Loading...

熟成感を楽しめるマグナムボトルワインの商品一覧

保管熟成を楽しめるマグナムボトル

長期熟成のポテンシャルを秘めたマグナムボトル(1,500ml)。

通常のボトル(750ml)と比べて、空気に触れる面積が少ない分、

ゆっくりと時間をかけて、じわじわと旨味が増すため、より美味しく熟成するといわれています。


生産量の少ないマグナムボトルを数量限定で販売してますので、是非この機会にご利用ください。

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • 【マグナム瓶】 ドメーヌ・デュ・コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ [2012]1500ml 木箱入り

      • 55,000

      • 税込60,500

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
      • 木箱保管可能
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ドメーヌ・デュ・コント・アルマン
      生産地

      2012年は通常年の1/3しか造れず、12hl/haという低収量。雹害により非常に少ない生産量となりましたが、長期熟成向きのワインとなった為、初の試みとして「クロ・デ・ゼプノー」は全てマグナムで瓶詰めを行いました。1本ずつの木箱入りで、日本への入荷は僅か36本のみの貴重品です。2013年は雹害で更に生産量が激減し、 日本への案内がありませんでしたので、2013年ヴィンテージを最後にコント・アルマンから完全独立した醸造家バンジャマン・ルルー氏による最後のヴィンテージと言えるでしょう。 レ・グラン・ゼプノーとレ・プティ・ゼプノーにまたがり、鉄分を含む褐色の石灰質土壌を持つ単独所有の一級畑。5.24haという広さから区画を細かく分けて、土壌、樹齢、収穫時期などの違いで複数のキュヴェを仕込み最終的にアッサンブラージュされる。平均樹齢55年。新樽比率40%にて22ヶ月の樽熟成。スパイスの香り、低収量から生まれるポマールらしい豊満なボディ、力強さとフィネスを持ち合わせたブルゴーニュを代表する偉大なる長熟ワイン。 クロ・デ・ゼプノは別格のワインである。 それは若い時でも威厳があり、味わいの長さは驚異的で、凝縮感は卓越している。そのワインは以前のものに比べ、花の香りが顕著で、フィネスもある。ビル・ナンソン著「ブルゴーニュ」より ワインアドヴォケイト:94-96ポイント eRobertParker #210 Dec 2013 Neal Martin (94-96) Drink: N/A Now for the main attraction that dominates Domaine Comte Armand: the 2012 Pommard 1er Cru Clos des Epeneaux. There is no second wine (usually labelled village or premier cru) from this monopole this year and due to diminished quantities the final blend welcomed its younger vines that in any case have now reached a respectable 25 year of age. I tasted two cuvees according to geological profile: the lower reaches of fragmented rock high in iron oxide that tend to give tannic wines and the higher reaches of shallower soil and a proliferation of smaller cracks that tends to give more mineral-driven, elegant wine. The first cuvee from ferrous soils has a very refined bouquet with crystalline dark cherry and cassis fruit that come loaded with minerals, yet it is not a powerful bouquet, rather one that creeps up on you by stealth ? seduction by the back door. The palate has a chalky, assertive, grippy entry with splendid weight and breadth. It does not fan out towards the finish like the 2009 or 2010, but stays very linear and focused, leaving a residue of minerals in its wake. You can sense the power, but Benjamin has this cuvee on a tight leash. The second, from fragmented rock, has a slightly more open nose and red fruit. It is sweeter and more feminine with a lithe finish. The blend of the two is very harmonious, the light blend tempering the more boisterous cuvee from the upper reaches, the elegance enhanced by the combination of the two. This will be fascinating once bottled. Readers should note that for the first time, the Clos des Epeneaux will be bottled in magnums only.

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル コルトン・シャルルマーニュ [2015]1500ml

      • 46,186

      • 税込50,804

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル
      生産地

      クロ・ド・ラ・シャペルの畑はノートルダム・ド・ピティエ教会の庇護の元にあり、1540年にこの広いゴシック建築の礼拝堂が建設され教会へ献納された。1870年頃 ヴィクトル・ボワイヨが、3か所に位置するプルミエ・クリュのパーセルで小さなドメーヌを作る。後にルイ・ボワイヨにより引き継がれる。 ・Pommard Les Chanlins (とても古いブドウの樹木), ・Volnay Carelle sous la Chapelle (現在は Volnay En Carelle), ・monopole Volnay Clos de la Chapelle. 2011年 現オーナー生産者 マーク・オコーネルが、この畑を購入し、「ドメーヌ・ルイ・ボワイヨ」から「ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル」と名付ける 【テロワール】 現在「ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル」の名のもとに、ヴォルネーの「クロ・ド・ラ・シャペル」の他、下記の畑で葡萄を栽培している。ドメーヌ・ルイ・ボワイヨ所有の3パーセルに、9つのアペラシオンを追加し、全12のテロワールすべてグラン・クリュとプルミエ・クリュ。 合計4haの畑年間生産量 1500ケース(平均的な気候の年) 1.Volnay 1er cru Clos de la Chapelle (monopole)2.Volnay 1er cru En Carelle3.Volnay 1er cru Taillepieds4.Pommard 1er cru Les Chanlins (tres vieilles vignes) 5.Pommard 1er cru Grands Epenots6.Beaune 1er cru Champs Pimont7.Beaune 1er cru Les Teurons8.Beaune 1er cru Les Reversees (blanc)9.Pernand Vergelesses 1er cru Sous Fretille10.Corton Charlemagne11.Corton Bressandes12.Corton Rognet 【収穫・醸造】 醸造家:ディミトリ・バザ  栽培責任者:フランシス・シモン 出来うる限りの純粋なワインを造ることを目標とし、ブドウ畑を獲得後すぐにドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペルのすべての畑をオーガニック栽培およびビオディナミー農法に転換。それぞれのパーセルに固有のテロワールが表現してくるものを最大限に引き出したワインを造ることを目標としている。ブドウは手収穫、醸造の間も人間の介入は最小限にとどめている。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドミナス Dominus [2015]1500ml【正規品】

      • 81,370

      • 税込89,507

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ドミナス・エステート
      生産地

      圧倒的な存在感とその完璧なまでの仕上り。ボルドーの名匠が醸す、プレミアム・ナパ・ワイン。 2015年のドミナスは、2010年、2013年に続き、ワイン・アドヴォケイト誌において3度目となる100点を獲得した超グレート・ヴィンテージです。WA100点獲得の超グレート・ヴィンテージ2015、圧巻のマグナムボトル! ワイン界の伝説と言っても過言ではない名匠クリスチャン・ムエックス氏が魅了された、ナパ・ヴァレー最上の地、ナパヌック・ヴィンヤードで造られるドミナス。世界的地位を確立しているオーパス・ワンと共にプレミアム・ナパワインとして世界中の愛好家を魅了し続けていますが、実はドミナスは、初リリースの1983年より、パーカーポイントにおいて毎年オーパス・ワンを上回る高得点をたたき出してきました。 ワインアドヴォケイト:100ポイント Reviewed byLisa Perrotti-Brown Issue Date 1st Nov 2017 Source 233, The Wine Advocate Drink Date 2019 - 2055 Bottled in July 2017 and composed of 86% Cabernet Sauvignon, 9% Petit Verdot and 5% Cabernet Franc, the Dominus 2015 Proprietary Red Wine leaps from the glass with notes of fresh wild blueberries, crushed blackberries and black currant juice with touches of wild thyme, underbrush, iron ore and aniseed with wafts of lavender and pencil lead. Medium to full-bodied, the palate has incredible energy and vivacity, with the firm, pixelated tannins and lively backbone skillfully framing the muscular fruit, finishing with wonderful length and depth.

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】 ブルーノ・パイヤール ブリュット ミレジメ ブラン・ド・ブラン [1999]1500ml

      • 29,800

      • 税込32,780

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      1999
      生産者
      ブルーノ・パイヤール
      生産地

      マグナム瓶の恩恵を受け、まだ若々しく活き活きとしたミネラルを感じルこととともに、澱と共に10年もの瓶熟したことによりブリオッシュやローストしたナッツのニュアンスを感じることできます。 2011年5月に発売が開始されたこの1999ブラン・ド・ブランはヴィンテージ・シャンパーニュの中でも最も長く熟成させたものの1つであり、卓越したシャンパーニュのみが成しうる類まれな熟成感が楽しめます。 ■テクニカル情報■ 産地:シャンパーニュ地方ランス 品種:シャルドネ100% 味わい:ブリュット (辛口)ドザージュ:5g/L 畑:オジェ、ル・メニル・シュール・オジェ(ともにグラン・クリュ) アルコール:12% 醸造:グラン・クリュで収穫された葡萄の一番搾り果汁のみを使用。10年間の瓶内シュールリー熟成を経て、素晴らしく発展したミネラルと花、スパイスと砂糖漬けのオレンジの果皮のアロマがバランスよく表れています。 【ラベル】 フランス人画家ギュイユメット・シュルンバジェールが「ヴィヴァシティ(快活)」をテーマに描きました。シュルンバジェールは偉大なクレモニーニに学び、何年間もブラジルで過ごし、現在はパリに住んでいます。ブラジルでの経験が彼女の色彩感覚や創造力を豊かにしたことでしょう。 ■1999ヴィンテージ情報■ 穏やかな冬に続いて、発芽時期は早く4月中旬に始まりました。例年は5月中旬までシャンパーニュ地方には頻繁に霜が降りますが、99年は目立った霜害はありませんでした。唯一被害があったのは雹で、およそ30クリュ以上が影響を受け、これはシャンパーヌの畑の10%になるため、ブレンドをする際に厳密な選別が必要となりました。開花は6月中旬頃で、暑い夏となりました。全体的に平均より降水量が多く、気温も高く、1年を通してバランスのとれた年となりました。収穫は例年通り9月15日に開始し、健康状態の良い重量感のある葡萄がたくさん収穫できました。この年はクラシックで芳醇なヴィンテージに仕上がりました。偉大なシャンパーニュの由緒ある伝統が感じられる味わいです。 ■コメント■ 深みのあるグリーンゴールドの色調。生き生きとしたキメ細やかな泡沫が途切れなく続きます。香りは、柑橘系果実、マンダリン、アーモンドのアロマが最初に感じられ、次第に焼いたトースト、スパイス、リコリス、砂糖漬けのオレンジの果皮のアロマへと発展してゆきます。味わいは活き活きとした快活さが特徴的で、フレッシュな味わいが強く印象に残りますが、鮮やかな酸を基調とするしっかりとしたストラクチャーが美しく端正なバランスを添え、どこまでも続く余韻の長い後味が口内に広がります。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】 トルブレック ラン・リグ [2016]1500ml 木箱入り

      • 60,800

      • 税込66,880

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
      • 木箱保管可能
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      トルブレック
      生産地

      新醸造家イアン・ホンゲルが仕上げた最高傑作ラン・リグがついに100点を成し遂げました! トルブレックは、南北ローヌのワインにインスピレーションを受け、世界でも有数の樹齢の古いブドウが育つバロッサヴァレーでシラーズ、グルナッシュ、ムールヴェードルといったローヌ品種から最高のワインを生み出す世界トップクラスのワイナリーです。トルブレックで使用される葡萄は、樹齢150年を超えるものもあり、世界最古のレベルです。これらの葡萄樹は、フィロキセラ禍を免れ、1980年代初頭のオーストラリア政府による減反政策の中を生き延びてきたものです。古樹は驚くほど低収量で、まだ樹齢の若い畑も極力収量を抑えているため、ワインは非常に深みのある色合いを湛え、実に濃厚で凝縮感のある複雑な味わいに仕上がります。 ■ワインアドヴォケート#241号2019年3月1日掲載記事より■ (著者:ジョー・チェルヴィンスキー) トルブレックは、主任醸造家イアン・ホンゲルの下で近年ますます実力をつけてきている。 2019年3月にリリースを予定しているトルブレックのワインを一通りテイスティングしたが(実に驚異的な2016年のランリグは2019年6月にリリースを控えている)、どのワインもこれ以上にないほどの見事な出来映えであった。だからと言って彼の前任者たちを軽んじるつもりは毛頭ない。ただホンゲルの斬新な視点からブドウ畑の新たな開拓と拡張(これについては栽培家ナイジェル・ブリーシュクによる功績が非常に大きい)に向けて更なる投資が行われたことにより、ワインの品質が更なる向上を遂げ、低価格帯のキュヴェでさえ実に印象的な仕上がりを見せている。今回は、2018ヴィンテージの高価格帯のワインのバレル・サンブルもいくつか目にすることが出来たが、 もはや次にバロッサを訪れる日が楽しみで待ちきれない。 ■テクニカル情報■  産地:バロッサヴァレー(下部地区:リンドック、ローランドフラット、モッパ、エベニーザー、ライトパス)  品種:シラーズ98%、ヴィオニエ2%(6区画のブレンド) 平均樹齢122年 アルコール:15% pH:3.69 酸:6.04g/L 平均収量:14hl/ha 醸造:除梗して区画ごとに木製とコンクリート製の開放型発酵槽で約1週間マセラシオン。バスケットプレスで優しく圧搾し、新樽(50%)と2-3回使用したフレンチオークのバリックでマロラクティック発酵させ、澱の上で30ヶ月熟成させてテクスチャーを出し、ブレンド。 ■2016ヴィンテージ情報■ 冬は雨の少ない乾燥した天候が続き、1月から3月にかけての雨が恵みの雨となった。樹齢の古いブドウには特に理想的な穏やかな気候条件に恵まれ、ブドウの熟成がゆっくりと時間をかけて進み、極めて品質の高いブドウが収穫出来た秀逸なヴィンテージとなった。(収穫期間:2/18~3/23) ■生産者コメント■ 重厚なブルーベリーとブラックベリーの濃厚なアロマが浮き立つように香り、前面に引き出されたダークチョコレートの風味と共に桑の実やプラム、五香粉を思わせる華やかな香りが感じられる。ヴェルヴェットのように滑らかなテクスチャーを湛えた贅沢な味わいで、赤いチェリーやストーンフルーツ(固い核を持つ果実)、クローブの風味に仄かなダークチョコレートのニュアンスがしっかりと溶け込んでいる。複雑で重層的な構造を持つ味わいと果実の風味がグラスの中で次第に鉄鉱石やアニス、ブラックベリー、胡椒のニュアンスを帯びて発展してゆき、非常に余韻の長い後味を生む。重厚なテクスチャーを持つこのランリグは、辛抱強く熟成させることによって間違いなく大きな見返りが期待できる。(セラー熟成の効く期間:15~20年) ★パーカーポイント100点 RobertParker #241 2019年3月1日 (飲み頃:2019-2035年) シラーズ98%に瓶詰直前に仕込まれたヴィオニエ2%をブレンドさせた2016年のラン・リグは、完全なる最高傑作である。鉛筆の削りくずを思わせるエレガントな黒鉛の香りがブルーベリーやブラックベリーのアロマに心地よいアクセントを添え、驚くほど濃厚な果実の味わいが口内に染み渡るように広がる。ヴェルヴェットのように滑らかで贅沢な味わいのフルボディ。しっかりとした骨格を持ち、果実味が前面に引き出されているが、後味は余韻が長く旨味があり、次第に仄かなモカや黒いオリーブのニュアンスを帯びてゆく。20年間は熟成の効くワインで、 その間ずっと素晴らしい味わいが続くが、もし私が幸運にもこのワインを1、2本手に入れることが出来たなら、 最初の1本は10年程の熟成期間を置いて飲んでみるつもりだ。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドメーヌ・デ・ラ・ジャナス シャトーヌフ・デュ・パプ ヴィエイユ・ヴィーニュ [2012]1500ml

      • 25,870

      • 税込28,457

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ドメーヌ・デ・ラ・ジャナス
      生産地

      熟成を経ることによってまるでブルゴーニュの特級クラスに通ずるような肉・革系のニュアンス、そして品格が表れてくるのもジャナスが誇る上質なグルナッシュの魅力。 平均樹齢60年~100年のグルナッシュ85%、シラー15%。4つの異なる土壌を持つ区画の葡萄から造られます。南の小石の多い土壌は肉厚さと力強さを与え、Chaupinのような土壌はフレッシュさと酸をもたらす。赤粘土の濃い砂混じりの土壌はストラクチャーとボディを与える。この土壌は北に位置する為、収穫は他よりもかなり遅らせ、その間に必要なフィネスを蓄えます。そして砂質石灰土壌はスムースさを与えます。収穫はそれぞれの熟度が異なるので、それを見極めて収穫されます。非常に高い凝縮感のある色合いで、何層もの豊富な果実の層から構成されている素晴らしい造り。熟した様々な赤い果実、ブラックフルーツ、リコリス、焦がした土、スパイス、ハーブなどの複雑な香り。熟したピュアな果実味をしっかりと感じ取ることが出来ます。力強くもありながら、どこか優美な美しさも兼ね備えた上品なキュヴェ。Chaupinよりもさらに厚みがあり、ブラックチェリー、チョコ等の要素が印象的。粘土質土壌と砂質土壌からの葡萄の長所をうまく生かしたキュヴェで、サボンの職人技を感じる事が出来ます。若いうちはフルーツのフレッシュさなどの生き生きとしたニュアンスを感じる事ができるので、熟成と若飲みそれぞれ楽しんで欲しいそうです。若飲みの際はデキャンタージュし、14度で飲むのが最適だとの事。 ワインアドヴォケイト:(95-98)ポイント Wine Advocate #209 (2013-10-31) レビュアー:Jeb Dunnuck 飲み頃:2016-2032 Most likely one of the top 2-3 wines produced, the 2012 Chateauneuf du Pape Vieilles Vignes is a rough blend of 80-85% Grenache, 10% Mourvedre (which was harvested October 10) and the balance Syrah, that hit 15.4% natural alcohol. Seeing the same elevage as the 2011, it sports an inky purple color as well as spectacular array of black and blue fruits, violets, liquid flowers and underbrush to go with an energetic, seamless and full-bodied profile on the palate. Lighter weight than the 2007 and 2010, it possesses notable freshness, purity and elegance. It should benefit from short-term cellaring and thrill for upward of two decades. Drink 2016-2032.

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ローラン・ポンソ ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・デ・ププリエ [2016]1500ml

      • 11,700

      • 税込12,870

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ローラン・ポンソ
      生産地

      ローラン・ポンソの「こだわり」が詰まったネゴシアン 2017年2月、ローラン・ポンソが36年間携わったドメーヌ・ポンソを離れ、その直後の同年4月に、ネゴシアン「ローラン・ポンソ社」を立ち上げた。 オフィスは、ジリィ・レ・ シトー村の産業地区に構え、このオフィス裏とコルゴロワンに熟成用の設備や畑作業用の機器置場をもつ。2018年1月には愛息のクレメンが当主に着任している。 ワインは、ローラン自身とクルチエのネットワークから質の高いブドウを購入して造られる。 ブドウ、圧搾果汁、発酵果汁の状態で購入するが、まれにごく初期の樽に入った状態ものも含まれ、収穫直後できる限り早くセラーに持ち込まれる。ワインになった 完成品の状態や瓶詰直前のものを購入することは絶対にしない。また、ローランが ドメーヌ・ポンソの頃から所有していた畑もあり、ローラン・ポンソ社が形式的にブドウを買い取る形で醸造する。ブドウは、所有畑、メテヤージュを含め各アペラシオンの素晴らしい区画で栽培される。オーガニックではないが、農薬は使用しない、自然に忠実な耕作を続ける区画だ。 2016ヴィンテージは、17のアペラシオンを造ったが、2017は20アペラシオンに増やすなど、今後、畑は追加していく予定だ。 ワイン造りでこだわっている樽熟成。熟成のサイクルを尊重し、樽はあくまでも酸素に触れる役割と考えているため、新樽は一切使用しない。SO2の添加も最低限に抑え、必要ないと判断すれば使用しない。 ローランがドメーヌ・ポンソ時代から貫く、伝統とハイテクの融合への探求は健在だ。全てのブドウに関する過去の分析データは持っており、その他にも特殊コルクや、SO2の代わりとしての天然ガスの使用、“インテリジェント・ケース”による輸送中の温度管理、真正性の保護などがある。さらに、2018年には、NFC(近距離無線通信)チップの使用によって、現地から消費者までのワインの温度変化が把握できるようになった。 他にも、既に試作品が完成している、赤ワイン、白ワイン専用の醸造タンクや未来的なラベル、ブルゴーニュでは珍しいパッケージ デザインなど、ローランの多くのアイデアが詰まっている。 ローラン・ポンソ社のファーストヴィンテージは、2016年。しかし、実は2015年も造っており、ローラン所有の畑で収穫されたブドウを100%使用している “ドメーヌ”ワインだ。ラベルには、“An Zero”の文字が特別に刻まれる。 全てのワインにキュヴェ名がついていて、基本的には白ワインには花の名前、赤は木の名前だ。唯一シャンボール・ミュジニー 1級 シャルムのみ“Cuvee Violet”とスミレを意味する花の名がつく。これらは、ワインを飲む前に全て彼のインスピレーションで決めた。 ローランは、ワインの味わいコメントは話さない。先入観を持たずに、各飲み手に印象を創ってほしいということからだ。 こだわりのつまった「ローラン・ポンソ」、是非飲んで体験してほしい。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】 ジャン・マリー・フーリエ マゾワイエール・シャンベルタン [2014]1500ml

      • 69,800

      • 税込76,780

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      ジャン・マリー・フーリエ
      生産地

      ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サンドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴージョに9.5haを所有し、その内1級と特級が70%程度を占める。樹齢30年未満のぶどうは全て売り、ドメーヌ用はACブルゴーニュ以外全てヴィエイユ・ヴィーニュを用いる。 現在の当主は1971年生まれのジャン=マリー・フーリエ氏。ボーヌのワイン農業学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通い、1988年には半年間アンリ・ジャイエで研修、その後父親の元で修行を積み、1993年オレゴンに渡りジョセフ・ドルーアンでアメリカのピノ・ノワール造りを学び、1994年の帰国後23歳の若さで父の跡を継ぐ。 自ら「テロワリスト」と名乗り、醸造にテクニックを求めず、自然を支配することを好まない。高度な技術に頼らず自然に任せていた20世紀初頭のヴィニュロンの流儀の再現を目指す。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。