収穫したぶどうの半数程度をパヴィヨン・ブランの原料に使用しています。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】<限定3本>シャトー・オーブリオン・ブラン 2019

      • 130,200

      • 税込143,220

      0
      販売者
      アルカンボルドープリムール
      • プリムール2019
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2019
      生産者
      シャトー・オー・ブリオン
      生産地

      ・期間限定受注:2020年12月24日~3月31日 ・お届け予定:2022年(2年後) ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・【限定3本のみ】のご案内です。 【シャトー・オーブリオン・ブラン 2019】 オー・ブリオン・ブランは、ボルドーの5大シャトーの一つであり、メドック地区以外から唯一、1級に格付けされたシャトー。シャトー・オー・ブリオンが造る、ボルドーで最も稀少と言われる白ワインです。 1533年にジャン・ド・ポンタックによって開かれたオー・ブリオンの畑は、1855年のメドック最高位の格付けに選ばれたシャトーで最古のテロワールを誇ります。 ポンタック家以降、4つのファミリーを中心に幾世紀にも渡って受け継がれ、1935年にアメリカの財界人、クラレンス・ディロン氏が買い取り、 現在は、ディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国ロベール皇太子殿下が受け継いでいます。 わずか3haの畑のブドウから造られる、ボルドーで最も稀少と言われる白ワイン。 セミヨンとソーヴィニヨン・ブランが約半分ずつ、ヴィンテージによっては微量のソーヴィニヨン・グリを入れるという独自のアッサンブラージュによる芳醇かつ複雑なアロマは、他とは一線を画す味わいです。 ※当該商品はボルドープリムール2019年商品となります。お届けは2022年となりますのでご注意ください。詳細はストアページをご覧ください。