Loading...

2006年 〜 2006年ワインの商品一覧

検索条件(27) 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー・コス・デストゥルネル [2006] 750ml / CHATEAU COS D'ESTOURNEL

      • 49,500

      • 税抜45,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      CHATEAU COS D'ESTOURNEL
      生産地

      常に1級シャトーに迫るほどの評価を得ているコス・デストゥルネル。 パゴダ調のシャトーが印象的なサンテステフ村の名門は、 カベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格と洗練された酸、 メルロの膨らみのある果実味が調和した包み込まれるような味わいのワインを、 生み出し続けています。 2006年は2005年の陰に隠れてしまっていますが、ボルドー左岸の優良年。 コス・デストゥルネルを象徴するたくましい骨格と果実味の凝縮感、 そしてそれを支える酸の質が、高いレベルで唱和しています。 この先のさらなる10年、20年の熟成を経て、 2級シャトーの枠を超えたおいしさが開いてくることでしょう。

    • Product Images
    • キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル・ブリュット [2006] 750ml / Cuvee Sir Winston Churchill Brut

      • 38,500

      • 税抜35,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      ポル・ロジェ
      生産地

      1849年に設立したポル・ロジェは『気品と優美』を哲学とし、格調高いシャンパーニュを生み出す家族経営ワイナリーです。ブドウ本来の繊細な味わいを引き出すため、木樽を一切使用せずステンレスタンクで醸造し、今でも職人の手作業によるルミュアージュを守り続けています。エペルネで最も深い地下セラーで長期熟成させる事で極上の泡を伴うシャンパーニュが生まれます。その品質は元イギリス首相チャーチルをも虜にし、2004年に英国王室御用達に任命されました。また、2011年・2018年のロイヤル・ウエディングでも提供され、国際的に高い評価を得ています。 ポル・ロジェ家と元イギリス首相チャーチルの関係は、第二次世界大戦直後のパリの英国大使館で開かれた昼食会で、ポル・ロジェの愛好家であったチャーチルとエレガントで美しいオデット・ポル・ロジェが出会った事から始まります。その時に芽生えた友情はチャーチルの死後も続き今日も両家は強い絆で結ばれています。チャーチルは職務上、厳しい制限によりシャンパーニュ通り44番地のワイナリーを訪れることはできませんでしたが、「世界で最も飲み応えのある住所」と評しました。また、所有する競走馬に“ポル・ロジェ”と命名し、1965年に亡くなるまでポル・ロジェを飲み続けました。 ポル・ロジェのシャンパーニュをこよなく愛した元イギリス首相チャーチルへのオマージュを捧げたプレステージ・キュヴェ。チャーチル氏の好みであったフルボディで力強く、熟成したスタイルで造られています。時間とともに繊細なミネラルがその堂々とした重みにフィネスをもたらします。男性的なシャンパーニュで非常に忘れがたい印象を与えます。

    • Product Images
    • ペトリュス [2006] 750ml / Petrus

      • 748,000

      • 税抜680,000

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      シャトー・ペトリュス
      生産地

      最も有名なボルドーワイン といっても過言ではないペトリュス。 その歴史アルノー家の所有地であった18世紀中頃まで遡られます。 そして、ペトリュスの歴史を語るうえで欠かせないのが20世紀に入りアルノー家から株式を購入し単独オーナーとなったマダム ルバの存在です。 彼女は当時からペトリュスに価値を見出していた為 決して安売りをせず その可能性を信じ 当時メドックの五大シャトーよりも高値を付け販売していました。 格付けもない右岸の無名ワインの高額な値付けに対し、周囲からは冷ややかな目線を浴びていましたが、それにも動じずペトリュスの良さを広めるためにパリまで、また国をまたいでイギリス・アメリカに出向き販路を確保し 人気を博しました。 イギリスでは皇室の結婚式でサービスされ、アメリカではケネディーやロックフェラーといった名門ファミリーからも愛され上流社会のステータスシンボルとなっていきました。 1940年代、マダム ルバからムエックス社が独占販売権を譲り受けてからも高品質で高級なワインを輩出し続けています。 畑はポムロールの丘 最上部に11haを所有しています。 面積のほとんどがブルー クレイと呼ばれる密度の高い粘土土壌。 これはペトリュス固有のものではなく近隣のガザン・ヴューシャトーセルタン等にも一部含みますが、ペトリュスはほぼ全体をその土壌が占めています。 手摘みで収穫されたブドウは厳密な選果が行われ、ヴィンテージによりますが基本的に新樽率100%にて約18ヶ月熟成されます。 年間生産量は僅か30,000本、中々出会えない“ワインの王様”ペトリュス 一生に一度は味わいたい傑作です。 ーーーーーーー ※ご購入前に必ずご確認ください※ 本商品は、オールドヴィンテージの商品です。 多少の経年変化がございます。 ・外観のコンディションに関しては掲載写真をご確認ください。 ・外装不良を理由とする返品・交換は承りいたしかねます。あらかじめご了承ください。 ・TERRADA WINE STORAGEでの保管を希望される場合は、撮影画像にてご確認ください。ラベル状態は経年劣化の可能性がある旨をご了承の上、預け入れをお願いいたします。 ーーーーーーー

    • Product Images
    • クロ ド タール グラン クリュ モノポール 2006 マグナムサイズ [2006] 1500ml / クロ ド タール グラン クリュ モノポール 2006 マグナムサイズ

      • 286,980

      • 税抜260,891

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      ドメーヌ・クロ・ド・タール
      生産地

      傑出したワインを生む最高級単一畑(モノポール)。タールのシトー派修道士が1141年からフランス革命まで所有していたベネディクト派のタール尼僧院に由来する究極クロ・ド・タール・グラン・クリュ(特級)。しかも12世紀から現在までふたりしかクロの所有者が変わっていない究極グラン・クリュの単一畑(モノポール)。クロ・ド・タール特級。 クロ・ド・タールは「若いうちは非常に堅牢だが熟成するとシャンベルタンの力強さとミュジニーの優雅さが現れる」と言われる究極赤ワイン。ミシェル・ベタンヌは「レ・グラン・ギィド・デ・ヴァン・ド・フランス」の中で、満点5B&Dマークの満点生産者に挙げ、「最も威厳のあるグラン・クリュのひとつである。ワインはクロ・ド・ラ・ロシュの力強さと、ボンヌ・マールのアロマ豊かな魅力が結びついているが、それぞれお互いよりも多くの充実と気品がある。」と絶賛し、この2006年のクロ・ド・タールに「男性的で偉大なワイン。ものすごい噛み心地に恵まれている」と大絶賛。スティーブン・タンザーのインターナショナルワインセラーで高得点。ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌高得点。平均樹齢50年以上のスーパーV.Vのピノ・ノワールを驚異の低収量26ha/hl。しかも手摘み100%。しかも畑ごとに7区画に分けて醸造。フレンチオーク樽の新樽100%で17ヶ月間熟成。モレ・サン・ドニ村の特級。テット・ド・キュヴェ。孤高の赤ワイン。しかもワイン愛好家垂涎の大型マグナムサイズ。

    • Product Images
    • コート・ロティ ラ・ムーリーヌ  [2006] 750ml / COTE ROTIE LA MOULINE

      • 75,900

      • 税抜69,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      GUIGAL
      生産地

      コート・デュ・ローヌを代表する生産者、ギガル。 創業は1946年ですが、畑の名を冠した3つの単一畑のコート・ロティ、 「ラ・ムーリーヌ」、「ラ・ランドンヌ」、「ラ・テュルク」や、 コンドリューの「ドリアーヌ」は、 この地のギガルの地位を不動のものにしています。 1966年からリリースしているラ・ムーリーヌは、 ギガル社が最初にしたコート・ブロンドのわずか1haの畑(平均樹齢75年)。 シャトー・ダンピュイに構える自社の樽工房で作った、800Lのオーク樽(新樽100%)で、 40か月の熟成後に瓶詰めされるこのコート・ロティは、 3つの単一畑のコート・ロティの中で、最も女性的でエレガントなワインといわれています。 ようやく飲み頃を迎えつつある2006年は、 スモーキーで野性味を帯びたアロマ、凝縮したフルーツやスパイスの力強い風味、 そしてシルキーなタンニンを纏い、エキス分の非常に高い仕上がりです。

    • Product Images
    • ドン・ペリニヨン [2006] 750ml / DOM PERIGNON

      • 71,500

      • 税抜65,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      MOET ET CHANDON
      生産地

      モエ・エ・シャンドン社が造る、 シャンパーニュの代名詞とも言うべき、ドン・ペリニヨン。 シャンパーニュ造りに大きく貢献したドン・ピエール・ペリニヨンに敬意を表し、 現在でも特級8区画の葡萄に加え、彼が生涯を送った1級オーヴィレールの葡萄も使用されています。 華やかさと柔らかさが印象的な2006年は、やや濃いめの黄金色から、 レモンのコンフィやアプリコット、ヘーゼルナッツにブリオッシュと、 力強く多層的なアロマが感じられます。 熟度が高く、肉厚な果実味と骨太でストレートな酸とミネラルが骨格を形成し、 クリーミーに広がる味わいと余韻にスモーキーなノートが広がる圧巻の出来栄えとなっています。

    • Product Images
    • シャトー・ラフルール 2006 | Château Lafleur 2006

      • 125,000

      • 税抜113,637

      0
      販売者
      ルグラン フィーユ・エ・フィス|Legrand Filles et Fils
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      シャトー・ラフルール
      生産地

      小規模なシャトーが点在するポムロールにあって、ひと際小さく強い輝きを放っているのがシャトー ラフルールです。 ペトリュスから車一台やっと通ることのできる小道を挟み、向かい側徒歩1-2分に位置する僅か4.5ヘクタールのシャトーで、1872年に現オーナーであるギノドー家の祖先がシャトー・ル・ゲイを買収したときに、テロワールに優れたこの区画のみを別シャトーとしたのがラフルールの起源です。 1980年代は当時ペトリュスのオーナーでもあったジャン・ピエール・ムエックス社が醸造を手伝っていましたが、2001年から現当主のバプティスト・ギノドー夫妻がすべてを管轄するようになり、ペトリュスと双璧をなす存在であると同時に、ポムロールの地で孤高の存在へとなりつつあります。 ペトリュスでは重粘土に植えられたメルローが重要な役割を果たしますが、ラフルールではカベルネ・フランが唯一無二の輝きを放ちます。 ラフルールではこれをブーシェ・ド・ラフルールと呼び、何世代にも渡りマッサール・セレクションで優れた遺伝子を持つ株が選別されて、大切に受け継がれてきました。 またラフルールには3つの異なるテロワールがパッチワークのように広がり、これが複雑さをもたらします。 また組織が大きく役割分担が明確なボルドーにおいて、ギノドー家は家族経営を大切にし少数精鋭のチームが栽培から醸造、マーケティングまで手掛けているため、細部にまでラフルールのエスプリが吹き込まれています。 この孤高のラフルールは、ラズベリー、プラム、ダークチェリー、トリュフ、リキュールなど重層的な香り、タンニンは極めてエレガントで艶やか、冷涼感のあるフィニッシュが長く長く続きます。 WA93

    • Product Images
    • エシェゾー グラン・クリュ [2006] 750ml / ECHEZEAUX GRAND CRU

      • 770,000

      • 税抜700,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      DOMAINE DE LA ROMANEE CONTI
      生産地

      世界に名立たる銘酒を世に送り出すロマネ・コンティ社、 宝珠のような8つの特級ワインは常に世界のワイン・ファン垂涎の的。 有機栽培はもとより、近年ではまた馬による耕作を復活させるなど、 人の手によるしっかりとしたワイン造りが行なわれています。 エシェゾーはほんのりと黒みのあるルビーレッドの色合い、 非常に若々しい荒めの質感があり、プラムやラズベリーの甘い芳香に ほんのりと獣臭を帯びはじめました。 熟成が比較的早く進む2006年は、 少しセラーで休ませたらそろそろ開けてもいいのでは。 ※コルク・キャップシール・液面それぞれコンディションのとても良い品です。 【コルク・キャップシール】コルクに浮いた跡や、キャップシールからの漏れなどはございません。 【液面】液面はしっかりと高く目減りは見受けられません。 【エチケット】目立った破損や汚れは見受けられません。 【仕入れ先】古くからラ・ヴィネが取引をしている、ブルゴーニュ現地のネゴシアン       から低温コンテナで自社輸入しました。保税倉庫→輸送用冷蔵トラック       →ラ・ヴィネ店舗まで、一貫した温度管理でワインを保管しております。

    • Product Images
    • クロ・ド・ヴージョ グラン・クリュ [2006] 750ml / CLOS VOUGEOT GRAND CRU

      • 1,782,000

      • 税抜1,620,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      DOMAINE LEROY
      生産地

      現在のブルゴーニュのトップに君臨する天才醸造家 マダム・ラルー・ビーズ・ルロワ女史が率いるルロワ社。 自然のサイクルに逆らわず、 必要な部分にのみそっと手をかける彼女の天才的な手腕によって生み出された ワインは、世界中のワイン愛好家を虜にしています。 ドメーヌ・ルロワはクロ・ド・ヴージョにの1.9hを所有しています。 (斜面上部、中腹部、底部の3区画) それぞれの区画をうまくブレンドすることで絶妙なバランスを保った、 特級クロ・ド・ヴージョを作り上げています。 2006年はルビーや赤というよりも、少し黒みを帯びたブラックベリーの果実味、 まだまだルロワらしいエキス感があふれており、今後の熟成も楽しみな1本です。 【仕入れ先につきまして】 古くからラ・ヴィネが取引をしているブルゴーニュ現地のネゴシアンから 低温コンテナで自社輸入しています。保税倉庫→輸送用冷蔵トラック→ラ・ヴィネ店舗まで、 一貫した温度管理でワインを保管しております。 【エチケット】 経年劣化による細かい破損、汚損がみうけられますが、 キャップシール、液面、コルクのコンディションは問題ありません。

    • Product Images
    • コトー・デュ・ラングドック・クロ・デ・シスト [2006] 1500ml / Coteaux du Languedoc Clos des Cistes

      • 60,500

      • 税抜55,000

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2006
      生産者
      Peyre Rose
      生産地

      すでに70代後半となりながらも、元気いっぱいにワイン造りを行うマルレーヌ・ソリアさん。 そのワイン造り全般に於いて、基本的には殆どの作業をひとりで行っています。 独特なワイン造りでは、本拠地サン・パゴワール村の3か所にある区画の葡萄を それぞれ仕込み三つのキュヴェとします。 樽を殆ど使用せず、ステンレスタンク、コンクリートタンクでの熟成を行いますが、 瓶詰めまでは実に10年近い年月をかけており、 現在リリースされる最新ヴィンテージでも2013年です。 熟成した複雑さの中にフレッシュな果実味をしっかりとキープした味わいは、唯一無二の存在。 蔵元を訪問すれば、名立たるワイン生産者とも対等にお付き合いしていることが随所に見受けられます。 やはり、さすがはラングドック地方の至宝ということを実感させられます。 2023年5月に、そんな蔵元の、より熟成されたロットを分けてもらいました! 【「ガリーグ」を感じさせるスパイシーで華やかなクロ・デ・シスト】 本拠地サン・パゴワール村の西側の区画に植わるシラー85%、グルナッシュ15%を使用して仕込まれます。 収量は14HL/haという驚異的な低収量で、長期のタンク熟成で仕込まれます。 今回は、2006年のマグナムも分けてもらうことができました! やはりガリーグを感じさせるスパイシーな風味、プラムジャムのような風味があり、 透明感のある酒質がとても綺麗です。 ここ数年は抜栓したてから常にその美味しさをストレートに感じさせる2006年らしい味わいが魅力です。