Loading...

Bourgogne, ブルゴーニュ, フランスワインの商品一覧

ブルゴーニュ

フランスの北東部に南北に細長く位置する超高級ワインを産出する銘醸地。ブルゴーニュ最北に位置するシャブリ地区、中心地はグランクリュが集中している「黄金の丘(コート・ドール)」と呼ばれる地区、リヨンから北に位置するボージョレ地区からなっている。赤はピノ・ノワール、白はシャルドネの単一品種からエレガントなスタイルのワインが作られる。赤ワインは全体的にタンニンが少なく、ビロードのような滑らかさが特徴である。ボージョレ地区では、ガメイによる赤ワインが作られる。赤ワインではロマネ・コンティ、白ワインではモンラッシェなど世界で最も偉大なワインを産み出す、ワインラヴァー垂涎の地。
検索条件(260) 並べ替え
    • Product Images
    • ミュジニィ・グラン・クリュ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018] 750ml / Musigny Grand Cru Cuvee Vieilles Vignes

      • 110,000

      • 税込121,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
      生産地

      シャンボール ミュジニーのトップ生産者 最新ヴィンテージを限定販売 以下、インポーター資料より。 伝説と伝統、ヴォギュエなくして深遠なるワインは有り得ない ドメーヌの所有畑は婚姻や相続、交換、購入を経ながらも、創立以来5世紀にわたって途切れることなく 同一家族に守られている。ドメーヌに名を冠するジョルジュ・ド・ヴォギュエ伯爵は、父アルチュール氏の 逝去にともない1925年に家督を引き継いだ。 以後50年以上に渡りドメーヌを運営し、今日の世界的な 名声を確立した。 1987年のジョルジュ氏の逝去後、一人娘エリザベート・ド・ラドゥセット男爵夫人が18代目を務める。 所有は12.5ha。うちグランクリュが10ha。中でもミュジニィは7.2haと所有畑全体の3/4を占める。 古区画のプティ・ミュジニィはモノポール。年産わずか3.5万本を世界中の愛好家が分け合う。 ドメーヌの評価は70年代低下したこともあったが、1987年の当主交替の際にスタッフを一新、かつての 栄光を取り戻した。栽培責任者のブルゴーニュ氏、エノロジストのミエ氏、販売責任者のぺパン氏に 担当が分かれ、それぞれが最高質のワイン作りという同じ目的を持って仕事に取り組んでいる。 化学肥料は15年前より廃止。農薬はリュット・アンテグラルで対応、除草剤は2000年より全面廃止、 鋤き入れを行なっている。2001年にはボンヌ・マールで試験的に馬による鋤き入れを採りいれてみた。 エノロジストのミエ氏は自らを、「葡萄が楽器だとしたら、自分は個性をひき出す指揮者」と考えており、 「ヴィンテージ毎に性格の異なる収穫に普遍的な醸造は有り得ない」と語る。 ※写真は参考画像になります

    • Product Images
    • ボンヌ・マール・グラン・クリュ [2018] 750ml / Bonnes-Mares Grand Cru

      • 80,000

      • 税込88,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
      生産地

      シャンボール ミュジニーのトップ生産者 最新ヴィンテージを限定販売 以下、インポーター資料より。 伝説と伝統、ヴォギュエなくして深遠なるワインは有り得ない ドメーヌの所有畑は婚姻や相続、交換、購入を経ながらも、創立以来5世紀にわたって途切れることなく 同一家族に守られている。ドメーヌに名を冠するジョルジュ・ド・ヴォギュエ伯爵は、父アルチュール氏の 逝去にともない1925年に家督を引き継いだ。 以後50年以上に渡りドメーヌを運営し、今日の世界的な 名声を確立した。 1987年のジョルジュ氏の逝去後、一人娘エリザベート・ド・ラドゥセット男爵夫人が18代目を務める。 所有は12.5ha。うちグランクリュが10ha。中でもミュジニィは7.2haと所有畑全体の3/4を占める。 古区画のプティ・ミュジニィはモノポール。年産わずか3.5万本を世界中の愛好家が分け合う。 ドメーヌの評価は70年代低下したこともあったが、1987年の当主交替の際にスタッフを一新、かつての 栄光を取り戻した。栽培責任者のブルゴーニュ氏、エノロジストのミエ氏、販売責任者のぺパン氏に 担当が分かれ、それぞれが最高質のワイン作りという同じ目的を持って仕事に取り組んでいる。 化学肥料は15年前より廃止。農薬はリュット・アンテグラルで対応、除草剤は2000年より全面廃止、 鋤き入れを行なっている。2001年にはボンヌ・マールで試験的に馬による鋤き入れを採りいれてみた。 エノロジストのミエ氏は自らを、「葡萄が楽器だとしたら、自分は個性をひき出す指揮者」と考えており、 「ヴィンテージ毎に性格の異なる収穫に普遍的な醸造は有り得ない」と語る。 ※写真は参考画像になります

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・レア [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas

      • 18,000

      • 税込19,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 88-90 クロ デ レアは、ドメーヌの2.12ヘクタールから来ていますが、 2年前に植え替えのために0.4ヘクタールが引き上げられました。はっきりとしたブラックチェリー、 ブルーベリー、カシスとオレンジピールのアロマのヒントの魅力的なブーケがあります。 味わいはフレッシュで活気に満ちています。(1/2020)

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・オー・ブリュレ [2018] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Aux Brulees

      • 17,000

      • 税込18,700

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ドメーヌ・ミシェル・グロ
      生産地

      旧ジャン・グロの正統的後継者 ヴォーヌ・ロマネにおけるかつての大ドメーヌ、ジャン・グロは、96年に3人の子供への相続が完了。 リシュブールを妹のアンヌ・フランソワーズに譲る代わり、ジャン・グロの看板となるモノポール畑 ヴォーヌ・ロマネ1級クロ・デ・レア2.12haを継承したのが長男のミシェル・グロ。 また、ジャン・グロのラベルが消滅するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを 造っていたのもミシェル・グロである。 ドメーヌ・ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーに 畑を所有。特級畑としてはクロ・ヴージョの最上部に0.2haの区画を所有する。 ただし、もっとも広い畑はブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイで、その面積は10haを超える。 これはジャン・グロとは別にミシェル・グロが若い時からコツコツと広げた区画である。 ミシェル・グロのワインは濃いめの色調をもち、果実味が前面に出て、オークの香ばしいフレーバーが 豊かに香るタイプ。しかしながら、アペラシオンごとのテロワールはそのテクスチャーの中に きちんと表現され、ニュイは力強く、ヴォーヌは気品があり、シャンボールはシルキーである。 ワイン情報 2018年の評価 ヴィノス 91-93 2018年のヴォーヌ ロマネ オーブリュレは、50%の新しいオークで熟成され、 ブラックチェリー、ブルーベリー、砕いたバイオレット、ライトローズの花びらのアロマが魅力的で、 木とうまく調和しています。味わいはミディアムボディで、ブラックベリー、ビルベリー、ブラックオリーブ、 ブラックペッパーのノートをフレーミングする熟したタンニンがあり、後者はフィニッシュに 少し歓迎のフリッソンと長さを与えます。後味はかなり長いです。 これは、ミシェル・グロスの今年の最高のワインの1つです。(1/2020)

    • Product Images
    • ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ ミュジニィ・グラン・クリュ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2011]750ml/Domaine Comte Georges de Vogue

      • 98,000

      • 税込107,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
      生産地

      ※並行輸入品 ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニィ村 1450年まで歴史を遡ることができる、シャンボール・ミュジニィの筆頭名家のヴォギュエ伯爵家。 シャンボール村の最高銘醸の特級ミュジニィ10.62haのうち67%に当たる7.14haを 所有。特に大きく3つに分けられるミュジニィのうち『レ・プティ・ミュジニィ』 の区画については全てが同家の所有となります。 また『潜在特級』の1級畑レザムルーズについては、グランクリュ街道を挟んで特級ミュジニィに隣接するまさに『潜在特級』の最高の区画を所有しています。 そして特級ボンヌ・マールと、シャンボール村を代表する3つの畑を広く所有し君臨するあたりは、まさにシャンボール村におけるDRCのごとき存在です。 そのヴォギュエ家のミュジニィですが、醸造責任者のフランソワ・ミレ氏によると、「ミュジニィはボンヌ・マールに比べて難しいワインです。ミュジニィは光と影が あり、素顔を見せず、いつも何かを中に隠してます。だが一度触れ合うと、ミュジニィは常に新しい何かを見せて喜ばせてくれます。」と評します。 また、「余韻の長さに注意して下さい。ワインのボディは技術で作ることはできますが、絶対に余韻だけは作れません。テロワールが最高であり、葡萄が素晴らしい物ならば、私のすべきことは、葡萄に込められた自然の声を聞き、それが自らを表現する為の手助けをする事だけなのです。」と語ります。 多くの生産者が『欲しい畑はミュジニィ』『ロマネコンティに次ぐ』と羨望し絶賛する、特級の中の特級とも言えるミュジニィ。同畑のトップドメーヌ産のヴォギュエ家銘は生産量が多い割りに超入手困難品です! 稀少なバックヴィンテージの2011年物は、 インターナショナルワインセラー:95点 ヴィノス:95点 バーガウンド(ブルゴーニュ専門サイト):94点 ワインアドヴォケイト誌:92点

    • Product Images
    • ヴォーヌ ロマネ レ シャランダン [2018] 750ml / Vosne Romanée Les Chalandins

      • 9,000

      • 税込9,900

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Domaine Jacques Cacheux et Fils
      生産地

      豊かな果実味のワインを得意とし、一級ラ・クロワ・ラモーの所有者。 ジャック・カシューの名前が挙がると真っ先に思い浮かぶクリマは、 ヴォーヌ・ロマネ1級のラ・クロワ・ラモーであろう。 ロマネ・サン・ヴィヴァンに隣接する0.6ヘクタールのこのクリマはカシュー家の モノポールというわけではない。ほかにも2軒のドメーヌが所有するが、カシューを代表する クリマとしてよく知られている。 もともとサン・ヴィヴァン修道院の畑として、今日のロマネ・サン・ヴィヴァンに含まれていた区画であり、 80年代半ばにはジャック・カシューが特級昇格をINAOに申請した経緯がある。 ラベルに見える十字架(クロワ)はこのクリマの石垣上にあり、ヴォーヌ・ロマネにある 5つの十字架のなかでも一番古いものだという。 ワイン情報 クロ・ド・ヴージョの近く、エシェゾーの下に位置する村名クリマ。 ドメーヌはここ4区画、ほぼ1haの畑を所有する。粘土は強いが小石も見られ、力強さとエレガンスが 共存した風味。ラズベリーやグロゼイユなど赤い果実のアロマが生き生きと感じられ、 口の中でも豊かな果実味が広がり、舌触りはビロードのよう。

    • Product Images
    • ヴォーヌ ロマネ オー レア [2018] 750ml / Vosne Romanée Aux Réas

      • 9,000

      • 税込9,900

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Domaine Jacques Cacheux et Fils
      生産地

      豊かな果実味のワインを得意とし、一級ラ・クロワ・ラモーの所有者。 ジャック・カシューの名前が挙がると真っ先に思い浮かぶクリマは、 ヴォーヌ・ロマネ1級のラ・クロワ・ラモーであろう。 ロマネ・サン・ヴィヴァンに隣接する0.6ヘクタールのこのクリマはカシュー家の モノポールというわけではない。ほかにも2軒のドメーヌが所有するが、カシューを代表する クリマとしてよく知られている。 もともとサン・ヴィヴァン修道院の畑として、今日のロマネ・サン・ヴィヴァンに含まれていた区画であり、 80年代半ばにはジャック・カシューが特級昇格をINAOに申請した経緯がある。 ラベルに見える十字架(クロワ)はこのクリマの石垣上にあり、ヴォーヌ・ロマネにある 5つの十字架のなかでも一番古いものだという。 ワイン情報 ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・バ・ド・コンブの下に位置するヴォーヌ・ロマネの村名畑。 1級クロ・デ・レアの南に隣接し、エレガントなワインを生み出す。よく熟したブラックベリーに ダークチェリー。タンニンはしなやかでまろやかな味わい。

    • Product Images
    • ラ・グランド・リュ・グラン・クリュ [2017] 750ml / La Grande Rue Grand Cru

      • 90,000

      • 税込99,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・フランソワ・ラマルシェ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 ラマルシュ家が単独所有する、ラ・ターシュとロマネ・コンティの間に位置する特級畑。 AOC成立時には1級畑だったが、92年に特級昇格が認められ、91年ヴィンテージから特級となっている。 その最高のテロワールから、ラ・ターシュやロマネ・コンティと同格の、勇壮で荘厳なワインが生み出される。

    • Product Images
    • クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ [2017] 750ml / Clos de Vougeot Grand Cru

      • 60,000

      • 税込66,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・プリューレ・ロック
      生産地

      アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。 ラリー・ビーズ・ルロワの甥にあたり、1992年よりドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの 共同経営者も務めていました。 古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、 実行しています。ロック曰く「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、 宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」 ラベルに描かれているロゴはエジプトにある古文書に由来しています。 左側の緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、 右上の黄色い楕円は神、右下の黄色い楕円は人を表していて、自然(神)と人間の両方によって ワインを造り出すという彼の考えが表れています。 パリのワインショップ、オージェの紹介でアンリ・フレデリックとの運命的な出会いから、 ワイン造りの道へ転身し、2002年よりドメーヌに参画したヤニック シャンが2005年に醸造責任者、 2010年より共同経営者に就任。2018年に惜しまれながらこの世を去ったアンリ・フレデリックを引き継ぎ、 ヤニックが現在ドメーヌを担っています。 2018年11月17日にアンリ・フレデリック・ロック氏は56歳で逝去されました。 この特級クロ・ド・ヴージョも今となっては同氏が生前に手掛けた貴重なストックとなります。 グランクリュ<クロ・ド・ヴージョ>のうち上部区画の1部を所有し、樹齢は35-70年。 黒い果実やビターチョコレートを思わせる複雑な果実味、肉付きの良い口当たり、贅沢なまでの樽香、 余韻に残るしっかりとしたタンニンなどが調和した長熟タイプの逸品です。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・スショ [2017] 750ml / Vosne-Romanee 1er Cru Les Suchots

      • 50,000

      • 税込55,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ドメーヌ・プリューレ・ロック
      生産地

      アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。 ラリー・ビーズ・ルロワの甥にあたり、1992年よりドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの 共同経営者も務めていました。 古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、 実行しています。ロック曰く「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、 宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」 ラベルに描かれているロゴはエジプトにある古文書に由来しています。 左側の緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、 右上の黄色い楕円は神、右下の黄色い楕円は人を表していて、自然(神)と人間の両方によって ワインを造り出すという彼の考えが表れています。 パリのワインショップ、オージェの紹介でアンリ・フレデリックとの運命的な出会いから、 ワイン造りの道へ転身し、2002年よりドメーヌに参画したヤニック シャンが2005年に醸造責任者、 2010年より共同経営者に就任。2018年に惜しまれながらこの世を去ったアンリ・フレデリックを引き継ぎ、 ヤニックが現在ドメーヌを担っています。 2018年11月17日にアンリ・フレデリック・ロック氏は56歳で逝去されました。 この特級クロ・ド・ヴージョも今となっては同氏が生前に手掛けた貴重なストックとなります。 ロマネ・サンヴィヴァンとクロ・サン・ドニ(特級エシェゾーのリュー・ディー)の2つのグラン・クリュに 挟まれたプルミエクリュ。樹齢は約35年。土質は石灰岩土壌の影響が強く、繊細でミネラル分の豊かな ワインが生まれます。