Loading...

酸味やや強いワインの商品一覧

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • マボロシ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2018] 750ml / 幻 カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー

      • 15,800

      • 税込17,380

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      Rebecca&Tomohiro Kisaichi
      生産地

      【幻ワイナリーにして幻のワイン】 カリフォルニアでワイン作りに情熱を傾ける一人の日本人がいます。 私市友宏(きさいちともひろ)氏。妻レベッカさんと共に自分達のワイン「幻メルロー」を 1999年に初めてリリースしました。 この二人が手がけた初ヴィンテージ、ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 私市氏は大阪府交野市生まれ。家業が酒類販売だったこともあり青年期からさまざまなお酒に 慣れ親しんでいました。お店に並ぶ国内外のワインを体験し続ける中で、「アッっ、これは!!」という 素晴らしい出会が彼に訪れました。そのワインの名は“ラ・ターシュ”。 出会ってしまってからというもの、自分の中でワインを造ってみたい、みようとの思いがつのり、 お店の主人としての地位を捨て、自分自身のワインを造ろうと決心。 その年である1991年に、素敵な米国人女性の奥様、レベッカさんと3歳になる詠美ちゃんを連れ立って、 私市氏は半ば勘当同然でワイン造りの修行へと、フランス、ブルゴーニュへ旅だったのです。 彼の現在ある類まれなる非凡さのエネルギーはこの出発が原点です。 1月からジュブレイ・シャンベルタンのドメーヌ・アルマン・ルソーで1年間働くことになりました。 しかし、そこで待ち受けていたのは期待とはかけ離れた、過酷な肉体労働でした。 有名ワイナリーでの仕事は、ぶどうの木の剪定から房の摘み取り等、ありとあらゆる力仕事からなり、 「ワインを造る」事からはかけ離れた単純作業でした。 (もっともこの経験が現在の仕事の根幹をも担っているのはまぎれもない事実です。) 求人広告を頼りに他のワイナリーを回ってはみたものの環境はそう変わりそうにもありませんでした。 個人的に親切な人もいて、友人も出来たのですが、フランス語が苦手な妻のことも考え、 新天地を一路カリフォルニアに求めることにしました。二人は1年間のフランスでの経験を通して、 フランスワインの出来上がってしまった"型"を実感し、自己実現の可能性はカリフォルニアにあると 考えたのです。 カリフォルニアの澄んだ青い空の下、肉体労働者としてではなく、 セラー・ワーカーとしての道を歩み始めました。友宏氏はストーンストリート・ワイナリーの セラー・ワーカーから始め、現在はミシェル・シュランバージェ・ワイナリーでエノロジストをしています。 レベッカさんも、サイモン・レヴィ・セラーズにてワインメーカー(醸造責任者)として活躍、 2人でソノマのロシアン・リヴァ・ヴァレーに念願のピノノワール畑を購入、 敷地内に新居を構え自分たちの畑から取れたピノノワール造りに力を注いでいます。 【名前の由来と今後】 フランスに行くことを決心したとき、知人に「夢か、『まぼろし』みたいな話」と言われたそうです。 それがずっと心の片隅に残っていて、二人のワインは「まぼろし」だったかもしれないワインという事で、 「まぼろしワイン」と名付けられました。 ぶどうを購入し造り始めた「メルロー」そして、「カベルネソーヴィニョン」、そしてぶどうから 育てていきたいと願っていた二人は21世紀、念願の自分たちのヴィンヤードをソノマのセバストポールに購入。 ピノノワールが植えられた畑と共に夢に向かって着実に一歩一歩前進してきました。 彼らの夢の担い手となった、メルローとカベルネ、そして現在においてそれらが集約された、 ピノノワールは、今日までのマボロシのようなお話しを語り、今後のマボロシのような夢を 見させてくれることでしょう。

    • Product Images
    • クリスタル・ブリュット・ロゼ [2012] 750ml / Cristal Brut Rose

      • 75,000

      • 税込82,500

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Rose champagne
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ルイ・ロデレール
      生産地

      ロシア皇帝アレクサンドル2世によってシャンパーニュとして造られた、世界最古の歴史を持つ プレスティージュ・シャンパーニュ。優良なヴィンテージにしか生産されず、 芳醇なボディの中に新鮮な酸が息づく、緻密な造りはまさに芸術的な味わいです。 「手仕事の芸術品」と賞されるルイ・ロデレールの技術の粋を集めたプレスティージュ・キュヴェ。 100%グランクリュで、ビオディナミによって造られる世界で最もリッチなロゼ・シャンパーニュの1つです。 有名評論家・ワイン雑誌も軒並み高評価の2012年ヴィンテージ ジェームス・サックリング:99点 ワインアドヴォケイト誌:98点 ヴィノス:98点 ワインエンスージアスト誌:97点 2012年のセパージュはピノ・ノワール 56% シャルドネ 44%

    • Product Images
    • ダブル ダイヤモンド カベルネ ソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー / DOUBLE DIAMOND Cabernet Sauvignon Oakville Napa Valley

      • 12,000

      • 税込13,200

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      シュレーダー・セラーズ
      生産地

      シュレイダーの別ブランドとして誕生 自らの名前を冠したシュレイダー・セラーズを 1998 年に創業した フレッド・シュレイダーは、ナパ・ヴァレー最高の栽培家ベクストファーの カベルネ・ソーヴィニヨンから、才能溢れる若きワイン・メーカー トーマス・リヴァース・ブラウンを大抜擢し、高いパーカー・ポイントを 連発する濃厚で力強いワインを造ります。 2001 年、フレッド・シュレイダーは、オークヴィル以外でベクストファーが持つ畑から 最高のカベルネ・ソーヴィニヨンを造ろうと「ダブル・ダイヤモンド」ブランドを 立ち上げました。ボンバーX(ジョルジュ III、ハウエル・マウンテン、スプリング マウンテンのカベルネをブレンド)と、レイク・カウンティのレッド・ヒルにある アンバー・ノール・ヴィンヤード(アンディ・ベクストファー所有)の二つのワインを リリースしました。シュレイダー・ブランドの兄弟ブランドとして高い評価と熱狂的なファンを 作り2013年まで12年間造られました。 リ・ボーン「ダブル・ダイアモンド」別コンセプトとして再登場→「オークヴィル限定ナパカベ」 シュレイダー・セラーズは 2017 年にコンステレーション傘下となり、 今まで以上にナパ・ヴァレーの最高の畑からワインを造ることが可能になります。 人気のあった「ダブル・ダイヤモンド」のブランドを使い「オークヴィル畑限定の 最高のカベルネ・ソーヴィニョンを可能な限り手の届く価格で。」をコンセプトに、 シュレイダーと同じワインメーカー・トーマス・リヴァース・ブラウンの手腕を駆使します。 ★コンステレーションはロバート・モンダヴィも所有します。 つまり、シュレイダー及びダブル・ダイヤモンドはベクストファー所有の畑だけでなく、 モンダヴィ所有の畑(代表モンダヴィ・ト・カロン)をも使うことが出来るようになりました。 エクスクルーシブ・オークヴィル(オークヴィルの畑限定) オークヴィル AVA は、ヴァカ山脈とマヤカマス山脈の間に位置するナパ・ヴァレーの ほぼ中央部にあり、ナパ・ヴァレーを代表する多くの銘醸畑があります。 代表はオーパス・ワン、ト・カロン、ハーラン、スクリーミング・イーグルなど。 西側山麓とヴァレー・フロア(中央の平地部分)と東側山麓では個性が分かれ、 ワインは多様性に富みます。土壌、日照、冷涼な風などの理想的な組み合わせに恵まれ、 世界で最高のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地として名実共に高い評価を受けています。 ヴィンテージ 2018 年は寒い冬にたっぷりと雨が降り、 芽吹きと開花はやや遅れたが、 夏は熱波がなく、温暖でじっくりと時間をかけて成熟した完璧な年となった。 醸造:仏産樽(新樽率 50%)、16 ヶ月熟成 味わい:濃い赤紫の色合い、青黒系ブルーが圧倒的で、ナツメグ、スペアミント、 スパイシーなメキシカン・チョコレート・ドリンクの魅力的なアロマがグラスから 立ち上がり、口当たりは滑らかで、シルキーなタンニンが口いっぱいに広がる。 豊かでコクのある味わいは、香りと同じ青黒系ベリーが主体で、レザー、 砕かれた岩、葉巻などが複雑に絡み合う。杯を何杯も重ねたくなる飲み安さと 果実の濃厚さを持ち、今現在とても良い状態。3~5 年の熟成で更に深みを増してくるであろう。

    • Product Images
    • ヴォーヌ・ロマネ・ヴィラージュ [2018] 750ml / Vosne-Romanee Village

      • 12,000

      • 税込13,200

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ニコル・ラマルシュ
      生産地

      ラ・グランド・リューを特級に導いた父の遺業を継ぐ 才女による更なる改革でますます評価が上がる名門ドメーヌ ヴォーヌ・ロマネの名門として知られる、このドメーヌは20世紀の初頭、 樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。 その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。 この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。 先代のフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。 ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。 このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。 1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。 現在ドメーヌを支えているのが、つくりを担当する長女のニコル・ラマルシュと、 販売を担当するニコルの従姉妹ナタリー・ラマルシュの女性二人だ。 ニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。 彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてが ビオロジックで栽培されるようになった。 以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、 畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。 造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。 以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、 発酵中の醸しはピジャージュよりも 優しいルモンタージュが主だという。 16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使う プレシジオン=正確さ、精緻さであろう。 2013年のフランソワの死以降も、ドメーヌの名に父の名を残してきたが、 2018年ヴィンテージより自らの名を冠したドメーヌ・ニコル・ラマルシュとしてリリースを始める。 ※こちらの商品は松澤屋(輸入代理店)の商品となります。

    • Product Images
    • イニシャル ブリュット N.V. [NV] 750ml / Initial Brut N.V.

      • 30,000

      • 税込33,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      Jacques Selosse
      生産地

      ~ ワインは人と自然が織り成すアート ~  by ジャック・セロス RM(レコルタン・マニュピュラン)最高峰、ジャック・セロスの当主がアンセルム・セロス氏。 そのセロス氏の根幹の一つに、ブルゴーニュのボーヌの学校で学んだ経験があります。 アンセルム・セロス氏はあえて地元シャンパーニュのアヴィスの学校には行かず、 ボーヌに行ったので、ブルゴーニュ的な発想があるのです。 シャンパーニュはアッサンブラージュなどによる、メゾンの特性が最重要と なりますが、 ブルゴーニュはテロワールが最重要とされます。 それゆえ、アンセルム・セロス氏は『テロワール至上主義者』なのです。 その考えが今取り組んでいる、リューディごとのキュヴェに現れています。 セロス氏は自身のシャンパンをシャンパングラスではなく、通常のワイングラスで 白ワインと同じ温度で飲んで貰いたいと考えていますが、それも、 『シャンパーニュはシャンパーニュである前にワイン』という考えによるもので、 これもブルゴーニュ的と考えられます。 それから、セロスが採用しているソレラシステムは、『ヴィンテージの特色を消し去る』事を 狙ったものです。そして、ヴィンテージの特色が消えた後に、 『テロワールが現れる』という 信念に基づいたものなのです。 通常のノンヴィンテージのように、作柄が悪い年の保険ではないという事です。 セロスのソレラシステムは、収穫の翌年、小樽から4000リットルのフードルに澱とともに移し、 さらに翌年ステンレスタンクに澱無しで移します。そして毎年タンクから22%前後を瓶詰めし、 減ったらフードルから注ぎ足します。フードルが減ったら、小樽から補充という複雑なもので、 さらに多種類の樽材を使用することで、他には真似のできない、唯一無二のシャンパンとなるのです。 それから栽培方法。セロスは1996年からビオディナミに取り組んでいますが、 『ビオディナミとか、ビオロジックと言われるのはうんざりしている。 科学は進んでいる。新たな発見もある。ルドルフ・シュタイナーの理論よりも、 土地に暮らす農民の方が、畑や作業の知恵を持っている』 と語っており、セロススタイルの栽培方法を今も模索しています。 『例えば新月の時は酵母の活動が盛んになる。低気圧の時は海が荒れるように、タンクや 樽のワインも落ち着かない。瓶詰めするのは高気圧の時の方が、ワインが安定している。 そうした知恵を活用するのだ』とも語っています。 今や、ビオディナミの生産者が頼る、マリア・トゥンが作る農作業のカレンダーとは 違う物を使用しているとの事。 ジャック・セロスのスタイルとは確立されているものではなく、進化し続けるものなのです。 フランスを代表するワインのバイヤーズ・ガイド誌「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス」では、 RMとして最初に最高の三ツ星を獲得した生産者でもあります。 年間の生産量は約58,000本と少なく、入手がとても難しいシャンパーニュです。 ※こちらの商品はJIS(輸入代理店)の商品となります。

    • Product Images
    • セレナ エクストラ ブリュット [2016] 750ml / Serena Extra Brut

      • 5,000

      • 税込5,500

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Sparkling wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      グレイスワイン(チュウオウ・ブドウシュ)
      生産地

      山梨県北杜市明野町「三澤農場」産シャルドネ、ソーヴィニヨンブランと、 勝沼町の最も標高の高い菱山地区産シャルドネを瓶内二次醗酵させた繊細なスパークリングワインです。 ピュピトルを使用したルミアージュ、最低 36ヶ月間の瓶内熟成後にデゴルジュマンをおこない、 一本一本全て丁寧な手作業により醸造をした、単一ヴィンテージ(2016)の エクストラブリュット(辛口)です。 グレイスワインでは、スパークリングワインを造るにあたり、 最も高度とされるシャンパンと同じ瓶内二次醗酵により全て造っています。 瓶内熟成期間は3 年~ 5 年のヴィンテージスパークリングワインです。 セレナ エクストラブリュットはプレステージワイン「グレイス ブラン・ド・ブラン」(5 年熟成)の セカンドワインです。 クリーミーな泡を造るため、グレイスワインのスパークリングは、動瓶作業からドザージュに至るまで、 手作業を大切にしているのがこだわりです。 ※デゴルジュマン日 2020年4月1日~3日 シャンパンと同じ製法で造っています。 ガス圧が高いため、良く冷やして頂き、開栓の際はお気を付けください。

    • Product Images
    • ワイ バイ ヨシキ カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア [2018] 750ml / Y by YOSHIKI Cabernet Sauvignon California

      • 5,000

      • 税込5,500

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      ザ・マイケル・モンダヴィ・ファミリー
      生産地

      “When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free. Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music.” - YOSHIKI 「 作曲をする時、私は 五線紙 に音符 を書いていきます。楽器は 滅多に 使いません。 頭の 中で全てのメロディが聞こえるからです。そして この工程でほ とんど が 完 成 し ま す 。 ワ インは私にとって音楽と同じです。一 口 口 に 含 む 度 に イ マ ジ ネ ー シ ョ ン が 広 が り 、 心 が 解き放たれます。 “Y”は、 ロブ・モンダヴィ Jr. と共に、 私の ワインと音楽への情熱から 創造され まし た 。」 <Y by Yoshiki ストーリー> 2009 年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKI とナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の 4 代目であり 醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワ インです。 カリフォルニアに拠点を置き、ワインに親しんできた YOSHIKI は、常にモンダヴィ・ファ ミリーを称賛し、 彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきま した。 そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業 界で最も尊敬される ファミリーの 1 つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。 2009 年 2 月、ナパ・ヴァレーを訪れた YOSHIKI は、マイケル・モンダヴィとロブの親子に 出会い、彼らの自宅でディナーを共にしました。 その後、マイケル・モンダヴィ・ファミ リー・エステートではロブと共にワインのテイスティングを行い、 シャルドネとカベルネ・ ソーヴィニョンのブレンドを行いました。 その時にブレンドした最初のヴィンテージである 2008 年カベルネ・ソーヴィニョンとシャ ルドネは 2009 年の秋に日本でリリースされました。このワインは YOSHIKI の個人的に好 きな味わいやフレーバーを テイスティングして造られました。 Y by YOSHIKI その後、第二弾として 2016 年秋に新しくリリースされた 2011 年カベルネ・ソーヴィニョ ンと 2012 年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけか ら造られた プレミアムワインでした。2017 年暮れにはそのワインが大注目され即完売。 日 本の市場から一切ワインが無くなってしまいました。 そこでYOSHIKIはより多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、 再びロブと試飲を重ね、2018 年夏、YOSHIKI がスマートカジュアルと呼んだ新シリーズ 「Y by Yoshiki California」を完成させました。 その後、2018 年の暮れにはナパ・ヴァレーの中でも特に銘醸地区とされるオークヴィルの ブドウのみから造られ、YOSHIKI が「最高傑作」と呼んだ 10th Anniversary Special Edition 「Y by Yoshiki Oakville Napa Valley」シリーズもリリースされました。 2019 年夏には、前年リリースしたシリーズ「Y by Yoshiki California」の新ヴィンテージが 発売されました。 そして、2020 年、12 月、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 両シリ ーズの新ヴィンテージの発売と同時に、新たなシリーズとなる 「Y by Yoshiki Russian River Valley」をリリースしました。 今迄カベルネ・ソーヴィニョンに親しむことの多かった YOSHIKI は、 次々とカベルネ・ソ ーヴィニョンのワインをリリースしてきましたが、世界中のプレミアムワインを 楽しむ機 会が増える中、世界のワインファンを魅了する偉大なワイン銘醸地フランス ブルゴーニ ュのワインに魅力を感じ、ロブにカリフォルニアでもブルゴーニュの名産である ピノ・ノ ワールのワイン造りが出来ないものか相談するようになりました。 そして遂に完成したの がこの「Y by Yoshiki Russian River Valley」シリーズとなりました。 今後は、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 「Y by Yoshiki Russian River Valley」の 3 シリーズで、毎年新ヴィンテージを リリースしていく事になるでしょう。 ロブ・モンダヴィ Jr. からのコメント 「YOSHIKI は日本の音楽界の常識を破った人物だと思います。 YOSHIKI はステージ上の圧 倒的な存在感を持つ人物と、柔らかな口調で この上なく優美で優しい人間が並列で同居し ている人物です。 彼はクラシック音楽の教育を受けたピアニストであり、ロックバンドの ドラマーであり、 その時の状況により気品や雄弁さそして冒険心を持ってカメレオンのよ うに変化する事が出来ます。 また、YOSHIKI はいつもユニークな物の見方をしています。伝統に敬意を払いつつ、 限界 や枠を超える本来の願望も持ち、いつも心躍らせフレッシュであり続ける。 これは私がワ インを造る時と全く同じ姿勢です。

    • Product Images
    • ワイ バイ ヨシキ カベルネ ソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー / Y by YOSHIKI Cabernet Sauvignon Oakville Napa Valley

      • 38,000

      • 税込41,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ザ・マイケル・モンダヴィ・ファミリー
      生産地

      “When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free. Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music.” - YOSHIKI 「 作曲をする時、私は 五線紙 に音符 を書いていきます。楽器は 滅多に 使いません。 頭の 中で全てのメロディが聞こえるからです。そして この工程でほ とんど が 完 成 し ま す 。 ワ インは私にとって音楽と同じです。一 口 口 に 含 む 度 に イ マ ジ ネ ー シ ョ ン が 広 が り 、 心 が 解き放たれます。 “Y”は、 ロブ・モンダヴィ Jr. と共に、 私の ワインと音楽への情熱から 創造され まし た 。」 <Y by Yoshiki ストーリー> 2009 年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKI とナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の 4 代目であり 醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワ インです。 カリフォルニアに拠点を置き、ワインに親しんできた YOSHIKI は、常にモンダヴィ・ファ ミリーを称賛し、 彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきま した。 そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業 界で最も尊敬される ファミリーの 1 つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。 2009 年 2 月、ナパ・ヴァレーを訪れた YOSHIKI は、マイケル・モンダヴィとロブの親子に 出会い、彼らの自宅でディナーを共にしました。 その後、マイケル・モンダヴィ・ファミ リー・エステートではロブと共にワインのテイスティングを行い、 シャルドネとカベルネ・ ソーヴィニョンのブレンドを行いました。 その時にブレンドした最初のヴィンテージである 2008 年カベルネ・ソーヴィニョンとシャ ルドネは 2009 年の秋に日本でリリースされました。このワインは YOSHIKI の個人的に好 きな味わいやフレーバーを テイスティングして造られました。 Y by YOSHIKI その後、第二弾として 2016 年秋に新しくリリースされた 2011 年カベルネ・ソーヴィニョ ンと 2012 年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけか ら造られた プレミアムワインでした。2017 年暮れにはそのワインが大注目され即完売。 日 本の市場から一切ワインが無くなってしまいました。 そこでYOSHIKIはより多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、 再びロブと試飲を重ね、2018 年夏、YOSHIKI がスマートカジュアルと呼んだ新シリーズ 「Y by Yoshiki California」を完成させました。 その後、2018 年の暮れにはナパ・ヴァレーの中でも特に銘醸地区とされるオークヴィルの ブドウのみから造られ、YOSHIKI が「最高傑作」と呼んだ 10th Anniversary Special Edition 「Y by Yoshiki Oakville Napa Valley」シリーズもリリースされました。 2019 年夏には、前年リリースしたシリーズ「Y by Yoshiki California」の新ヴィンテージが 発売されました。 そして、2020 年、12 月、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 両シリ ーズの新ヴィンテージの発売と同時に、新たなシリーズとなる 「Y by Yoshiki Russian River Valley」をリリースしました。 今迄カベルネ・ソーヴィニョンに親しむことの多かった YOSHIKI は、 次々とカベルネ・ソ ーヴィニョンのワインをリリースしてきましたが、世界中のプレミアムワインを 楽しむ機 会が増える中、世界のワインファンを魅了する偉大なワイン銘醸地フランス ブルゴーニ ュのワインに魅力を感じ、ロブにカリフォルニアでもブルゴーニュの名産である ピノ・ノ ワールのワイン造りが出来ないものか相談するようになりました。 そして遂に完成したの がこの「Y by Yoshiki Russian River Valley」シリーズとなりました。 今後は、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 「Y by Yoshiki Russian River Valley」の 3 シリーズで、毎年新ヴィンテージを リリースしていく事になるでしょう。 ロブ・モンダヴィ Jr. からのコメント 「YOSHIKI は日本の音楽界の常識を破った人物だと思います。 YOSHIKI はステージ上の圧 倒的な存在感を持つ人物と、柔らかな口調で この上なく優美で優しい人間が並列で同居し ている人物です。 彼はクラシック音楽の教育を受けたピアニストであり、ロックバンドの ドラマーであり、 その時の状況により気品や雄弁さそして冒険心を持ってカメレオンのよ うに変化する事が出来ます。 また、YOSHIKI はいつもユニークな物の見方をしています。伝統に敬意を払いつつ、 限界 や枠を超える本来の願望も持ち、いつも心躍らせフレッシュであり続ける。 これは私がワ インを造る時と全く同じ姿勢です。

    • Product Images
    • ワイ バイ ヨシキ ピノ ノワール ロシアン リヴァー ヴァレー ソノマ カウンティ / Y by YOSHIKI Pinot Noir Russian River Valley

      • 18,000

      • 税込19,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      ザ・マイケル・モンダヴィ・ファミリー
      生産地

      “When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free. Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music.” - YOSHIKI 「 作曲をする時、私は 五線紙 に音符 を書いていきます。楽器は 滅多に 使いません。 頭の 中で全てのメロディが聞こえるからです。そして この工程でほ とんど が 完 成 し ま す 。 ワ インは私にとって音楽と同じです。一 口 口 に 含 む 度 に イ マ ジ ネ ー シ ョ ン が 広 が り 、 心 が 解き放たれます。 “Y”は、 ロブ・モンダヴィ Jr. と共に、 私の ワインと音楽への情熱から 創造され まし た 。」 <Y by Yoshiki ストーリー> 2009 年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKI とナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の 4 代目であり 醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワ インです。 カリフォルニアに拠点を置き、ワインに親しんできた YOSHIKI は、常にモンダヴィ・ファ ミリーを称賛し、 彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきま した。 そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業 界で最も尊敬される ファミリーの 1 つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。 2009 年 2 月、ナパ・ヴァレーを訪れた YOSHIKI は、マイケル・モンダヴィとロブの親子に 出会い、彼らの自宅でディナーを共にしました。 その後、マイケル・モンダヴィ・ファミ リー・エステートではロブと共にワインのテイスティングを行い、 シャルドネとカベルネ・ ソーヴィニョンのブレンドを行いました。 その時にブレンドした最初のヴィンテージである 2008 年カベルネ・ソーヴィニョンとシャ ルドネは 2009 年の秋に日本でリリースされました。このワインは YOSHIKI の個人的に好 きな味わいやフレーバーを テイスティングして造られました。 Y by YOSHIKI その後、第二弾として 2016 年秋に新しくリリースされた 2011 年カベルネ・ソーヴィニョ ンと 2012 年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけか ら造られた プレミアムワインでした。2017 年暮れにはそのワインが大注目され即完売。 日 本の市場から一切ワインが無くなってしまいました。 そこでYOSHIKIはより多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、 再びロブと試飲を重ね、2018 年夏、YOSHIKI がスマートカジュアルと呼んだ新シリーズ 「Y by Yoshiki California」を完成させました。 その後、2018 年の暮れにはナパ・ヴァレーの中でも特に銘醸地区とされるオークヴィルの ブドウのみから造られ、YOSHIKI が「最高傑作」と呼んだ 10th Anniversary Special Edition 「Y by Yoshiki Oakville Napa Valley」シリーズもリリースされました。 2019 年夏には、前年リリースしたシリーズ「Y by Yoshiki California」の新ヴィンテージが 発売されました。 そして、2020 年、12 月、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 両シリ ーズの新ヴィンテージの発売と同時に、新たなシリーズとなる 「Y by Yoshiki Russian River Valley」をリリースしました。 今迄カベルネ・ソーヴィニョンに親しむことの多かった YOSHIKI は、 次々とカベルネ・ソ ーヴィニョンのワインをリリースしてきましたが、世界中のプレミアムワインを 楽しむ機 会が増える中、世界のワインファンを魅了する偉大なワイン銘醸地フランス ブルゴーニ ュのワインに魅力を感じ、ロブにカリフォルニアでもブルゴーニュの名産である ピノ・ノ ワールのワイン造りが出来ないものか相談するようになりました。 そして遂に完成したの がこの「Y by Yoshiki Russian River Valley」シリーズとなりました。 今後は、「Y by Yoshiki California」、「Y by Yoshiki Oakville」、 「Y by Yoshiki Russian River Valley」の 3 シリーズで、毎年新ヴィンテージを リリースしていく事になるでしょう。 ロブ・モンダヴィ Jr. からのコメント 「YOSHIKI は日本の音楽界の常識を破った人物だと思います。 YOSHIKI はステージ上の圧 倒的な存在感を持つ人物と、柔らかな口調で この上なく優美で優しい人間が並列で同居し ている人物です。 彼はクラシック音楽の教育を受けたピアニストであり、ロックバンドの ドラマーであり、 その時の状況により気品や雄弁さそして冒険心を持ってカメレオンのよ うに変化する事が出来ます。 また、YOSHIKI はいつもユニークな物の見方をしています。伝統に敬意を払いつつ、 限界 や枠を超える本来の願望も持ち、いつも心躍らせフレッシュであり続ける。 これは私がワ インを造る時と全く同じ姿勢です。

    • Product Images
    • フルール・ド・ミラヴァル [NV] 750ml / FLEUR DE MIRAVAL

      • 55,000

      • 税込60,500

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      ジョリー・ピット・エ・ペラン
      生産地

      FLEUR DE MIRAVAL | フルール・ド・ミラヴァル ~完成の極致を目指すロゼ・シャンパーニュ~ ワインと芸術の世界を融合したミラヴァルを成功へと導いたジョリー・ ピットとファミーユ・ペランは、シャンパーニュ地方で6世代に渡りワイ ン造りを行うペテルス家を迎え、ロゼに特化した唯一のシャンパーニュ・ ハウス「FLEUR DE MIRAVAL(フルール・ド・ミラヴァル)」を設立しまし た。セレブリティー・ワインではなく、ワイン生産者としての知識、技術、 情熱を集結し、5年に渡り極秘に行った研究・リサーチ・テイスティング の集大成となるワインです。 このプロジェクトはフルール・ド・ミラヴァル伯爵夫人の伝説にインスピ レーションを受けています。プロヴァンスに生まれた伯爵夫人はロゼ・ シャンパーニュだけを飲み、熟成した上質なシャルドネのグリルしたヘー ゼルナッツのアロマや、セニエによって引き出され、フレッシュさを保つ ために若い段階でブレンドされたピノ・ノワールの快活で芳醇な果実を好 んだと言われています。 ステンレスタンクで発酵した2016年ヴィンテージのワインに大樽で熟成し たソレラシステムのシャルドネのリザーヴワインをブレンド。最も古い ヴィンテージは2007年です。 典型的な技法で造られた赤ワインではなく、セニエで抽出した若いピノ・ ノワールをブレンドする事で、より軽やかで繊細なアロマやフレーヴァー を表現する事ができました。レッド・カラントやラズベリーのキリっとし た酸が繊細なミネラルや塩味、そしてシャルドネに由来するヨード香に活 気をもたらしています。 ワインはメニル・シュール・オジェの暗いセラーでリリースまで3年澱と 共に熟成。シャンパーニュは特に紫外線や太陽光に敏感で、容易にダメー ジを受けます。特殊な色付きのボトルを使用しているので、抜栓まで光に さらされる事はありません。 シャルドネ75%:コート・デ・ブランのクラマンからメニルまで、様々な 村のブドウを使用 ピノ・ノワール25%:コート・デ・ブランのヴェルチュ村 平均樹齢:約30年 デゴルジュマン:2020年6月 ドザージュ:4,5 g/L 生産量:20,000本

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。