Loading...

Bordeaux, ボルドー, フランスワインの商品一覧

ボルドー

フランス南西部に広がる温暖な気候のボルドーは、フランス最大のワイン産地。高級ワインを生み出すシャトーが多く、世界の冠たる赤ワインの銘醸地である。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを主体とした数種類のブドウ品種をブレンドして造られるが、その比率は各シャトーによって異なるため、それぞれ個性的なワインができる。特にシャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・マルゴーなどの5大シャトーを有するメドック地域が有名である。しっかりとしたフルボディで、いかり肩のボトルに入っているのが特徴。ソーテルヌ地区のシャトー・ディケムも、極甘口の貴腐ワインの最高峰として有名。
検索条件(411) 並べ替え
    • Product Images
    • 【プリムール】ヴュー・シャトー・セルタン 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Vieux Chateau Certan
      生産地

      ・期間限定受注:2021年7月1日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Score Robert Parker : WA98-100, Jeff Leve : 98/100, Jancis Robinson : 18++, James Suckling : 98-99 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── ヴュー・シャトー・セルタンはポムロールを代表するシャトーです。 シャトーの歴史は古く、スコットランド出身のドメイ家がこの地に定住した16世紀に遡ります。当時から既にセルタンとして知られ、1858年にシャルル・ド・ボスケが引き継いで、現在にまで残るこの立派なシャトーが建造されました。1924年にはベルギー出身のワイン商であったジョルジュ・ティエンポンが買収し、現在はその子孫であるアレクサンドルとギョーム・ティエンポン父子がシャトーを管理しています。いとこのジャック・ティエンポンが所有するシャトー・ルパンの栽培も担当するこの父子は、ポムロールのテロワールを知り尽くす才能あふれる最強のタッグと呼ばれます。 14ヘクタールの敷地はポムロール最上のテロワールとされるプラトーにあり、粘土質土壌にはメルロ、礫粘土質にはカベルネ・フラン、砂利質にはカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられます。23の区画に細分化され細部にわたり精密に管理されるのが、ティエンポン家の叡智であり伝統です。 派手なマーケティングとは一線を画すポムロールらしい家族的なシャトーですが、特にこの10年は安定かつ突出したクオリティーで、ペトリュスに肩を並べる存在と言えます。 ◆ヴィンテージ情報 メルロ 85%、カベルネ・フラン 15% アルコール度数 14.5% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・パルメ 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 269,000

      • 税抜244,546

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Chateau Palmer
      生産地

      ・期間限定受注:2021年8月5日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── 英国王ジョージ4世にも愛されたパルメは、1814年にシャルル・パルメ将軍によって購入され、以来その名を名乗る歴史のあるシャトー。 1998年に、それまでセカンド・ワインとしていた“ラ・レゼルヴ・ド・ジェネラル”を廃止し、熟成期間の短い比較的早飲みの“アルテ・レゴ”を新たに醸造しました。これにより、ファースト・ラベルである“パルメ”としての生産量を減少させ、品質を引き上げました。 メルロの比率が比較的高く、女性的な印象のマルゴーの中でも特にエレガント、豊満で優雅さが特徴。特級格付け第3級ながら、その人気、評価と品質は常に1級と比較されるくらい高く、世界中のワイン愛好家を魅了し続けています。 ◆ヴィンテージ情報 メルロ 48%、カベルネ・ソーヴィニヨン 48%、プティ・ヴェルド 4% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • シャトー・マルゴー [2015] 750ml / Chateau Margaux

      • 273,229

      • 税抜248,390

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      シャトー・マルゴー
      生産地

      ワイン・アドヴォケイト 99ポイント! ワイン・スペクテーター 99ポイント! 葡萄品種: メルロー 8% カベルネ・ソーヴィニヨン 87% カベルネ・フラン 3% プティ・ヴェルド 2% 収穫されたうちの35%しかファーストラベルのワインにならない。ヴィンテージを比較し、ワイナリーは「私達は2005の力強さと、2009のフレッシュさと、2010の繊細さ、そしてシャトー・マルゴーの真似出来ないその魅力を合わせ、再現できる。」とコメントしている。 シャトー・マルゴー2015は、伝説的な総支配人ポール・ポンタリエ氏が手掛けたシャトー・マルゴー最後のヴィンテージとして特筆されることであろう。 テイスティングノート: 中位の深みを持つ色で、濃いブラックルビー色をしている。優美に濃縮した芳香の強いノーズを示すと同時に、魅惑的なベリー類と、ラズベリー、ミネラルのニュアンスを持つ。ミディアムボディ、良いウエイトと濃縮度を持ち、強調された果実味を持つ。滑らかで上質なタンニン、きれいなバランスを持ち、果実味とフレッシュな酸味のしっかりとした核を持つ。がっしりとしてエレガントなワインは、非常に若いにも関わらず、余韻の長い後味を持ち、とても大きな熟成ポテンシャルを持つ。

    • Product Images
    • シャトー・オーゾンヌ [2009] 750ml / Chateau Ausone

      • 275,000

      • 税抜250,000

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
      シャトー・オーゾンヌ
      生産地

      オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。アラン・ヴォーティエ氏が手掛ける秀逸なワイン。4世紀のローマの詩人アウソニウス(仏名オーゾンヌ)の別荘跡地にあります。オーゾンヌはデュボワ・シャロンとヴォーティエの2つの一族がパートナーとして所有していましたが、1990年半ばにヴォーティエ一族がシャトーを買い取り、単一所有者となりました。パスカル・デルベックにとって代わったのは、アラン・ヴォーティエで、ミシェル・ロランから醸造についてのアドバイスを受けています。1954年に行われたサンテミリオン地区の格付けでは、『シュヴァル・ブラン』と共に「第一特別級A」 に指定されている。できる限りよいワインをつくるための費用は惜しまず(例えば収量の低減、完熟したブドウの使用、タンクではなく、小樽でのマロラクティック発酵など)、その結果、ここの並外れたテロワールがよりよく表現されるワインが出来上がっています。深みのある紫色、アカシアの花々、ブルーベリー、の華やかなアロマを醸し出しています。新樽率は100%、。飲み頃になるのにより時間がかかるとは思います。約1200ケース生産のこのワインは20-50年くらい熟成させると真価を味わえることでしょう。

    • Product Images
    • シャトー・マルゴー [2015] 750ml / Chateau Margaux

      • 275,000

      • 税抜250,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      シャトー・マルゴー
      生産地

      マルゴー特級格付1級 有名評論家・評論誌8つ計796点のマルゴー! 2015年物のシャトー・マルゴーは、1815年のシャトーの建築からの200周年の記念ボトルであり、ノーマン・フォスター氏によって建設・修復された新たな建造物の落成式を行った記念のヴィンテージでもあり、シャトー側もその作柄に大きな期待を寄せていたようですが、見事その期待に応えたどころか、期待を上回り過ぎて言葉が見当たらないほどの作柄となりました! 有名評論家・評論誌の評点が、 ジェームズ・サックリング氏:100点 ワイン・エンスージアスト誌:100点 デキャンター誌:100点 ジェブ・ダナック氏:100点 ワインアドヴォケイト誌:99点 ワイン・スペクテーター誌:99点 ニール・マーティン氏:99点 ヴィノス、アントニオ・ガローニ氏:99点 と、最低でも99点で、8つ合計でなんと796点という、歴代すべてのワインの中でベストスコアと断言できる驚愕のワインとなりました! シャトーのコメントによると、 「2005年の力強さ」 「2009年の肉付きの良さ」 「2010年の緻密さ」 を全て兼ね備えつつ、何より、 「シャトー・マルゴーの比類ない魅力」 をも併せ持っていると激賞されています! ※ボトル下部の『Hommage à Paul Pontallier』とは、1983年にCHマルゴーに入社し、1990年に総支配人に就任、2016年3月28日に急逝されたポール・ポンタリエ氏へのオマージュという意味です。 2015年のセパージュ: カベルネ・ソーヴィニヨン 87% メルロー 8% カベルネ・フラン 3% プティ・ヴェルド 2%

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・ラフィット・ロスチャイルド 2020 | 3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 282,000

      • 税抜256,364

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ・期間限定受注:2021年6月14日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Jean-Marc Quarin : 98 / Vinous - Neal Martin : 96-98 / Wine Advocate - Lisa Perrotti-Brown : 96-98 / James Suckling : 99-100 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組/6本組) ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── 古くは13世紀の文献にも登場し、1855年のメドック格付けで第一級の筆頭と評価され、輝かしい歴史を誇るボルドー随一のシャトーです。 1868年にロスチャイルド家の所有となり、メドックで最上とされる類まれなテロワールを生かし、熟成のための樽をすべて自社製造するなど品質向上へのたゆまぬ改革を続け、ボルドー屈指の地位を確立しました。ラフィットならではのエレガンスとフィネス、そして力強さが調和したボルドー最高峰の味わいは熟成とともにその真価を発揮します。 ラフィットを所有する、ドメーヌ・ド・バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社(DBR社)は2018年に新しい幕開けを迎え、1974年からDBR社を率いてきたバロン・エリック・ロスチャイルドとその右腕で一切の実務取り仕切ってきたクリストフ・サランが引退し、バロン・エリックの娘で、ジャーナリストとして活躍してきたサスキア・ド・ロスチャイルドと、コス・デストゥルネルの総支配人やLVMHワイン部門の社長を務めたジャン・ギョーム・プラッツに継承されました。サスキアは当時弱冠30歳、その若い感性をDBRの伝統とエスプリに吹き込み、新たな歴史を刻もうとしています。 ルグランは会長を務めるジェラール・シブール・ボウドレイがDBR前社長クリストフ・サランと昵懇の中であったことから、世界でも有数のアロケーションが割り当てられています。 ◆ヴィンテージ情報 カベルネ・ソーヴィニョン 92%、メルロ 7%、プティ・ヴェルド 1% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・アンジェリュス 2020 | 6本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Chateau Angelus
      生産地

      ・期間限定受注:2021年5月21日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・Jeff Leve : 98-100, James Suckling : 98-99 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(3本組/6本組) ・6本セットですので、ワインの熟成による味わいの変化をお楽しみいただけます。 ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── シャトー・アンジェリュスは2012年に最高位グラン・クリュ・クラッセAに昇格したシャトーです。 その後も、父ユベール・ド・ブワールから娘で8代目現当主ステファニーに受け継がれ、伝統と歴史を守る役割を務めながら、様々な革新も試みています。 2018年にはオーガニックへ転換。また、カベルネ・フランのポテンシャルと土壌との相性を早くに認識し、その比率を増やしてきました。現在比率は46%に達し、地球温暖化の中、大成功を収めています。 ◆ヴィンテージ情報 メルロー 60%、カヴェルネ・フラン 40% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。

    • Product Images
    • *送料無料*<限定5セット>5大シャトー3本セット 格付1級 シャトー・ムートン・ロートシルト2016+シャトー・マルゴー2016+シャトー・オー・ブリオン2016

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      シャトー・ムートン・ロートシルト
      生産地

      送料無料<限定5セット>ボルドーワイン3本セット 格付1級シャトー・ムートン・ロートシルト2016+シャトー・マルゴー2016+シャトー・オー・ブリオン2016   通常3本で\440,110のところ、\286,000と大変お得なセットにしました。 【限定3セットのみ】のご案内です。 【シャトー・ムートン・ロートシルト2016】メドック格付け第一級 五大シャトーの中でも最も豪勢なワインと言われるシャトー・ムートン・ロートシルト。 2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。 セパージュ:カルべネ・ソーヴィニヨン 83% 、メルロー 15% 、カルべネ・フラン 1%、プティ・ヴェルド 1% パーカーポイント:100、スペクテーター誌:90、デカンター誌90 【シャトー・マルゴー2016】メドック格付け第一級 今世紀前半の中でも最も偉大なヴィンテージ 香りは非常に繊細で、複雑性と奥行きがあります。味わいはボリューム感と甘みがあり、特に余韻の長さは驚くほどです。そしてもちろん、偉大な区画のカベルネ・ソーヴィニヨンがワインにこの上ない優雅さをもたらします。カベルネ・ソーヴィニヨンはブレンドの約94%を占めています。メルロとカベルネ・フランは、それぞれ2%と3%の割合であり、豊かな芳香とともにタンニンの構成に滑らかさがあり、大いなる複雑性を与えてくれます。最後にプティ・ヴェルドは、わずかな割合であるにもかかわらず(ブレンドの1%)、ボリューム感と際立つ濃厚さをもたらしてくれます。 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン 94%、メルロー 2%、カベルネ・フラン 3%、プティ・ヴェルド 1% パーカーポイント:99 【シャトー・オー・ブリオン2016】メドック格付け第一級 シャトー・オーブリオンは、メドック地区以外から唯一、1級に格付けされたシャトーです。 1533年にジャン・ド・ポンタックによって開かれたオー・ブリオンの畑は、1855年のメドック最高位の格付けに選ばれたシャトーで最古のテロワールを誇ります。 ポンタック家以降、4つのファミリーを中心に幾世紀にも渡って受け継がれ、1935年にアメリカの財界人、クラレンス・ディロン氏が買い取り、 現在は、ディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国ロベール皇太子殿下が受け継いでいます。 畑は南東向き、土壌は小石を含む河川礫層。 ボルドー市の南西、ペサック村に押し寄せる市街化の波に囲まれるように広がっています。 そのため、平均気温が周辺の畑に比べ高めで、ブドウが早熟であるとされています。 セルパン川とプーグ川の浸食によって生み出された複雑な地形。 畑は51haにおよび、そのうち48haで黒ブドウ品種を栽培しています。 平均樹齢はおよそ35年。1haにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。 メルローがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。 また、ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。 セパージュ:メルロー 56%、カベルネ・ソーヴィニョン 37.5%、カベルネ・フラン 6.5% パーカーポイント:100

    • Product Images
    • 送料無料 <9月末迄><数量限定>ボルドー五大シャトー2017年ヴィンテージ3本セット

      • 297,000

      • 税抜270,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      シャトー・ラフィット・ロートシルト
      生産地

      ボルドー五大シャトー2017年ヴィンテージの3本セットです。 通常3本で\363,330のところ、\297,000と大変お得なセットにしました。【限定3セットのみ】のご案内です。 【シャトー・ラフィット・ロートシルト 2017】 ―メドック格付け第一級― 五大シャトーの筆頭の地位を誇る気品高いシャトー。エレガントさとフィネス、そして圧倒的な熟成ポテンシャルを秘めています。 石灰質を基盤とする砂利質の土壌は、粘土質の上に砂石質が多い近隣のシャトーとは、大いに異なります。この土壌から唯一無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワインが生まれます。 テイスティング・コメント 濃くて濃い色。まだ控えめなノーズは、時間の経過とともに現れる濃厚なアロマの可能性を示唆しています。杉とミントの繊細な香りがあり、とてもフレッシュです。 口の中では、非常に存在感があり、まだ現れていない力強さを感じさせます。まだ若いにもかかわらず、全体的に調和しており、素晴らしいラフィットの特質を既に備えています。 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン97%、メルロー 2.5%、プティ・ヴェルド0.5% ジェームス・サックリング:98pt、ワインアドヴォケイト:97+pt 【シャトー・ムートン・ロートシルト 2017年】 ―メドック格付け第一級― 五大シャトーの中でも最も豪勢なワインと言われるシャトー・ムートン・ロスチャイルド。ラベルの絵柄を毎年異なる有名画家が手掛けることでも有名。強めの新樽風味をまとった濃密で柔らかなスタイルで人気を博しています。 テイスティング・コメント 深みのある鮮やかな色調のワイン。ガーネット色の光沢。野生の小粒果実を思わせるアロマを含む、エレガントで複雑な香り。エアレーション後にはペッパーの風味、カシスの若芽やドライフラワーのノートがたおやかに香り、豊かな風味と調和の良さが楽しめます。アタックはみずみずしくクリアで、ストラクチャーも上質。濃厚で肉づきの良いテクスチャーとともに、味わいの中盤まで生鮮果実の風味が広がります。熟度も十分で織り目も密なタンニンが味蕾を包み込み、長い余韻となめらかな印象をもたらします。後味にはすべての要素が調和よく整い、将来性の高さを革新させられます。 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン90%、メルロー 9%、プティ・ヴェルド1% ジェームス・サックリング:98pt、ワインアドヴォケイト:96+pt 【シャトー・マルゴー2017】 ーメドック格付け第一級ー シャトー・マルゴーは、世界で最も高い名声を有する赤ワインの一つ。メドック地区の4つの第1級格付け銘柄の1つであり、五大シャトーの中でも女性的なワインとも形容されています。 2017ヴィンテージは深み、複雑さ、力強さと長い余韻を備えており、シャトーの過去の偉大なヴィンテージの流れを汲んでいます。9月の降雨にもかかわらず、予想を遥かに超える高い品質に達したのです。偉大なテロワールには適応力があり、素晴らしい品質のワインを生み出す底力を秘めているということに改めて気付かされるほどでした。 ジェームス・サックリング:99pt、ワイン・アドヴォケイト98pt セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン 89%、メルロー 8%、カベルネ・フラン 2%、プティ・ヴェルド 1%

    • Product Images
    • 【プリムール】シャトー・オーゾンヌ 2020 | 3本セット・シャトーオリジナル木箱入り

      • 297,000

      • 税抜270,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils [プリムール2020期間限定ストア]
      • 木箱保管可能
      • プリムール2020
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2020
      生産者
      Chateau Ausone
      生産地

      ・期間限定受注:2021年7月21日~12月31日 ・お届け予定:2023年(2年後)秋 ・ボルドープリムール(新ヴィンテージ) ・荷姿違いの商品もございます(1本/3本組/6本組) ・シャトーオリジナル木箱入り ────────────────────── シャトー・オーゾンヌはシュヴァル・ブランと並びサンテミリオンの頂点に君臨するシャトーです。 オーゾンヌの名は4世紀の詩人でローマ皇帝グラティアヌスの下で執政官まで務めたマグヌス・アウソニウスの名に由来し、退官後晩年を過ごしたと伝えらるサンテミリオンにあった別荘がこのシャトーの起源です。南東向き石灰岩プラトーと粘土石灰質コートに広がる7ヘクタールの葡萄畑は、あらゆる気象条件に対応することができるサンテミリオン最高のテロワールと考えられ、猛暑や干ばつ時には保水性の高い土壌が水分を供給し、斜面を取り囲むように切り立つ石灰岩が城壁のような役割を果たして北風を遮断し冷害から畑を守ります。また南東向きの斜面には太陽が燦燦と降り注ぎ葡萄が完璧に熟するのです。平均樹齢は50年を超え、最高樹齢100年にまで達するカベルネ・フランとメルローは半々の割合でしたが、地球温暖化で酷暑と旱魃のヴィンテージが頻発する中で、カベルネ・フランの割合が年々高まってきています。 また1690年からこのシャトーを共同で管理してきたヴォーティエ家が1990年代に単独所有となり、現当主のアラン・ヴォーティエが全てを管理するようになってからオーゾンヌのワインはよりその完成度が増しました。さらに長女ポーリーヌが技術責任者として参画し、オーゾンヌの品質はその長い歴史の中で頂点を極めようとしています。 グランヴァンはカベルネ・フランの繊細さ、フィネスと構造を表現するミネラル溢れる長期熟成型。 ◆ヴィンテージ情報 カベルネ・フラン 50%、メルロ 50% ────────────────────── 「プリムール」とは ────────────────────── 前年に収穫された葡萄がワインとなり、まだ樽で熟成されている段階で生産者が愛好家へ販売することをプリムールと呼びます。 このボルドーの伝統的な商習慣によって、生産者であるシャトーは、2年後に瓶詰して商品を出荷する前にワインを販売することでキャッシュフローを改善でき、愛好家の皆様はシャトーからの一番出し価格でワインを確保することができます。一般的にプリムールの流通ではシャトー→ネゴシアン→インポーター→卸業者→小売店を経由して愛好家の手元へと届きますが、1880年創業のルグランではグループ内に自社のネゴシアンを持っているため、シャトー→ルグラン→愛好家という最短経路にてお届けすることが可能です。またボルドーには常時4名のスタッフが在住し、シャトーからの情報をいち早くお皆さまへお届けいたします。 ────────────────────── ◆2020年ヴィンテージの特徴-総評- 昨年はコロナ禍の中大幅に遅れてのスタートとなったプリムールキャンペーンでしたが、今年は例年通り5月中旬からの開始されました。 待ちに待った2020年ボルドーですが、2018年、2019年に肩を並べる3年連続の偉大なヴィンテージ「トリロジー」を形成しそうな気配です。 収穫前年の冬から春先までは、稀に見る温暖な天候が続いたため葡萄の生育サイクルが早く、例年より2-3週早く芽吹きが開始。 春から初夏にかけては例年以上に雨が多く気温も高かったためベト病が発生し、生産者は対応に追われました。特に有機栽培を採用しているシャトーではその対応に悪戦苦闘した時期となりました。6月後半になると一転、暑く非常に乾燥した天候が7月まで続きます。排水性に優れた畑では葡萄に水分ストレスが掛かりましたが、春先に多く降った雨が地中に蓄えられていたおかげで、葡萄は順調に生育しました。8月に多少の雨に見舞われましたが全般的に暑く乾燥し、葡萄は見事に色づきました。 収穫期の9月もまた晴天に恵まれ乾燥し、日中は暑くなることもありましたが夜間は涼しく、フレッシュさを保ちながら完熟した葡萄が収穫されました。 夏から収穫期までの続いた乾燥した天候の結果、葡萄の水分が蒸発したために果皮が厚く果汁の少ないヴィンテージとなり、収量は例年以下にまで減少。 タンニンや色素は例年以上、糖度は2015年や2018年並みとなり、フレッシュな酸が例年以上に保たれたのが特徴的です。 結果2020年ヴィンテージは色調が深く凝縮感を備えかつフレッシュ感がある、よりクラシックなヴィンテージ、比べるならば偉大なヴィンテージである2015年や2016年を連想させます。 2020年ヴィンテージはテロワールの保水性が鍵となり、粘土などの保水性の高いテロワールを持つシャトーに注目。暑さと乾燥に強いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの出来栄えも見事です。10月は十分な湿度が保たれたため貴腐菌の発生に最適な環境となり、ソーテルヌ、バルサックの甘口白ワインにも偉大なヴィンテージとなりそうです。 ────────────────────── ・TERRADA WINE STORAGEへのお預け入れが可能です。 ・TERRADA WINE STORAGE 限定サービス「木箱保管」 対象商品です。 ・日本への輸送は低温管理された船便(リーファー輸送)を使用します ※価格は、フランスからの各種輸入費用を含めた総額表示です。  詳しくはショップページを確認ください。 ※写真はイメージです。ヴィンテージは商品名にてご確認ください。