Loading...

ジュヴレ・シャンベルタン・ラ・ジュスティス [2018] 750ml / Gevrey-Chambertin La Justice

酸味
甘み
ボディ

商品説明

『ジュヴレ・シャンベルタンのみならずブルゴーニュを代表する生産者』

ブルゴーニュのスター生産者。1976年にフィリップが20代にして父から1.8haの畑を相続。
ワインに対して情熱的かつ極めて真面目、ディテールに執着する典型的な天才肌です。
ワインは魅惑的な果実のアロマとシルキーなタッチで、若いうちから美味しいスタイルゆえ
「テロワールというよりシャルロパンのワイン」と言われることもありますが、
熟成によりその真価が発揮され、美しいバランスとエレガンス、フィネスを見事に表現します。
ドメーヌの冒険はさらに続いており、2007年にはボーヌに畑を新たに取得した他、
シャブリでのワイン造りに着手し、手がけるアペラシオンは35に及びます。

【アンリ・ジャイエの教えを継ぐブルゴーニュ最高峰のドメーヌ】

神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏から指導を受け、愛弟子として寵愛を受けたといわれています。
ワイン造りの姿勢から随所にその影響がみられる。畑自身にテロワールを表現させることを目指す
フィリップは、自然なワイン造りをモットーとしている。
栽培はリュット・レゾネで行い、除草剤や殺虫剤は使わない。
低収量にこだわる彼は、自然と収量が低くなる古樹を大切にしているため、所有畑の樹齢は高い。
駆け出しの頃はブドウを房ごと発酵させたり、バトナージュを多用していたが、
現在ではなるべく人為的な干渉を避けた醸造を行っている。

正義を意味する「ジュスティス」区画のブドウを使用したキュヴェ。
ブラックベリー、プラム、スミレ、ナツメグ、土のニュアンスを感じる複雑な香り。
いきいきとして、肉付きが良く、滑らかで顕著なタンニンがあり、力強さを感じるワイン。