Loading...

アメリカワインの商品一覧

アメリカ

ワイン生産量で世界第4位のアメリカの中で、国内生産量の約9割を占め、国内の約10,000を超えるワイナリーのほぼ半分が存在するのがカリフォルニア州である。大規模ワインメーカーが90%を占める一方、小規模ながら少量高品質のワイン造りを目指すブティック・ワイナリーが存在し、スクリーミング・イーグルやハーラン・エセステートなど、カルトワインと呼ばれる超高級ワインも生み出されている。主要品種はシャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルで、オレゴン州ではピノ・ノワールを中心に栽培されている。殆どの州でワインが造られており、ワイン生産量は拡大傾向、近年食文化が洗練されてきたことに伴い、ワインのスタイルもエレガントで複雑な味わいのものが増えている。

アメリカをさらに絞り込む/アメリカの他の産地も見る

カリフォルニア その他 アメリカの検索結果に戻る
検索条件(113) 並べ替え
    • Product Images
    • マヤカマス・ヴィンヤーズ カベルネ・ソーヴィニヨン [2010]750ml/Mayacamas Vineyards

      • 16,500

      • 税抜15,000

      0
      販売者
      WINE TO STYLE
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      マヤカマス・ヴィンヤーズ
      生産地

      マヤカマスのカベルネ・ソーヴィニョンは長期熟成が可能で、雄々しくクラシックなスタイルのカリフォルニアワインとして長年愛され続けてきました。若い時はフレッシュで鮮明な味わいで、熟成をすることで更に美味しくなるワインです。ブドウは酸度としっかりとしたタンニンを重視して早めに収穫します。1950 年代から使い続けているコンクリート製の容器で発酵をし、使用済みのフードル(大樽)とバリック(小樽)と少量の新樽で36 ヶ月間熟成します。畑とテロワール 2010 年カベルネ・ソーヴィニョンは標高の高いマウント・ヴィーダーAVA のブドウのみで造られ、ブドウの樹齢は古い物では40 年を超えるものもあります。マウント・ヴィーダーAVA はナパ・ヴァレーの中で最も冷涼で、ブドウの生育期がとても長く、平均収量がとても少ない産地です。この辺りは火山性土壌と古代に海底だった堆積土壌が混合する土壌で、水はけがとても良いことで知られています。マヤカマス・ヴィンヤーズのテロワールは、このマウント・ヴィーダーの標高550m~730m の高い所にあり、畑のほとんどが西/ 南西向きです。ブドウは豊かなミネラル感と爽やかな酸味が特徴です。

    • Product Images
    • ワイ バイ ヨシキ シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー ソノマ カウンティ / Y by YOSHIKI Chardonnay Russian River Valley

      • 19,800

      • 税抜18,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ザ・マイケル・モンダヴィ・ファミリー
      生産地

      “When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free. Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music.” - YOSHIKI 「 作曲をする時、私は 五線紙 に音符 を書いていきます。楽器は 滅多に 使いません。 頭の 中で全てのメロディが聞こえるからです。そして この工程でほ とんど が 完 成 し ま す 。 ワ インは私にとって音楽と同じです。一 口 口 に 含 む 度 に イ マ ジ ネ ー シ ョ ン が 広 が り 、 心 が 解き放たれます。 “Y”は、 ロブ・モンダヴィ Jr. と共に、 私の ワインと音楽への情熱から 創造され まし た 。」 <Y by Yoshiki ストーリー> 2009 年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKI とナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の 4 代目であり 醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワ インです。 カリフォルニアに拠点を置き、ワインに親しんできた YOSHIKI は、常にモンダヴィ・ファ ミリーを称賛し、 彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきま した。 そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業 界で最も尊敬される ファミリーの 1 つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。 2009 年 2 月、ナパ・ヴァレーを訪れた YOSHIKI は、マイケル・モンダヴィとロブの親子に 出会い、彼らの自宅でディナーを共にしました。 その後、マイケル・モンダヴィ・ファミ リー・エステートではロブと共にワインのテイスティングを行い、 シャルドネとカベルネ・ ソーヴィニョンのブレンドを行いました。 その時にブレンドした最初のヴィンテージである 2008 年カベルネ・ソーヴィニョンとシャ ルドネは 2009 年の秋に日本でリリースされました。このワインは YOSHIKI の個人的に好 きな味わいやフレーバーを テイスティングして造られました。 Y by YOSHIKI その後、第二弾として 2016 年秋に新しくリリースされた 2011 年カベルネ・ソーヴィニョ ンと 2012 年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけか ら造られた プレミアムワインでした。2017 年暮れにはそのワインが大注目され即完売。 日 本の市場から一切ワインが無くなってしまいました。 そこでYOSHIKIはより多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、 再びロブと試飲を重ね、2018 年夏、YOSHIKI がスマートカジュアルと呼んだ新シリーズ 「Y by Yoshiki California」を完成させました。 その後、2018 年の暮れにはナパ・ヴァレーの中でも特に銘醸地区とされるオークヴィルの ブドウのみから造られ、YOSHIKI が「最高傑作」と呼んだ 10th Anniversary Special Edition 「Y by Yoshiki Oakville Napa Valley」シリーズもリリースされました。 2019 年夏には、前年リリースしたシリーズ「Y by Yoshiki California」の新ヴィンテージが 発売されました。 そして、2020 年、12 月、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 両シリ ーズの新ヴィンテージの発売と同時に、新たなシリーズとなる 「Y by Yoshiki Russian River Valley」をリリースしました。 今迄カベルネ・ソーヴィニョンに親しむことの多かった YOSHIKI は、 次々とカベルネ・ソ ーヴィニョンのワインをリリースしてきましたが、世界中のプレミアムワインを 楽しむ機 会が増える中、世界のワインファンを魅了する偉大なワイン銘醸地フランス ブルゴーニ ュのワインに魅力を感じ、ロブにカリフォルニアでもブルゴーニュの名産である ピノ・ノ ワールのワイン造りが出来ないものか相談するようになりました。 そして遂に完成したの がこの「Y by Yoshiki Russian River Valley」シリーズとなりました。 今後は、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 「Y by Yoshiki Russian River Valley」の 3 シリーズで、毎年新ヴィンテージを リリースしていく事になるでしょう。 ロブ・モンダヴィ Jr. からのコメント 「YOSHIKI は日本の音楽界の常識を破った人物だと思います。 YOSHIKI はステージ上の圧 倒的な存在感を持つ人物と、柔らかな口調で この上なく優美で優しい人間が並列で同居し ている人物です。 彼はクラシック音楽の教育を受けたピアニストであり、ロックバンドの ドラマーであり、 その時の状況により気品や雄弁さそして冒険心を持ってカメレオンのよ うに変化する事が出来ます。 また、YOSHIKI はいつもユニークな物の見方をしています。伝統に敬意を払いつつ、 限界 や枠を超える本来の願望も持ち、いつも心躍らせフレッシュであり続ける。 これは私がワ インを造る時と全く同じ姿勢です。

    • Product Images
    • マヤカマス カベルネ・ソーヴィニヨン マウント・ヴィーダー ナパ・ヴァレー [2013] 750ml / Mayacamas Cabernet Sauvignon Napa Valley

      • 22,000

      • 税抜20,000

      0
      販売者
      WINE TO STYLE
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      Mayacamas
      生産地

      マヤカマスの設立はとても古く、サンフランシスコでピクルス職人をしていたドイツ系移民のJH・フィッシャー氏が自身が農業を楽しむ為の別荘兼ワイナリーとして1889年に設立しました。エリアは、現在のマウント・ヴィーダーの周辺で、当時はNapa Redwoodsという通称で知られていました。 その後、1906年のサンフランシスコ地震の影響で、フィッシャー氏は、自己破産に追い込まれ、やむを得ずワイナリーを手放す事になり、禁酒法を経て、1941年まで廃墟となっておりました。 1968年に、当時Heitz Cellars でワイン造りに携わっていたロバート・トラヴェス氏がマヤカマスを購入し、再開し、1976年のパリ・テイスティングでは、7位に入賞しました。以降、評価を高め、ナパ・ヴァレーの中でも最もクラシカルなスタイルとして、広く知れ渡ります。 現在では、元スクリーミング・イーグルの天才ワインメーカー「アンディ・エリクソン」氏が指揮を取り、さらなる飛躍を遂げ、2019年には、ワインスペクテーター誌のTOP100中2位に選ばれ、飛ぶ鳥を落とす勢いが続いております。 マヤカマスの設立はとても古く、サンフランシスコでピクルス職人をしていたドイツ系移民のJH・フィッシャー氏が自身が農業を楽しむ為の別荘兼ワイナリーとして1889年に設立しました。エリアは、現在のマウント・ヴィーダーの周辺で、当時はNapa Redwoodsという通称で知られていました。 その後、1906年のサンフランシスコ地震の影響で、フィッシャー氏は、自己破産に追い込まれ、やむを得ずワイナリーを手放す事になり、禁酒法を経て、1941年まで廃墟となっておりました。 1968年に、当時Heitz Cellars でワイン造りに携わっていたロバート・トラヴェス氏がマヤカマスを購入し、再開し、1976年のパリ・テイスティングでは、7位に入賞しました。以降、評価を高め、ナパ・ヴァレーの中でも最もクラシカルなスタイルとして、広く知れ渡ります。 現在では、元スクリーミング・イーグルの天才ワインメーカー「アンディ・エリクソン」氏が指揮を取り、さらなる飛躍を遂げ、2019年には、ワインスペクテーター誌のTOP100中2位に選ばれ、飛ぶ鳥を落とす勢いが続いております。 クラシカルなスタイルだからこそ、長期熟成にも耐えうる事ができるワインです。 コンクリートで発酵、旧大樽とバリックと少量の新樽で36ヵ月熟成後、更に12カ月間瓶内熟成後リリース。

    • Product Images
    • マヤカマス カベルネ・ソーヴィニヨン マウント・ヴィーダー ナパ・ヴァレー [2012] 750ml / Mayacamas Cabernet Sauvignon Napa Valley

      • 22,000

      • 税抜20,000

      0
      販売者
      WINE TO STYLE
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      Mayacamas
      生産地

      マヤカマスの設立はとても古く、サンフランシスコでピクルス職人をしていたドイツ系移民のJH・フィッシャー氏が自身が農業を楽しむ為の別荘兼ワイナリーとして1889年に設立しました。エリアは、現在のマウント・ヴィーダーの周辺で、当時はNapa Redwoodsという通称で知られていました。 その後、1906年のサンフランシスコ地震の影響で、フィッシャー氏は、自己破産に追い込まれ、やむを得ずワイナリーを手放す事になり、禁酒法を経て、1941年まで廃墟となっておりました。 1968年に、当時Heitz Cellars でワイン造りに携わっていたロバート・トラヴェス氏がマヤカマスを購入し、再開し、1976年のパリ・テイスティングでは、7位に入賞しました。以降、評価を高め、ナパ・ヴァレーの中でも最もクラシカルなスタイルとして、広く知れ渡ります。 現在では、元スクリーミング・イーグルの天才ワインメーカー「アンディ・エリクソン」氏が指揮を取り、さらなる飛躍を遂げ、2019年には、ワインスペクテーター誌のTOP100中2位に選ばれ、飛ぶ鳥を落とす勢いが続いております。 マヤカマスの設立はとても古く、サンフランシスコでピクルス職人をしていたドイツ系移民のJH・フィッシャー氏が自身が農業を楽しむ為の別荘兼ワイナリーとして1889年に設立しました。エリアは、現在のマウント・ヴィーダーの周辺で、当時はNapa Redwoodsという通称で知られていました。 その後、1906年のサンフランシスコ地震の影響で、フィッシャー氏は、自己破産に追い込まれ、やむを得ずワイナリーを手放す事になり、禁酒法を経て、1941年まで廃墟となっておりました。 1968年に、当時Heitz Cellars でワイン造りに携わっていたロバート・トラヴェス氏がマヤカマスを購入し、再開し、1976年のパリ・テイスティングでは、7位に入賞しました。以降、評価を高め、ナパ・ヴァレーの中でも最もクラシカルなスタイルとして、広く知れ渡ります。 現在では、元スクリーミング・イーグルの天才ワインメーカー「アンディ・エリクソン」氏が指揮を取り、さらなる飛躍を遂げ、2019年には、ワインスペクテーター誌のTOP100中2位に選ばれ、飛ぶ鳥を落とす勢いが続いております。 クラシカルなスタイルだからこそ、長期熟成にも耐えうる事ができるワインです。 コンクリートで発酵、旧大樽とバリックと少量の新樽で36ヵ月熟成後、更に12カ月間瓶内熟成後リリース。

    • Product Images
    • ザ・マスコット [2015] 750ml / The Mascot

      • 22,000

      • 税抜20,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ザ・マスコット
      生産地

      ハーラン、ボンド、プロモントリーの若木から造るハーラン・ファミリーのプライベート・ワインから、 価格体系を見直し、各畑の個性豊かな若木~15年樹をまとめ グループを根底から支えるベーシック・ワインに進化 ザ・マスコット・ストーリー(ウィル・ハーラン談) 子供の頃から、ハーランの畑で遊びまわり、葡萄を手でつまみ、樹から直接もぎった葡萄を 食べて育ちましたが、実際に私がワイ ンを造ることに情熱を注ぐことになるとは思っていませんでした。 皆様ご存知の通り、私の家族はハーラン・ファミリーとして素晴らしいワインを長年造り続けており、 私はまだこのビジネスに入ったばかりです。しかし、数年前から興味本位で初めていたことが、 私がこのワイン業界に入るきっかけになるとは思いもよらないことでした。 2008 年から正式にリリースされ、2012 年からは収穫から、ワイン醸造、ブレンドに至るまで、 私自身がハーラン・チームと共に経験を積み始めました。 このプロジェクトの初めは、ハーラン・ファミリー の造るワインの中で、ハーランとしてリリースせず、売却する若木からのワイ ンの樽をいくつかセレクトし、 ハーラン・チームの指導の下、自分でブレンドし、家族や友達と楽しんでいたものです。 名前も ラベルもありませんでした。2008 年ワイン名、ラベルが決まり、正式リリースとなった。 2020 年からは、ハーラン・グループ 200 年構想の一環として、年々クオリティが高くなるハーラン、 ボンド、 プロモントリーの若木~15 年樹齢程の葡萄をザ・マスコットとして生産を一定量まで造り、 更に各ワインの上級 セレクションを厳格にし、そのセレクション以外のハイ・クオリティのワインをも ザ・マスコットにブレンドし、 根底からハーラン・グループを支えるワインに進化し、 その役割が明確化され価格の見直しが行なわれました。 2015 年ヴィンテージは、涼しい春の影響で結実がまばらで、収量が非常に少ないことが見込まれた。 穏やかな夏、秋にかけては暖かく葡萄は早い時期に十分に熟した為、収穫のスタートは早かったが、 全ての畑が終わるまでには、1 か月以上かかり、各畑の個性に沿った収穫となった。 テイスティング・コメント 色合いは深く、中心部に向かって漆黒となる。生き生きとしたフレッシュなアロマが幾重にも重なり、 味わいはコアに強いエネルギーをため込むように凝縮している。 口当たりは力強さと丸みを帯びたタンニンが共鳴してワインにしなやかさを与えている。 5 年の熟成を経てリリースされるこのヴィンテージは、ハーラン・グループの血統に忠実な高貴さと 偉大さを持ちながら、より親しみやすさを演出する シルキーで滑らかな飲み口と長い余韻が楽しめます。 2015 年のマスコットは円熟味と荒々しさが共存する壮年のエリートのイメージです。 ハーラン、ボンドのラベルの絵は、19 世紀後半から 20 世紀前半にアメリカで証券やお札の為に制作された 大変精巧な作りの芸術品で、証券やお札の用途で制作されたが、実際に使われることなく、 官から民に下げ渡されたもので、デザインの権利はハーラン・グループが所有しています。 ザ・マスコットのラベルに描かれている犬の絵は、かつて(1900 年代前半)ピッツバーグにあった ファーマー・デポジット・ナショナル・バンクの証券に描かれていた犬の図案で、犬種はイングリッシュ・ ブル・テリア、名前は「プリンス」と 呼ばれ、現在、その版権はハーラン・グループが買取り、 ワインのラベルとして使用しております。

    • Product Images
    • オーヴァチャー [マルチヴィンテージ] 750ml / Overture

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      オーパス・ワン・ワイナリー
      生産地

      生産量の少ないオーパスワンのマルチ・ヴィンテージのセカンド・ワイン! 「オーヴァチャー」=「序曲」という名の、ご存知「オーパスワン」のセカンドワイン。 1993年以降セカンド・ワインの位置付けとしてオーヴァチャーが作られてきました。 オーパスワンは「TIME(時)」と「PLACE(場所)」を標榜していますが、オーヴァチャーは、 その「PLACE(場所=自社畑)」を表現するワインとして作られています。 その為、複数ヴィンテージをブレンドすることで、オーパスワンの自社畑を最大限に表現する、 とてもエレガントで複雑味あふれるマルチ・ヴィンテージ・ワインに仕上がります。 以下、オーパスワン資料より。 1993年、ボルドーの一流シャトーの伝統にならい、オーパスワンではオーヴァチャーという名の セカンドワインが誕生しました。 自社のぶどう畑では、オーパスワンを造るために細部への注意を払い、 フォーカスをもって栽培を行っています。 こうしたこだわりは、ブレンディングの過程でも一貫しており、 ロットによってはオーパスワンの最終ブレンドには使用されないものもあります。 これらのロットをさらに時間をかけて樽で熟成させ、異なるヴィンテージを自由にブレンドすることで、 とてもエレガントで複雑な味わいを備えたワインが完成します。 オーヴァチャーの最終ブレンドには、ボルドーの全5品種が使用されます。 その品種構成はカベルネ・ソーヴィニヨンが主体となりますが、オーパスワン用のロットのセレクションに 基づくため、ブレンドの度に変化します。 オーヴァチャーには、ヴィンテージを超えた自社畑のエッセンス が詰まっています。 オーヴァチャーは、主にフランス産オークの新樽ですが、わずかに 1、2 年使用のオー ク樽を使って熟成されます。 以下、オーパスワン公式サイトより。 優雅さと複雑味 オーヴァチャーは、伝統的なボルドーの全5品種のぶどうをブレンドし、同一品種でありながらも異なる 土壌で栽培された各ぶどうのテロワールの特徴を示すことで、ワインメーカーの芸術性を反映しています。 オーヴァチャーは複数のヴィンテージをブレンドすることで、よりしなやかでふくよかなものとなり、 リリース直後でもお楽しみいただけます。 『場所 (プレース)』 のエッセンス オーヴァチャーは、ヴィンテージを越えたオーパスワンの自社畑のエッセンスを反映します。 この素晴らしいテロワールは、複雑なアロマに風味、とりわけテクスチャーに表れ、カベルネ・ ソーヴィニョンのクラシックなブラックベリーとカシスの特性は、メルロー、カベルネ・フラン、 プティ・ヴェルド、マルベックの持つブラックチェリーや赤スグリ、そしてバイオレットの特性と 滑らかに融合するのです。 長期に渡る樽熟成と複数ヴィンテージをブレンドすることで、オーヴァチャーは しなやかなストラクチャーとシルクのような触感を醸し出します。 ※ボトル画像はイメージ画像です。

    • Product Images
    • ホナータ ラ・サングレ・デ・ホナータ [2012]750ml/Jonata

      • 24,200

      • 税抜22,000

      0
      販売者
      WINE TO STYLE
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ホナータ
      生産地

      カリフォルニア ・ カルト ・ ワインの代表格とも言われるスクリーミング ・ イーグルのオーナーがサンタ・バーバラに興味を示したのが 2000 年。アスパラガスを栽培した方がいいと言われた土地にボルドー系品種を植えました。本人曰く「これは大きなばくち」と言ったこの賭けが、ミッシェル ・ ローランやスタグリンの醸造家であったマット ・ ディーズの力により、カリフォルニアを代表するスーパープレミアムワインを生むことになりました。ロバート ・ パーカーは「彼らがあの土地でボルドー品種で成功した事は、度肝を抜かれるくらいの驚きです。」と評しています。完熟したブドウ、黒胡椒、タール、トリュフのアロマがあります。口に含むと生き生きとしていて、隙のないフルボディワインです。凝縮感と長い余韻がとても印象的です。

    • Product Images
    • カレラ ジェンセン ピノ・ノワール マウント・ハーラン [2011]750ml

      • 25,410

      • 税抜23,100

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      カレラ
      生産地

      オーナーのジョシュ氏の父の名に因む、「ジェンセン・ヴィンヤード」 オーナーのジョシュ氏の父の名に因む、「ジェンセン・ヴィンヤード」は、1975年に植樹され、1978年にはじめての収穫を迎えています。樹齢30年以上のぶどうから造られる、申し分のないバランス、リッチさ、丸みを兼ね備えた長期熟成向けのワイン。ブラインド・テイスティングで、ブルゴーニュのトップドメーヌの造るグラン・クリュを上回る評価を受けています。カリフォルニアのロマネ・コンティと言われています。 ジャンセン・ヴィンヤードからは、ブラック・ベリーやラズベリー、イチゴジャムの大変美味しい親しみの湧く芳香と風味の開放的な魅力に溢れ、非の打ち所のないバランス、芳醇さ、丸みを備えた長命でワクワクするようなワインが生まれています。 ■AVA Mt. Harlanについて■ この一帯にワイナリーを構えているのはカレラだけにもかかわらず、あまりの品質の高さからカレラのための唯一の原産地呼称「マウント・ハーラン・AVA」が1990年に認められることになりました。 CALERA MT.HARLAN JENSEN PINOT NOIR カレラ ジェンセン・ヴィンヤード ピノ・ノワール マウント・ハーラン 生産地:アメリカ カリフォルニア セントラル・コースト 原産地呼称:AVA Mt. Harlan ぶどう品種:ピノ・ノワール 100% 味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ VINOUS:94 ポイント Antonio Galloni. Tasting date: June 2015 Drinking window: 2015 - 2026 Calera's 2011 Pinot Noir Jensen Vineyard is showing beautifully today. Intensely aromatic and light on its feet, the 2011 is all finesse. Sweet herbs, rose petals, hard candy, mint and spices form a super-appealing fabric of aromas and flavors. Today, the 2011 Jensen is gracious, light on its feet and absolutely impeccable in its balance. There is a lot to like here, that is for sure. Just beginning to show the first signs of aromatic development, the 2011 should continue to drink beautifully for another decade-plus. The 2011 has really come together over the last few years. Winemaker Mike Waller adds that the lessons of 2010 made 2011 less of a shock, and that in the end the growing season turned out to be quite normal, but with everything pushed back a month. What a gorgeous wine the 2011 has turned out to be. ワインアドヴォケイト:93 ポイント Drink Date 2014 - 2024 Reviewed by Jeb Dunnuck Issue Date 28th Aug 2014 Source 214, The Wine Advocate Beautifully complex, Jenson’s 2011 Pinot Noir Jenson Vineyard offers a lively, fresh feel in its sweet cherry, strawberry, sappy spring flowers and subtle mint-driven bouquet. Medium-bodied, layered and seamless, it’s an elegant and silky example of this cuvee to drink over the coming decade or more. These latest releases from Calera are rock-solid across the board, and looking at the 2011 Pinot Noirs specifically, they show the best of the cooler vintage and are gorgeous wines. Starting with the two Chardonnays, these are both outstanding whites that represent serious value. Moving to the 2011s, these are beautiful wines across the board and show perfumed, fresh and lively profiles.

    • Product Images
    • オクシデンタル ボデガ・ヘッドランズ・ヴィンヤード・キュヴェ・エリザベスPN[2012] 750ml / Bodega Headlands Vineyard Cuvee Elizabeth PN

      • 25,410

      • 税抜23,100

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      Occidental
      生産地

      Occidentalバックヴィンテージ! ダークルビーの色合い、ストロベリーやレッドチェリー、ブルーベリーなどの赤に青や黒系ベリーの美しいアロマ。香り同様の、豊潤なベリーの果実にミネラルと酸味のバランスが良くエレガント。非常に長い甘美な余韻が続く。 Kistler Vineyard / Occidental 1978年にキスラー家が創業した小規模なワイナリー。ブルゴーニュの伝統的な技法を使い、世界に通じるシャルドネとピノノワールを生産している。生産量が少なく希少なワインは限られた顧客のみに販売される。 主に自社畑のブドウを使うが、ナパやソノマ西部一帯の優良な畑からもブドウを仕入れ、年間約2,500ケースを出荷している。自然のバランスを尊重したきめ細かいブドウ栽培を行い、全て単一畑からワインは造られる。生産量は1エーカー当たり平均2.5トン。シャルドネの10種全てのキュヴェが同じ工程で醸造され、違いはブドウ畑のみ。土着の酵母で発酵し、樽は仏産オークを使用。ワインは全て無濾過、無清澄である。シャルドネは樽で発酵、そのままシュールリーで11~18ヶ月熟成。ピノノワールはブルゴーニュ式の小さな開放タンクで発酵、14~18ヶ月樽熟成される。 創設者のスティーヴ・キスラー氏は、2011年に世界最高クラスのピノノワール造るために新しいワイナリー、オクシデンタルを設立。キスラー・ヴィンヤーズを退いた後もオクシデンタルで世界最高峰のワインを造り続けている。