Loading...

ボディミディアムワインの商品一覧

検索条件(226) 並べ替え
    • Product Images
    • 【オープニング限定15%OFF】リースリング GC ソンメルベルグE 2018×6本 / アルベール・ボクスレ

      0
      販売者
      横浜君嶋屋
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Albert Boxler
      生産地

      【TERRADA WINE MARKET出店記念セール】 通常6本で52,800円のところ44,880円(15%OFF)でお買い求め頂けます。 限定10セットとなっておりますのでお早めに! ~アルザス★★★生産者が手掛ける芳醇なワイン~ アルベール・ボクスレは、伝統的なスタイルでワイン造りを行う家族経営の小さなドメーヌ。1946年、当時の当主アルベールが初めてボクスレの名でワインを生産。その後息子ジャン・マルクが数十年にわたり伝統を受け継ぎ、1996年に現当主ジャンが継承した。 ドメーヌがあるニーデルモルシュヴィル村は、標高約300メートルの小さな村。この村の北側にはボクスレのフラッグシップであるグランクリュ“ソンメルベルグ”が広がっている。ドメーヌからも眺められる南向きの急斜面畑で、一番高いところでは村から更に100メートルほど登り、標高約400メートルにも達する。標高が高く、急斜面、そして大きな花崗岩の塊が多く存在する。ソンメルベルグの畑からは、豊かなミネラル感と酸味が特徴のワインが産出される。 ボクスレが所有するもうひとつのグランクリュ“ブラント”は、隣村のトゥルクハイムに位置し、砂礫の花崗岩質土壌で、日当たりが良くブドウが良く熟す穏やかな丘陵畑。リッチな味わいのワインが産出される。 伝統的な方法で造られる至高の白ワインは、驚くほどにピュアでエレガント。今、最も注目されるアルザスの造り手といわれ、フランスの著名なワインガイドブック“Les Meilleurs Vins de France 2011”からは連続して3つ星を獲得している。 ■Riesling Grand Cru Sommerberg"E" ワイン名ソンメルベルグ”E”のEは、区画名”Eckberg”の略称名。この区画はソンメルベルグの最上部に位置し傾斜が厳しい斜面。土中には大きな塊の花崗岩がごろごろと見られる花崗岩質土壌。標高が400メートルにも達する急斜面の畑からは、豊かなミネラル感と垂直に伸びる酸味が特徴のワインが産まれます。熟した黄色い果実や花を連想させる華やかな香り、スパイスやハーブ、ミネラルの要素が感じられます。複雑でスケールの大きな味わいは、正にグランクリュ。豊かなミネラルと酸味は長期熟成を可能にします。複数本所有して熟成の経過をぜひお楽しみください。

    • Product Images
    • 稀少なバックヴィンテージ ボランジェ R.D.02

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2002
      生産者
      ボランジェ
      生産地

      <マダム・ボランジェの偉大な先見の明 大胆で革新的なキュヴェ> 伝説的なボランジェR.D.最初のボトルが生まれたのは1963年のことです。 オールド・ヴィンテージのシャンパーニュが流行していなかった時代に、オールド・ヴィンテージを澱抜きし、 しかもドザージュはエクストラ・ブリュットという大胆で革新的なキュヴェをリリースすることを決断したのが、当時のボランジェ家当主、マダム・エリザベス・ボランジェでした。 R.D.とは、“Récemment Dégorgé” 「最近デゴルジュマン(澱抜き)された」の意味です。 ボランジェR.D.2002は、映画007「スペクター」の中で、ジェームズ・ボンドが愛するシャンパーニュとして提供されたことでも話題となりました。 ブレンド: ピノ・ノワール 60%、シャルドネ 40%  23のクリュを使用。グラン・クリュ71%、プルミエ・クリュ29% キュヴェ(一番絞り)のみを使用。樽発酵。 ヴィンテージ・シャンパーニュの中でも、特に秀逸なものだけがボランジェR.D.となります。2002年は、過去10年の中でも最も将来の楽しみなヴィンテージの一つ。 熟成: コルク栓で封をし、AOCの規定の3倍以上という非常に⻑い熟成期間をおくことで無限のアロマが生まれます。まさにワインの錬金術。 デゴルジュマンされたばかり: ボランジェR.D.はデゴルジュマン(澱抜き)後数ヶ月でリリースされます。澱引きされたばかりのボトルには特筆すべきフレッシュさと熟成を経たオールドヴィンテージの重厚さが感じられます。 ドザージュ: 3〜4g/ℓ エクストラ・ブリュット テイスティング・コメント: <外 観> 繊細なきらめきのある、⻩金⾊。 <香 り> 熟したフルーツ、コンポートにしたフルーツ(特にマルロメなど)の香り。控えめなハチミツが感じられます。その後、トースト香、あるいはカカオが感じられ、八角やナツメグの香りへと移っていきます。 <味わい> アタックは肉感的。力強く、バランスがよく、持続性があります。ミネラル感のあるフィニッシュでは、レモンの風味が心地よい苦みを感じさせます。 フード・ペアリング: ボランジェR.D.はあらゆるガストロノミーな料理を引き立てますが、シャンパーニュだけで召し上がっていただいても特別な場面を創り出し、贈り物にすれば深い友情のしるしとなるでしょう。 アドバイス: 独特なスタイルとアロマを余すところなくお楽しみいただくために、8〜10℃あるいはそれ以上でお召し上がり下さい。また、デゴルジュマンされたばかりのフレッシュ感を楽しむことも、限りない熟成ポテンシャルを秘めているので、さらに熟成を重ねていただくこともできます。

    • Product Images
    • シャンパーニュ・ボランジェの伝統的なキュヴェ<R.D.2007> 箱無し

      • 49,500

      • 税抜45,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2007
      生産者
      Bollinger
      生産地

      クラフツマンシップを極めたスーパープレステージシャンパーニュ<ボランジェ R.D.2007> 箱無し ~伝説的シャンパーニュ<R.D.>の誕生~ オールド・ヴィンテージが流行していなかった1967年、デゴルジュマン(澱抜き)したばかりの1952年ヴィンテージを販売するというマダム・ボランジェのアイディアは、驚きをもって受け止められました 。 「最近デゴルジュマンした」という意味のフランス語「レサマンデゴルジュ(R.」と、デゴルジュマンの日付をラベルに表示するという大胆なアイディアによって、R.Dはボランジェのクラフツマンシップの象徴として知られるようになりました。ボランジェR.D.の唯一無二のコンセプトは、その後のシャンパーニュの業界全体にまで大きな影響を与える革新的なキュヴェだったのです。 ●選び抜かれたヴィンテージ R.D.にふさわしいと認められるヴィンテージは大変希少です。ボランジェのミレジメ・シャンパーニュの中でも特に厳しい基準で選定されています。2007年は、気候条件が厳しい年でしたが、高い熟成ポテンシャルをもつ質の良いブドウが収穫されました 。 ●職人の手作業で生産できる数量だけを 職人の手仕事で造られるシャンパーニュは、生産量が限られています。 R.Dは、発酵から醸造まで、全ての工程を専門の職人が手掛けており、味わいを決めるデゴルジュマンは、わずか7人の熟練職人の手によって行われ、実に機械の10倍もの時間がかけられています。 ■ブレンド ピノ・ノワール70%、シャルドネ30% ■クリュ 14のクリュのブドウを使用 グラン・クリュ91%、プルミエ・クリュ9% ■ドザージュ3g/ℓ エクストラ・ブリュットがR.D.のフレッシュな味わいを際立たせます。 ■熟成 天然コルク栓を用い、AOC規定の4倍以上の長い期間をかけて熟成。複雑に重なり合うアロマはR.D.ならではの素晴らしい特徴が感じられます。 ■テイスティング・コメント: <外 観> 力強い煌きをたたえたゴールドカラー <香 り> ハチミツとブリオッシュのアロマの複雑な香りの後に、ジンジャー、クミン、キャラウェイなど多様なスパイスのノートが続き、ミラベル、ドライアプリコット、フレッシュなヘーゼルナッツの香りへと変化します。 <味わい> ホワイトプラム、クルミ、アニスを感じさせる躍動感に満ちたクリーンな味わいから始まります。印象的で美しいフレッシュさと、素晴らしいテンションが感じられます。 ■フードペアリング ラングスティーヌ、ヒラメ、チキンなどにサフランやエキゾチックなスパイスの風味を加えたソースがマッチします。和食やアジア料理とも好相性です。 R.D.のルーツへのオマージュ ボランジェR.D. 2007 年ヴィンテージのラベルには、初のR.D.としてリリースされた1952 年ヴィンテージのラベル素材とデザインを採用しました。“ 1952フォント”を復活させ、フロントラベルにデゴルジュマンの日付を印字しています。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル コルトン・シャルルマーニュ [2015]1500ml

      • 50,804

      • 税抜46,186

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル
      生産地

      クロ・ド・ラ・シャペルの畑はノートルダム・ド・ピティエ教会の庇護の元にあり、1540年にこの広いゴシック建築の礼拝堂が建設され教会へ献納された。1870年頃 ヴィクトル・ボワイヨが、3か所に位置するプルミエ・クリュのパーセルで小さなドメーヌを作る。後にルイ・ボワイヨにより引き継がれる。 ・Pommard Les Chanlins (とても古いブドウの樹木), ・Volnay Carelle sous la Chapelle (現在は Volnay En Carelle), ・monopole Volnay Clos de la Chapelle. 2011年 現オーナー生産者 マーク・オコーネルが、この畑を購入し、「ドメーヌ・ルイ・ボワイヨ」から「ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル」と名付ける 【テロワール】 現在「ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル」の名のもとに、ヴォルネーの「クロ・ド・ラ・シャペル」の他、下記の畑で葡萄を栽培している。ドメーヌ・ルイ・ボワイヨ所有の3パーセルに、9つのアペラシオンを追加し、全12のテロワールすべてグラン・クリュとプルミエ・クリュ。 合計4haの畑年間生産量 1500ケース(平均的な気候の年) 1.Volnay 1er cru Clos de la Chapelle (monopole)2.Volnay 1er cru En Carelle3.Volnay 1er cru Taillepieds4.Pommard 1er cru Les Chanlins (tres vieilles vignes) 5.Pommard 1er cru Grands Epenots6.Beaune 1er cru Champs Pimont7.Beaune 1er cru Les Teurons8.Beaune 1er cru Les Reversees (blanc)9.Pernand Vergelesses 1er cru Sous Fretille10.Corton Charlemagne11.Corton Bressandes12.Corton Rognet 【収穫・醸造】 醸造家:ディミトリ・バザ  栽培責任者:フランシス・シモン 出来うる限りの純粋なワインを造ることを目標とし、ブドウ畑を獲得後すぐにドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペルのすべての畑をオーガニック栽培およびビオディナミー農法に転換。それぞれのパーセルに固有のテロワールが表現してくるものを最大限に引き出したワインを造ることを目標としている。ブドウは手収穫、醸造の間も人間の介入は最小限にとどめている。

    • Product Images
    • シャンパーニュ・ボランジェの伝統的なキュヴェ<R.D.2007> 木箱入り

      • 51,700

      • 税抜47,000

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      2007
      生産者
      Bollinger
      生産地

      クラフツマンシップを極めたスーパープレステージシャンパーニュ<ボランジェ R.D.2007> 木箱入り ~伝説的シャンパーニュ<R.D.>の誕生~ オールド・ヴィンテージが流行していなかった1967年、デゴルジュマン(澱抜き)したばかりの1952年ヴィンテージを販売するというマダム・ボランジェのアイディアは、驚きをもって受け止められました 。 「最近デゴルジュマンした」という意味のフランス語「レサマンデゴルジュ(R.」と、デゴルジュマンの日付をラベルに表示するという大胆なアイディアによって、R.Dはボランジェのクラフツマンシップの象徴として知られるようになりました。ボランジェR.D.の唯一無二のコンセプトは、その後のシャンパーニュの業界全体にまで大きな影響を与える革新的なキュヴェだったのです。 ●選び抜かれたヴィンテージ R.D.にふさわしいと認められるヴィンテージは大変希少です。ボランジェのミレジメ・シャンパーニュの中でも特に厳しい基準で選定されています。2007年は、気候条件が厳しい年でしたが、高い熟成ポテンシャルをもつ質の良いブドウが収穫されました 。 ●職人の手作業で生産できる数量だけを 職人の手仕事で造られるシャンパーニュは、生産量が限られています。 R.Dは、発酵から醸造まで、全ての工程を専門の職人が手掛けており、味わいを決めるデゴルジュマンは、わずか7人の熟練職人の手によって行われ、実に機械の10倍もの時間がかけられています。 ■ブレンド ピノ・ノワール70%、シャルドネ30% ■クリュ 14のクリュのブドウを使用 グラン・クリュ91%、プルミエ・クリュ9% ■ドザージュ3g/ℓ エクストラ・ブリュットがR.D.のフレッシュな味わいを際立たせます。 ■熟成 天然コルク栓を用い、AOC規定の4倍以上の長い期間をかけて熟成。複雑に重なり合うアロマはR.D.ならではの素晴らしい特徴が感じられます。 ■テイスティング・コメント: <外 観> 力強い煌きをたたえたゴールドカラー <香 り> ハチミツとブリオッシュのアロマの複雑な香りの後に、ジンジャー、クミン、キャラウェイなど多様なスパイスのノートが続き、ミラベル、ドライアプリコット、フレッシュなヘーゼルナッツの香りへと変化します。 <味わい> ホワイトプラム、クルミ、アニスを感じさせる躍動感に満ちたクリーンな味わいから始まります。印象的で美しいフレッシュさと、素晴らしいテンションが感じられます。 ■フードペアリング ラングスティーヌ、ヒラメ、チキンなどにサフランやエキゾチックなスパイスの風味を加えたソースがマッチします。和食やアジア料理とも好相性です。 R.D.のルーツへのオマージュ ボランジェR.D. 2007 年ヴィンテージのラベルには、初のR.D.としてリリースされた1952 年ヴィンテージのラベル素材とデザインを採用しました。“ 1952フォント”を復活させ、フロントラベルにデゴルジュマンの日付を印字しています。

    • Product Images
    • *送料無料*<6セット限定 ボランジェ新商品入>豪華ボランジェ3本セット(PNVZ15 1本+ボランジェ スペシャル・キュヴ 1本+ボランジェ ラ・グランダネ ‘12)

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      Bollinger
      生産地

      【限定6セットのみ】9月15日発売開始の商品を含む、豪華ボランジェ3本セット! 【新商品】**ボランジェ PNVZ15** ーボランジェのDNAが刻み込まれたピノ・ノワールを極める新コレクションー 格調高いピノ・ノワールのメゾンとして高い評価を得てきたボランジェから、ピノ・ノワール100%の新しいキュヴェ<PNコレクション>をリリースします。 PNコレクションの記念すべき初エディションは《PN VZ15》。核となるベースワインに2015年のヴェルズネ産ピノ・ノワールを選びました。《PNVZ15》は、一族が厳格に守り続ける伝統製法へのこだわりはそのままに、ボランジェのDNAとも言うべき「ピノ・ノワール」を用い、シャンパーニュ地方の多様なテロワールをユニークに表現したマルチヴィンテージのプレミアムシャンパーニュです。 【ヴェルズネ産ピノ・ノワールのエレガンスと躍動感を味わうプレミアムシャンパーニュ】 《PN VZ15》は、シャンパーニュ地方に広がる独特なテロワールを格調高いピノ・ノワール100%で表現しました。ベースの2015年のヴェルズネは、深み、エレガンス、躍動感、そして塩味を感じさせるキャラクターを。そこにブレンドされたアイ、ブジー、トーシエールがアロマを調和させ、より複雑な香りと味わいと深みをもたらしています。マグナムボトルで10年以上熟成したリザーブワインが、このシャンパーニュの並外れたアロマを際立たせ、質の高い「ボランジェスタイルを貫くピノ・ノワール」を完成させました。 【テクニカル・データ】 ■ピノ・ノワール100%。(ブラン・ド・ノワール) ■主な産地:ヴェルズネ ■その他の産地:アイ、ブジー、トーシエール ■キュヴェのみを使用 ■生産地呼称規定の2倍以上熟成 ■ドザージュ:7g/ℓ ■ベースヴィンテージ:2015年 ■最も古いリザーブワイン;2009年 【テイスティング・ノート】 金色の輝きを帯びた繊細な色合い。リッチで複雑なアロマ。サクランボ、フルーツジャム、ドライフィグから、トーストや焼き菓子へと変化し、さらにエルダーフラワーと洋ナシの香りへと展開します。弾けるようないきいきとした果実味が特徴。ピーチとアプリコットの風味が、へーゼルナッツやアカシアの花の香りに引き立てられていっそう豊かに広がります。 **ボランジェ スペシャル・キュヴェ** 【ブレンド 】 ピノ・ノワール 60 %、シャルドネ 25 %、ムニエ 15% ■85 %以上がグランクリュとプルミエクリュです。 ■キュヴェ(一番絞り)のみを使用しています 。 【熟成 】 生産地呼称の規定が定める二倍以上の期間、セラーで熟成させています。 【ドザージュ 】 控えめ 8 9 g/ ℓ リザーヴ・ワインが大半を占めています その一部は、マグナムボトルで5 ~15 年熟成させたもの 【テイスティング・ノート】 黒ブドウ品種の特徴である金色。非常に細かい泡。 非常に複雑なアロマ。熟したフルーツとスパイシーさがあります。焼きリンゴ、リンゴのコンポート、ピーチが感じられます。 ストラクチャー、持続性、ハツラツ感の絶妙なバランス。ベルヴェットのような泡。洋ナシ、ブリオッシュ、スパイスのアロマ、生のクルミが感じられます。 【フード・ペアリング】 あらゆる魚、特にスシや刺身。甲殻類(小エビ、シュリンプ、ロブスター、グリルしたオマール)。 家禽や白身の肉。パルメザン・チーズ、高級ハムと共に。 **ボランジェ ラ・グランダネ12** 【芳醇で豊かなテクスチャー、2012年】 格別にクオリティの高いブドウが収穫された年にのみ生産されるヴィンテージ・シャンパーニュ。 ボランジェの2012年は、フレッシュでありながら芳醇で複雑さのある、表現豊かなワインを生み出しました。 ラ・グランダネ2012には、21のクリュ、主にアイとヴェルズネ産ピノ・ノワール、そしてメニル=シュール=オジェやオワリィ産のシャルドネを使用しています。 黄金の光沢を持つ繊細な色調と、アプリコットからナッツ、そして蜂蜜や穀物系へと変化するゆたかな香りは、ボランジェの優れた醸造方法の証。その凝縮感ある、なめらかなテクスチャーと長い余韻は、ラ・グランダネならではの特別な味わいです。 【クラフトマンシップ】 ラ・グランダネは、ボランジェが守りつづける職人の技と経験、クラフトマンシップそのものを味わえるシャンパーニュです。 -発酵は、オークの小樽(平均20年程度の古樽)のみを使用。所有する約3500の樽は自社の樽のアトリエで手入れされています。 -天然コルクで栓をし、澱の上で熟成をさせた後、全て手作業でルミアージュ(動瓶)とデゴルジュマン(澱抜き)が行われます。 【パーフェクト ペアリング】 唯一無二の深みとクリーミーなテクスチャーを持つラ・グランダネは、さまざまなジャンルのお食事とお楽しみいただける、真のガストロノミック・シャンパーニュです。 リッチなテクスチャーとクリーミーな泡立ち、そして繊細な苦味は、洗練された料理や良質な食材との理想的な相性を生み出します。また、複雑で多面的なアロマには、フルーティーでスパイシーかつフローラルなノートが感じられ、産地を問わず幅広い食材とよく合います。長い余韻と、ほのかな塩味の感じられるフィニッシュを持つラ・グランダネは、各国の愛好家から高い評価を得ているシャンパーニュです。 【ブレンド】 ピノ・ノワール 65% シャルドネ 35% 

    • Product Images
    • *送料無料*<6セット限定>待望のピノ・ノワール100%のボランジェ新キュヴェ ボランジェPNVZ15 3本セット

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      Bollinger
      生産地

      商品説明 【9月15日発売開始】<限定6セット>数に限りがございますのでお早めにお求めください! **ボランジェ PNVZ15** 【ボランジェのDNAが刻み込まれたピノ・ノワールを極める新コレクション】 格調高いピノ・ノワールのメゾンとして高い評価を得てきたボランジェから、ピノ・ノワール100%の新しいキュヴェ<PNコレクション>をリリースします。 PNコレクションの記念すべき初エディションは《PN VZ15》。核となるベースワインに2015年のヴェルズネ産ピノ・ノワールを選びました。《PNVZ15》は、一族が厳格に守り続ける伝統製法へのこだわりはそのままに、ボランジェのDNAとも言うべき「ピノ・ノワール」を用い、シャンパーニュ地方の多様なテロワールをユニークに表現したマルチヴィンテージのプレミアムシャンパーニュです。 【ヴェルズネ産ピノ・ノワールのエレガンスと躍動感を味わうプレミアムシャンパーニュ】 《PN VZ15》は、シャンパーニュ地方に広がる独特なテロワールを格調高いピノ・ノワール100%で表現しました。ベースの2015年のヴェルズネは、深み、エレガンス、躍動感、そして塩味を感じさせるキャラクターを。そこにブレンドされたアイ、ブジー、トーシエールがアロマを調和させ、より複雑な香りと味わいと深みをもたらしています。マグナムボトルで10年以上熟成したリザーブワインが、このシャンパーニュの並外れたアロマを際立たせ、質の高い「ボランジェスタイルを貫くピノ・ノワール」を完成させました。 【テクニカル・データ】 ■ピノ・ノワール100%。(ブラン・ド・ノワール) ■主な産地:ヴェルズネ ■その他の産地:アイ、ブジー、トーシエール ■キュヴェのみを使用 ■生産地呼称規定の2倍以上熟成 ■ドザージュ:7g/ℓ ■ベースヴィンテージ:2015年 ■最も古いリザーブワイン;2009年 【テイスティング・ノート】 金色の輝きを帯びた繊細な色合い。リッチで複雑なアロマ。サクランボ、フルーツジャム、ドライフィグから、トーストや焼き菓子へと変化し、さらにエルダーフラワーと洋ナシの香りへと展開します。弾けるようないきいきとした果実味が特徴。ピーチとアプリコットの風味が、へーゼルナッツやアカシアの花の香りに引き立てられていっそう豊かに広がります。

    • Product Images
    • ロベール・グロフィエ シャンボール・ミュジニー 1er レ・ザムルーズ [2017]750ml

      • 53,042

      • 税抜48,220

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ロベール・グロフィエ
      生産地

      グロフィエはレ・ザムルーズ最大の所有者であり、表土の浅い急峻な斜面に畑をもつ。そのためか他の造り手のレ・ザムルーズと比べてたっぷりと日照を浴びた快活さが感じられる。よく熟したラズベリーやブラックベリーのニュアンス。しなやかで滑らかな喉越し。アフターフレーバーにミネラルのエレガントさが持続する。グラン・クリュ並みのステイタスに相応しいワインだ。 ■テクニカル情報■ 地区:コート・ド・ニュイ AOCシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ 品種:ピノ・ノワール100% 畑面積:1.12ha(樹齢80年の古樹と樹齢20年の若木が育つ) 醸造:葡萄は、ホールバンチ果汁を50%使用し、新樽率25%のオークの樽で熟成。 ■コメント■ 赤やオレンジ色の果実のアロマにロースト香、仄かなスモーク、砂利、胡椒のニュアンスが香る。スパイシーで凝縮感のある味わいで、ラズベリー、ブラックベリー、スグリの実を思わせる果実味に、トーストやロースト香の香ばしいニュアンスが香る。 ★ヴィノス93-95点 Vinous 2019年1月 (飲み頃:2022~2042年) 2017年のレ・ザムルーズは、主に樹齢の古いブドウから採れるホールバンチ果汁を50%使用し、新樽率25%のオークで熟成させている。ブラックチェリーや散らしたスミレの花、牡蠣の貝殻、仄かな下草のアロマが香る壮麗なブーケを湛え、数分間も経つと次第に奥行と恰幅の良さを増してゆく。味わいはミディアムボディで、シャーベットのようなフレッシュな味わいが飲み始めに感じられ、ブラックチェリーやラズベリーを思わせる煌めくような果実味と仄かな黒鉛のニュアンスが幾重にも層を成す。しっかりとした骨格とハリのある味わいを備えたワインである。後味に向かって現れる果実の味わいは2016年よりも若干軽やかではあるが、それでも尚、実に見事な出来映えのレ・ザムルーズで、20年間は格別な飲み頃が続く。 ■2017ヴィンテージ情報■ (ヴィノス2019年1月号掲載記事より■ (著:ニール・マーティン) ちょうど私がワインのプロとしてキャリアをスタートした時、グロフィエのワインを定期的に飲んでいたが、次第に重くて樽香もきつすぎると感じるようになり、興味を失っていった。しかし、つい数年前にニコラ・グロフィエがワインのスタイルを変え、ワインの質が大きく改善されたという噂を耳にした。そこでもう一度ドメーヌを訪ねてみたところ、すっかりグロフィエのワインが気に入ってしまった。グロフィエは、モレ・サン・ドニの中でも最高のワインと共に再びトップ生産者の座に返り咲いたと言えるが、その華麗なる芸術的復興については、ほとんど認識されていないのではないだろうか。 「2017年の生育シーズンは、比較的容易なものだった。」ドメーヌのテイスティング・ルームに腰を落ち着けながら、グロフィエはそう語り始めた。「この年は、比較的早熟な年で非常に乾燥した日が続いたが、生育シーズンの末期には湿潤な気候となった。8月23日と25日に降った雨が幸いし、この雨がワインの味わいによりフレッシュな果実味をもたらした。2015年と同じような年にはなって欲しくなかったため、非常に喜ばしい結果となった。当初の収穫予定日を3日程遅らせ、この年は9月7日に収穫を開始し、一級畑と特級畑の収穫作業は終始乾燥した気候の下で滞りなく行われた。その後、週末に雨が通り過ぎるのを待ってから再び収穫を開始し、9月12日に全ての収穫作業を終えた。したがって収穫期間は5~6日間に収まった。ブドウの実は非常に健康状態が良く、潜在アルコール度数は12.5度に達し、収穫量も豊富で平均収量はおよそ40hl/ha程となった。醸造に関しては、シンプルだが非常に古典的な手法をとった。補糖はアルコール発酵の期間を延ばすためにごく軽く行い、ブドウは除梗せず、ホールバンチ果汁を使用した。SO2は必要最小限に留め、最近澱引きを終えたばかりで、ワインは次の3月(2018年3月)に瓶詰めされる予定だ。」 近年グロフィエは極めて感動的な味わいのワインをリリースし続けており、2015年や2016年と同様に2017年も極端な強調に偏ることなく、錚々たる銘醸畑の持ち味を絶妙な塩梅で引き出している。レ・ザムルーズやボンヌ・マールのような格別なテロワールから相当な収穫量を確保することが出来るのであれば、あちこちの畑から取るに足らないワインを数多く造る必要などない。グロフィエの2017年は確かな濃厚さを湛えつつも、過度な凝縮感や重ったるさは感じられない。歴代のグロフィエのワインよりも、はるかにフレッシュな味わいを呈しており、殆ど全てのワインにおいてうっとりするような魅惑的でハリのある味わいが後味に向かって次第に現れてくる。