Loading...

Toscana, トスカーナ, イタリアワインの商品一覧

トスカーナ

フィレンツェを州都とするトスカーナは、しっかりとした酸味とスムーズな口当たりの赤ワインを生むサンジョヴェーゼの最大の産地。キアンティ・クラシッコや、サンジョヴェーゼのクローンであるサンジョヴェーゼ・グロッソから造る力強い味わいのブルネッロ・ディ・モンタルチーノが代表格。
また、イタリアのワイン法にとらわれず、カベルネ・ソーヴィニョンやメルロなどのボルドー品種を使い、近代的な手法で造られるワインはスーパートスカーナと呼ばれ、テーブルワインの格付けながら、高品質の高級ワインが次々と生まれている。3大アイアと呼ばれるソライア、サッシカイア、オルネライアが有名。

イタリアをさらに絞り込む/イタリアの他の産地も見る

ピエモンテ ロンバルディア ヴェネト トスカーナ その他 イタリアの検索結果に戻る
検索条件(26) 並べ替え
    • Product Images
    • オルネライア 2015年 テヌータ・デル・オルネライア

      • 19,800

      • 税込21,780

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      テヌータ・デル・オルネライア
      生産地

      シャンパーニュのグラン・クリュ中でも特に逞しい骨格と厚みを持つシャンパーニュを生むブジィ村。「ブジィ村の特徴を知りたければ、ジャン・マリー・バンドックを試すと良い。ブジィの個性を最も素直に表現したシャンパーニュだ」(オーレリアン・ラエルト)。ジャン・マリー・バンドックの当主シルヴァンはオーレリアンの義弟。以前はブノワ・ライエも参加していた生産者グループで醸造所を共有しシャンパーニュを造る、小規模RM生産者です。リザーヴ・ワインを50%使用。重厚かつ男性的なブジィの特徴をストレートに表現しています。年間生産量は僅か25000本のみ。毎年仏国内レストランや個人顧客への販売で完売してしまいます。 畑は全て特級ブジー村で所有面積3haのみ。ピノ・ノワールとシャルドネのみを栽培。同じブジー村の造り手5件と共に、ソシエテ・ヴィニュロンと呼ばれる組合も形成し、1929年にドメーヌ元詰を開始。バンドックのように数haほどしか畑を所有しない造り手は、醸造所を共有することでドメーヌとして元詰することが可能に。収穫されたブドウは、全て一緒に合わせて圧縮、醗酵、熟成を行い、翌年の2月にヴァン・クレール(ベースとなるその年のワイン)やリザーヴワインのアッサンブラージュの比率によって、独自の個性を表現したシャンパンを造り出しています。 ジャン・マリー・バンドックの特徴は、全てのキュヴェに毎年50%以上のリザーヴワイン(秘伝のたれのようなもの)を使用。他の造り手は20〜30%の使用なのに対して大きな比率で、周囲にも反対される程の量とか。リザーヴワインの比率が高いと活性化した酵母が減り、瓶内発酵のコントロールが厳しくなる為に敬遠しがちだが、バンドックでは、希少なリザーヴワインを多く使用することでシャンパンに複雑さを与え、ブジー独自の味わいが深まると考えで贅沢に使用。 オルネライア 2015年 収穫は15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたって丹念にぶどうを選別し、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行っています。アルコール醗酵はステンレスタンクを使用し、26-30°の温度で1週間行い、そしてアルコール醗酵終了後、そのまま引き続き20-25日間のマセラシオン(醸し)を行いました。マロラクティック醗酵は主にオーク材のバリック樽(新樽70%、1年樽30%)にて行っています。ワインは完全温度管理されたセラーにて合計18ヶ月間バリック熟成を行いました。熟成期間中12ヵ月過ぎた段階でブレンドを行い、再びバリック樽にて6ヶ月の熟成を行いました。その後瓶詰めをし更に12ヶ月間の瓶熟成を行い出荷をしています。 ミネラリーでリッチなこのワインは熟したフルーツの香りにハーブやチョコレートのニュアンス。味わいはボリューム感と甘くシルクのようなタンニン。いきいきとした酸のフルボディ赤ワイン。

    • Product Images
    • テヌータ・サン・グイド サッシカイア [2015]750ml/Tenuta San Guido

      • 15,980

      • 税込17,578

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      テヌータ・サン・グイド
      生産地

      1978年、舞台はイギリス、権威あるワイン雑誌「デキャンタ」が主催するブラインド・テイスティングで彗星の如くあらわれたイタリアンワインがありました。 名だたる世界各国のワイン達をおしのけ、堂々のベスト・カベルネの座を獲得したのです。それこそが「サッシカイア」。 ノミネートされたワインは11カ国33ワイン、その中には、かのシャトー・マルゴーもありました。当時、イタリアでカベルネ・ソーヴィニヨンをメインにしたワインというたけでも珍しかったのに、この事実がワイン業界を震驚させたのは言うまでもありません。この事件こそが、今やイタリアンワインの代名詞となった“スーパー・タスカン”ムーブメントの幕開けなのです。 高いポテンシャルをうちに秘めながらも、ひっそりと自家用にワインを造っていたマリオに代わって、経営を引き継いだニコロ。彼はこのワインを商売にしようと考え、名醸造家のジャコモ・タキス氏をワインメーカーに迎えた。そして、1968年ヴィンテージは待望の初リリースをむかえました。 その10年後、イタリアワイン史上に残る大事件が起き、前述のとおり一躍脚光を浴びたサッシカイアだったが、イタリアDOC法で規定外のボルドー系ブドウ品種を使用しているため、当時の位置づけは上級と認められないテーブルワインとされていました。 しかしながらこのDOC法にとらわれず、独自の道を突き進み、その後のトスカーナワインに多大なる影響を与えました。 サッシカイアにならって、ボルドー系品種をしようして造られるワインは、サッシカイア同様に「スーパー・タスカン」と呼ばれ、さらにサッシカイアは「ボルゲリ・サッシカイア」としての独自のDOC昇格を果たしたのです。 今日、スーパー・タスカンを代表するワインのひとつとされる「SOLAIA(=ソライア)」や、「ORNELLAIA(=オルネライア)」は、サッシカイアの成功にあやかってつけられた名前です。――“AIA(アイア)”とはイタリア語で、庭や作業場となる“場所”のこと―― このように、サッシカイアの影響をうけて誕生した多くの「スーパー・タスカン」。しかし、彼らが一時のムーブメントで終わらず、今なお多くのワインラヴァーを惹きつけるのは、頂点に立つサッシカイアの輝きがあってこそなのです。 サッシカイヤ 2015年 頂点に君臨し続けているスーパーワイン。元祖スーパートスカーナと言えば、サッシカイア。 このサッシカイアがあるのは、ティレニア海にめんしたトスカーナ州マレンマ地方のボルゲリ地区です。土壌がボルドー地方グラーヴ(“砂利”の意)地区に似ていることから、トスカーナの方言で“石の多い土地”を意味する「SASSICAIA(サッシカイア)と名付けました。」 初リリースから10年後の1978年、サッシカイアが表舞台で注目を集めました。法に縛られずに高品質なワイン造りを目指すサッシカイアの存在は、その後のトスカーナワインに大きな影響を与え、「スーパータスカン」という分野を新たに生み出すに至りました。 カベルネ・ソーヴィニヨン85%にカベルネ・フラン15%をフレンチオーク樽で24ヶ月熟成後、内で数カ月熟成。

    • Product Images
    • グラッタマッコ 2015年 ポデーレ・グラッタマッコ

      • 7,556

      • 税込8,311

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ポデーレ・グラッタマッコ
      生産地

      グラッタマッコは1977年に設立された。カスタグネト・カルデュッチとボルゲリにはさまれた海に面し、海抜100メートルの丘の頂上に位置する。このエリアはこの素晴らしいワインを生産する為だけに使用され、乾燥した気候を享受する。このエステートは約30ヘクタールから成る場所に広がり、その内の11ヘクタールは葡萄畑で3ヘクタールはオリーヴ園である。残りは森林で、約1,600ヘクタールに及ぶ広大な森林地との境界を成している。更に平均8%の傾斜を持つ、この急勾配で丘陵性の葡萄畑は、部分的にコルドン式、又はグイヨ式にのみ仕立てられており、収量は1ヘクタールあたり約5.5トンから6トンである。 収穫の間葡萄は注意深く厳選され、容量800リットルの頭を落とした円錐形のオーク桶の中で発酵が開始される。ここでは手作業での撹拌が行われ、長いマセラシオンの過程では野生酵母のみが使用される。各品種は別にされ、自然のバクテリアのみによるマロラクティック発酵が樽の中で完了する。ブレンドは12ヵ月後に造られ、更に熟成させる為樽に戻される。フランス産のオーク樽で12〜18ヶ月熟成され、後に通常6ヶ月以上の瓶熟が続く。このエステートは、イタリア有機農業協会(AIAB)により保証され、認定された有機栽培の基準を順守している。 カスタグネト・カルディッチの上の丘にある、グラッタマッコの敷地は、ピエ・マリオとパオラ・メレッティによって所有されています。小さな敷地で、8ヘクタールからなります。選択された品種のために、どのワインもDOCではなく、地理上の言及がしてあり、敷地の名前の下に販売されています。 赤は、典型的にカベルネ・ソーヴィニヨンと最高のサンジョベーゼのブレンドです。これらのワインは、イタリアの主要なワインガイドである“ガンベロ・ロッソ”で常に、非常に良いから素晴らしいと評価されています。 バートン・アンダーソン氏のワインアトラス オブ イタリーで、彼は“このエステートの素晴らしいワインは、グラッタマッコ・ロッソで、サンジョヴェーゼ、マルファジア・ネッラ、カベルネ・ソーヴィニヨン種です。サッシカイアと並ぶことのできるVdTです。”と述べています。これは、モダンワイン インサイクロピディアのなかで、ヒュー・ジョンソン氏によって立証されています。彼は、“サンジョヴェーゼ、マルヴァジア、カベルネ・ソーヴィニヨンから造られたグラッタマッコ・ロッソは、イタリアで高く評価されており、サッシカイアにひけをとらない。”と書いています。 グラッタマッコ 2015年 ポデーレ・グラッタマッコ カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ20%、サンジョヴェーゼ15%を大型オーク樽で発酵&オークのバリック熟成。瓶熟12ヶ月以上。スミレやチェリー、ブラックベリーに甘いスパイスのアロマ。フルボディでエレガントでフレッシュな果実味と、微かにココナッツのニュアンスを感じさせる繊細なトースト。しっかりとしたタンニン。

    • Product Images
    • ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ カステルジョコンド 2012年

      • 6,680

      • 税込7,348

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      カステルジョコンド
      生産地

      フレスコバルディ家は現在、トスカーナに5000haの土地を所有し、9つのワイナリーと1000haを超える葡萄畑を所有しています。フレスコバルディ家は世界65カ国以上にワインを輸出している世界最大のワインメーカーのひとつであり、トスカーナのワインの最大の功労者といっても過言ではありません。 芸術や文化など多方面でも知られ700年以上のワイン造りの歴史を持つ名家。14世紀にはヨーロッパ中の宮廷にワインを納め、15世紀には名だたる建築家や彫刻家が彼らの顧客でした。 19世紀後半に入ると、トスカーナで最初に外来種の栽培に取り組み、最新の栽培法や醸造法にも積極的に着手。新たな発想と技術から、伝統を守り続けるフレスコバルディ・ワイナリーは、ヨーロッパでも最大規模のひとつに数えられ、世界の国々に上質ワインを提供しています。 フレスコバルディの代表的なワイナリーとしては、キャンティ・ルフィーナの城「カステッロ・ディ・ニポッツァーノ」、単独所有のD.O.C.である「カステッロ・ディ・ポミーノ」、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを初めて瓶詰めしたという「カステル・ジョコンド」などがあり、そのどれもが高いクオリティを誇っています。 ワイン評論家や、専門誌でも高い評価で、バートン・アンダースン氏、ガンベロ・ロッソ誌は大注目、ロバート・パーカー氏は三ツ星生産者に挙げています。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ カステルジョコンド 2012年 テヌータ・カステルジョコンド フレスコバルディ社 モンタルチーノ最古の偉大な畑カステルジョコンド。サンジョヴェーゼ100%を5年にも及ぶ樽熟成させた最上のブルネッロ!明るいガーネット色。乾燥したプラム、プラムのジャムやブラックカラントの香りをたっぷりと感じます。時間が経つとタールやユーカリ、月桂樹の香りに変化。しっかりとしたアルコール感、程良いタンニンと余韻の長さが特長。

    • Product Images
    • ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ アンナータ [2009]

      • 13,625

      • 税込14,987

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2009
      生産者
      ビオンディ・サンティ
      生産地

      ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの創設者であり、現在でも頑なに当時の伝統的な製法で作り続けている、イタリアでもっとも格式あるワイナリーの一つ「ビオンディ・サンティ」。ビオンディ・サンティが所有する3つの畑のうち最も古い畑 優れたポテンシャルを備えた畑、「イル・グレッポ」のブドウから造られています。その中でも、 樹齢10年~25年の樹から造られ、熟成には伝統的な製法を守り、スラヴォニア産オーク樽で36か月熟成させています。そのため、余分な樽香のない純粋で優雅なブルネッロ本来の魅力を存分に見せてくれるでしょう。この先、20年、30年と余裕で長期間熟成も可能。若いうちに飲まれるのであれば、早めの抜栓をお薦めいたします。

    • Product Images
    • フォントディ ピノ・ネロ カーセ・ヴィア [2013]750ml

      • 4,800

      • 税込5,280

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      フォントディ
      生産地

      本来涼しい土地での栽培が好ましいピノ・ノワールが熟しすぎないよう、標高の高い西向きの畑に植樹されたピノ・ネロは、日中は暖かく夜間は涼しい理想的な環境でアロマの強いワインに仕上がります。良い年でも4,000本程しか生産されない稀少なワインです。 2013ヴィンテージ★ジェームズ・サックリン91点 JamesSuckling.com 2015年8月5日 フルーティなスタイルが際立つピノ・ノワールで、苺、花、ミネラルのアロマと風味が引き立つ。軽やかなタンニンを湛えたミディアム~フルボディの味わいで、シトラスの香りが後味に広がる。いつの時代も美味な味わいのピノ。今すぐ飲んでも、熟成期間を置いても楽しめる。