Loading...

イタリアワインの商品一覧

イタリア

北側をアルプス山脈に守られ、残り3方は地中海に囲まれたイタリアはブドウ栽培には理想的な環境。古代より20州の全てでワインが造られてきたため、生産量は減少を続けているがフランスとトップを争う大生産国である。各産地の食文化に合わせたワイン造りが行われており、北部の酸味があり繊細な味わいのワイン、南部の果実味豊かなパワフルなワインなどその多様性が特徴。代表品種はバローロ、バルバレスコを生むネッビオーロとキアンティ・クラシッコを生むサンジョヴェーゼの2品種。1980年代に一世を風靡したボルドー品種を使ったスーパー・トスカーナは、醸造の見直しが盛んに行われ、根強い人気である。

イタリアをさらに絞り込む/イタリアの他の産地も見る

ピエモンテ ロンバルディア ヴェネト トスカーナ その他 イタリアの検索結果に戻る
検索条件(53) 並べ替え
    • Product Images
    • ドサッジョ・ゼロ・フランチャコルタ2本セット

      • 11,600

      • 税込12,760

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      Sparkling wine
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      ヴィッラ・クレスピア
      生産地

      ●奇跡を起こしたと言われるイタリア最上級のスパークリングワイン「フランチャコルタ」の2本セットです。生産者は2本ともフランチャコルタを牽引するモダン・ワイナリーとして現在最も注目を集めている「ヴィッラ・クレスピア」。1本はシャルドネ100%、もう1本はピノ・ネロ100%、2本とも補糖なし(ドサッジョ・ゼロ)とは思えない華やかさとコクを備えています。祝杯、食前酒、食中酒、プレゼントと多様に活用できます。 当セットには、各ワインが1本ずつ含まれています。・・・ ①フランチャコルタ ”ヌーメロゼロ” ドサッジョ・ゼロ NV 氷堆石と小石の土壌。一部は樽発酵、樽熟成。瓶内熟成は30ヶ月以上。補糖無しとは思えない華やかな香りとボリューム感。非常にきめ細かい泡立ちで、シャンパーニュのブラン・ド・ブランを凌ぐキレある味わい。ヴィッラ・クレスピアの代表傑作です。 <生産者> ヴィッラ・クレスピア 設立は1999年。イタリア全土に4つのワイナリーを所有。フランチャコルタが造られるブドウ畑はアドロ村の6つの地域にあり、合計60ヘクタールを有し、6つの地域はそれぞれ異なる土壌特性を持っています。醸造家として、アルト・アディジェのサンミケーレ醸造研究所で実績を残してきた天才醸造家フランチェスコ・ヤコノ氏を招聘。 より自然なワイン造りを目指すヤコノ氏は、完全にオーガニックなブドウ栽培はもちろん、土壌特性を活かす為、6つの地域に所有する畑のブドウをブレンドせずに、6種類のフランチャコルタを造り上げました。 初ヴィンテージ"フランチェスコ・ヤコノ" リゼルヴァ 2002はイタリアのワインガイド『デュエミラヴィーニ』で最高評価を獲得し、最優秀新出ワイン賞を受賞。さらに、リゼルヴァ 2004は、イタリアで最も権威あるワインガイド『ガンベロロッソ』の最高評価も獲得し、名実ともにフランチャコルタのトップワインの一つとなりました。 化学物質を徹底的に取り除いた自然なブドウ作りはもちろん、醸造過程においてもその哲学は貫かれており、酸化防止剤を使用しない初のフランチャコルタ"シンビオティコ"をリリースするなど、イタリアワイン業界に大きな衝撃を与えています。 ②フランチャコルタ ”チジオーロ” ドサッジョ・ゼロ NV 一部は樽発酵、樽熟成。瓶内熟成は30ヶ月以上。しっかりとした黄金色。黄色いリンゴや蜜、イーストの香り。緻密で綺麗な酸味とコクのあるふくよかな果実味に加え、補糖ゼロによるすっきりとした後味で、非常にバランスのとれたフィニッシュ。 生産者は①と同じヴィッラ・クレスピア

    • Product Images
    • ヴェントゥリーニ・バルディーニ ランブルスコ・マルケーゼ・マノドーリ [2017]750ml/Venturini Baldini

      • 3,600

      • 税込3,960

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      Sparkling wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ヴェントゥリーニ・バルディーニ
      生産地

      畑の標高は240mで粘土質と砂質の土壌。9月上旬に手摘みで収穫します。低温で長期発酵後に通常のシャルマ方式より長めに二次発酵を行います。チェリーやスミレ、甘草、クローブやコショウといった複雑な香り。味わいには熟したチェリーやラズベリー、イチゴのような果実味を感じ、後味はドライな仕上がりです。 生産者 ヴェントゥリーニ・バルディーニ ヴェントゥリーニ・バルディーニのワイナリーは、エミリア=ロマーニャ州レッジョ・エミリア県に1976年に設立されました。合計約130ヘクタールの敷地を所有し、そのうち30ヘクタールがブドウ畑です。大部分が海抜300~400メートルの小高い丘陵地に位置しており、畑は砂質と粘土質の土壌で、南東と南西向きに広がっています。ミクロクリマを持ち、冬は太陽が霧を晴らし、涼しい緑が夏の暑さを和らげてくれます。 厳格な規定のもとでビオロジックによって高品質のものを生み出すため、1ヘクタールあたりの収穫量は8,000kgと限定しています。本来であれば年間30万本以上生産することも可能ではありますが、あえて生産量を10万本に限定しています。 グラスパロッサ、サラミーノなど最もメジャーなランブルスコ種に加えて、マルヴァジア・ディ・カンディア・アロマティカ、ピノ・グリージョ、ピノ・ネーロ、ピノ・ムニエも栽培しています。 近年ガイド誌でも高評価を得て注目されている、エミリア=ロマーニャで最初のビオロジック・ワイナリーのひとつです。

    • Product Images
    • ヴィッラ・クレスピア フランチャコルタ・リゼルヴァ・フランチェスコ・ヤコノ・ドサッジョ・ゼロ [2008]750ml/Villa Crespia

      • 8,800

      • 税込9,680

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      Sparkling wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      ヴィッラ・クレスピア
      生産地

      【10年以上熟成!圧巻のクリーミーな泡立ち】 ヴィッラ・クレスピアのトップキュヴェ。良年のみしかリリースされないリゼルヴァです。2004年からはピノ・ネロ主体による色気のある香りとふくよかな果実感、クリーミーな泡立ちは圧巻です。一部は樽発酵、樽熟成。瓶内熟成は70ヶ月以上。 生産者 ヴィッラ・クレスピア フランチャコルタを牽引する モダン・ワイナリー。」 設立は1999年。イタリア全土に4つのワイナリーを所有。フランチャコルタが造られるブドウ畑はアドロ村の6つの地域にあり、合計60ヘクタールを有し、6つの地域はそれぞれ異なる土壌特性を持っています。 醸造家として、アルト・アディジェのサンミケーレ醸造研究所で実績を残してきた天才醸造家フランチェスコ・ヤコノ氏を招聘。 より自然なワイン造りを目指すヤコノ氏は、完全にオーガニックなブドウ栽培はもちろん、土壌特性を活かす為、6つの地域に所有する畑のブドウをブレンドせずに、6種類のフランチャコルタを造り上げました。 初ヴィンテージ"フランチェスコ・ヤコノ" リゼルヴァ 2002はイタリアのワインガイド『デュエミラヴィーニ』で最高評価を獲得し、最優秀新出ワイン賞を受賞。 さらに、リゼルヴァ 2004は、イタリアで最も権威あるワインガイド『ガンベロロッソ』の最高評価も獲得し、名実ともにフランチャコルタのトップワインの一つとなりました。 化学物質を徹底的に取り除いた自然なブドウ作りはもちろん、醸造過程においてもその哲学は貫かれており、酸化防止剤を使用しない初のフランチャコルタ"シンビオティコ"をリリースするなど、イタリアワイン業界に大きな衝撃を与えています。

    • Product Images
    • テヌータ・サンタ・カテリーナ モンフェッラート・ビアンコ・シレンテ・デッレ・マルネ [2013]750ml/Tenuta Santa Caterina

      • 13,000

      • 税込14,300

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      テヌータ・サンタ・カテリーナ
      生産地

      標高300mの南西向きにある、1haにも満たない小さな畑。他では珍しいブルゴーニュ産シャルドネのクローンを使用。15~17℃で発酵を行い、10ヶ月間のバリック熟成(新樽50%)後、ボトルでさらに2年熟成。濃厚な味わいを支えるミネラルが高精度のバランスを生み出します。年間生産本数わずか3,000本。 生産者 テヌータ・サンタ・カテリーナ 若き女性オーナーによる 最先端技術「シンビオージ(共生)」の躍進 このテヌータ・サンタ・カテリーナにおいて、肥料や農薬を使わないナチュラルな製法でワインを造るというプロジェクトが始まったのは2000年のことでした。畑仕事ではもちろんのこと、醸造過程においても化学製品は使いません。ビオロジックの一種ではありますが、彼らはこの製法を「シンビオージ(共生)」と呼び、異なるものと位置づけています。キノコや穀類などの菌を繁殖させることで畑そのものの生命力を高めるということに重点を置いています。 このプロジェクトの中心は、グイド氏とその娘のジュリアさん。初めてリリースされたヴィンテージは2007年で、現在は24ヘクタールの畑を所有しています。この辺りは工業地帯が一切なく自然に囲まれたエリアで、土中から貝殻が発掘されるといったミネラル質の高い土壌が特徴です。 このようなテロワール(気候・地形・土壌)を生かしながら造られるシンビオティコなワインを今後どのように昇華させていくのかが非常に楽しみなワイナリーです。

    • Product Images
    • ジョアキン フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・ヴィーノ・デッラ・ステッラ [2016]750ml/Joaquin

      • 7,200

      • 税込7,920

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ジョアキン
      生産地

      モンテファルチョーネ村にある標高600mの南向きの畑。収穫は10月下旬と遅め。約60日間のマロラクティック発酵後、6ヶ月間シュールリー熟成。その後ステンレスタンクを変え更に2年間熟成。アーモンドやマジョラムのような複雑な香りが広がります。上品な酸味とミネラルに加え、ステンレスタンク熟成とは思えないボリューム感がある仕上がりです。 生産者 ジョアキン モンテファルチョーネ村に位置する わずか5ヘクタールの大変小さなワイナリー カンパーニア州アヴェッリーノから車で30分ほど北東へ行ったモンテファルチョーネ村に位置するわずか5ヘクタールの大変小さなワイナリー。オーナーのラファエーレ氏は、アグリツーリズモを営みながらワインを造る家系で育ったパガーノ家の5代目。1999年に自身のブランドとして、ジョアキンのワイナリーを起ち上げました。名前の由来は、19世紀のナポリ王国・国王「ジョアキーノ1世」の名をオマージュしたもの。ラファエーレ氏がカンパーニア州の土着品種で高貴なワインを造りたいという強い想いから付けられたそうです。各アイテムとも生産本数が非常に少ない中、イタリアの星付きリストランテやホテルではこぞってオンリストされており、イタリア国外への輸出は大変稀な貴重ワインです。

    • Product Images
    • アルト・アディジェ・ケヴェルツトラミネール・リゼルヴァ "ブレンタル"

      • 6,800

      • 税込7,480

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      コルタッチ
      生産地

      【ガンベロ・ロッソ2019、2018、2017、2016年版で最高評価トレ・ビッキエーリ獲得!】 イタリア唯一のゲヴュルツトラミネールのリゼルヴァ。 完熟したゲヴュルツトラミネールだけが持つ、大変キレイな黄金の輝きです。力強い香りが印象的。特有のライチや柑橘系の香りのほか、パイナップルやマンゴー、バナナ、洋梨、ラベンダー、アプリコットのニュアンスを感じます。味は大変フレッシュでやわらかいですが、長い余韻が印象的。ボリューム感もあり、酸味とミネラルのバランスが抜群です。石灰質土壌と、長い熟成から生み出される凝縮味も楽しめます。 生産者 コルタッチ アルト・アディジェを代表する 協同組合ワイナリー。」 ワイナリーは、A22号を西壁側に上がった"Strada del Vino(ワイン通り)"沿いにあります。道路標識はドイツ語とイタリア語の併記で、建物もイタリアのそれと趣が異なり、文化の違いをはっきりと感じることができます。ワイナリーの設立は1900年。既に110年以上の歴史があります。約200の契約農家からなる、108ヘクタールもの畑のブドウを瓶詰めしています。標高は約250メートルから900メートルの高所で、約15種類のブドウ品種を最適な土壌で栽培しています。 アディジェ峡谷が生み出すミクロクリマは、年間2千時間(約300日)もの日照時間を誇り、夏場は40度近くまで上昇しますが、夜は肌寒いほど冷え込みます。"クリュ"というブドウ畑の区分けは1855年にボルドーで導入され始めましたが、そのような区分けはクルタッチュには存在しません。ここでは、何世紀もの経験の積み重ねにより、その土地に最適なブドウが作られてきました。 ※これまでCORTACCIA(コルタッチャ)という生産社名でご案内しておりましたが、近年ラベルの記載がKURTATSCH(コルタッチ)というドイツ語表記のみに変更となりました。

    • Product Images
    • ピエトロ・カチョルニャ エトナ・ロッソ・ナンティッキア [2015]750ml/Pietro Caciorgna

      • 7,800

      • 税込8,580

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ピエトロ・カチョルニャ
      生産地

      ピエトロ・カチョルニャのフラッグシップ・ワイン。ワインと樽がパーフェクトに調和したタンニンと、火山灰土壌特有のミネラル溢れる上品なフィネスは素晴らしいの一言。シチリアのワインとは思えない大変エレガントな仕上がりです。 ナンティッキアはシチリア方言で『ちょっとだけ』という意味。 生産者 ピエトロ・カチョルニャ 華麗なるエトナ・ロッソ。実力派醸造 コンサルタントが造りだす、さらなる奇跡。 ピエトロ・カチョルニャのオーナー兼醸造家であるパオロ氏は、実はトスカーナを中心に活躍する醸造コンサルタントで、シエナ近郊にワイナリーを所有しています。 たまたま旅行で友人のワイナリーを訪れた際、エトナのワインとそのテロワールに魅了されてしまったとのこと。 畑は2.5ヘクタール。全て老木で、若くて60年、古いものは100年以上の樹齢のものもあります。古い畑ですが丁寧に管理されており、大変健康に保たれています。 火山灰の黒土に守られ、フィロキセラの被害を受けていないものがほとんどです。 畑で作られるブドウの95%がネレッロ・マスカレーゼで、残りの5%がネレッロ・カップッチョ(ネレッロ・マンテラート)です。標高は750メートルと高く、アルベレッロというこの土地の伝統的な方法で栽培しています。

    • Product Images
    • ジャンフランコ アレッサンドリア バルベラ ダルバ /2016 [42826]

      • 3,000

      • 税込3,300

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ジャンフランコ・アレッサンドリア
      生産地

      現代的なバローロの中にあってホッとする心地よさを感じさせる貴重な生産者です。バローロ・エリアの中でも最も標高が高く、また最も冷涼な気候を誇るモンフォルテ・ダルバ。ジャンフランコ・アレッサンドリアの自宅兼セラーはかのモダン・バローロの巨人「ロッケ・ディ・マンゾーニ」の敷地と道を挟んで向かいに隣接。年産45000本。の小規模生産者です。バローロボーイズのメンバーに合流し、著名生産者とともに研鑽を磨いた。現オーナーは50歳過ぎのその名のとおり、ジャンフランコ・アレッサンドリアで、ワイン生産者としては彼で2代目と歴史は浅い。認証は取っていないが除草剤や化学肥料は一切用いていない。畑に散布する硫酸銅でさえ本当に必要な時と限定しています。男性的な力強さの中にエレガンスや優しさを感じさせるあたり、現代的なバローロの中にあってホッとする心地よさを感じさせる貴重な生産者です。平均樹齢70年という古いブドウ樹も使われる贅沢なバルベラ。69hl/ha。18ヶ月バリック熟成。新樽45%。樽の濃さを感じさせない瑞々しさが特徴的。

    • Product Images
    • チェレット モンソルド・ロッソ [2015]750ml/Ceretto

      • 3,000

      • 税込3,300

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      チェレット
      生産地

      イタリア/ピエモンテ州 チェレットは各銘醸地ごとの個性を最大限に表現するため、大きな醸造所は持っていません。 バローロ最上の名醸地とされるブリッコ・ロッケを筆頭に、プラポ、ブルナーテはブリッコ・ロッケ醸造所にて作られ、スタンダードのバローロとこのモンソルドはベルナルディーノ醸造所にて作られます。 ベルナルディーノの畑ではカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラー、3種類の葡萄を栽培して (以前はネッビオーロとピノ・ネロを栽培し使用)、これらのブレンドのよりモンソルドは作られます。 樽熟にもこだわりを持ち、バローロにはより繊細な熟成を促すブルゴーニュ用の樽を使用するのに対して、モンソルドにはボルドー用の樽を使用していて、濃縮した果実にバニラなどの甘いスパイスが見事に調和された味わいが特徴となっています。 信濃屋では、チェレットの当主が主催するセミナーで、このモンソルドを各品種毎に試飲し、実際ブレンドしてみるという機会に恵まれました。筆者は個人的にメルロー主体にしてみたくなったので、メルロー50%、カベルネ30%、シラー20%と、通常のブレンドからカベルネとメルローを逆転させるブレンドにしましたが、これはこれで美味しかったです。各品種を単品で飲んでもいずれも品種の個性の良い特徴が感じられました。 ブレンドするとさらに良い部分がプラスされる感じで、 味わい深さを堪能できました。 以下、正規輸入代理店資料より。 バローロ、バルバレスコの作り手としても知られる、ピエモンテを代表する名醸造所のひとつチェレット。カベルネ ソーヴィニヨン、メルロ、シラー種のブレンドで作り上げる、現代的でスタイリッシュな赤ワイン。バニラなどの甘いスパイス、きめ細かく滑らかなタンニン、果実の凝縮感のある味わいです。 セパージュ カベルネ・ソーヴィニヨン ※通常は50%くらい メルロー         ※通常は30%くらい シラー          ※通常は20%くらい

    • Product Images
    • ピオ・チェーザレ ラルトロ・シャルドネ [2017]750ml/Pio Cesare

      • 3,500

      • 税込3,850

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ピオ・チェーザレ
      生産地

      ピオ・チェーザレは1881年、チェーザレ・ピオ氏によって設立されました。彼は、バローロ、バルバレスコ、バルベーラをはじめとするピエモンテの偉大なワインのポテンシャルと品質に信念と確信をもってワイン生産をしていた草分け的存在です。アルバの中心地で5世代にわたりつづく家族経営のワイナリーで、バローロ、バルバレスコエリアの最良の区画に自社畑を所有しています。加えて、代々から信念を同じくする、契約農家からのブドウを使用してワイン造りを行っています。 ピエモンテの伝統を守り続けるだけでなく新しい技術も、追及する品質やスタイルを実現させるために、積極的に取り入れています。彼らの歴史と品質の高さは世界中のトップレストランやホテル、ワイン愛好家に知られています。 ピオ・チェーザレでは、バローロのような白ワインを作りたいという思いから、1980年にバルバレスコエリアの自社畑”イル・ブリッコ”でシャルドネの栽培をスタートし、1981年からシャルドネ、”ピオディレイ”をつくり始めました。 ラルトロ シャルドネ・ランゲは、自社畑“イル・ブリッコ”、“コロンバーロ”、“ボッサニア”のシャルドネを使用し、75%をステンレス・タンクで、25%をフレンチオークで発酵、そのまま澱とともに5ヶ月熟成してリリース。ラルトロとは「もう1個」という意味で、まさにピオディレイにつづく、この地方でのシャルドネ生産のポテンシャルを感じるワインです。味わいはフレッシュでフルーティー、リッチで濃厚さもあり、繊細なバニラ、スパイスを感じます。